霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

大正八年八月一二日

インフォメーション
種類:伊都能売神諭 年月日:1919(大正8)年8月12日(旧7月17日)
神霊界掲載号:第97号 5頁 神霊界八幡書店復刻版:第5巻 471頁 八幡書店版伊都能売神諭:179頁
概要: 備考: タグ:我が在る(ガガアル、ガガール、ハザール) データ凡例: データ最終更新日:2017-06-28 16:11:21 OBC :is37
001 大正八年八月十二日
002 (みづ)御魂(みたま)宿(やど)りて()天照彦命(あまてるひこのみこと)生宮(いきみや)鎌倉(かまくら)引寄(ひきよ)したのは、003三千年(さんぜんねん)(むかし)より深遠(しんゑん)なる神誓(しんせい)神約(しんやく)のある(こと)であるから、004人間界(にんげんかい)では到底(とうてい)見当(けんとう)()れん(こと)であるから、005()けて()はれず、006(まこと)(もう)せば体主霊従(あく)()()らぬ人民(じんみん)誤解(とりちが)ひをいたすなり、007神界(しんかい)現界(げんかい)最早(もはや)焦頭(せうとう)爛額(らんがく)(きう)(せま)りて()()るなり、008天照彦命(あまてるひこのみこと)御用(ごよう)(おそ)くなりて、009瑞祥姫(ずいしようひめ)肝心(かんじん)御用(ごよう)出来(でき)ず、010世界(せかい)一時(いちじ)一分間(いつぷんかん)猶予(ゆうよ)して()れぬ場合(ばあい)立至(たちいた)つて()るなり、011(まこと)(かみ)出口(でぐち)(こころ)(くる)しめ、012(よる)瑞祥園(ずいしようえん)の○○○○○と天照彦命(あまてるひこのみこと)との(なか)()ち、013()ふに()はれぬ(こころ)苦労(くろう)(いた)して()るぞよ。014○○○が(まい)りて()えたら、015十分(じうぶん)相談(そうだん)いたして(くだ)され、016(わか)りたら(かみ)(しづ)まるぞよ。
017
018 支那(しな)帝政(ていせい)()えし露国(ろこく)君主制(くんしゆせい)(ほろ)ぼし、019(つい)独逸(どいつ)其他(そのた)君主国(くんしゆこく)破壊(はくわい)したガガアルの悪神(あくがみ)御魂(みたま)は、020米国(べいこく)(わた)りて、021ウイルソンの肉体(にくたい)機関(きくわん)(いた)して世界(せかい)(みだ)らし、022九分九厘(くぶくりん)世界(せかい)(わう)一人(いちにん)()いやうに(いた)して、023()世界(せかい)唯一(ゆいつ)(わう)(わう)()ろうとの(たく)みの(うら)をかいて、024艮金神(うしとらのこんじん)()(ひら)(かへ)して、025ウイルの肉体(にくたい)出直(でなを)しに(いた)しても、026悪神(あくがみ)(ほう)にはまだまだ沢山(たくさん)(ひか)(ばしら)があるから、027油断(ゆだん)一寸(ちよつと)出来(でき)ぬ、028()()(しな)()えて日本(にほん)神国(しんこく)()陰謀(たくみ)大仕掛(おほじか)けに(いた)して()るから、029日本国(にほんこく)()(かみ)経綸(しぐみ)(いた)して()かりたら、030日本(にほん)(もう)すに(およ)ばず、031世界中(せかいぢう)悪神(あくがみ)自由(じゆう)になりて(しもふ)て、032一日(いちにち)安神(あんしん)大地(だいち)(うへ)()れぬやうな(こと)になるから、033種々(いろいろ)(かみ)変性男子(へんぜうなんし)女子(によし)御魂(みたま)御苦労(ごくろう)になりて()るぞよ。034鎌倉(かまくら)(まい)りた因縁(いんねん)()けて()せるぞよ。
035
036 大本(おほもと)の○○は(あま)正直(せうじき)で、037(こころ)(かた)いから、038千変万化(せんぺんばんくわ)弥勒(みろく)活動(かつだう)(わか)らぬから、039表面(ひやうめん)(ばか)りを()て、040神界(しんかい)実地(じつち)(わか)らぬので、041弥勒(みろく)(かみ)有難迷惑(ありがためいわく)042(ちい)さき理窟(りくつ)(とら)はれて審神者(さには)(あや)まり、043神界(しんかい)(たい)して贔屓(ひいき)()(たを)しを(いた)(こと)沢山(たくさん)にありて、044神界(しんかい)御用(ごよう)(おく)れて()()はぬから、045焦頭爛額(せうとうらんがく)危急(ききゆう)場合(ばあい)(かんが)へて、046(ちい)さい片意地(かたいぢ)()めて、047(みづ)御霊(みたま)(いた)(こと)見習(みなら)ふて(くだ)さらぬと、048今日(こんにち)場合(ばあい)はモウ、049一分間(いつぷんかん)(かんが)へたり、050研究(けんきう)いたしたり、051そんな悠長(ゆうてう)場合(ばあい)でないぞよ。052弥勒(みろく)(かみ)脇立(わきたち)(うめ)(まつ)身魂(みたま)()てねば()らぬから、053今度(こんど)(かみ)出口(でぐち)()()して、054御用(ごよう)いたして()るなれど、055(そば)()べる役員(やくいん)(みな)人心(じんしん)であるから、056(なに)(しん)経綸(こと)(わか)らぬ(ゆえ)057(まこと)(こと)()ふて()かせば()肉体(にくたい)八分(はちぶ)であるから、058(あや)しく()るなり、059(かみ)人民(じんみん)とは何事(なにごと)反対(はんたい)事実(こと)(おほ)いから、060経綸(こと)(おく)れるので()るぞよ。
061
062 変性男子(へんぜうなんし)御魂(みたま)若姫君命(わかひめぎみのみこと)(てん)(のぼ)りて、063(てん)から()世界(せかい)守護(しゆご)(あそ)ばすなり、064国常立尊(くにとこたちのみこと)()(とどま)りて、065二度目(にどめ)天之岩戸開(あまのいわとびら)きを(いた)さねば()らぬに(つい)ては、066出口直霊主命(でぐちなをひぬしのみこと)肉体(にくたい)使()かふ(こと)出来(でき)ぬから、067弥勒(みろく)御用(ごよう)(めい)じて()(みづ)御魂(みたま)肉体(にくたい)を、068()(をさ)まる(まで)国常立尊(くにとこたちのみこと)生宮(いきみや)(いた)して、069御用(ごよう)()せねば()らぬ時節(じせつ)(まい)りたから、070(みづ)御魂(みたま)(これ)から神界(しんかい)経綸(しぐみ)場所(ばしよ)()(まい)るぞよ。071明治(めいじ)二十五年から、072出口直霊主命(でぐちなをひぬしのみこと)()()(くち)()りて、073ほのぼのと()()けば(こころ)(さび)しく(おも)ふなよ。074(ちから)()(ひと)用意(ようい)(いた)してあるぞよ。075(わが)()()きは結構(けつこう)(ところ)(ばか)り、076(かみ)(かか)りて()(まい)るぞよと(もう)して()らした(こと)の、077実地(じつち)()(まいり)たのであるから、078今迄(いままで)変性男子(へんぜうなんし)御役(おやく)(つぎ)(ゆづり)て、079(みづ)身魂(みたま)変性男子(へんぜうなんし)御魂(みたま)()(かへ)て、080伊都能売(いづのめ)身魂(みたま)(いた)して、081真実(まこと)御用(ごよう)(いた)さす(やう)になりたぞよ。
082
083 神界(しんかい)にては変性男子(へんぜうなんし)御魂(みたま)引添(ひきそ)ふて、084六合大立命(くにひろたちのみこと)085相生立命(あひうひたちのみこと)086(うめ)(つぼね)087又旅政蔵(またたびまさざう)御用(ごよう)()くなり、088現界(げんかい)にては(まつ)(つぼね)(んめ)(つぼね)直接(ちよくせつ)御用(ごよう)(いた)すなり、089神界(しんかい)090現界(げんかい)(そろ)ふたから、091弥勒(みろく)活動(はたらき)追々(をひをひ)(はげ)しく()るぞよ。092()れに(つい)ては○○は御苦労(ごくろう)なれど、093変性女子(へんぜうによし)御用(ごよう)引受(ひきう)けて(もら)はねば()らぬが、094何時(いつ)までも、095(いや)御用(ごよう)(いた)させぬから、096(かみ)経綸(しぐみ)であるから、097(しば)らくの(あいだ)御用(ごよう)(つと)めて(くだ)されよ。098何事(なにごと)神界(しんかい)経綸(しぐみ)因縁(いんねん)御魂(みたま)使(つか)ふのであるから、099(だれ)()んと(もう)しても、100相手(あいて)()らず素知(そし)らぬ(かほ)で、101書物(しよもつ)(あら)はして(もら)御用(ごよう)(ちか)よりたから、102(いま)(つら)御用(ごよう)もモウ(しば)らくであるぞよ。103結構(けつこう)(とこ)(かみ)()()きて、104真実(まこと)御用(ごよう)(いた)さすから、105心配(しんぱい)()らぬぞよ。106○○には(とほ)からぬ(うち)遠方(ゑんぽう)一度(いちど)御苦労(ごくろう)()らねば()らぬから、107(いま)(うち)(かみ)経綸(しぐみ)(いた)して()るぞよ。108(その)行先(ゆくさき)結構(けつこう)なとこ(ばか)りであるぞよ。
109
110 ()立替(たてかへ)真最中(まつさいちう)()りたら、111(みづ)御魂(みたま)は四十八の生魂(いくみたま)()つて、112言霊神軍(ことたましんぐん)組織(そしき)し、113(これ)引率(いんそつ)して驚天動地(けふてんだうち)大活動(だいかつだう)(いた)さねば()らぬぞよ。114(それ)(つい)ては神界(しんかい)より秘策(ひさく)(さづ)けて()かねば()らぬ(こと)が、115()()沢山(たくさん)あるから、116何時(いつ)(かみ)何処(どこ)()()いるやら()れんぞよ。117一人(いちにん)でも神界(しんかい)大秘事(だいひじ)118神政成就(しんせいぜうじゆ)までは()らされん(こと)があるから、119肝心(かんじん)生神(いきがみ)()場所(ばしよ)へは、120御伴(おとも)一人(いちにん)(ゆる)(こと)出来(でき)ぬから、121何時(いつ)王仁(わに)姿(すがた)()えぬ()うに()りても、122心配(しんぱい)(いた)して(くだ)さるなよ。123(なに)別条(べつでふ)()いから、124(まへ)から筆先(ふでさき)()らして()(とほ)り、125(かみ)守護(しゆご)いたして()るから、126○○○○殿(どの)127チツトモ心配(しんぱい)(いた)して(くだ)さるなよ。128()役員(やくいん)にも心配(しんぱい)(いた)さぬやうに、129会長(かいちやう)どのから()()()かして、130安心(あんしん)して御用(ごよう)出来(でき)()うに(たの)むぞよ。131()れから(みづ)御魂(みたま)実地(じつち)御用(ごよう)(はじま)りで()るから、132()()大本(おほもと)(なか)依然(じつと)しての御用(ごよう)する(とこ)へは()かんから、133(その)覚悟(かくご)()りて(くだ)され。134(これ)から(さき)会長(かいちよう)どのは段々(だんだん)()はしくなりて、135煙草(たばこ)()()()いやうな(こと)()()るが、136そう()りて()ねば、137天地(てんち)岩戸(いわと)実際(じつさい)完全(かんぜん)(ひら)けんぞよ。
138
139 いよいよに()りたら、140三代(さんだい)大二(ひろつぐ)どのは(うま)打乗(うちの)り、141古代(こだい)立派(りつぱ)な○姿(すがた)陣頭(ぢんたう)()ち、142数万(すうまん)神軍(しんぐん)指揮(しき)いたさせねば()らぬから、143(いま)(うち)(みづ)身魂(みたま)(こころ)(くば)りて、144因縁(いんねん)(ふか)身魂(みたま)内々(ないない)(もうし)()けて、145御用(ごよう)させて()いて(くだ)され。146一日(いちにち)(はや)(いた)さぬと、147肝心(かんじん)のものが()()はぬ()うな、148面倒(めんど)(こと)出来(しゆつたい)いたすぞよ。149我が在る悪霊(あくれい)がねらひ(すま)して()るから、150油断(ゆだん)()ると、151()結構(けつこう)(たから)()られるやうな(こと)()つては(つま)らむから、152(これ)言霊閣(げんれいかく)(つい)での大事(だいじ)御用(ごよう)であるぞよ。153()御用(ごよう)いたしたものは結構(けつこう)()るぞよ。