霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

高熊山(たかくまやま)(あら)はれた霊石(れいせき)

インフォメーション
鏡:水鏡 題名:高熊山に現はれた霊石 よみ: 著者:出口王仁三郎
神の国掲載号:1927(昭和2)年11月号 八幡書店版:127頁 愛善世界社版:77頁 著作集: 第五版:118頁 第三版:118頁 全集:396頁 初版:108頁
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :kg096
001 (とき)昭和(せうわ)二年(にねん)九月(くぐわつ)十一日(じふいちにち)002高熊山(たかくまやま)(あら)はれたる霊石(れいせき)について、003()(とほ)(あふ)せられたので御座(ござ)います。
004 (この)(たま)神代(かみよ)(むかし)005言依別命(ことよりわけのみこと)高熊山(たかくまやま)(ざう)(うづ)められたる黄金(わうごん)(たま)である。006(この)(たま)月界(げつかい)より(くだ)つて()たものであつて、007(その)(はじ)南桑(なんさう)原野(げんや)(くらゐ)(おほ)きさがあつたのであるが、008大地(だいち)(たつ)する(まで)(やき)(つく)して(ちい)さくなり、009(その)核心(かくしん)にあたるのがこの(たま)である。010天降鉄(てんかうてつ)であるが(ゆゑ)普通(ふつう)(いし)()してこの(とほ)(おも)い、011ソレ、012(つき)(かたち)(あら)はれて()るであろう、013貴重(きちよう)なる宝玉(ほうぎよく)である。014(この)(たま)(わたし)()()ると()(こと)は、015重大(ぢうだい)なる意味(いみ)があるのであつて、016この(たま)()かつたために、017(ひと)仕事(しごと)(おも)ふやうにゆかなかつた。018もう大丈夫(だいぢやうぶ)である。019大正(たいしやう)十二年(じふにねん)以来(いらい)(こころ)ひそかに(おも)()つて()て、020どうしても成就(じやうじゆ)せなかつた(こと)も、021(この)(たま)がなかつた()めである。022これで成就(じやうじゆ)すると(おも)ふ。023与四郎(よしろう)さん(穴太村(あなをむら)024斎藤(さいとう)())が高熊山(たかくまやま)岩窟(がんくつ)見出(みいだ)し、025(らん)さん(与四郎(よしろう)()夫人(ふじん))に(わた)し、026それを(また)(ばー)さん(御生母(ごせいぼ))が(わたし)()(わた)したであらう、027霊界(れいかい)物語(ものがたり)にある(とほ)りの順序(じゆんじよ)()()るのも面白(おもしろ)い。028与四郎(よしろう)さんがお(らん)さんに手渡(てわた)しする(とき)029「サアお(にぎ)りをやろう、030いつまでたつても()くならないお(にぎ)りをやろう、031(はら)()らないやうにね」と冗談(じようだん)()ひながら手渡(てわた)ししたと()ふでは()いか、032(その)言葉(ことば)神様(かみさま)からの(なぞ)である。033()(かく)(わたし)(この)(たま)()喜悦(きえつ)()ちて()る。034(すべ)ての(こと)(おも)ふままになる如意宝珠(によいほうしゆ)(たま)である。035(この)(あひだ)亀石(かめいし)(うみ)から(あが)つたものだ。036これは(つき)から(くだ)つたものだ。037時期(じき)だな、038次第(しだい)(たから)(あつ)まつて()る。
039 (ちなみ)筆者(ひつしや)(まを)す、040この宝玉(ほうぎよく)(あたか)もお(にぎ)りのやうな(かたち)をして()り、041黒褐色(こくかつしよく)をした光沢(くわうたく)のある(おも)(たま)でありまして、042(その)(かたち)はお(にぎ)りと()ふよりも、043(むし)十二夜(じふにや)(つき)()()ます。044(おほ)きさは(おほ)きなお(にぎ)(くらゐ)でありまして、045隕石(ゐんせき)ださうで御座(ござ)います。046月明館(げつめいくわん)()(かへ)らるると、047二三(にさん)(ひと)()せられただけで、048(ただ)ちに亀石(かめいし)(はこ)(なか)(をさ)められて、049(かた)封印(ふういん)(ほどこ)されて、050或所(あるところ)(ふか)(おさ)められました。051稀代(きだい)珍宝(ちんぽう)拝察(はいさつ)(いた)されます。052宇知麿(うちまろ)(さま)は「(また)高姫(たかひめ)()まれるといけませんから」と冗談(じようだん)とも真面目(まじめ)ともつかず仰有(おつしや)られました。053亀石(かめいし)(まを)すは、054徳島県(とくしまけん)055棚野(たなの)支部長(しぶちやう)美馬(みま)邦次(くにじ)()(いへ)代々(だいだい)(つた)はつたものを献納(けんなふ)されたものでありまして、056()にも(めづ)らしいものでありまして、057薄緑色(うすみどりいろ)()茶色(ちやいろ)(ふと)(すぢ)()つて()りまして、058(その)(すぢ)によつて、059亀甲形(きつかふがた)があざやかに(あら)はれて()ります。060聖師様(せいしさま)は、061これが亀山(かめやま)(すなは)亀岡(かめをか))の(れい)であると(あふ)せられて秘蔵(ひざう)されて()り、062(ふた)(とも)月宮殿(げつきうでん)御神体(ごしんたい)となるのであると(うけたま)はつてをります。063(うし)(うま)とが()つて()た、064面白(おもしろ)いと仰有(おつしや)つて()られますが、065(うま)とは美馬(みま)()(こと)であり、066(うし)とは山本(やまもと)次郎(じろう)()(こと)でありますが山本(やまもと)()(うし)()(がう)をもつて()られまして、067大正日日(たいしやうにちにち)新聞(しんぶん)記者(きしや)以来(いらい)068(うし)さんで(とほ)つて()るので本名(ほんみやう)()られん(かた)(おほ)(こと)(ぞん)じます。069四国(しこく)から態々(わざわざ)持参(ぢさん)せられたのは、070その(うし)さんなのでした。071(また)斎藤(さいとう)与四郎(よしろう)()養父(やうふ)()(うし)さんと別称(べつしよう)されて()たのも不思議(ふしぎ)(こと)(おも)ひます。
   
オニド関連サイト最新更新情報
9/21【霊界物語ネット】藤沼庄平「大本検挙」を掲載(詳細はページ冒頭のインフォメーション参照)。