霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】霊界物語読者アンケート集計結果発表!(7/20)こちらのページです。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

月宮殿(げつきうでん)宝座(ほうざ)

インフォメーション
鏡:水鏡 題名:月宮殿の宝座 よみ: 著者:出口王仁三郎
神の国掲載号:1927(昭和2)年10月号 八幡書店版:123頁 愛善世界社版:75頁 著作集: 第五版:113頁 第三版:113頁 全集:392頁 初版:102頁
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :kg093
001 (とき)昭和(せうわ)二年(にねん)(きう)八月(はちぐわつ)十五日(じふごにち)(すなは)名月(めいげつ)()002聖師様(せいしさま)筆者(ひつしや)月宮殿(げつきうでん)宝座(ほうざ)(みちび)かれ、003月宮殿(げつきうでん)(その)宝座(ほうざ)について、004月面(げつめん)(てら)(あは)せつつ御説明(ごせつめい)(くだ)さいました。005(その)言葉(ことば)()(とほ)りであります。
006 月宮殿(げつきうでん)設計図(せつけいづ)(つき)(おもて)である。007(たれ)()らない(こと)であるが、008(わたし)月面(げつめん)のあのくま(とほ)りをこの宝座(ほうざ)移写(いしや)したので、009(つき)(おもて)(なが)めては、010寸分(すんぶん)(ちが)はぬやうにと(こころ)みたのである。011()よ、012(みぎ)(ほそ)くなつて()(ところ)はそれ(この)(ひがし)(のぼ)(ぐち)013(ひだり)(ほそ)(ところ)は、014これこの西(にし)(のぼ)(ぐち)015中央(ちうおう)(ひろ)(ところ)正面(しやうめん)(あが)(ぐち)016神集殿(しんしふでん)(まへ)(あが)(ぐち)も、017(うしとら)(すみ)のあの(ほそ)(あが)(ぐち)も、018あれあの(とほ)ハツキリ(あら)はれて()るであろう、019中央(ちうおう)(たひら)(ところ)御神殿(ごしんでん)(あた)るので、020其所(そこ)十字形(じふじがた)神殿(しんでん)建設(けんせつ)されるのである。021学者(がくしや)噴火山(ふんくわざん)(あと)だなど(しよう)するあの濃淡(のうたん)022それあのモグモグとして()ゆる(ところ)(いし)高低(かうてい)(あら)はしてあるので、023参差(しんし)として其儘(そのまま)(かん)があるであろう、024日本(にほん)位置(ゐち)にあたる(ところ)にあの二基(にき)燈篭(とうろう)()ててある。025二本(にほん)燈篭(とうろう)日本(にほん)光明(くわうみやう)意味(いみ)する。026あの燈篭(とうろう)から(ほとばし)(いづ)光明(くわうみやう)全世界(ぜんせかい)(やみ)照破(せうは)する(とき)こそは、027(しん)文明(ぶんめい)世界的(せかいてき)建設(けんせつ)せらるる(とき)なのである。028(ひかり)日本(にほん)からと()(こと)になる。029(また)後方(こうはう)()えられたる二基(にき)石燈篭(いしとうろう)には火袋(ひぶくろ)があるまい、030(かたち)(おな)じでも(ひかり)()ない、031西洋(せいやう)文明(ぶんめい)象徴(しやうちよう)である。032(すなは)体主霊従(たいしゆれいじゆう)文明(ぶんめい)(ひかり)出口(でぐち)がないと()(こと)になる。033(この)宝座(ほうざ)(また)蓮華台(れんげだい)とも()ばるるので、034(はす)(はな)()()り、035所々(ところどころ)()ててあるチヨンマツ(はす)()(かた)どつてある。036(どろ)(なか)よりぬけ()でて(にごり)にしまぬ蓮花(はちすはな)清浄(せいじやう)無垢(むく)象徴(しやうちよう)037(あさ)()だき、038ポンと(おと)()てて開花(かいくわ)する(さま)は、039転迷開悟(てんめいかいご)(はな)似通(にかよ)ふ。040火袋(ひぶくろ)のない燈篭(とうろう)(また)一名(いちめい)多宝塔(たほうたふ)()ばるるのであつて、041竜宮様(りうぐうさま)宝庫(ほうこ)である。042(この)多宝塔(たほうたふ)出来上(できあが)れば物質(ぶつしつ)(ゆたか)になる、043(うさぎ)(もち)()くと()(つき)(おもて)のあの(くま)は、044(じつ)四十八(しじふはち)宝座(ほうざ)(かたち)なのであつて、045(きづ)いた宝座(ほうざ)(つき)(かたち)其儘(そのまま)であるから、046月宮殿(げつきうでん)()()()るので、047まだこの(うへ)西北(せいほく)東北(とうほく)(すみ)から(みなみ)にかけて神殿(しんでん)と、048(わたし)(ひか)(しよ)二棟(ふたむね)建造物(けんざうぶつ)出来(でき)049東南(とうなん)西南(せいなん)(すみ)には宝物庫(ほうもつこ)()ち、050周囲(しうゐ)には白壁(しろかべ)(めぐ)らしもつて完成(くわんせい)するのである。
051 (ちなみ)宝座(ほうざ)周囲(しうゐ)には(うさぎ)とつきものの砥草(とくさ)(うさぎ)自衛(じゑい)のため砥草(とくさ)(なか)によく(かく)れる)を(うゑ)るのである。052明治(めいじ)三十六七年(さんじふろくしちねん)(ころ)(わたし)(いま)大本(おほもと)神苑(しんゑん)別荘(べつさう)北手(きたて)にあつた三坪(さんつぼ)ばかりの(ちい)さい(には)に、053和知川(わちがは)から小石(こいし)(ひろ)ふて()ては()んで(たの)しんで()たものであるが、054それがこの宝座(ほうざ)模型(もけい)であつて、055()つとも(ちが)つて()ないのである。