霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】霊界物語読者アンケート集計結果発表!(7/20)こちらのページです。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

探湯(くがたち)(かま)

インフォメーション
鏡:月鏡 題名:探湯の釜 よみ: 著者:出口王仁三郎
神の国掲載号:1930(昭和5)年06月号 八幡書店版:244頁 愛善世界社版: 著作集: 第五版:145頁 第三版:145頁 全集:546頁 初版:120頁
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :kg351
001 霊界(れいかい)物語(ものがたり)第三篇(だいさんぺん)に、002探湯(くがたち)神事(しんじ)といふ(こと)(しめ)されてあるが、003さうした場合(ばあひ)のその探湯(くがたち)神事(しんじ)使用(しよう)せられたのが、004この(かま)である。005とて岡山県(おかやまけん)和気郡(わけぐん)熊山(くまやま)山頂(さんちやう)006戒壇前(かいだんまへ)社務所(しやむしよ)にあつた(なかば)こはれた古鉄釜(ふるてつがま)(しめ)された。007(この)(かま)一名(いちめい)地獄(ぢごく)極楽(ごくらく)(かま)()ひ、008(また)鳴動釜(めいどうがま)とも()ふのである。009(かみ)審判(しんぱん)によつて、010黒白(こくびやく)(さだ)むる(うつは)であるから、011()かる()があるのである。012(めづ)らしいもので天下(てんか)宝物(はうもつ)である、013大切(たいせつ)保存(ほぞん)せなくてはならぬ。014岡山県(おかやまけん)吉備(きび)神社(じんじや)には、015有名(いうめい)な、016(かま)鳴動(めいどう)によつて吉凶(きちきよう)(はん)ずるといふ神事(しんじ)があるが、017あながち吉備(きび)神社(じんじや)のお(かま)にのみ(かぎ)つた(こと)はない。018ある仕方(しかた)によれば()るやうになつて()るので、019これは科学的(くわがくてき)説明(せつめい)がつくのである。020この(かま)(また)さういふ(こと)にも使(つか)はれたものである。
021 (わたし)()かる(かは)つた(なに)(わか)らぬものを()(とき)022(その)(はじ)めには(なに)(わか)らないのだが、023()()(うち)(はら)(なか)から霊感(れいかん)()いて()(わか)るのである、024この(かま)(めづ)らしいと()()(うち)に、025霊感(れいかん)(はい)つたので判明(はんめい)した。026(わたし)はいつもこんな(ふう)になつていろんな(こと)(わか)るのだ。
027附記(ふき)
028 霊界(れいかい)物語(ものがたり)第三巻(だいさんくわん)四六章(よんじふろくしやう)には、029真心彦命(まうらひこのみこと)と、030春子姫(はるこひめ)とが、031情的(じやうてき)関係(くわんけい)(うたが)ひを()()ひとくすべも()く、032(こま)つて()(ところ)へ、033稚桜姫(わかざくらひめ)降臨(かうりん)せられ春子姫(はるこひめ)神懸(かむがか)られて、034左記(さき)神示(しんじ)(たま)はつた(こと)()かれて()ります。
035 「(よろ)しく探湯(くがたち)神事(しんじ)(おこな)ひ、036その虚実(きよじつ)(こころ)みよ。037神界(しんかい)にてはこの正邪(せいじや)虚実(きよじつ)とは判明(はんめい)せり、038()れど地上(ちじやう)諸神(しよしん)疑惑(ぎわく)(ねん)(ふか)くして心魂(しんこん)(にご)()れば容易(ようい)(うたが)ひを()らすの(みち)なし。039(ゆゑ)探湯(くがたち)神事(しんじ)(おこな)(もつ)()(うたが)ひを()らすべし。040(ただ)しきものは、041神徳(しんとく)(あた)へて(これ)保護(ほご)すべければ、042如何(いか)なる熱湯(ねつたう)(なか)()(とう)ずるとも(すこ)しの火傷(やけど)をも()さざるべし。043(これ)(はん)して、044(けが)れたる行為(かうゐ)ありし(とき)は、045(たちま)ちにして()大火傷(おほやけど)をなし、046(なんぢ)()(ただち)(やぶ)れただれて大苦痛(だいくつう)(おぼ)ゆべし」と、047(すなは)二人(ふたり)神示(しんじ)(とほ)衆目(しうもく)監視(くわんし)(まへ)にて、048(その)神示(しんじ)(おこな)つたが、049二人(ふたり)(とも)何等(なんら)故障(こしやう)(おこ)らなかつたので疑念(ぎねん)(まつた)()れて皆々(みなみな)(その)潔白(けつぱく)賞讃(しやうさん)した。050()意味(いみ)(こと)(しる)されて()ります。051(この(かま)もさうした(こと)使用(しよう)され(また)鳴動釜(めいどうがま)としても(もち)ひられたのださうであります)