霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】霊界物語読者アンケート集計結果発表!(7/20)こちらのページです。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

蟇目(ひきめ)(はふ)

インフォメーション
鏡:月鏡 題名:蟇目の法 よみ: 著者:出口王仁三郎
神の国掲載号:1929(昭和4)年10月号 八幡書店版:132頁 愛善世界社版: 著作集: 第五版:202頁 第三版:202頁 全集:581頁 初版:169頁
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :kg392
001 綾部(あやべ)002亀岡(かめをか)両聖地(りやうせいち)建造物(けんざうぶつ)(みな)蟇目(ひきめ)(はふ)によつて天柱(てんちう)(つな)いであるのである。003であるから地震(ぢしん)()れば自然(しぜん)地上(ちじやう)(はな)れて()(あが)り、004(かぜ)()けば地上(ちじやう)固定(こてい)して動揺(どうえう)せぬ。005かくて安全(あんぜん)(たも)たれて()くのである。006ミロク殿(でん)などは(おほ)きいから随分(ずゐぶん)(つな)ぐのに困難(こんなん)であつた。007此度(こんど)天恩郷(てんおんきやう)()てた智照館(ちせうくわん)写真館(しやしんくわん))は撮影上(さつえいじやう)008どうのこうのと人間的(にんげんてき)条件(でうけん)(おほ)くて、009(わたし)命令(めいれい)(どほ)りにして()いから(つな)ぐのに非常(ひじやう)困難(こんなん)(かん)ずる。010(いへ)方向(はうこう)011位置(ゐち)など、012(みな)(この)天柱(てんちう)(つな)便宜(べんぎ)(かんが)へて(わたし)指揮(しき)命令(めいれい)するのだから、013その(とほ)りにして()れねばならぬ。014人間(にんげん)はこういふ神秘(しんぴ)事実(じじつ)()らないで()て、015かれこれと申分(まをしぶん)(おほ)いが(こま)つたものである。016この蟇目(ひきめ)(はふ)(しう)するには、017深夜(しんや)(ひと)()ない(とき)でなければならないので、018(つな)いで()最中(さいちう)にもし(ひと)(とほ)ると、019それが(ため)(はふ)(やぶ)れて仕舞(しま)ふのである。020だから(わたし)深夜(しんや)(ひと)(しづ)まつて(のち)021この(はふ)(しう)するのであるから(たれ)()つてゐるものはない。022(また)(わたし)日本国中(にほんこくぢう)(すみ)から(すみ)まで旅行(りよかう)するのは、023(ひと)つはこの国土(こくど)天柱(てんちう)(つな)(ため)である。024(まへ)(たち)(そば)()いて()ても()つては()まい。025綾部(あやべ)には(あめ)御柱(みはしら)()ち、026天恩郷(てんおんきやう)には(くに)御柱(みはしら)()つて()るのである。027それで綾部(あやべ)本宮山(ほんぐうやま)鶴山(つるやま)()ひ、028天恩郷(てんおんきやう)亀山(かめやま)()ふのであつて、029(つる)(てん)のもの、030(かめ)()のものである。
031 昭和(せうわ)四年(よねん)九月(くぐわつ)二日(ふつか)032筆者(ひつしや)小恙(せうやう)ありて(はや)寝床(ねどこ)(はい)つて()りました。033(よる)十時(じふじ)(おぼ)しき(ころ)034(おもて)聖師様(せいしさま)御声(おこゑ)がしましたので、035(いそ)()()でて()()つて御挨拶(ごあいさつ)()(そと)()ようと(いた)しました。036すると(おごそか)なるお(こゑ)で「()てはいけない」と(あふ)せになりまして、037大祥(たいしやう)花壇(くわだん)西北(せいほく)(すみ)038祥明館(しやうめいくわん)のすぐ(まへ)(むね)()げた(ばか)りの智照館(ちせうくわん)(にら)んでキツと()つて()られました。039そして(その)(そば)(とほ)人々(ひとびと)に「そこへ()るな」と(おほ)きな(こゑ)命令(めいれい)されて()りましたが、040(とほ)つて()(ひと)(なん)のことか(わか)らず、041ドギマギして、042(かへ)つて反対(はんたい)聖師様(せいしさま)智照館(ちせうくわん)との(あひだ)迂路(うろ)つきましたので、043「そちらへ、044そちらへ」と叱咤(しつた)「叱咤」…底本では「叱咜」。して()られました。045しばらくして(また)月照山(げつせうざん)西側(にしがは)()つて、046(みなみ)からジツト智照館(ちせうくわん)(にら)んで()つて()られました。047()くの(ごと)(こと)(やく)二十分間(にじつぷんかん)048やがて祥明館(せうめいくわん)少憩(せうけい)せられ「(ひと)(とほ)つて蟇目(ひきめ)(はふ)(けが)され、049(やぶ)れて仕舞(しま)つた、050矢張(やは)深夜(しんや)でなくては駄目(だめ)だ、051やり(なほ)しだ」と(あふ)せられて上記(じやうき)のお(はなし)がありました。052せられた(こと)(わか)りませんが、053蟇目(ひきめ)実地(じつち)目撃(もくげき)させて(いただ)きましたので、054此処(ここ)附記(ふき)さして(いただ)きます。