霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

素尊(すそん)御陵(ごりよう)

インフォメーション
鏡:月鏡 題名:素尊御陵 よみ: 著者:出口王仁三郎
神の国掲載号:1930(昭和5)年02月号 八幡書店版:134頁 愛善世界社版: 著作集: 第五版:219頁 第三版:219頁 全集:592頁 初版:185頁
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :kg411
001 岡山県(おかやまけん)和気郡(わけぐん)熊山(くまやま)山頂(さんちやう)にある戒壇(かいだん)は、002神素盞嗚大神(かんすさのをのおほかみ)(さま)御陵(ごりよう)である。003古昔(こせき)出雲(いづも)(くに)(しよう)せられたる地点(ちてん)は、004近江(あふみ)琵琶湖(びはこ)以西(いせい)総称(そうしよう)であつて、005素盞嗚大神(すさのをのおほかみ)(さま)のうしはぎ(たま)うた土地(とち)である。006(みづうみ)以東(いとう)天照大神(あまてらすおほかみ)(さま)御領分(ごりやうぶん)であつた。007この(ゆゑ)誓約(うけひ)(その)中央(ちうおう)にある(あめ)真奈井(まなゐ)(すなは)琵琶湖(びはこ)(おこな)はれたのである。008出雲(いづも)(くに)()ふのは、009いづくもの(くに)()にて、010(けつ)して現今(げんこん)島根県(しまねけん)(かぎ)られた(わけ)ではないのである。011素盞嗚大神(すさのをのおほかみ)(さま)八頭(やつがしら)八尾(やつを)大蛇(をろち)御退治(ごたいぢ)なされて(のち)012櫛稲田姫(くしなだひめ)寿賀(すが)(みや)()まれた。013(みこと)百年(ひやくねん)(のち)出雲(いづも)(くに)(うち)014最上(さいじやう)清浄(せいじやう)()(えら)び、015御尊骸(ごそんがい)(をさ)(たてまつ)つた。016これ備前国(びぜんのくに)和気(わけ)熊山(くまやま)である。017大蛇(をろち)()られた十握(とつか)(つるぎ)同所(どうしよ)(をさ)まつて()るのである。018()日本書紀(にほんしよき)にある「素盞嗚尊(すさのをのみこと)(じや)()りたまへる(つるぎ)(いま)吉備(きび)神部(かんとものを)(ところ)にあり、019云々(うんぬん)」とあるが熊山(くまやま)(こと)である。020この戒壇(かいだん)(とな)ふる石壇(いしだん)は、021考古学者(かうこがくしや)(なん)とも鑑定(かんてい)がつかぬと()うて()るさうであるが、022(その)(はず)である。
023 (ちなみ)熊山(くまやま)(ふもと)なる伊部町(いんべちやう)伊部焼(いんべやき)産地(さんち)であるが、024大蛇(をろち)退治(たいぢ)使用(しよう)されたる酒甕(さかがめ)(すなは)ちこの()()かれたものである。025伊部(いんべ)忌部(いみべ)()であり、026(また)斎部(いつきべ)()である。
027 筆者(ひつしや)(まを)す、028昭和(せうわ)五年(ごねん)五月(ごぐわつ)二十日(はつか)旧歴(きうれき)四月(しぐわつ)二十二日(にじふににち)聖師様(せいしさま)熊山(くまやま)御登山(ごとざん)になり御陵(ごりよう)(てん)せられましたので、029筆者(ひつしや)随行(ずゐかう)(いた)しました、030当時(たうじ)記事(きじ)御参考(ごさんかう)()掲載(けいさい)させて(いただ)きます。
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)