霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

(せん)利休(りきう)明智(あけち)光秀(みつひで)

インフォメーション
鏡:水鏡 題名:千の利休は明智光秀 よみ: 著者:出口王仁三郎
神の国掲載号:1926(大正15)年05月号 八幡書店版:334頁 愛善世界社版:149頁 著作集: 第五版:191頁 第三版:191頁 全集:440頁 初版:183頁
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :kg148
001 (せん)利休(りきう)()(ひと)は、002明智(あけち)光秀(みつひで)()れの()てである。003明智(あけち)光秀(みつひで)山崎(やまざき)一戦(いつせん)(もろ)くも(やぶ)れて、004(つひ)()もなき一土兵(いちどへい)()めに竹槍(たけやり)にてつき(ころ)されたと、005歴史(れきし)(つた)へられてあるがあれは(うそ)である。006天王山(てんのうざん)一戦(いつせん)勝敗(しようはい)(けつ)することは、007(はじ)めからよく承知(しようち)してをつたが、008光秀(みつひで)将士(しやうし)度々(たびたび)(むか)へをうけながら、009(わざ)とグズグズして()て、010(つひ)(かち)秀吉(ひでよし)(ゆづ)つたのである。011(じつ)()くに光秀(みつひで)秀吉(ひでよし)との(あひだ)には妥協(だけふ)成立(せいりつ)して()たのである。012聡明(そうめい)なる光秀(みつひで)は、013たとへ如何(いか)なる事情(じじやう)があつたにもせよ、014いつたん(しゆ)(ごろし)汚名(をめい)()たものが、015天下(てんか)将軍(しやうぐん)となつても永続(ながつづ)きがせぬと()(こと)をよく承知(しようち)して()秀吉(ひでよし)(かち)(ゆづ)つたのである。016そして(かれ)(あたま)(まる)めてお(ちや)坊主(ばうず)となり、017(はぎ)枝折戸(しをりど)四畳半(よでふはん)(なか)にあつて、018天下(てんか)大事(だいじ)(ろん)じ、019(はかりごと)(めぐ)らして秀吉(ひでよし)太閤(たいこう)地位(ちゐ)(まで)()しのぼして仕舞(しま)つたのである。020(かれ)(じつ)秀吉(ひでよし)好参謀(かうさんぼう)であつたのである。021朝鮮(てうせん)征伐(せいばつ)なども、022(かれ)献策(けんさく)()たものである。023茶室(ちやしつ)這入(はい)るには丸腰(まるごし)となつてにじり(ぐち)より()らねばならぬ。024元亀(げんき)天正(てんしやう)時代(じだい)荒武者(あらむしや)制御(せいぎよ)操縦(さうじう)するに、025もつて()いの場所(ばしよ)方法(はうはふ)であつた。026第一(だいいち)秘密(ひみつ)(たも)つに絶好(ぜつかう)であつた。027(のち)(かれ)(むすめ)美貌(びぼう)(わざはい)(いん)をなして自殺(じさつ)余儀(よぎ)なくせしめられたと、028()(つた)へられて()るが、029(まつた)跡形(あとかた)もない(こと)である。030英雄(えいゆう)031英雄(えいゆう)()諸般(しよはん)機微(きび)消息(せうそく)俗人(ぞくじん)には(わか)らぬ。
032 筆者(ひつしや)がこのお(はなし)(うかが)つて、033或時(あるとき)(こと)二三(にさん)方々(かたがた)にお(はなし)して()りました、034(たまたま)()岡山(おかやま)太田(おほた)栄子(ゑいこ)夫人(ふじん)()られて、035この(はなし)裏書(うらがき)する面白(おもしろ)物語(ものがたり)をせられましたので、036()御紹介(ごせうかい)(いた)します。
037 太田(おほた)夫人(ふじん)は、038大正(たいしやう)九年(くねん)(ころ)039聖師様(せいしさま)から「(せん)利休(りきう)明智(あけち)光秀(みつひで)である」と()(こと)(うけたま)はつて、040それを師匠(ししやう)(お(ちや)先生(せんせい))の名倉(なくら)某氏(ぼうし)(はな)されたさうです。041さうすると名倉(なくら)()はそれを(また)家元(いへもと)当時(たうじ)第十三代(だいじふさんだい)円能斎(ゑんのうさい)())に(はな)されました、042すると円能斎(ゑんのうさい)()顔色(かほいろ)がサツと(かは)つて(しばら)くは(もの)()はれなかつたさうですが、043(ふと)吐息(といき)(とも)(くち)()いて()言葉(ことば)は、044「まあどうしてそれが(わか)つたのですか」と()(こと)であつたと()(こと)です。045そして、046(さら)()をついで、047「その(こと)こそ、048千家(せんけ)(つた)はる、049一子相伝(いつしさうでん)大秘密(だいひみつ)であつて、050(あと)()長男(ちやうなん)のみが()つて、051(つぎ)から(つぎ)へと()ひつたへ(かた)りつぎて、052()()るものが()えて()(はず)です。053どうしてそれが(わか)つたのでせう」と()くので、054名倉(なくら)()は「霊覚(れいかく)によつて(わか)つたのです。055丹波(たんば)(くに)綾部町(あやべちやう)に、056大神通力(だいじんつうりき)(そな)へた聖者(せいじや)がありましてその(ひと)霊覚(れいかく)によつて、057(その)秘事(ひじ)(わか)つて()たのです」とて、058聖師様(せいしさま)(くわん)するお(はなし)をせられました。059円能斎(ゑんのうさい)()はいたく(おどろ)(かつ)(かん)()り、060(つひ)執事(しつじ)()して綾部(あやべ)参拝(さんぱい)せしめ、061(つい)(みづか)らも(また)参拝(さんぱい)せられたさうですが、062(ふか)くこの(こと)()して(ひと)(かた)らなかつた。063名倉(なくら)()(また)()して仕舞(しま)つたのですが、064不思議(ふしぎ)(こと)には三人(さんにん)三人(さんにん)(とも)065(あひ)前後(ぜんご)して(おな)心臓病(しんざうびやう)()(たふ)れて仕舞(しま)つたさうです。
066 太田(おほた)夫人(ふじん)は「これは()してはならぬと(おも)ひ、067(みな)さんにお(はなし)して()ります」と(かた)られました。068一座(いちざ)のものは(これ)()いて、069今更(いまさら)(ごと)(おどろ)き、070聖師様(せいしさま)(たた)(つく)せぬ御霊覚(ごれいかく)(ほど)(かん)()りました。071そして聖師様(せいしさま)がもし、072(この)霊覚(れいかく)によつて訂正(ていせい)さるるならば、073世界(せかい)歴史(れきし)随分(ずいぶん)(かは)つて()るかも()れないと(おも)ひました。
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)