霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】霊界物語読者アンケート集計結果発表!(7/20)こちらのページです。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

人生(じんせい)信仰(しんかう)

インフォメーション
鏡:水鏡 題名:人生と信仰 よみ: 著者:出口王仁三郎
神の国掲載号:1928(昭和3)年09月号 八幡書店版:173頁 愛善世界社版:125頁 著作集:104頁 第五版:148頁 第三版:149頁 全集:414頁 初版:140頁
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :kg126
001 人間(にんげん)現在的(げんざいてき)生活(せいくわつ)(うへ)より()れば、002(じつ)(さび)しい、003はかないものである。004(じつ)月間(げつかん)恩育(おんいく)された母体(ぼたい)をはなれて、005やつと一口(ひとくち)産声(うぶごゑ)をあげるや(いな)や、006五十年(ごじふねん)とか(なが)きは七十年(ななじふねん)007八十年(はちじふねん)(かぎ)りとして大自然(だいしぜん)()無言(むごん)裁判官(さいばんくわん)から死刑(しけい)宣告(せんこく)をうけてゐるのだ。008()一日(いちにち)乳児(にうじ)生育(せいいく)してゆくのは、009所謂(いはゆる)死刑台上(しけいだいじやう)一日(いちにち)一日(いちにち)(ちか)よりつつあるのだ。010それでも吾人(ごじん)千年(せんねん)万年(まんねん)()きられるものの(ごと)く、011安閑(あんかん)として種々(しゆじゆ)欲求(よくきう)にかられ活動(くわつどう)(つづ)けてるのだ。012()益々(ますます)()ならんことを(おも)ひ、013(くらゐ)益々(ますます)(たか)からん(こと)(ねん)じ、014生命(いのち)万歳(まんざい)(よはひ)空想(くうさう)し、015(とみ)益々(ますます)(だい)ならん(こと)(ほつ)して、016走馬燈(そうまとう)(ごと)現実界(げんじつかい)()まぐるしきほどの活動(くわつどう)(つづ)けて()る。017そして一日(いちにち)一日(いちにち)死刑台上(しけいだいじやう)(ちか)づいてる(こと)(あま)(ふか)くは(かん)じないのである。018(こころ)みに(おも)へ、019重罪(ぢうざい)犯人(はんにん)裁判官(さいばんくわん)より死刑(しけい)宣告(せんこく)()けて、020(けい)執行(しつかう)()何日(いつ)何日(いつ)かと()つてる(あひだ)心持(こころもち)如何(どう)であらう。021(さび)しいと()はふか(くる)しいと()はふか、022顔色(かほいろ)(あを)ざめ身体(しんたい)骨立(こつりつ)し、023飲食(いんしよく)もその()(かん)ぜず、024(ほと)んど死人(しにん)(ごと)青息(あをいき)吐息(といき)溜息(ためいき)にのみ刻々(こくこく)()ごすであらう。025吾人(ごじん)重罪(ぢうざい)犯人(はんにん)でなくとも裁判官(さいばんくわん)死刑(しけい)宣告(せんこく)()けずとも、026大自然(だいしぜん)(すで)(すで)吾人(ごじん)(げん)として(うご)かすべからざる死刑(しけい)宣告(せんこく)(あた)へてゐるではないか。027ああ人生(じんせい)はかくの(ごと)(さび)しいものであらうか、028悲惨(ひさん)なものであらうか。029否々(いないな)(しか)らず。030吾人(ごじん)(かみ)(とも)永遠(ゑいゑん)無窮(むきう)不老不死(ふらうふし)生命(せいめい)そのものである。031霊肉脱離(れいにくだつり)関門(くわんもん)はあつても、032吾人(ごじん)本体(ほんたい)そのものは(けつ)して滅亡(めつばう)しない。033現実界(げんじつかい)のすべての歴史(れきし)を、034過去(くわこ)背景(はいけい)として永遠(ゑいゑん)無窮(むきう)霊界(れいかい)復活(ふつくわつ)するのである。035そして現実界(げんじつかい)()ける善悪(ぜんあく)応報(おうほう)自身(じしん)霊体(れいたい)反響(はんきやう)し、036しみついて永遠(ゑいゑん)(はな)れないものだ。037(これ)をおもへば(かみ)()(かみ)(みや)たる人間(にんげん)現実界(げんじつかい)(おい)(ぜん)をいひ(ぜん)(おも)ひ、038そして(ぜん)(おこな)主神(すしん)(あい)して主一無適(しゆいつむてき)信仰(しんかう)()き、039永遠(ゑいゑん)無窮(むきう)安楽国(あんらくこく)(みづか)開拓(かいたく)せなくてはならぬ。040()人生(じんせい)信仰(しんかう)(もつと)必要(ひつえう)所以(ゆゑん)である。