霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】霊界物語読者アンケート集計結果発表!(7/20)こちらのページです。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

(おも)()一二(いちに)

インフォメーション
鏡:水鏡 題名:思ひ出の一二 よみ: 著者:出口王仁三郎
神の国掲載号:1927(昭和2)年10月号 八幡書店版:302頁 愛善世界社版:54頁 著作集: 第五版:116頁 第三版:116頁 全集:395頁 初版:106頁
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :kg095
001 (わたし)(はじ)めて綾部(あやべ)にいつた(とき)()つて()つたものは、002手帳(てちやう)一冊(いつさつ)003鎮魂(ちんこん)(たま)一個(いつこ)004天然笛(てんねんぶえ)一個(いつこ)005会員(くわいゐん)名簿(めいぼ)一冊(いつさつ)006(ただ)それだけであつた。007それを(ちい)さな(かばん)()れて()つていつた。008()いた綾部(あやべ)教祖様(けうそさま)御住宅(ごぢうたく)六畳(ろくでふ)一間(ひとま)土蔵(どざう)で、009教祖様(けうそさま)のお(ぜん)(ただ)一個(いつこ)あつたばかり、010(わたし)()つたら(たちま)(わたし)のお(ぜん)茶碗(ちやわん)()ふと()始末(しまつ)()(なに)もなかつた。011三十年(さんじふねん)歳月(さいげつ)(なが)れて、012綾部(あやべ)にもあれだけの建物(たてもの)()ち、013道具(だうぐ)(そろ)ひ、014亀岡(かめをか)にもこれだけの建造物(けんざうぶつ)出来(でき)た。015(かへり)みて多少(たせう)感慨(かんがい)()(あた)はぬ次第(しだい)である。016(わたし)生母(せいぼ)よりも教祖様(けうそさま)(はう)がずつと(こころ)やすかつた。017(また)教祖様(けうそさま)自分(じぶん)子供(こども)(たれ)よりも一番(いちばん)(わたし)可愛(かあい)かつたのである。018当時(たうじ)長男(ちやうなん)竹造(たけざう)さんが、019(そその)かされて、020(わたし)(いへ)後取(あとと)りである」と()ふて呶鳴(どな)()んで()(こと)があるが、021(わたし)竹造(たけざう)さんを(ころ)がしてやつた。022教祖様(けうそさま)()()られたが、023よく(しか)つておやりなさい、024(すこ)(こら)してやれと、025(わたし)(かた)をもつて、026自分(じぶん)()をたしなめられた。027(わたし)(たい)して(おこ)られるやうな(こと)一寸(ちよつと)もなかつた。028(わたし)教祖様(けうそさま)大切(たいせつ)にした。029(つき)のよい(よる)などはよく教祖様(けうそさま)背負(せお)つて神苑内(しんゑんない)散歩(さんぽ)してあげた。030小供(こども)のやうに(よろこ)んで、031(せな)(うへ)から、032あれは(なん)()()か、033(いし)かなど()いて()られた。034(わたし)()ないと(さび)しがつて「先生(せんせい)はどこに()かれたか、035(はや)くお(かへ)りになるとよい」と()はれて、036(わたし)(うち)()さへしたら御機嫌(ごきげん)がよかつた。037神懸(かむがか)りになると喧嘩(けんくわ)をしたが、038それは神様(かみさま)同士(どうし)(あらそ)ひであつて、039肉体(にくたい)ではお(たがひ)(なん)ともないのだから「先生(せんせい)(かな)ひませんなあ」と()ふて(なげ)かれた(こと)度々(たびたび)あつた。040(おも)へば(なが)(むかし)(こと)であるが、041昨今(さくこん)(ごと)(なつか)しい(こと)である。