霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】霊界物語読者アンケート集計結果発表!(7/20)こちらのページです。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

()()てた紙幣(しへい)

インフォメーション
鏡:水鏡 題名:焼き捨てた紙幣 よみ: 著者:出口王仁三郎
神の国掲載号:1926(大正15)年12月号 八幡書店版:298頁 愛善世界社版:50頁 著作集: 第五版:65頁 第三版:65頁 全集:362頁 初版:52頁
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :kg045
001 (わたし)(わか)(とき)002(をんな)二人(ふたり)もおいて小料理店(これうりてん)をひらいて()つたものがあつた。003或日(あるひ)(わたし)牛乳代(ぎうにうだい)集金(しふきん)()かけて其所(そこ)()ると、004(その)(をんな)(たち)()()(しき)りに愛嬌(あいけう)()()いた(のち)「まあお(あが)りやす」と()ふて(わたし)財布(さいふ)無理(むり)やりに()()げて二階(にかい)(あが)つて仕舞(しま)ひ、005(なん)()ふても(もど)して()れぬ。006(わたし)(すこ)(しやく)()はつたから「オイ、007(もど)せと()つたら(もど)せ」と厳重(げんぢう)()()ふと「(えら)(おこ)つてはりますな」と()(なが)渋々(しぶしぶ)(かへ)した。008そこで(わたし)(その)財布(さいふ)()()げると(くち)(ひら)いて紙幣(しへい)()(ぱり)()し、009クワツクワツ()のおこつて()つた火鉢(ひばち)(ほう)()んで(みな)()いて仕舞(しま)つた。010銀貨(ぎんくわ)銅貨(どうくわ)(うら)のシル()(なか)(みな)()()んで仕舞(しま)つた。011(みな)(もの)吃驚(びつくり)して、012(はと)(まめ)()つたやうな(かほ)をして()()る。013(いつ)月分(げつぶん)()()(だか)であつたが、014(その)(とき)金額(きんがく)(すくな)くとも(いま)にすれば()なりのものである。015かうして一文(いちもん)なしの(から)つぽ財布(さいふ)をさげて(かへ)つて()たが(たちま)(こま)つて仕舞(しま)つて、016知人(ちじん)(いへ)(あたま)()げて()りに()くと「あんたはんは大金(たいきん)()いてお仕舞(しま)ひやしたと()ふぢやおへんか、017大変(たいへん)なお金持(かねも)ちぢやおへんか」と()ふて相手(あいて)にして()れん、018ずゐぶん(こま)つた。019(しか)しそれからすつかり名高(なだか)くなつて近郷(きんごう)大評判(おほへうばん)になつた。020(わたし)(をんな)(かね)をやつた(こと)はないが、021(その)()もかうして時々(ときどき)さういふ人達(ひとたち)(まへ)(かね)()いてやつたが、022(いま)(おも)へば(じつ)若気(わかげ)(いた)りとは云乍(いひなが)ら、023馬鹿(ばか)(こと)をしたものだ。