霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】霊界物語読者アンケート集計結果発表!(7/20)こちらのページです。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

(あぶ)になつて

インフォメーション
鏡:月鏡 題名:虻になつて よみ: 著者:出口王仁三郎
神の国掲載号:1929(昭和4)年08月号 八幡書店版:116頁 愛善世界社版: 著作集: 第五版:186頁 第三版:186頁 全集:571頁 初版:155頁
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :kg376
001 山崎(やまざき)()忍術(にんじゆつ)師匠(ししやう)が、002或時(あるとき)(あぶ)()(へん)じて遠距離(ゑんきより)飛行(ひかう)をやり、003一寸(ちよつと)休憩(きうけい)せんと、004(かべ)にとまつたところ、005左官(さくわん)無意識(むいしき)にそれを()()んで仕舞(しま)つたので、006(あやふ)(いき)()えやうとしたのを必死(ひつし)となつて(のが)()たといふ(はなし)があるが、007(わたし)(あぶ)()(へん)じて、008支部(しぶ)分所(ぶんしよ)(くま)なく(まは)つたことがあるが、009(たれ)()つては()まい。010(わたし)がかういふ(はなし)をしても(しん)じないかも()れないが、011(いま)(むかし)京都(きやうと)土田(つちだ)勝弘(かつひろ)()信者(しんじや)があつて、012(わたし)(あぶ)()(へん)ずる(はなし)をすると(うたが)つて、013そんな(こと)なんぼなんでも出来(でき)はしますまいと()ふ。014「よし、015それでは(かへ)りに(さん)(みや)綾部(あやべ)より三里(さんり)(ばか)りの地点(ちてん))に一服(いつぷく)してをれ、016(あぶ)となつて()んで()きお(まへ)洋傘(こうもり)周囲(しうゐ)三辺(さんべん)(まは)つてやる」と()うて()いた。017土田(つちだ)はまさかと(おも)ひながらも、018もしやといふ気持(きもち)もあつて注意(ちうい)しながら檜山(ひのきやま)(さん)(みや)(やす)んで()ると、019突如(とつじよ)(おほ)きな(あぶ)()んで()てブンブンと(おと)たてながら洋傘(こうもり)周囲(しうゐ)三度(さんど)(いきほひ)よく飛行(ひかう)して、020ずつと何処(どこ)かへ()つて仕舞(しま)つた。021土田(つちだ)はこの異変(いへん)吃驚(びつくり)して(ふたた)()つて(かへ)し、022(まこと)(おそ)()りましたと挨拶(あいさつ)()た。023神秘(しんぴ)言霊(ことたま)使(つか)へば(あぶ)(ぐらゐ)(なん)でもなく、024どんな(こと)でも出来(でき)るのである。025(むかし)(ひと)竜神(りうじん)言霊(ことたま)をもつて駆使(くし)したものだが、026(いま)はさかさまに竜神(りうじん)はおろか、027狐狸(こり)などにまで使(つか)はれて()るのだから、028万物(ばんぶつ)霊長(れいちやう)もあはれそれ()以下(いか)のものに堕落(だらく)して、029言霊(ことたま)がとんと()かないやうになつて仕舞(しま)つた。