霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

悪魔(あくま)世界(せかい)

インフォメーション
鏡:月鏡 題名:悪魔の世界 よみ: 著者:出口王仁三郎
神の国掲載号:1929(昭和4)年06月号 八幡書店版:104頁 愛善世界社版: 著作集: 第五版:81頁 第三版:81頁 全集:505頁 初版:61頁
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :kg298
001 (われ)(かつ)霊界(れいかい)(ある)()(さそ)はれて、002幻怪(げんくわい)なる夢魔(むま)世界(せかい)(はい)つた。003その(とき)自分(じぶん)無劫(むがふ)寂寥(せいれう)恐怖(きようふ)(おそ)はれた。004(みぎ)(ひだり)(しん)(やみ)で、005面前(めんぜん)背後(はいご)咫尺(しせき)(べん)ぜざる(ばか)りの暗黒裡(あんこくり)()()んだ。006そして()んとなく(さむ)さを(かん)じ、007戦慄(せんりつ)()まずして非常(ひじやう)(おそ)ろしい、008(あたま)頂辺(てつぺん)から(あし)爪先(つまさき)まで(わが)神経(しんけい)は、009(はり)()うに(とが)つてゐる。010(やみ)(なか)から(くろ)(つばさ)(ひろ)げて、011黙々(もくもく)として(せま)(きた)(すさ)まじい(もの)(いき)(かん)ずる。012(たしか)何物(なにもの)かが(せま)つて()る、013地震(ぢしん)014(かみなり)015火事(くわじ)016親爺(おやぢ)よりも海嘯(つなみ)よりも、017噴火(ふんくわ)よりも(おそ)ろしい怪物(くわいぶつ)が、018虚空(こくう)(あつ)し、019大地(だいち)()(にじ)つて、020(いま)にも(わが)身心(しんしん)(せま)()るかの(ごと)くに(おも)はれて、021大蛇(をろち)(にら)まれた(かはづ)022(ねこ)魅入(みい)られた(ねずみ)()うに、023自分(じぶん)身体(からだ)微動(びく)とも出来(でき)ない。024果然(くわぜん)真蒼(まつさを)(つるぎ)(ごと)(ひかり)(やみ)(つんざ)いて、025(わが)()射貫(いとう)した。026(その)(ひかり)次第(しだい)にメラメラと周囲(しうゐ)()(ひろ)がり、027八方(はつぱう)()()らかつて、028(くる)(はじ)めた。029さながら(ひかり)乱舞(らんぶ)030火焔(くわえん)活動(くわつどう)で、031(なん)とも形容(けいよう)出来(でき)ない(いや)らしさであつた。032そして()物凄(ものすご)火焔(くわえん)(うみ)に、033蒼白(あをじろ)横目(よこめ)()つた(おに)と、034赤黒(あかぐろ)(いはほ)()うな(おに)とが、035灰紫(はひむらさき)()えくりかへる(どろ)(なか)(から)()ひ、036(もつ)()つてゐる。037やがて()(おに)(ひと)つになつて、038()(まは)される火縄(ひなは)(やう)に、039火焔(くわえん)螺旋(らせん)(ゑが)きつつ、040幾千台(いくせんだい)飛行機(ひかうき)低空(ていくう)飛行(ひかう)をやつてゐるやうな、041巨大(きよだい)(おと)(とどろ)かせながら、042天上(てんじやう)めがけて(のぼ)つて()く、043その幻怪(げんくわい)さ、044(じつ)奇観(きくわん)であつた。045真暗(まつくら)(そら)は、046(たちま)ちその邪鬼(じやき)()んで(しま)つたが、047やがて(おほ)きな真赤(まつか)(くち)()けて、048(うつく)しい金色(こんじき)(ほし)()()した。049(ひと)(ふた)(みつ)(いつ)つと、050百千億(ひやくせんおく)刻々(こくこく)(かず)()す、051金色(こんじき)(ほし)()るわ()るわ、052(はじ)めは(あられ)のやうに、053(あめ)()うに、054()ては大飛瀑(だいひばく)のやうに()つて()る。055しかし()星瀑(せいばく)(なが)るる大地(だいち)はと()れば、056(しろ)いとも(しろ)い、057凝視(ぎようし)すると一面(いちめん)白骨(はくこつ)で、058自分(じぶん)(すで)白骨(はくこつ)()んで()る。059何方(どちら)()いても髑髏(どくろ)(やま)060散乱(さんらん)したる()(あし)(ほね)からは、061蒼白(あをじろ)(ほのほ)がめらめらと、062()えに()えて(なん)とも()へぬ臭気(しうき)が、063芬々(ふんふん)として(はな)()くのであつた。
064 自分(じぶん)()んな幻怪(げんくわい)なる世界(せかい)から一刻(いつこく)(はや)(のが)()でんと、065一生懸命(いつしやうけんめい)(はし)()した。066足首(あしくび)千切(ちぎ)れる(ばか)りに突走(つつぱし)つた、067(しか)(いく)()けても白骨(はくこつ)広野(くわうや)際限(さいげん)()く、068(つか)()つて(おも)はず打倒(うちたふ)れたが、069(たちま)(ふか)(ふか)渓河(たにがは)真逆様(まつさかさま)()()んだ。070河水(かはみづ)(ことごと)(なまぐさ)()であつた。071自分(じぶん)逆巻(さかま)()(なみ)翻弄(ほんろう)されつつ、072河下(かはしも)河下(かはしも)へと(なが)されて、073正気(しやうき)(うし)なつて(しま)つた。074その瞬間(しゆんかん)075何物(なにもの)かに()たたか五体(ごたい)(なぐ)りつけられて、076(われ)(かへ)つたが、077(くも)()(ばか)りの、078一大(いちだい)摩天楼(まてんろう)頭上(づじやう)にそびえ()つてゐるのであつた。079そして自分(じぶん)は、080()門柱(もんちう)衝突(しようとつ)した途端(とたん)に、081(たす)かつた()うな心持(こころもち)になつた。082自分(じぶん)(おぼ)えず(その)(ろう)()()んで、083矢庭(やには)玄関(げんくわん)()(あが)つた、084すると目眩(まぶ)しいばかりの電燈(でんとう)085(いな)(かみ)大燈(だいとう)が、086恐怖(きようふ)(とざ)されて()自分(じぶん)(たましひ)渓間(たにま)を、087皎々(こうこう)()らし()るのであつた。088吁々(ああ)過去(くわこ)数十年(すうじふねん)自分(じぶん)幻影(げんえい)は、089この(おそ)ろしかつた(ゆめ)絵巻物(ゑまきもの)となつて、090(いま)(なほ)時々(ときどき)自分(じぶん)(たましひ)刺激(しげき)「刺激」…底本では「刺撃」。(あた)へたり、091鞭撻(べんたつ)(くは)へて()れる。092吁々(ああ)惟神(かむながら)霊幸倍坐世(たまちはへませ)
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)