霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

音頭(おんど)言霊(ことたま)

インフォメーション
鏡:月鏡 題名:音頭と言霊 よみ: 著者:出口王仁三郎
神の国掲載号:1930(昭和5)年08月号 八幡書店版:67頁 愛善世界社版: 著作集: 第五版:151頁 第三版:151頁 全集:550頁 初版:126頁
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :kg353
001 亀岡(かめをか)地方(ちはう)郷土(きやうど)芸術(げいじゆつ)としての浄瑠璃(じやうるり)(くづ)しの音頭(おんど)は、002実際(じつさい)(こと)()ふと、003この地方(ちはう)(ひと)だけが本当(ほんたう)言霊(ことたま)(はつ)()るので、004他国(たこく)(ひと)何程(なにほど)稽古(けいこ)をしても、005真似(まね)出来(でき)るが(しん)音律(おんりつ)(かな)音頭(おんど)はとれないのである。006(この)地方(ちはう)というても、007亀岡町(かめをかちやう)008穴太(あなを)曽我部村(そがべむら))、009大井(おほゐ)並川村(なみかはむら))の三地点(さんちてん)(むす)びつける三角形(さんかくけい)線内(せんない)だけで、010この三角形(さんかくけい)一辺(いつぺん)(いづ)れも三十六丁(さんじふろくちやう)あつて、011山岳(さんがく)有様(ありさま)から土地(とち)具合(ぐあ)ひが自然(しぜん)にさういふ(ふう)出来(でき)()る。012八木(やぎ)()くともう駄目(だめ)である。013この三地点(さんちてん)三巴(みつどもゑ)となつて()つて、014(その)(あひだ)生粋(きつすゐ)言霊(ことたま)(くに)であつて、015(また)日本一(にほんいち)佳良(かりやう)(こめ)()(ところ)である。016(やく)十万石(じふまんごく)(こめ)しか()ないが、017この(こめ)池田(いけだ)伊丹(いたみ)(さけ)原料(げんれう)となるのである。018穴太(あなを)(さと)穴穂(あなほ)(さと)()いた、019アは言霊学上(げんれいがくじやう)020(てん)意味(いみ)し、021ナは天位(てんゐ)にある(ひと)022ホは()023()()であつて、024あな()(さと)意味(いみ)である。025()()(かみ)(うま)れるところである。026亀岡(かめをか)はもと亀山(かめやま)といつて()たのであるが、027カは(かがや)く、028目見(まみ)える、029顕現(けんげん)(とう)言霊(ことたま)030マは円満(ゑんまん)具足(ぐそく)()031大井(おほゐ)のオは(おさ)まる、032ホは()033()(ひと)(いき)()034人間(にんげん)言霊(げんれい)ををさめるの()である。035かういふ言霊(ことたま)()であるから(その)土地(とち)(せい)()けた(ひと)自然(しぜん)(かな)言霊(ことたま)()るのである。
036  (てん)()(けつ)(すゐ)(くわ)
037天 アオウエイ
038  カコクケキ
039  サソスセシ
040  タトソテチ
041  ナノヌネニ
042  ハホフヘヒ
043  マモムメミ
044人 ヤヨユエイ
045  ラロルレリ
046地 ワヲウヱヰ
047天津(あまつ)祝詞(のりと)にしても
048 タカアマハラは(とも)天位(てんゐ)(ぞく)する(ゆゑ)(たか)く、049カミツマリのミは火位(くわゐ)にて一番(いちばん)(ひく)く、050ツは(けつ)中位(ちうゐ)(ぞく)し、051マは(また)天位(てんゐ)にて(たか)く、052スは中位(ちうゐ)(ぞく)するが(ごと)くかういふ(ふう)自然(しぜん)七十五声(しちじふごせい)高低(かうてい)出来(でき)()るのでそれに(かな)ふやうに(とな)ふるを言霊(ことたま)(かな)つた(うた)(かた)()ふのである。053(たて)(れつ)も、054(てん)()(じん)順序(じゆんじよ)配列(はいれつ)されて()るから(その)心持(こころもち)(うた)はなければならぬ、055本当(ほんたう)言霊(ことたま)(かな)はせうと(おも)へば(むつ)()いものである。056以上(いじやう)(へう)本調子(ほんてうし)相当(さうたう)するものであつて、057トン、058ツン、059テエン、060チンと(ひび)従来(じうらい)五十音図(ごじふおんづ)()(あが)り、061(さん)(くだ)りなどに相当(さうたう)するもので、062チン、063ツン、064テン、065トンとなる。
066 ガギグゲゴバビブベボなどを濁音(だくおん)()ふけれど言霊学上(げんれいがくじやう)ではあれを濁音(だくおん)とは()はぬ、067重音(ぢゆうおん)()ふのである、068チチ((ちち))のチチであるからヂヂ、069ハハ((はは))のハハであるからババと()ふので、070(ちち)(ちち)071(はは)(はは)(かさ)なつて()るから重音(ぢゆうおん)である。072イザナギの(みこと)イザナミの(みこと)(おな)じやうな()()くのは間違(まちが)ひで、073イザナギの(はう)のイは天位(てんゐ)のイで、074ノIの(あひだ)(はな)して()きイザナミのイはヤ(ぎやう)人位(じんゐ)のイであるからつけて()くのが本当(ほんたう)である。075ナは(かみ)076キは(をとこ)077ミは(をんな)であるから、078夫婦(ふうふ)(あは)せてキミといふのである。079(いま)(たれ)をでもキミ、080キミと()んで()るが独身者(どくしんもの)はキミとは()へないのである。
081 ノアの洪水(こうずゐ)()(こと)がある、082ノは(みづ)言霊(ことたま)083アは(てん)言霊(ことたま)084ノア(水天(すゐてん))は(すなは)(みづ)(たか)しの()であり(また)(みづ)(あま)ると()意味(いみ)にてノア(すなは)洪水(こうずい)である。
085 カシコミ、086カシコミも(まを)すと()ふがカは()087シは(みづ)088コは()089ミは(みづ)言霊(ことたま)であるから、090火水(くわすゐ)091火水(くわすゐ)092(すなは)ちカミ、093カミと()()である。
094 ハニカムと()ふのも耻神と()いて、095神様(かみさま)(たい)して()づかしいと()()である。
   
オニド関連サイト最新更新情報
9/24【霊界物語ネット】『出口王仁三郎全集』の「第二篇 皇道我観」(第一~第十章)を校正しました。
9/21【霊界物語ネット】藤沼庄平「大本検挙」を掲載(詳細はページ冒頭のインフォメーション参照)。