霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

惟神(かんながら)心性(しんせい)

インフォメーション
鏡:水鏡 題名:惟神の心性 よみ: 著者:出口王仁三郎
神の国掲載号:1928(昭和3)年08月号 八幡書店版:168頁 愛善世界社版:20頁 著作集:366頁 第五版:172頁 第三版:172頁 全集:430頁 初版:166頁
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :kg137
001 富貴(ふうき)002栄達(ゑいたつ)003金銭(きんせん)004性欲(せいよく)005虚栄(きよゑい)その(あひだ)介在(かいざい)する一切(いつさい)闘争(とうそう)論議(ろんぎ)屁理屈(へりくつ)所詮(しよせん)無事(ぶじ)平穏(へいおん)時代(じだい)(ひとつ)(をど)りに()ぎない。006純理(じゆんり)だ、007合理(がふり)だ、008正義(せいぎ)だ、009公論(こうろん)だと殊勝(しゆしよう)らしく喋々(てふてふ)して()所謂(いはゆる)先覚者(せんかくしや)も、010私利私欲(しりしよく)旦暮(あけく)れかぢりついて()餓利餓利(がりがり)亡者連(もうじやれん)も、011名誉(めいよ)奴隷輩(どれいはい)も、012驚天動地(きやうてんどうち)大震災(だいしんさい)大火災(だいくわさい)阿鼻叫喚(あびけうくわん)地獄(ぢごく)(とう)ぜられたその瞬間(しゆんかん)には、013何物(なにもの)(その)脳裡(なうり)存在(そんざい)するであらうか。014その最初(さいしよ)(あいだ)は、015一物(いちぶつ)でも一物(いちぶつ)でもと物質(ぶつしつ)(たい)する欲求(よくきう)()られて()るが、016次第(しだい)震害(しんがい)火力(くわりよく)強烈(きやうれつ)になつたら、017夫等(それら)(ひと)(ひと)放棄(はうき)せねばならなくなる。018執念(しふねん)(ぶか)物質(ぶつしつ)にのみかぢり()いて()やうものなら、019貴重(きちよう)生命(せいめい)までも放棄(はうき)せなくてはならなくなるだらう。020理学(りがく)化学(くわがく)大家(たいか)(しよう)せらるる人々(ひとびと)にも、021天変地妖(てんぺんちえう)惨状(さんじやう)予知(よち)する(こと)到底(たうてい)出来(でき)ないだらう。022如何(いか)なる哲学者(てつがくしや)宗教家(しうけうか)応用(おうよう)化学(くわがく)大家(たいか)も、023端然(たんぜん)として大震(だいしん)大火(たいくわ)真最中(まつさいちう)()つて()(こと)出来(でき)ない。024(いづ)れも生命(せいめい)(をし)さに、025ブザマ醜状(しうじやう)暴露(ばくろ)して()()すより(みち)()いのである。026千万長者(せんまんちやうじや)も、027無一物(むいちぶつ)労働者(らうどうしや)愚者(ぐしや)智者(ちしや)も、028(われ)(さき)にと(あらそ)つて()(まよ)はざるを()ないだらう。
029 (かか)(さい)030物質欲(ぶつしつよく)()一切(いつさい)(かみ)(まか)()(ひと)つで()()したものは生命(いのち)(たも)たれ、031(よく)(ふか)連中(れんちう)(みな)(ころ)されて(しま)ふであらう。032大自然(だいしぜん)()強力者(きやうりよくしや)(まへ)には、033智愚(ちぐ)貧富(ひんぷ)区別(くべつ)()い。034太陽(たいやう)(ひと)しく暖味(だんみ)平等的(べうどうてき)(あた)へる。035日光(につくわう)涼風(りやうふう)(ひと)しく風流(ふうりう)(あた)へる。036そこに大自然(だいしぜん)(そく)神様(かみさま)(たふと)仁恵(じんけい)があるのだ。037暴風(ばうふう)洪水(こうずい)地震(ぢしん)も、038(ひと)()つての区別(くべつ)()い。039所謂(いはゆる)天災地妖(てんさいちえう)平等的(べうどうてき)である。
040 (かう)した大自然(だいしぜん)(なか)から、041人間(にんげん)人間(にんげん)哲学(てつがく)見出(みいだ)さねばならない。042現代(げんだい)一切(いつさい)(つい)(だい)なる矛盾(むじゆん)撞着(どうちやく)(あま)りに雑多(ざつた)なるを痛嘆(つうたん)せられる。043自分(じぶん)(ここ)(おい)一切(いつさい)人類(じんるゐ)(たい)(ただ)惟神(かんながら)心性(しんせい)(かへ)れと大声疾呼(たいせいしつこ)したくなる。
044 文化(ぶんくわ)進展(しんてん)した(いま)世界(せかい)(おい)ては、045人間(にんげん)生命(せいめい)(あま)りに(やす)い。046(たけ)(はしら)(かや)屋根(やね)時代(じだい)には、047(あま)生存難(せいぞんなん)だとか、048失業(しつげう)だとか()()うな(いま)はしい不自然(ふしぜん)問題(もんだい)(おこ)らなかつたのである。
049 鉄筋(てつきん)コンクリートの高層(かうさう)建造物(けんざうぶつ)()(なか)に、050生存難(せいぞんなん)人間苦(にんげんく)存在(そんざい)してゐる。051(ひと)つの大建造物(だいけんざうぶつ)幾万(いくまん)生霊(せいれい)()れて一瞬(いつしゆん)(あひだ)にその生命(いのち)(うば)はれた東京(とうきやう)震災(しんさい)(おも)()さずには()られない。052只々(ただただ)天地(てんち)惟神(かんながら)(はふ)(したが)ひ、053竹柱茅屋(ちくちうぼうをく)神代的(かみよてき)生活(せいくわつ)であつたならば斯様(かやう)無残(むざん)(こと)出来(でき)なかつたであらう。054電気(でんき)瓦斯(がす)水道(すいだう)も、055大自然(だいしぜん)強力(きやうりよく)には、056何等(なんら)(ちから)なく滅茶(めちや)滅茶(めちや)(こは)されて(しま)ふ。057井戸水(ゐどみづ)蝋燭(らふそく)はそこになると非常(ひじやう)なる底力(そこぢから)があると()はれるのも、058西洋(せいやう)文明(ぶんめい)(たい)する皮肉(ひにく)である。
059 自分(じぶん)原始(げんし)時代(じだい)盲目的(まうもくてき)讃美(さんび)するのではないが、060其処(そこ)(あぢ)はふべき(てん)多々(たた)ある(こと)力説(りきせつ)したいのである。061(うす)つぺらな西洋(せいやう)文明(ぶんめい)崇拝者(すうはいしや)や、062耶蘇教(やそけう)かぶれや、063文化(ぶんくわ)宣伝(せんでん)学者(がくしや)()反省(はんせい)(うなが)()い。064そして是等(これら)盲目的(まうもくてき)学者(がくしや)同胞(どうはう)をして、065純粋(じゆんすゐ)なる日本(にほん)神国(しんこく)神民(しんみん)復活(ふつくわつ)させたい。066純日本人(じゆんにほんじん)(ふく)し、067惟神(かんながら)大道(だいだう)(みちび)(すく)ふのが人間(にんげん)相互(さうご)(つと)めであると(おも)ふ。068外道(げだう)(おちい)れる地獄魂(ぢごくだましひ)(おほ)(いま)()(なか)は、069(こと)()(かん)(ふか)うさせられるのである。
070 東京(とうきやう)横浜(よこはま)震火災(しんくわさい)(とき)071玄米(げんまい)(かゆ)梅干(うめぼし)一個(いつこ)一日(いちにち)生命(せいめい)をつないだ経験(けいけん)のある人々(ひとびと)には、072如何(いか)人間(にんげん)生命欲(せいめいよく)強烈(きやうれつ)であるかと()(こと)()()いたであらう。073所詮(しよせん)人間(にんげん)欲求(よくきう)するものは永遠(ゑいゑん)無窮(むきう)生命(せいめい)である。074人間(にんげん)生命(せいめい)何処(どこ)までも永遠(ゑいゑん)であり()い、075そして不滅(ふめつ)であり()い。076心強(こころづよ)信仰(しんかう)(うへ)立脚(りつきやく)して、077人間(にんげん)らしく神民(しんみん)らしく進展(しんてん)すべきである。078純日本人(じゆんにほんじん)日本(にほん)神国(しんこく)神民(しんみん)(かへ)()い。079この筆法(ひつぱふ)自分(じぶん)今日(こんにち)まで(すす)んで()た。080真剣(しんけん)邁進(まいしん)して()たのである。081(これ)反対(はんたい)妨害(ばうがい)するものに(たい)しては、082全力(ぜんりよく)()げて(たたか)つて()た。083自分(じぶん)人類愛(じんるゐあい)(ため)に、084今日(こんにち)まで奮戦(ふんせん)苦闘(くとう)(つづ)け、085外道(げだう)悪魔(あくま)牙城(がじやう)(むか)つて勝鬨(かちどき)()げて()た。086(かみ)(ちから)(まこと)(はしら)に、087信仰(しんかう)熱心(ねつしん)忍耐(にんたい)とに()つて、088(ここ)地上(ちじやう)天国(てんごく)089霊国(れいこく)建設(けんせつ)して()たのである。090嗚呼(ああ)惟神(かんながら)霊幸倍坐世(たまちはへませ)
   
オニド関連サイト最新更新情報
9/21【霊界物語ネット】藤沼庄平「大本検挙」を掲載(詳細はページ冒頭のインフォメーション参照)。