霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

釈迦(しやか)提婆(だいば)

インフォメーション
鏡:月鏡 題名:釈迦と提婆 よみ: 著者:出口王仁三郎
神の国掲載号:1929(昭和4)年03月号 八幡書店版:339頁 愛善世界社版: 著作集: 第五版:177頁 第三版:177頁 全集:566頁 初版:147頁
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :kg370
001 基督(キリスト)生前(せいぜん)(あま)世間(せけん)歓待(くわんたい)されなかつた()うに、002釈迦(しやか)在世(ざいせ)当時(たうじ)(きは)めて(みぢ)めなものであつた。003支那(しな)孔子(こうし)春秋(しゆんじう)時代(じだい)(おい)て、004孟子(もうし)戦国(せんごく)時代(じだい)(おい)不遇(ふぐう)であつた以上(いじやう)不遇(ふぐう)であつたらしい。005日本(にほん)では日蓮(にちれん)006親鸞(しんらん)007乃至(ないし)道元(だうげん)などが悲運(ひうん)(をは)つた(ごと)くであつた。008春秋(しゆんじう)戦国(せんごく)楊墨(やうぼく)思想(しさう)抑圧(よくあつ)された(ごと)く、009平安朝(へいあんてう)天台(てんだい)真言(しんごん)()せられて()たやうに、010釈迦(しやか)時代(じだい)もウバニシヤド哲学(てつがく)分裂(ぶんれつ)011所謂(いはゆる)九十六派(くじふろくは)哲学(てつがく)が、012各自(かくじ)(しのぎ)(けづ)つて(たたか)つて()暗黒(あんこく)時代(じだい)に、013(あたら)しい信仰(しんかう)燈明(とうみやう)(かか)げて人心(じんしん)(やみ)()らした革命児(かくめいじ)(うま)れて()たのは、014耆那教(じやいなけう)始祖(しそ)ジユナタブトラと釈迦(しやか)であるが、015(いづ)れも吠陀(ぼいだ)根本(こんぽん)精神(せいしん)(うしな)つた、016婆羅門(ばらもん)死儀式(しぎしき)排斥者(はいせきしや)であつたのだ。017そしてジユナタブトラは、018理性(りせい)目覚(めざ)めた極端(きよくたん)持戒者(ぢかいしや)で、019(しか)新進(しんしん)宗教(しうけう)精彩(せいさい)(はな)つてゐるのに(はん)し、020(へん)()てて(ちう)()る、021所謂(いはゆる)中道(ちうだう)実相(じつさう)主義(しゆぎ)022人間性(にんげんせい)(うしな)はない範囲(はんゐ)(おい)精神(せいしん)向上(こうじやう)肉体(にくたい)発達(はつたつ)()げ、023()()げしめんと(つと)めたのは釈迦(しやか)であつた。024そこで持戒(ぢかい)唯一(ゆゐいつ)生命(せいめい)として()るジユナタブトラが、025生臭(なまぐさ)坊主(ばうず)として釈迦(しやか)()くびつたのも当然(たうぜん)であらう。026勿論(もちろん)釈迦(しやか)(あま)りに人間的(にんげんてき)感情家(かんじやうか)であつたに(はん)し、027ジユナタブトラは超人的(てうじんてき)であり、028自力的(じりきてき)であり学究的(がくきうてき)であつたのだ。029(ここ)にこの両極端(りやうきよくたん)調和(てうわ)して、030其処(そこ)(あたら)しい生命(せいめい)()()さうとしたのは提婆達多(だいばだつた)である。031提婆(だいば)釈迦(しやか)凡人(ぼんじん)主義(しゆぎ)032人道(じんだう)主義(しゆぎ)首陀羅(プロレタリヤ)蹶起(けつき)疑倶(ぎぐ)不安(ふあん)(ふち)(しづ)んだ王者(わうじや)貴族(きぞく)信頼(しんらい)()るとしても、033永遠(ゑいゑん)勝利(しようり)民族性(みんぞくせい)徹底(てつてい)せるジユナタブトラに()する、034(すくな)くも理性(りせい)と、035淫逸(いんいつ)(あい)(たたか)つて()印度(いんど)当時(たうじ)(おい)ては、036さうでなければならぬと(しん)じて()た。037さうして提婆(だいば)(こころ)()した「(われ)(いま)如来(によらい)(もと)(いた)大衆(たいしう)求索(きうさく)すべし、038(ぶつ)()(ゆる)さば(われ)(まさ)()(したが)うて、039舎利弗(しやりほつ)()教詔(けうせう)勅使(ちよくし)すべし」と。040(すなは)伯父(をぢ)なる釈迦(しやか)教壇(けうだん)(いた)りて()ふ「(ねが)はくは如来(によらい)よ、041()大衆(たいしう)(もつ)(われ)附属(ふぞく)せよ、042(われ)(まさ)種々(しゆじゆ)(はふ)()いて、043それを調伏(てうふく)せしむべし」とて教壇(けうだん)(おの)れに(ゆづ)引退(いんたい)せよと(せま)つた。044釈迦(しやか)提婆(だいば)智慧(ちゑ)勇気(ゆうき)(みと)めたけれども、045()だその(とく)(そな)はつて()ないのを()て「舎利弗(しやりほつ)()聡明(そうめい)大智(だいち)にして、046()信服(しんぷく)する(ところ)なるに、047(われ)()(かれ)大衆(たいしう)(もつ)附属(ふぞく)せず、048(いは)んや(なんぢ)(ごと)痴人(ちにん)(つば)(くら)ふものをや」ときめつけた。049(しか)るに年壮(ねんさう)気鋭(きえい)提婆(だいば)客気(かくき)(まか)せて、050釈迦(しやか)弟子(でし)五百人(ごひやくにん)(さそ)()り、051(さか)んに釈迦(しやか)攻撃(こうげき)(こころ)()した。052本仏(ほんぶつ)053新仏(しんぶつ)(なら)()つと()はれる(まで)釈迦(しやか)対抗(たいかう)したけれども、054釈迦(しやか)提婆(だいば)(あはれ)()めに、055好意(かうい)(もつ)()舎利弗(しやりほつ)目蓮(もくれん)(かれ)教壇(けうだん)(つか)はしたのである。056(しか)るに釈迦(しやか)説法中(せつぽふちう)に、057瑞月(わたし)霊界(れいかい)物語(ものがたり)口述(こうじゆつ)する(とき)()うに、058ゴロリと寝転(ねころ)(くせ)があつて、059(つか)れた(とき)には弟子(でし)をして(かは)つて説法(せつぽふ)せしめた。060それは信者(しんじや)所謂(いはゆる)仏足頂礼(ぶつそくちやうらい)させる(ため)ばかりで()く、061(とし)()つて()るなり、062疲労(ひらう)をしばし(やす)めんためである。063目蓮(もくれん)や、064舎利弗(しやりほつ)などの弟子(でし)釈迦(しやか)()つた教理(けうり)詳論(しやうろん)細説(さいせつ)して、065女子(ぢよし)小児(せうに)にまで(わか)るやうに説明(せつめい)した。066(ところ)人間(にんげん)()提婆(だいば)(また)釈迦(しやか)のその態度(たいど)真似(まね)て、067自己(じこ)()はんとする(ところ)大略(たいりやく)()べて、068ゴロリと釈迦(しやか)真似(まね)(おこな)つた。069そして、070目蓮(もくれん)071舎利弗(しやりほつ)(かは)らせた。072(しか)(なが)釈迦(しやか)所謂(いはゆる)臥禅(ぐわぜん)をして()たのだが、073磊落(らいらく)無邪気(むじやき)提婆(だいば)(いびき)をかいて寝込(ねこ)んで(しま)つた。074()光景(くわうけい)()(なが)めた目蓮(もくれん)075舎利弗(しやりほつ)(とき)こそ(きた)れと、076(くち)(きは)めて釈迦(しやか)功徳(くどく)賞讃(しやうさん)強調(きやうてう)すると(とも)提婆(だいば)()こそぎこき()ろしたので、077(ここ)(また)()(ぐさ)(かぜ)(したが)(ごと)く、078提婆(だいば)(うば)はれた五百人(ごひやくにん)弟子(でし)を、079易々(やすやす)釈迦(しやか)教壇(けうだん)()(かへ)つた(ため)に、080(たちま)死地(しち)(おちい)つた提婆(だいば)は、081地団駄(ぢだんだ)()んで(いきどほ)つた。082(かれ)自分(じぶん)釈迦(しやか)(そむ)いたのは釈迦(しやか)(かは)つてジユナタブトラの、083耆那教(じやいなけう)()(こは)さなければ、084釈迦(しやか)前途(ぜんと)(あやふ)いと(かんが)へたからだ。085(われ)反抗(はんかう)(もつ)(あた)へんとするを、086釈迦(しやか)忍辱(にんにく)(もつ)(うば)はんとする。087(われ)(みづか)らを()らざるやも()れず、088されど釈迦(しやか)(きた)るべき危険(きけん)(さと)らず、089五百人(ごひやくにん)弟子(でし)(うば)つたのも、090釈迦(しやか)(すく)はんが(ため)であつた。091(しか)るにも(かか)はらず、092自分(じぶん)()んな(ひど)()()はさせるとは、093伯父(をぢ)とも(おも)へぬ(ひど)()(かた)だと(ふか)(うら)んだ結果(けつくわ)094平素(へいそ)(なか)()かつた阿闍世(あじやせ)煽動(せんどう)して、095(その)(ちち)毘牟婆舎羅(ひむばしやら)(ころ)して王位(わうゐ)(うば)はしめ、096(おのれ)(また)釈迦(しやか)(ころ)して教団(けうだん)(うば)ひ、097(あい)(たづさ)へて天下(てんか)政教(せいけう)(ほしいまま)にせんとしたが、098何処(どこ)までも天真(てんしん)爛漫(らんまん)にして、099小児(せうに)()うな初心(うぶ)なる提婆(だいば)は、100釈迦(しやか)猛象(まうざう)をして(きば)にて()()かしめようとしたり、101(ひく)(ところ)()(おと)すやうな児戯(じぎ)(るゐ)した迫害(はくがい)(こころ)みて、102老熟(らうじゆく)せる釈迦(しやか)に、103(かへ)つて愚弄(ぐろう)されたので、104(つい)には(つめ)(あひだ)毒薬(どくやく)(ひそ)めて釈迦(しやか)()()き、105引掻(ひつか)(むし)つて、106中毒(ちうどく)せしめんとした。107すると陥穿(おとしあな)(まう)けられてあつた(ため)に、108提婆(だいば)俄破(がば)地中(ちちう)()()んだ。109仏徒(ぶつと)はこの出来事(できごと)をば、110大地(だいち)(たちま)()れて()(はつ)し、111提婆(だいば)仏罰(ぶつばつ)阿鼻(あび)地獄(ぢごく)()ちたと(ほこ)つて()るのである。
   
オニド関連サイト最新更新情報
9/15【霊界物語ネット】王仁文庫の第三篇「瑞能神歌」を掲載しました。