霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
テキストのタイプ[?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示[?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌[?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注[?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色
外字1の色
外字2の色

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

鈿女(うずめ)物語(ものがたり)

インフォメーション
鏡:月鏡 題名:鈿女物語 よみ: 著者:出口王仁三郎
神の国掲載号:1930(昭和5)年09月号 八幡書店版:353頁 愛善世界社版: 著作集: 第五版:163頁 第三版:163頁 全集:558頁 初版:136頁
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
001 石器(せきき)時代(じだい)信刕(しんしう)安曇野(あずみの)一面(いちめん)沼地(ぬまち)であつた。002その当時(たうじ)003安曇野(あずみの)一角(いつかく)(たか)(そび)えて()有明山(ありあけやま)には、004(おそ)ろしき山賊(さんぞく)(むれ)()んで()た。005(また)八面(はちめん)大王(だいわう)との(せつ)もある)(あま)岩戸(いはと)()(ひら)いた手力男命(たぢからをのみこと)後裔(こうえい)に、006一人(ひとり)(うつく)しい(ひめ)があつた。007この(ひめ)()鈿女姫(うずめひめ)といふ。008(ひめ)()んと(おも)つたか、009父母(ふぼ)()てて家出(いへで)をした。010それで両親(りやうしん)(たち)は、011(ひめ)行衛(ゆくゑ)()いて各々(おのおの)心当(こころあた)りの方面(はうめん)(さが)して()たが、012容易(ようい)(わか)らなかつた。013そのうちに何処(いづこ)からともなく、014(ひめ)信刕(しんしう)有明山(ありあけやま)()るとの(うはさ)故郷(こきやう)にパツト(ひろ)まつた。015早速(さつそく)(ひめ)行衛(ゆくゑ)(さぐ)らうと、016近親者(きんしんしや)数名(すうめい)遥々(はるばる)信刕路(しんしうぢ)(たづ)ねたが目的(もくてき)有明山(ありあけやま)には(ひめ)()へないで、017有明山(ありあけやま)程近(ほどちか)くで(ひめ)病死(びやうし)したとの(こと)が、018(かぜ)便(たよ)りに(みみ)(はい)つた。019それが今日(こんにち)鈿女屋敷(うずめやしき)附近(ふきん)である。020(ひめ)松川村(まつかはむら)(たふ)れるまでには、021(また)()()うな伝説(でんせつ)(のこ)つてゐる。
022 故郷(こきやう)()つた(ひめ)は、023あてどもなく諸国(しよこく)彷徨(はうくわう)して何時(いつ)信刕路(しんしうぢ)(あし)()()れ、024有明山(ありあけやま)(ふもと)姿(すがた)(あら)はした。025そして有明山(ありあけやま)()む、026前記(ぜんき)山賊(さんぞく)どもに発見されて(しま)つた。027山賊(さんぞく)(ひめ)色香(いろか)(まよ)ひ、028岩窟(がんくつ)(みちび)いて自由(じいう)になれとせがんだが、029(ひめ)(ぐわん)として(おう)じなかつた。030山賊(さんぞく)(をど)りが大好物(だいかうぶつ)であつた。031ある()のこと(ひめ)(むか)つて(をど)りが出来(でき)るかと(ただ)した。032(ひめ)(こころ)()承諾(しようだく)(あた)へた、033そして(ひめ)(をど)りは(だう)()つたものであつた。034(ある)()のこと、035毎晩(まいばん)(とほ)山賊(さんぞく)(ひめ)(をど)りを懇望(こんまう)した。036(しか)しその()(かぎ)つて岩窟(がんくつ)(そと)(をど)れと(めい)じた。037(ひめ)(をど)りで山賊(さんぞく)一味(いちみ)全部(ぜんぶ)()つて(しま)つてウトウトとして(しん)()いた。038(ひめ)はこの(とき)(ばか)()()して()(のが)れた。039後刻(ごこく)になつて(ひめ)()げたと(わか)つて、040有明山(ありあけやま)一帯(いつたい)大騒(おほさわ)ぎとなつた。041(ひめ)()げる(こと)()うやら()()びたが、042藪原(やぶはら)(なか)を、043(ところ)きらはず()(まは)つたので、044(いた)(ところ)生傷(なまきず)()うた。045これが(もと)となつて(ひめ)(つい)()()つた。046村人(むらびと)(ひめ)()んだ(ところ)小祠(ほこら)()(その)(れい)鄭重(ていちよう)(まつ)つた。047そこを通称(つうしよう)鈿女屋敷(うずめやしき)()んで()る。048里人(さとびと)記紀(きき)天岩戸開(あまのいはとびら)きの天鈿女命(あめのうずめのみこと)なりと()つて()る。