霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】霊界物語読者アンケート集計結果発表!(7/20)こちらのページです。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

苦集滅道(くじふめつだう)

インフォメーション
鏡:水鏡 題名:苦集滅道 よみ: 著者:出口王仁三郎
神の国掲載号:1928(昭和3)年06月号 八幡書店版:166頁 愛善世界社版:25頁 著作集: 第五版:157頁 第三版:157頁 全集:419頁 初版:149頁
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :kg131
001 ()(くる)しみである。002人生(じんせい)()といふものがあればこそ(らく)(あぢ)はひが(わか)るのである。003人間(にんげん)(うゑ)んとする(とき)004(こご)えんとする(とき)005(あるひ)(おも)(やまひ)にかかる(とき)006可愛(かあい)いい妻子(さいし)(わか)るる(とき)007(あせ)(しぼ)つて(はたら)(とき)008峻坂(しゆんはん)(のぼ)(とき)なぞは、009(かなら)ずこの()()ふものを(あぢ)はふものである。010(この)()があつてこそ、011(たの)しいとか、012(うれ)しいとか、013面白(おもしろ)いとか()結果(けつくわ)()()して()るのである。014人生(じんせい)()といふものが()いとすれば、015無生機物(むせいきぶつ)同様(どうやう)で、016天地(てんち)経綸(けいりん)神業(しんげう)奉仕(ほうし)する(こと)絶対(ぜつたい)不可能(ふかのう)である。017人生(じんせい)(くる)しい(なか)(たの)しみがあり、018(たの)しい(なか)(くる)しみがあつて永遠(ゑいゑん)進歩(しんぽ)発達(はつたつ)するもので、019寒暑(かんしよ)(たたか)ひ、020困難(こんなん)(たたか)ひ、021(あく)(たたか)ひ、022さうして是等(これら)(くる)しみに()()つた(とき)愉快(ゆくわい)は、023(じつ)人生(じんせい)(はな)となり、024()となるものである。025(たか)(やま)(のぼ)るのは(くる)しいが、026(その)頂上(ちやうじやう)(のぼ)りつめて四方(よも)見晴(みはら)(とき)愉快(ゆくわい)気分(きぶん)は、027山登(やまのぼ)りの(くる)しみを(あがな)ふて(なほ)(あま)りある(たの)しみである。
028 (しふ)029宇宙(うちう)一切(いつさい)(すべ)細胞(さいばう)集合体(しふがふたい)である。030日月星辰(じつげつせいしん)あり、031()には山川草木(さんせんさうもく)あり、032禽獣虫魚(きんじうちうぎよ)あり、033森羅万象(しんらばんしやう)(ことごと)細胞(さいばう)集合体(しふがふたい)ならざるは()いのである。034家庭(かてい)(つく)るも、035国家(こくか)()つるのも、036同志(どうし)(あつ)まつて団体(だんたい)をつくるのも、037これ(みな)(しふ)である。038(いへ)(ひと)()てるにも(はしら)(けた)(いしづゑ)(かべ)や、039屋根(やね)其外(そのほか)種々(しゆじゆ)(もの)(あつ)めなくては(いへ)出来(でき)ない。040人間(にんげん)(からだ)(ひと)つを()ても四肢(しし)五体(ごたい)041五臓(ござう)六腑(ろつぷ)042神経(しんけい)043動静脈(どうぜうみやく)044筋肉(きんにく)045血管(けつくわん)046毛髪(まうはつ)047(つめ)なぞ、048種々(しゆじゆ)雑多(ざつた)分子(ぶんし)(あつ)まらなければ人体(じんたい)構成(こうせい)されない。049天国(てんごく)団体(だんたい)(つく)るにも、050智慧(ちゑ)証覚(せうかく)相似(さうじ)せるものが(あひ)()(あひ)(あつ)まつて、051かたちづくるものである。052これ(みな)(しふ)である。053(えう)するに、054(まへ)にのべた()人生(じんせい)本義(ほんぎ)(しめ)し、055(しふ)宇宙(うちう)一切(いつさい)組織(そしき)(しめ)したものである。
056 (めつ)は、057(かたち)あるものは(かなら)(めつ)するものである。058(また)如何(いか)なる(こころ)(つみ)(いへど)天地(てんち)惟神(かんながら)大道(だいだう)によつて朝日(あさひ)(こほり)のとけるが(ごと)(めつ)するものである。059たとへば百姓(ひやくしやう)種々(いろいろ)(むし)作物(さくもつ)(あら)されて(こま)(とき)060種々(いろいろ)工夫(くふう)をこらして、061(その)害虫(がいちう)全滅(ぜんめつ)せんとして()るが、062到底(たうてい)これは人力(じんりよく)では(ほろぼ)(こと)出来(でき)ない。063(ただ)(その)一部分(いちぶぶん)(めつ)()るだけである。064害虫(がいちう)植物(しよくぶつ)()(みき)や、065(こづゑ)(また)(くさ)()産卵(さんらん)して種属(しゆぞく)繁殖(はんしよく)をはかつて()るが、066(しか)(なが)(ふゆ)厳寒(げんかん)ある(ため)(その)大部分(だいぶぶん)(ほろ)ぼされて(しま)ふ。067これは天地(てんち)惟神(かんながら)摂理(せつり)であつて(めつ)作用(さよう)である。068仏教(ぶつけう)寂滅為楽(じやくめつゐらく)()()があるが、069人間(にんげん)がこの天地(てんち)から死滅(しめつ)して仕舞(しま)へば、070(なん)苦痛(くつう)(かん)じない極楽(ごくらく)境地(きやうち)()ると()くものがあるが、071これは(じつ)浅薄(せんぱく)(きは)まる議論(ぎろん)である。072寂滅為楽(じやくめつゐらく)()意義(いぎ)は、073(すべ)ての罪悪(ざいあく)消滅(せうめつ)し、074害毒(がいどく)滅尽(めつじん)したならば、075極楽(ごくらく)浄土(じやうど)現代(げんだい)(くわ)すると()意味(いみ)である。076(すべ)人間(にんげん)そのものは無始(むし)無終(むしう)(かみ)分身(ぶんしん)である以上(いじやう)077どこ(まで)死滅(しめつ)するものではない。078五尺(ごしやく)躯格(くかく)(ほろ)ぼすにしても、079人間(にんげん)本体(ほんたい)(その)ものは永遠(ゑいゑん)無窮(むきう)滅尽(めつじん)しないのである。080(しか)(なが)ら、081悪逆(あくぎやく)とか、082無道(むだう)とか、083曲神(まがかみ)とかいふものはきつと(かみ)(ちから)信仰力(しんかうりよく)によつて(ほろぼ)()るものである。084これ()をさして(めつ)といふのである。
085 (だう)(みち)()ひ、086言葉(ことば)()ひ、087(かみ)とも()ふ。088宇宙(うちう)遍満(へんまん)充実(じゆうじつ)する(かみ)(ちから)をさして、089みちみつと()ふのである。090(えう)するに()(しふ)(めつ)意義(いぎ)総括(そうくわつ)したものが(だう)となるのである。091(みち)霊的(れいてき)にも体的(たいてき)にも()まねば、092到底(たうてい)天国(てんごく)(たつ)し、093彼岸(ひがん)(わた)(こと)出来(でき)ない。094(ゆゑ)空中(くうちう)にも(みち)があり、095地上(ちじやう)にも(みち)があり、096(うみ)(おも)にも(みち)がある。097(みち)()()つる意味(いみ)であり、098霊力体(れいりよくたい)三大(さんだい)元質(げんしつ)統一(とういつ)したる意味(いみ)であつて、099これが所謂(いはゆる)瑞霊(ずゐれい)(はたら)きである。100仏典(ぶつてん)にはミロク下生(げしやう)して、101苦集滅道(くじふめつだう)()き、102道法礼節(だうはふれいせつ)開示(かいじ)す、103()()るが、104苦集滅道(くじふめつだう)()ふも、105道法礼節(だうはふれいせつ)開示(かいじ)すると()ふも、106意味(いみ)(おな)じことである。107(えう)するに苦集滅道(くじふめつだう)(たい)であり、108道法礼節(だうはふれいせつ)(よう)とも()ふべきものである。