霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】霊界物語読者アンケート集計結果発表!(7/20)こちらのページです。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

真如(しんによ)聖師(せいし)応挙(おうきよ)

インフォメーション
鏡:水鏡 題名:真如聖師と応挙 よみ: 著者:出口王仁三郎
神の国掲載号:1927(昭和2)年07月号 八幡書店版:301頁 愛善世界社版:52頁 著作集: 第五版:98頁 第三版:98頁 全集:383頁 初版:87頁
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :kg081
001 (わたし)生家(せいか)円山(まるやま)応挙(おうきよ)直系(ちよくけい)である。002もと藤原(ふじはら)()であつたが、003(その)()百姓(ひやくしやう)となり、004百姓(ひやくしやう)としては(ふぢ)()れないから不便(ふべん)だと()ふので、005(その)不便(ふべん)()くるために上田(うへだ)(せい)(あらた)めたのである。006(ふぢ)()ふものはよい肥料(ひれう)になるし、007(つる)(もの)(しば)るのに使用(しよう)するし、008百姓(ひやくしやう)()つて大層(たいそう)便利(べんり)なものである。009(その)(ふぢ)(また)(くさ)(とも)(いた)(ところ)簇生(ぞくせい)して()るものであるが、010それを(せい)藤原(ふじはら)だから()(こと)出来(でき)ないと()(こと)になると、011百姓(ひやくしやう)としては(はなは)(こま)るので()てこそ(せい)(まで)かへた(わけ)である。
012 (わたし)子供(こども)(とき)には(いへ)(つた)はる応挙(おうきよ)()随分(ずいぶん)沢山(たくさん)あつたが、013(その)()014火事(くわじ)()けて(なに)もないやうになつて仕舞(しま)つたのは(をし)(こと)であつた。015(いま)応挙(おうきよ)子孫(しそん)だと()ふて記念碑(きねんひ)()てて()(いへ)もあるが明治(めいじ)三十五年(さんじふごねん)(ごろ)大阪(おほさか)(ぼう)新聞(しんぶん)応挙(おうきよ)(わか)(とき)上田(うへだ)主水(もんど)応挙(おうきよ)本名(ほんみやう))と名乗(なの)つて()(こと)から、016(その)()京都(きやうと)円山(まるやま)(うつ)()んだので円山(まるやま)応挙(おうきよ)(がう)したと()(こと)(まで)(くは)しく()かれて()た。017(わたし)子供(こども)(とき)にお祖母(ばあ)さんが、018応挙(おうきよ)応挙(おうきよ)()んではいろんな(はなし)をするのをオキヨウオキヨウと、019()いて、020経文(きやうもん)(こと)かと(おも)ひ、021主水(もんど)さん主水(もんど)さんと()ふのを鈴木(すずき)主水(もんど)(こと)かと(おも)つて()たのは滑稽(こつけい)である。022非常(ひじやう)貧乏(びんばふ)して()或年(あるとし)(ゆき)()()023家業(かげう)(くるま)()けず、024(こま)つて()ると、025五円(ごゑん)(かね)応挙(おうきよ)()某家(ぼうけ)から()はうと()ふて()(こと)がある。026(その)(とき)(ちち)(ぼう)()(ぐさ)()()はぬと()つて、027大層(たいそう)(おこ)つて(その)()()(まへ)数枚(すうまい)()にくべて()いて仕舞(しま)つた(こと)もあつた。028(また)何度(なんど)何度(なんど)(わたし)()()れと()うて()(こと)もあつたが(こころ)(そこ)()()いて()ると()ふて、029(ちち)断然(だんぜん)ことはつて仕舞(しま)つた。
030 (わたし)(せい)藤原(ふじはら)()てた理由(りゆう)は、031(まへ)()(とほ)りであるが、032上田(うへだ)(せい)名乗(なの)つた(わけ)は、033祖先(そせん)大和(やまと)(くに)から信州(しんしう)(わた)り、034信州(しんしう)上田(うへだ)から現在(げんざい)(ところ)()たので、035(その)縁故(えんこ)によつたのである。036中古(ちうこ)先祖(せんぞ)源平藤橘(げんぺいとうきつ)(いづ)れにあつたにしても(あま)自慢(じまん)にもならぬし、037(また)祖先(そせん)(えら)画家(ぐわか)()たにしてもあまり(ほこ)りにもならぬ。038現在(げんざい)祖先(そせん)がやつたやうな(おほ)きな(はたら)きが出来(でき)039立派(りつぱ)()()けねば、040記念碑(きねんひ)だけ立派(りつぱ)でもつまらぬ(こと)である。