霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

熊山(くまやま)にお(とも)して

インフォメーション
鏡:月鏡 題名:熊山にお供して よみ: 著者:出口王仁三郎
神の国掲載号:1930(昭和5)年06月号 八幡書店版:135頁 愛善世界社版: 著作集: 第五版:221頁 第三版:221頁 全集:593頁 初版:187頁
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :kg412
001   加藤(かとう)明子(はるこ)
002 「(わたし)もいづれ()く」とのお言葉(ことば)事実(じじつ)となつて、003昭和(せうわ)五年(ごねん)五月(ごぐわつ)十七日(じふしちにち)午後(ごご)004(わたし)聖師様(せいしさま)随員(ずいゐん)北村(きたむら)隆光(たかてる)()より()招電(せうでん)()()りました。
005 セイシサマ一九ヒゴ五ジヲカヤマニオタチヨリスグコイ、006
007 発信局(はつしんきよく)福岡(ふくをか)008さては愈々(いよいよ)問題(もんだい)熊山(くまやま)御登山(ごとざん)()(いさ)()ち、009いそいそ岡山(おかやま)へと(こころざ)す。
010 十九日(じふくにち)払暁(ふつげう)より(そら)いと(くも)りて天日(てんじつ)()ず、011()きの五時(ごじ)細雨(さいう)(しきり)(いた)つて(くら)天候(てんこう)であつた。012着岡(ちやくかう)された聖師様(せいしさま)はステーシヨンにて新聞(しんぶん)記者(きしや)(とひ)(こた)へて
013 「晴天(せいてん)であつたら登山(とざん)するし、014天候(てんこう)今日(こんにち)(ごと)(わる)ければ()めて亀岡(かめをか)直行(ちよくかう)する(つも)りです」
015(まを)されてゐた。016そして(また)(ちひ)さな(こゑ)で「熊山(くまやま)登山(とざん)はまだ一年(いちねん)ばかり(はや)い」と(つぶや)いて()られたので、017側聞(そくぶん)して此度(このたび)(あるひ)駄目(だめ)になるかも()れないと、018()れぬ(おも)ひで一夜(いちや)(すご)した。019追々(おひおひ)(あつ)まる人々(ひとびと)(なか)には(とほ)東京(とうきやう)より態々(わざわざ)()(さん)じた(ひと)もあつた。
020 県下(けんか)新聞(しんぶん)(まを)(まで)もなく、021大朝(だいてう)大毎(だいまい)二大(にだい)新聞(しんぶん)前々(まへまへ)より可成(かなり)()()て、022(また)新調(しんてう)駕篭(かご)023(そろ)ひの法被(はつぴ)がこれも()なり(なが)(あひだ)()()「詫」…底本では「詑」。びてゐるので、024どうか晴天(せいてん)にし()いものと(ねが)つた。
025 「駄目(だめ)でせうか」
026 「この有様(ありさま)ではね」
027()かぬ(かほ)をして(みな)がかう(かた)()つてゐる。
028 (あめ)益々(ますます)()りしきる。029抑々(そもそも)此度(このたび)九州(きうしう)御旅立(おたびだち)のみぎり、030帰途(きと)(かなら)熊山(くまやま)(のぼ)るのだと(まを)されてゐたのを、031(きふ)変更(へんかう)され「かかる重大(ぢうだい)なる神事(しんじ)()(かへ)りがけの(ついで)遂行(すゐかう)するのはよくない(こと)である。032(かへ)つて出直(でなほ)してゆく」と(まを)()されたのであつた、033だが──(わたし)(こころ)ひそかにこの(たび)御登山(ごとざん)神剣(しんけん)御発動(ごはつどう)神事(しんじ)、……
034 バイブルの所謂(いはゆる)(だい)なるミカエル()(あが)れり」に相当(さうたう)する重大事(ぢゆうだいじ)(かんが)へて()たので、035九州(きうしう)()ましは当然(たうぜん)なくてはならぬ、036天津(あまつ)祝詞(のりと)(ちう)の「筑紫(つくし)日向(ひむか)(たちばな)小戸(をど)阿波岐原(あはぎがはら)御穢(みそぎ)(はら)(たま)ふ」といふ祓戸(はらひど)行事(ぎやうじ)にかなはせんが()めであつて、037きつと御登山(ごとざん)になるに(ちが)ひないと(ひと)()めにして()た。038北村(きたむら)随行(ずゐかう)()つて()いて()ると「岡山(おかやま)立寄(たちよ)りの(こと)全然(ぜんぜん)予定(よてい)されて()なかつた、039福岡(ふくをか)突如(とつじよ)として(めい)(くだ)つたので(おどろ)いた」との(こと)040しかし神界(しんかい)では既定(きてい)のプログラムであつたに相違(さうゐ)あるまい。
041 岡山(おかやま)()いて()ると、042熊本県(くまもとけん)小国(をぐに)支部(しぶ)高野(たかの)円太(ゑんた)()が、043ヒヨツクリ(かほ)()し「聖師様(せいしさま)がついて()なはれ」と仰有(おつしや)つたので随行(ずゐかう)して()ましたといふ。044これも(おそ)らく祓戸(はらひど)神様(かみさま)御同行(ごどうかう)になつた(かた)であらう、045()(たか)高野(たかの)さんの(あと)からついて()くと、046(なん)だか大幣(おほぬさ)(ある)いて()るやうな()がしてをかしかつた。047北村(きたむら)()(はなし)によれば、048二十日間(はつかかん)御旅行中(ごりよかうちう)049短冊(たんざく)一枚(いちまい)()かれなかつた、050未曽有(みぞう)(こと)であると。051さもありなん、052祓戸(はらひど)行事(ぎやうじ)真最中(まつさいちう)であつたから(したが)つて今日(こんにち)(あめ)土地(とち)(たい)する御禊(みそぎ)相違(さうゐ)ないと(たか)をくくつて(しん)につく。
053 ()くれば二十日(はつか)054午前(ごぜん)三時(さんじ)より四時(よじ)(わた)つて(しの)つくばかりの大雨(おほあめ)055五時(ごじ)(ごろ)より(あめ)(あが)りたれ(ども)056暗雲(あんうん)低迷(ていめい)して晴間(はれま)()えない。057御出発(ごしゆつぱつ)八時(はちじ)十五分(じふごふん)といふに……と(みな)(かほ)見合(みあは)せて、058(こころ)もとなさを交換(かうくわん)して()るのみである。059(しか)るに御起床(ごきしやう)(ころ)より一天(いつてん)(にはか)()(はじ)めて、060またたくうちに(まつた)くの好天気(かうてんき)になつて仕舞(しま)つた。061一同(いちどう)(いさ)()つてお(とも)する。
062 九時(くじ)三十分(さんじつぷん)満富駅(まんとみえき)(ちやく)063片尾(かたを)(てい)御少憩(ごせうけい)(のち)十時(じふじ)(はん)()ふに出発(しゆつぱつ)064五十町(ごじふちやう)(みち)突破(とつぱ)して先頭(せんとう)(はや)くも十一時(じふいちじ)(はん)頂上(ちやうじやう)()き、065社務所(しやむしよ)少憩(せうけい)066一同(いちどう)()(あは)して零時(れいじ)(はん)愈々(いよいよ)祭典(さいてん)(しき)(はじ)まる。
067 嗚呼(ああ)この光景(くわうけい)068またとない偉大(ゐだい)なる神事(しんじ)(いま)(まさ)(おこな)はれんとして()るのである。069古今(ここん)東西(とうざい)070世界(せかい)人類(じんるゐ)抑々(そもそも)何十万年(なんじふまんねん)()(こが)れた(こと)実現(じつげん)であらう。071(わたし)身体中(からだぢう)(みみ)にして聖師様(せいしさま)()あげなさる御祭文(ごさいぶん)拝聴(はいちやう)せうとあせつた。
072 「これの戒壇(かいだん)永久(とことは)(しづ)まり(たま)()けまくも(あや)(かしこ)()大御神(おほみかみ)(うづ)大前(おほまへ)(つつし)(いやま)(かしこ)(かしこ)みも(まを)さく」と、073玲瓏(れいろう)(たま)(ころ)ばす(ごと)御声(おこゑ)(きこ)えて()た。074(わたし)心臓(しんざう)()(おと)()てて高鳴(たかな)るのを(あきら)かに意識(いしき)した。075(すこ)(こゑ)をおとされて(なに)(また)奏上(そうじやう)されたやうであつたが()()れなかつた。
076 (かな)しい(かな)霊覚(れいかく)のない(わたし)には、077この(とき)如何(いか)荘厳(さうごん)なる光景(くわうけい)眼前(がんぜん)展開(てんかい)したのか、078(すこ)しも()(よし)がない。079(ただ)(わたし)想像力(さうざうりよく)は、080そこに神代(かみよ)(まま)御英姿(ごえいし)をもつて、081素盞嗚(すさのを)大神様(おほかみさま)矗乎(すつく)()(あが)られ(けん)(あん)じて微笑(びせう)したまふ光景(くわうけい)(つく)()げて仕舞(しま)つたのである。
082 やがて大本(おほもと)祝詞(のりと)奏上(そうじやう)せらるるに(あい)()して、083九天(きうてん)にも(つう)ぜよとばかり(そう)する祝詞(のりと)(こゑ)天地(てんち)震撼(しんかん)していと(いさ)ましく(ひび)(わた)つた。
084 五月(ごぐわつ)(そら)(くま)なく()れて()せかへるやうな青葉(あをば)若葉(わかば)(にほ)ひ、085伽陵頻迦(がりようびんが)(こゑ)(しき)りに(きこ)えて()()ながらの天国(てんごく)のさま。086ボツと上気(じやうき)して(あせ)ばみたまふ()御前(みまへ)手拭(てぬぐひ)(ささ)げて「お目出度(めでた)御座(ござ)います」と申上(まをしあ)げると「ええ」と(こた)へて(しき)りに(あせ)をぬぐうて()られる。087卯月(うづき)八日(やうか)のお釈迦様(しやかさま)といふお姿(すがた)
088 お(そな)への小餅(こもち)一々(いちいち)()けて(くだ)さつて(しき)(をは)つた。089午後(ごご)一時(いちじ)行廚(かうちう)「行廚」(こうちゅう)とは弁当のこと。(しよく)し、090熊山(くまやま)神社(じんじや)参拝(さんぱい)091亀石(かめいし)092新池(しんいけ)などを()られ(をは)つて熊山(くまやま)神社(じんじや)(および)四五(しご)戒壇(かいだん)巡拝(じゆんぱい)され、093四時(よじ)(はん)(ふたた)片尾(かたを)(てい)()られ少憩(せうけい)(のち)094別院(べつゐん)敷地(しきち)たるべき向山(むかふやま)検分(けんぶん)され、095七時(しちじ)二十四分(にじふよんぷん)(はつ)にて岡山(おかやま)()(かへ)一泊(いつぱく)せられた。
096 道々(みちみち)(うけたま)はつた(こと)どもを()に……
097 あの戒壇(かいだん)といふのは日本(にほん)五戒壇(ごかいだん)(ひと)つと()ふのであるが、098(やく)千年(せんねん)(ぐらゐ)経過(けいくわ)して()るであらう、099(たふと)聖跡(せいせき)(うへ)()てたものである。100(きやう)(もり)(いま)(ひと)つの(くづ)れたる大戒壇(だいかいだん)とは(とも)其下(そのした)素尊(すそん)御髪(おぐし)(とう)(うづ)めてあるのである。101櫛稲田姫(くしなだひめ)(りよう)(おな)じく(みつ)つに(わか)れて()て、102(ちひ)さな戒壇(かいだん)()ふのがそれである。103戒壇(かいだん)()くの(ごと)崩壊(ほうくわい)して()ると()ふのは、104仏法(ぶつぽふ)戒律(かいりつ)無惨(むざん)(やぶ)れて仕舞(しま)つて()(こと)象徴(しやうちよう)してゐる。105熊山(くまやま)(じつ)霊地(れいち)である。106()高熊山(たかくまやま)似通(にかよ)つて()るし、107(この)(やま)はここら(あた)りの群山(ぐんざん)(あつ)して(たか)いから(その)意味(いみ)()ける高熊山(たかくまやま)である。108全山(ぜんざん)(みつ)()躑躅(つつじ)生茂(おひしげ)つて()るのも面白(おもしろ)い。109四国(しこく)屋島(やしま)110五剣山(ごけんざん)なども指呼(しこ)(あひだ)にあり、111伯耆(ほうき)大山(だいせん)()えると()ふではないか、112此処(ここ)将来(しやうらい)修行場(しうぎやうば)にするとよいと(おも)ふ。113(わたし)駕篭(かご)であつたから(らく)(はず)であるが、114急坂(きふはん)()つぎ()げられたのだから()なりえらかつた。115諸子(みんな)徒歩(とほ)だから一層(いつそう)えらかつたであらう、116今日(けふ)117駕篭(かご)をかいで()れた人達(ひとたち)()()たあの法被(はつぴ)118あれがよい、119ああいふ姿(すがた)登山(とざん)して戒壇(かいだん)巡拝(じゆんぱい)して(ある)くと()なりの(ぎやう)出来(でき)る、120(くづ)れた戒壇(かいだん)()(なほ)さねばなるまい、121亀石(かめいし)(べつ)(たい)したものでも()い、122新池(しんいけ)には白竜(はくりう)()んでゐて、123(あか)(あを)との綺麗(きれい)(たま)をもつて()る、124(あを)(はう)翡翠(ひすゐ)(ごと)く、125(あか)(はう)紅玉(こうぎよく)のやうな(いろ)をしてゐる。
126 弘法大師(こうぱうたいし)熊山(ここ)霊場(れいぢやう)()かうとしたのをやめて高野山(かうやさん)にしたといふが、127それは(その)地形(ちけい)蓮華台(れんげだい)をして()ないからである。128向山(むかふやま)(はう)蓮華台(れんげだい)をして(その)()綾部(あやべ)によく()よつてゐる云々(うんぬん)
129 まだ(ほか)にも(うけたま)はつた(こと)がありますけれど、130それは実際(じつさい)物語(ものがた)つて()れると(ぞん)じます。
131 ()(かく)も、132(つい)昭和(せうわ)五年(ごねん)五月(ごぐわつ)二十日(はつか)133旧歴(きうれき)四月(しぐわつ)二十二日(にじふににち)といふ()をもつて、134神素盞嗚尊(かんすさのをのみこと)永久(えいきう)(しづ)まり(たま)ひし御陵(ごりよう)(まへ)()たれたのである。135復活(ふつくわつ)! 神剣(しんけん)発動(はつどう) !かういふ叫声(けうせい)胸底(きようてい)から湧出(ゆうしゆつ)して()る。136日本(にほん)世界(せかい)大本(おほもと)もいよいよ多事(たじ)となつて()さうな()がしてならぬ。137近頃(ちかごろ)のお歌日記(うたにつき)(なか)から
138 そろそろと()大峠(おほたうげ)()()めて
139  ()(さわ)ぐなりしこのたぶれが
140()ふのを見出(みいだ)して(わたし)想像(さうざう)満更(まんざら)根底(こんてい)がないものでもないと(おも)ふやうになりました。
141 学術上(がくじゆつじやう)この戒壇(かいだん)日本(にほん)五戒壇(ごかいだん)(ひとつ)(しよう)せられ、142大和(やまと)唐招提寺(たうしようていじ)143比叡山(ひえいざん)144下野(しもつけ)薬師寺(やくしじ)145九州(きうしう)観音寺(くわんのんじ)(とも)天下(てんか)有名(いうめい)なものださうで、146ただ(その)(おほ)きさに(おい)()(よつ)つに()して比較(ひかく)にならぬ(ほど)(おほ)きなもので、147戒壇(かいだん)としても普通(ふつう)のものでなく、148大乗(だいじよう)戒壇(かいだん)であらうと(かんが)へらるるのであるが、149沼田(ぬまた)頼輔(よりすけ)()上田(うへだ)三平(さんぺい)博士(はかせ)()(なん)とも見当(けんたう)がつかなかつたといふ(こと)である。
150 莫遮(さもあらばあれ)151此度(このたび)御登山(ごとざん)によつて(すべ)てが判明(はんめい)したのは結構(けつこう)(こと)でありました。152向山(むかふやま)本宮山(ほんぐうやま)といふよりも(むし)神島(かみじま)にそつくりの(かたち)をしてゐて、153吉野川(よしのがは)(その)(ふもと)(なが)れて()有様(ありさま)(たしか)本宮山(ほんぐうやま)()()ます。154今迄(いままで)(たい)した因縁(いんねん)()ではないが、155(けが)されて()ないからよい」との(こと)でした。156そしてまた「神様(かみさま)御気勘(ごきかん)(かな)つたと()えて、157今日(けふ)登山(とざん)無事(ぶじ)(れう)する(こと)出来(でき)た、158もしさうでなかつたらこの好天気(かうてんき)にはならなかつたであらう」とつけ(くは)へられました。159ここから 天三版、天五版、八幡版では削除このお言葉(ことば)から()して御神業(ごしんげふ)一年(いちねん)あまり進展(しんてん)したと(かんが)へてさしつかへあるまいと(おも)ひます。160(この)(あき)(ごろ)よりはエンヤラ()いたの()(ごゑ)熊山(くまやま)にも向山(むかふやま)にも(さかん)(おこ)(こと)でせうし、161(また)(わたし)(たち)大急行(だいきふかう)身魂(みたま)(みが)きにかからねばならないやうな()(いた)します。ここまで削除
   
オニド関連サイト最新更新情報
9/24【霊界物語ネット】『出口王仁三郎全集』の「第二篇 皇道我観」(第一~第十章)を校正しました。
9/21【霊界物語ネット】藤沼庄平「大本検挙」を掲載(詳細はページ冒頭のインフォメーション参照)。