霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

開祖様(かいそさま)奥津城(おくつき)

インフォメーション
鏡:水鏡 題名:開祖様の奥津城 よみ: 著者:出口王仁三郎
神の国掲載号:1927(昭和2)年07月号 八幡書店版:122頁 愛善世界社版:87頁 著作集: 第五版:233頁 第三版:233頁 全集: 初版:227頁
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :kg199
001 霊界(れいかい)物語(ものがたり)二段目(にだんめ)水獄(すいごく)とよく似通(にかよ)つた場面(ばめん)蒙古(もうこ)実際(じつさい)目撃(もくげき)した(こと)屡々(しばしば)あるが、002墳墓(ふんぼ)(ごと)きも(その)(ひと)つである。003蒙古(もうこ)では人間(にんげん)死骸(しがい)()()つては(うめ)ない、004平地(へいち)(うへ)において、005(その)(うへ)(つち)()ぶせるのだから、006土饅頭(つちまんぢう)出来(でき)るのであつて、007(いた)つて簡単(かんたん)なものであるから、008どうかすると(すぐ)土饅頭(つちまんぢう)(こわ)れて、009髑髏(どくろ)がごろごろと(ころ)()す、010随分(すいぶん)気味(きみ)(わる)いものである。011蒙古(もうこ)では地中(ちちう)(ふか)(うめ)(こと)地獄(ぢごく)にやるのだと(かんが)へて()るので、012こんな埋葬(まいさう)仕方(しかた)をするのである。013地下(ちか)三尺(さんしやく)以下(いか)地獄(ぢごく)相応(さうおう)するのであるから、014この信念(しんねん)一理(いちり)あると()はねばなるまい、015大本(おほもと)教祖様(けうそさま)奥津城(おくつき)()(とほ)りに(きづ)かれて()る。
016 ()地上(ちじやう)より二尺(にしやく)五寸(ごすん)(たか)いコンクリートの(だい)()え、017(その)(うへ)(おな)じコンクリートで(はこ)(つく)り、018(その)(なか)御遺骸(ごゐがい)(をさ)めた(くわん)()れ、019(ふた)をなし、020(その)(うへ)(また)コンクリートで()つて、021所々(ところどころ)空気抜(くうきぬき)(あな)穿(うが)つてある。022(その)(うへ)(また)(いし)(かこ)んであるので、023()()つて埋葬(まいさう)しては()いのである。
024 (ちなみ)にこの奥津城(おくつき)(きづ)(なほ)されてからの(はう)が、025(わたし)計画通(けいくわくどほり)になつて()るのは、026不思議(ふしぎ)である。027(わたし)(かつ)て、028こんな具合(ぐあひ)(きづ)くのであると、029()いて(わた)しておいた図面(づめん)が、030旧役員(きうやくゐん)(ところ)(のこ)つて()るが、031それを()人達(ひとたち)(おどろ)()つて()た。032(わたし)(はじ)めから(いま)のやうな(かたち)にせうと(おも)つて()たので、033桃山御陵(ももやまごりよう)()()るとか()ふああした(かたち)にする(つもり)では()かつた。034(わたし)()(とほ)りにして()れないから、035神様(かみさま)官憲(くわんけん)()()りて、036本当(ほんたう)のものに(なほ)されたのである。037役員(やくゐん)(なか)には奥津城(おくつき)(なほ)させられたと()ふて、038随分(ずいぶん)官憲(くわんけん)処置(しよち)「処置」…底本では「所置」。憤慨(ふんがい)して、039矢釜(やかま)しく()ふたものもあつたが、040かう(わか)つて()ると、041どちらが(わる)いのか(わか)つたものでは()い。
   
オニド関連サイト最新更新情報
9/21【霊界物語ネット】藤沼庄平「大本検挙」を掲載(詳細はページ冒頭のインフォメーション参照)。