霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

安全(あんぜん)代物(しろもの)

インフォメーション
鏡:月鏡 題名:安全な代物 よみ: 著者:出口王仁三郎
神の国掲載号:1929(昭和4)年04月号 八幡書店版:211頁 愛善世界社版: 著作集: 第五版:49頁 第三版:49頁 全集:483頁 初版:32頁
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :kg281
001 五日一水(いつかいちすゐ)002十日一石(とをかいちこく)()ふが、003三年一文(さんねんいちもん)004一生一言(いちしやういちごん)万行(まんかう)(ふく)むものは、005(かみ)生宮(いきみや)であり、006(しん)予言者(よげんしや)であり、007雄弁家(ゆうべんか)である。008万巻(まんぐわん)(しよ)(はら)()()んだ、009紙虫(かみむし)学者(がくしや)(おほ)くは一事(いちじ)(まづ)しいものである。010(また)万言(まんげん)をたづぬる人間(にんげん)は、011一行(いちかう)(をさ)()人間(にんげん)()まつて()る。012全体(ぜんたい)013文字(もじ)()いたり、014文句(もんく)捻繰(ひねく)(やう)人間(にんげん)や、015(くち)達者(たつしや)人間(にんげん)(おそ)ろしいものはない。016(おも)つた(こと)()いて(しま)ひ、017(また)()つて(しま)へば、018頭脳(づなう)空虚(くうきよ)になるからだ、019(じつ)安全(あんぜん)代物(しろもの)である。020そこに如何(いか)なる表現(へうげん)も、021自己(じこ)(あらは)さずには()かない。022その言葉(ことば)真信(しんしん)裏書(うらがき)するのも不思議(ふしぎ)では()い。023(うそ)「嘘」…底本では「啌」。以下も同じ。(もと)より(うそ)であるが、024真実(しんじつ)(かた)つても一度(いちど)(くち)から(そと)()したら、025それはもう真実(しんじつ)そのものでは()く、026真実(しんじつ)(かげ)である。027平仮名(ひらかな)七字(しちじ)づつに()つて、028いろはにほへ029ちりぬるをわ030よたれそつね031らむうゐのお032やまけふこえ033あさきゆめみ034ゑひもせの「す」を(くは)へた圏点(けんてん)の「とがなくてしす」といつたのは、035赤穂(あかほ)四十七士(しじふしちし)(たい)する徂徠(そらい)評語(ひやうご)であるといふのは、036「いろは」を弘法大師(こうぱうたいし)(さく)だと()ふにも(まさ)つた大嘘(おほうそ)であるが、037()かなくて()す」は「(とが)()くて()す」たる(こと)当然(たうぜん)だ。038()きさへしなければ、039(とが)()いからである。040(しか)言葉(ことば)()らぬと()(こと)すらが、041言葉(ことば)でないと()へない。042文字(もじ)無用論(むえうろん)も、043(また)()によらねば()(こと)()きぬ。044実行(じつかう)黙鳥(もくてう)は、045言文(げんぶん)(つばさ)によらねば、046()びさうにも()いが、047一管(いつくわん)(ふえ)衆生(しうじやう)済度(さいど)さるれば、048一篇(いつぺん)民謡(みんえう)(くに)興亡(こうばう)(さと)られる。049邵康節(せうかうせつ)杜鵑(ほととぎす)一声(ひとこゑ)に、050(そう)転覆(てんぷく)直覚(ちよくかく)したといふ。051(うた)ふか(もく)するか、052この(ふた)つの(あひだ)一寸(ちよつと)でも理屈(りくつ)がはさまると地獄(ぢごく)()ちる「黙指無声(もくしむせい)」の達磨(だるま)唯説弥陀本願(ゆゐせつみだほんぐわん)羅什(らじふ)は、053異体同心(いたいどうしん)ではないか。054それに(うた)へども(をど)らずといふけれども、055現代人(げんだいじん)(うた)はなければ(をど)らない、056(おの)(はら)から()くので()いからである。057(をど)らずに()られなくなつて(をど)るのではないからである。058(つく)れども()らず、059それでこそ(しん)作物(さくぶつ)()ふべきである。060人間(にんげん)意識(いしき)してやることに(ろく)なものはない。061人為(じんゐ)とは破壊(はくわい)別名(べつめい)である。062(つく)らしめられたもののみが、063()きて()るのである。064()(かんが)へて()ると現代(げんだい)破壊(はくわい)(おほ)時節(じせつ)であると(おも)ふ。065人間(にんげん)子供(こども)(つく)()ない(くせ)に、066子供(こども)精神的(せいしんてき)(また)形体的(けいたいてき)(ころ)すものが(おほ)い。067自分(じぶん)から小供(こども)精神(せいしん)(ころ)して()きながら、068(その)(つみ)(なに)ものにか、069()りつけるもの(ばか)りになつた現代(げんだい)である。
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)