霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】霊界物語読者アンケート集計結果発表!(7/20)こちらのページです。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

広大無辺(くわうだいむへん)御神徳(ごしんとく)

インフォメーション
鏡:月鏡 題名:広大無辺の御神徳 よみ: 著者:出口王仁三郎
神の国掲載号:1929(昭和4)年05月号(八幡版)?1930(昭和5)年11月号(著作集) 八幡書店版:26頁 愛善世界社版: 著作集:276頁 第五版:61頁 第三版:61頁 全集:491頁 初版:43頁
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :kg288
001 太陽(たいやう)照臨(せうりん)002陰陽(いんやう)(かがや)き、003正邪(せいじや)清濁(せいだく)(べつ)()き、004雨水(うすゐ)沛然(はいぜん)として(いた)(あまね)万物(ばんぶつ)(うるほ)し、005空気(くうき)宇宙(うちう)充満(じゆうまん)して新陳代謝(しんちんたいしや)(おこな)ひ、006四季(しき)風光(ふうくわう)(たへ)にして、007吾人(ごじん)爽快(さうくわい)()(おこ)さしめ、008花卉(くわき)()009果実(くわじつ)(ゆたか)なる、010吾人(ごじん)絶大(ぜつだい)なる快感(くわいかん)爽味(そうみ)(あた)へ、011豊富(ほうふ)なる生動物(せいどうぶつ)恩沢(おんたく)(だい)なる、012(これ)(いつ)天地(てんち)神明(しんめい)恩頼(みたまのふゆ)にして(いづ)れも大本大神(おほもとおほかみ)(たまもの)()ふべし。
013 一夜(いちや)(かぜ)014一刻(いつこく)(あめ)()天下(てんか)風靡(ふうび)山海(さんかい)(くつが)へし、015(たちま)ちにして復旧(ふくきう)さる。016雷鳴(らいめい)轟々(がうがう)たる(のち)017白雨(はくう)沛然(はいぜん)として(いた)り、018大空(たいくう)晴々(せいせい)として天日(てんじつ)(かがや)(わた)る、019敏電火(びんでんくわ)()ぐるが(ごと)急速(きふそく)変転(へんてん)これ(みな)神明(しんめい)(ちから)一部分(いちぶぶん)表現(へうげん)なり。020自然界(しぜんかい)()()るもの、021(みみ)()くもの、022()()るるもの、023五感(ごかん)(ことごと)深趣(しんしゆ)遠大(ゑんだい)快活(くわいくわつ)ならざるはなし。
024 (かみ)(てん)(つく)()(きづ)(ひと)()山川草木(さんせんさうもく)(しやう)万有(ばんいう)配布(はいふ)して神代(かみよ)永遠(ゑいゑん)建設(けんせつ)すべく、025その蘊蓄(うんちく)せる無限(むげん)技巧(ぎかう)資源(しげん)とを(かたむ)け、026吾人(ごじん)不断(ふだん)恩恵(おんけい)(たま)ふのである。
027 (かみ)大仁大慈(たいじんたいじ)にして天工(てんこう)完備(くわんび)せる、028到底(たうてい)人工的(じんこうてき)一小技(いちせうぎ)活動(くわつどう)より()()ざるを()れば、029(ひと)(かみ)()(かみ)(みや)030天地(てんち)経綸(けいりん)司宰(しさい)といふの(げん)031(いささ)僭越(せんゑつ)至極(しごく)(かん)()たれる。032到底(たうてい)天業(てんげふ)神事(しんじ)補佐(ほさ)たらんとせば、033()天恵美(てんけいび)安沢(あんたく)神恩(しんおん)礼讃(らいさん)し、034(かみ)(つく)られし万物(ばんぶつ)賞翫(しやうぐわん)すべきであるにも(かか)はらず、035(みだ)りに天設(てんせつ)毀損(きそん)し、036些末(さまつ)なる人工(じんこう)美技(びぎ)(ふけ)()きではない。