霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】霊界物語読者アンケート集計結果発表!(7/20)こちらのページです。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

(たま)について

インフォメーション
鏡:水鏡 題名:玉について よみ: 著者:出口王仁三郎
神の国掲載号:1925(大正14)年11月号と1926(大正15)年03月号(八幡版)?1926(大正15)年03月号(愛世版) 八幡書店版:201頁 愛善世界社版:109頁 著作集: 第五版:28頁 第三版:28頁 全集:338頁 初版:13頁
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :kg011
001 如意宝珠(によいほうしゆ)()ふのは、002八方転(はつぱうころ)びの(たま)である。003円転(ゑんてん)滑脱(くわつだつ)004(いささ)かの障碍(しやうげ)もなく、005自由自在(じいうじざい)(ころ)(たま)である。006だから(ひと)()て、007それにつき(あた)れば、008ころんで(ほか)(おもて)()けるが、009どの(おもて)()けても(おな)(たま)である。010()(すこ)しでも(かど)があれば(まへ)(おもて)と、011今度(こんど)(おもて)とは(ちが)つて()ると()(こと)がわかるけれど、012八面玲瓏(はちめんれいろう)(たま)なれば、013突当(つきあ)たられて一転(ひところ)びしても、014(ころ)ばぬ(まへ)(おな)じである。015(たれ)(その)差異(さい)見出(みいだ)()るものがあらうか、016(ひと)(こころ)同様(どうやう)で、017(すこし)(かど)もない(まで)(みが)()げらるれば、018それが如意宝珠(によいほうしゆ)(おな)(はたら)きを(おこ)すのだ。019円転(ゑんてん)滑脱(くわつだつ)020自由自在(じいうじざい)021(ひと)衝突(しようとつ)して(ひと)(きづ)つけ、022我身(わがみ)(きづ)つけるやうな(こと)()い、023どんな立派(りつぱ)(たま)でもそれに(すこ)しのイビツな(ところ)でもあれば、024(けつ)して如意宝珠(によいほうしゆ)では()い、025先年(せんねん)大阪(おほさか)(へん)如意宝珠(によいほうしゆ)だとて大騒(おほさわ)ぎをして()(たま)があるが、026あの(たま)(あはび)(かひ)(しほ)附着(ふちやく)して出来(でき)たものであるから、027楕円形(だゑんけい)である。028本当(ほんたう)如意宝珠(によいほうしゆ)ではない、029あれは(むし)邪気(じやき)凝固(かたまり)である。030あれを()031あれを()つて()ると、032(わざはい)()(およ)ぶから、033(ふか)(つつ)んで(ひと)()せないやうにせねばならぬ。034(わたし)はお(みや)(つく)つて(まつ)るやうにと云ふておいたのだ。035(およ)(かたち)のあまりに珍奇(ちんき)異様(いやう)なものは、036(みな)(よこしま)なるものである、037(ろう)せないやうにせねばならぬ。
038録者(ろくしや)愕然(がくぜん)として(おどろ)きました。039(この)如意宝珠(によいほうしゆ)(たま)()ふのは、040一見(いつけん)(はなは)立派(りつぱ)なものであつて、041所有者(しよいうしや)印度人(いんどじん)三千年(さんぜんねん)(らい)(たづ)(たづ)ねてゐる(あこ)がれの(たま)であると(ふか)(しん)じて()り、042(これ)日本(にほん)盛大(せいだい)(まつ)れば数十万(すうじふまん)印度人(いんどじん)(きびす)(せつ)して日本(にほん)にお(まゐ)りに()る、043国家(こくか)利益(りえき)此上(このうへ)もない(こと)であるからと()ふて、044東奔西走(とうほんせいそう)(かね)(あつ)めて大宮殿(だいきうでん)建立(こんりう)して(まつ)らうとして()るものであります。045(ただ)(なん)(たま)であるかが(わか)らぬ()め、046日本(にほん)帝国大学(ていこくだいがく)勿論(もちろん)(こと)047米国(べいこく)三界(さんかい)まで()()して、048鑑定(かんてい)(たの)んだものです。049此為(このた)めに、050今迄(いままで)(ついや)した金高(きんだか)(すで)数十万円(すうじふまんゑん)(のぼ)つて()(はず)(ござ)います。051(いま)(げん)大阪(おほさか)(ぼう)富豪(ふうがう)が、052数万円(すうまんゑん)(とう)じて、053(まつ)らうと(くはだ)てて()ると()(はなし)ですから、054(ちか)将来(しやうらい)実現(じつげん)するかも()れません。055(しか)して不思議(ふしぎ)にも、056(この)(たま)持主(もちぬし)度々(たびたび)(かは)り、057そしていつもいつも御覧(ごらん)(ねが)()いと()ふては、058聖師様(せいしさま)のお手許(てもと)(まゐ)ります。059(げん)半年(はんとし)(ばか)(まへ)にも、060(もら)つて(いただ)()いと()つて()ましたが、061聖師様(せいしさま)
062 「(わたし)には必要(ひつえう)()い。063(みや)()てて(まつ)つておいたらよからう」
064仰有(おつしや)つて(ことわ)つて()られました。065(はじ)(この)(たま)鑑定(かんてい)(たの)みに()(とき)は、066聖師様(せいしさま)大正日日(たいしやうにちにち)新聞社(しんぶんしや)社長室(しやちやうしつ)()られましたが
067 「()ないでも(わたし)にはよく(わか)つて()ます。068とうから霊眼(れいがん)()てあります。069(すこ)楕円形(だゑんけい)をした、070こんな(たま)でせう」
071仰有(おつしや)つて、072()(こと)(こば)まれました。073持参者(ぢさんしや)(おどろ)いて、074
075 「(その)(とほ)りで御座(ござ)います。076大学(だいがく)あたりでも(わか)らず、077米国(べいこく)大学(だいがく)(まで)()(まは)つても本質(ほんしつ)(わか)らず、078試験(しけん)()め、079(この)(とほ)(けづ)つて分析(ぶんせき)し、080(すこ)(きづ)がついて()ますが、081不思議(ふしぎ)にもだんだん(きづ)()えて(まゐ)ります。082重量(ぢうりやう)()えたり、083()つたり(いた)します」
084()(なが)ら、085(つつ)みを()いて()()(まへ)()()したものです。086聖師様(せいしさま)
087 「如意宝珠(によいほうしゆ)?、088さうでせう、089中々(なかなか)立派(りつぱ)(たま)です」
090仰有(おつしや)つたと()いて()ります。091……さうでせう……と仰有(おつしや)つた言向(ことむ)(やわ)せを()らぬ(わたし)は、092大層(たいそう)(めづ)らしがり、093態々(わざわざ)()()きまして、094大正日日(たいしやうにちにち)紙上(しじやう)提灯持(ちようちんも)(まで)(いた)しました。095(わたし)(ばか)りでなく吉野(よしの)花明(くわめい)()なども、096大分(だいぶん)この(たま)についての記事(きじ)()かれたやうに記憶(きおく)して()ります。097日本一(にほんいち)人々(ひとびと)から尊敬(そんけい)せられつつある(ぼう)名僧(めいそう)は、098(ふか)如意宝珠(によいほうしゆ)だと(しん)じて、099(たま)()()運動(うんどう)参加(さんか)して()られますが、100五年(ごねん)(のち)今日(こんにち)101(はじ)めて真相(しんさう)(しめ)されて(さと)らして(いただ)きました。102みないでもよい……と仰有(おつしや)つた()(その)言葉(ことば)が、103如何(いか)深重(しんちよう)意味(いみ)(ふく)んで()たかといふ(こと)(いま)()がついて
104 「聖師様(せいしさま)も、105(その)(たま)御覧(ごらん)になつたので御座(ござ)いますね。106(わたし)()ました。107()(まで)()つて()(まは)したので御座(ござ)います。108(たま)霊徳(れいとく)()けたいと(ぞん)じまして……で御座(ござ)いますが、109それから()けた(わざはい)(まを)しますと、110(なん)御座(ござ)いませう」とお(うかが)申上(まをしあげ)ますと
111 「大正(たいしやう)十年(じふねん)二月(にぐわつ)(おこ)つた、112大本事件(おほもとじけん)がそれである、113(わたし)(その)()めに今迄(いままで)(なや)まされて()る。114(まへ)(なや)まされて()るでは()いか。115事件(じけん)はあの(たま)()てから、116十数日(じふすうじつ)(のち)(おこ)つたのである」
117録者(ろくしや)は、118冷水(れいすい)頭上(づじやう)から()びせられたやうな(かん)じが(いた)しまして、119今後(こんご)(けつ)して珍奇(ちんき)なものに(こころ)(うご)かすまいと(かんが)へました。120(大正十五、二、九)