霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】霊界物語読者アンケート集計結果発表!(7/20)こちらのページです。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

奇魂(くしみたま)()らなかつた南洲翁(なんしうをう)

インフォメーション
鏡:水鏡 題名:奇魂の足らなかった南洲翁 よみ: 著者:出口王仁三郎
神の国掲載号:1928(昭和3)年03月号 八幡書店版:337頁 愛善世界社版:147頁 著作集: 第五版:139頁 第三版:139頁 全集:408頁 初版:129頁
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :kg116
001 大島(おほしま)から鹿児嶋(かごしま)へと、002今度(こんど)旅行(りよかう)西郷(さいごう)南洲翁(なんしうをう)(あと)をたづねてみたが、003(をう)には(をし)(かな)奇魂(くしみたま)()らなかつた、004()(こと)痛感(つうかん)せずには()れなかつた。005天下(てんか)号令(がうれい)せうとするものが、006陸路(りくろ)(へい)(おこ)して道々(みちみち)熊本(くまもと)通過(つうくわ)して東上(とうじやう)せんとするなどは(さく)(もつと)(せつ)なるものである。007()(とき)急遽(きふきよ)(へい)神戸(かうべ)大阪(おほさか)(おく)つて、008名古屋(なごや)以西(いせい)(やく)して仕舞はねばならぬのであつた。009当時(たうじ)物情(ぶつじやう)騒然(さうぜん)として()て、010そんな(こと)(なん)でもなく出来(でき)(こと)なのである。011かくて京都(きやうと)012大阪(おほさか)などの大都市(だいとし)(はや)()(をさ)めねば(こころざし)()ぶる(こと)出来(でき)ない(こと)()()るよりも(あきら)かな(こと)であつた。013(しか)るに(こと)(ここ)()でずして、014熊本(くまもと)あたりに()つかかつて、015愚図(ぐづ)愚図(ぐづ)して()たものであるから、016(こと)(こころざし)(たが)ひ、017(おも)ひもよらぬ朝敵(てうてき)汚名(をめい)一時(いちじ)(いへど)()ねばならぬやうになつて仕舞(しま)つたのである。018奇魂(くしみたま)()らなかつた019桐野(きりの)利秋(としあき)020篠原(しのはら)国幹(くにもと)(みな)(しか)りである。021大嶋(おほしま)滞在中(たいざいちう)022三回(さんくわい)ばかり西郷(さいごう)(をう)(れい)にあつたが、023いろいろ(わたし)(はなし)をして()つた。024智慧(ちゑ)()らなかつたなあ」と()ふてやつたら、025(まつた)くやり(かた)(わる)かつた」と()ふて()つた。