霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

面会(めんくわい)(こと)

インフォメーション
鏡:水鏡 題名:面会の事 よみ: 著者:出口王仁三郎
神の国掲載号:1927(昭和2)年10月号 八幡書店版:320頁 愛善世界社版:44頁 著作集: 第五版:244頁 第三版:244頁 全集: 初版:239頁
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :kg210
001 (わたし)はどういふものか昨年来(さくねんらい)から(昭和(せうわ)元年(ぐわんねん)002(すなは)大正(たいしやう)十五年(じふごねん)(ひと)面会(めんくわい)することが(いや)になつて()た。003近頃(ちかごろ)はそれが一層(いつそう)ひどくなつて、004未信者(みしんじや)勿論(もちろん)(こと)005役員(やくゐん)信者(しんじや)(いへど)面会(めんくわい)する(こと)極端(きよくたん)にいやになつたのだ、006近侍(きんじ)(いへど)(あま)大勢(おほぜい)(なが)(そば)()られる(こと)苦痛(くつう)なので、007用事(ようじ)があつて()(とき)()()れればよいと()(わた)してある。008(わたし)肉体(にくたい)として出来(でき)るだけ辛抱(しんばう)「辛抱」…底本では「辛棒」。して()るのであるが、009神様(かみさま)(きら)はれるのだから仕方(しかた)()い、010(とく)(あさ)(はや)くから()られると、011それつきり神様(かみさま)御機嫌(ごきげん)(わる)くなつて、012(その)()一日(いちにち)仕事(しごと)駄目(だめ)になつて仕舞(しま)(こと)がある。013だから面会(めんくわい)時間(じかん)午後(ごご)五時(ごじ)から六時(ろくじ)(あひだ)(さだ)めてあるので、014(その)(ころ)になると、015()すべき仕事(しごと)一段落(いちだんらく)つき、016(よる)仕事(しごと)との(あひだ)一寸(ちよつと)一服(いつぷく)する(あひだ)があるから、017(あま)邪魔(じやま)にならない。018かく(さだ)めてあつても、019今日(けふ)(はや)(かへ)らねばならぬとか、020綾部(あやべ)にお(まゐ)りせねばならぬとか、021特別(とくべつ)をもつてとか、022自分(じぶん)都合(つがふ)()め、023(あさ)から面会(めんくわい)()いらるるのは苦痛(くつう)でたまらぬ。024(わたし)神様(かみさま)使(つか)はれて()るのである。025人間(にんげん)都合(つがふ)(ため)神様(かみさま)御用(ごよう)左右(さいう)さすのは(あま)りでは()いか、026(わたし)(その)ため(いのち)(ちぢ)まるやうな()がする。027(わたし)長生(ながいき)をさせようと(おも)ふなら、028(すこ)()をつけて(もら)()い。029(はや)くから信仰(しんかう)して()人達(ひとたち)はかういふ(こと)がよく(わか)つて()らねばならぬ(はず)であるのに、030(ふる)いが(ゆゑ)特別(とくべつ)権利(けんり)があるやうに(おも)ふて、031規定(きてい)無視(むし)して自分(じぶん)知己(ちき)()れてズンズン()しかけられるのにも(こま)る。032遠方(ゑんぱう)から()たのだから、033十分(じつぷん)二十分(にじつぷん)時間(じかん)()いて(くだ)さつてもよかりさうなものだと(おも)(ひと)があるかも()れぬが、034(わたし)十分間(じつぷんかん)他人(ひと)十分間(じつぷんかん)(ちが)ふ。035十分間(じつぷんかん)あれば(やく)百五十枚(ひやくごじふまい)短冊(たんざく)()(こと)出来(でき)る。036一時間(いちじかん)邪魔(じやま)されると、037九百枚(きうひやくまい)駄目(だめ)になるのである。038それにまだそれよりも(こま)(こと)は、039各自(かくじ)がいろんな(れい)()れて()て、040それを()いて()(こと)である。041非常(ひじやう)気分(きぶん)がよくて、042(これ)から(おほい)仕事(しごと)をしようと(おも)つて()(ところ)へ、043一寸(ちよつと)(ひと)()(その)(ひと)が、044悪霊(あくれい)でも背負(せおつ)()()たら、045すぐ(あたま)(いた)くなり、046気分(きぶん)(わる)くて一日(いちにち)(なに)出来(でき)(こと)がある。047のみならず(はなは)だしい(とき)はウンウンと(うな)つて()なければならぬ(こと)になる。048(わたし)(からだ)人並(ひとなみ)にゆかぬのであるから、049それを(さつ)して(もら)ひたい、050(よう)がある場合(ばあひ)此方(こちら)から()(こと)仕度(した)いのである。
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)