霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】霊界物語読者アンケート集計結果発表!(7/20)こちらのページです。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

歴史(れきし)談片(だんぺん)

インフォメーション
鏡:月鏡 題名:歴史談片 よみ: 著者:出口王仁三郎
神の国掲載号:1929(昭和4)年02月号 八幡書店版:337頁 愛善世界社版: 著作集: 第五版:34頁 第三版:34頁 全集:471頁 初版:15頁
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :kg263
001 百人一首(ひやくにんいつしゆ)最初(さいしよ)(うた)002かの有名(いうめい)なる
003 (あき)()刈穂(かりほ)(いほ)のとまを(あら)
004  わが衣手(ころもで)(つゆ)にぬれつつ百人一首歌番号一。
005()ふのがある。006天智(てんち)天皇(てんのう)のお(うた)()(こと)三才(さんさい)童児(どうじ)()つて()るが当時(たうじ)天皇(てんのう)政変(せいへん)のため(なん)(のが)れて那須野(なすの)をさまよはれた。007いと(かしこ)(こと)ながら、008()()れて宿(やど)りたまふ()よすがも()御痛(おいた)ましき(こと)ながら野宿(のじゆく)のやむを()ざるに()(いた)られたその(とき)のお(うた)である。009刈穂(かりほ)(いね)のかけわたしたる(した)にて(つゆ)にぬれつつ一夜(いちや)(すご)させたまふた。010(いね)のとまは(あら)くて(つゆ)(ふせ)ぎまゐらすに()らなかつたのである。011後醍醐(ごだいご)(みかど)が、012笠置(かさぎ)(やま)(まつ)下露(したつゆ)013花山院(くわざんゐん)(いし)(まくら)にたぐひていとかしこき御製(ぎよせい)である。
014 西行法師(さいぎやうほふし)()(ひと)は、015大層(たいそう)(うた)上手(じやうず)のやうに(ひと)(おも)つて()るが、016大変(たいへん)下手(へた)(うた)()()であつた。017()んで()しても(せん)(はい)らぬので、018(つき)(なが)めつつ(いた)歎息(たんそく)した(うた)が、019かの有名(いうめい)な、020
021 (なげ)けとて(つき)やは(もの)(おも)はする
022  かこち(がほ)なる(わが)(なみだ)かな百人一首歌番号八六。
023(うた)である。024それが(おも)ひもかけず百人一首(ひやくにんいつしゆ)(せん)(はい)つたのである。025それからだんだん上手(じやうず)になつた。026百人一首(ひやくにんいつしゆ)(うた)でも(もつと)(おも)きを()かれて()るものは
027 此度(このたび)はぬさも()りあへず手向山(たむけやま)
028  もみぢの(にしき)(かみ)のまにまに百人一首歌番号二四。
029()管家(くわんけ)(うた)だ。
030 山陰(やまかげ)中納言(ちうなごん)丹波(たんば)(くに)031(きり)(しやう)()んで()られたので後裔(こうえい)(つい)桐村(きりむら)名乗(なの)らるるやうになつたのである。032(すなは)開祖様(かいそさま)大本(おほもと))の御実家(ごじつか)()である。
033 本宮山(ほんぐうやま)はもと本居山と()きホンゴ(ざん)(とな)へられて()た。034そして豊受(とようけ)大神様(おほかみさま)御祭(おまつ)申上(まをしあげ)てあつたのであるが、035それが後世(こうせい)比沼(ひぬ)真奈井(まなゐ)にお(うつ)りになつたのである。
036 開祖様(かいそさま)母上(ははうへ)足利(あしかが)尊氏(たかうぢ)系統(けいとう)をひいて()られる、037尊氏(たかうぢ)()(ひと)舞鶴線(まひづるせん)梅迫駅(うめざこえき)附近(ふきん)七百石(しちひやくこく)()(ところ)(うま)れたので、038初産湯(うぶゆ)()()ふのが(のこ)つて()る。
039 亀岡(かめをか)(ざい)篠村(しのむら)八幡宮(はちまんぐう)()ふのがある、040足利(あしかが)尊氏(たかうぢ)(ぐわん)をかけて武運(ぶうん)長久(ちやうきう)(いの)つた神様(かみさま)で、041(この)神様(かみさま)尊氏(たかうぢ)()たしたといふかどで、042(ほか)神様(かみさま)はどんどん昇格(しようかく)しても、043(この)八幡様(はちまんさま)だけはいつまでたつても一向(いつかう)昇格(しようかく)せぬ。
044 七福神(しちふくじん)のお一柱(ひとはしら)045昆沙門天(びしやもんてん)()(かた)武甕槌(たけぬかづち)神様(かみさま)(こと)である。