霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

頭槌(くぶつつい)石槌(いしつつい)

インフォメーション
鏡:月鏡 題名:頭槌石槌 よみ: 著者:出口王仁三郎
神の国掲載号:1930(昭和5)年05月号 八幡書店版:351頁 愛善世界社版: 著作集: 第五版:246頁 第三版:246頁 全集:609頁 初版:209頁
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :kg430
001 昭和(せうわ)五年(ごねん)四月(しぐわつ)十一日(じふいちにち)(こと)002静岡(しづをか)長沢(ながさは)(をう)紹介状(せうかいじやう)をもつて宗教博(しうけうはく)王仁(わたし)(たづ)ねて()(ひと)がある。003白出(しらで)柳助(りうすけ)()といつて、004考古学(かうこがく)趣味(しゆみ)()つて()(ひと)であるが、005(いま)()(こと)(やく)二十年(にじふねん)(ぜん)006青森県(あをもりけん)中津軽郡(なかつがるぐん)(ある)地点(ちてん)で、007林道(りんだう)開墾(かいこん)(さい)発見(はつけん)したといふ(めづ)らしき石器(せきき)一個(いつこ)(たづさ)(きた)つて、008(わたし)鑑定(かんてい)をして()れと()ふ、009元来(ぐわんらい)この石器(せきき)京都(きやうと)010東北(とうほく)011北海道(ほくかいだう)(かく)帝国大学(ていこくだいがく)012(ならび)東京(とうきやう)013京都(きやうと)(りやう)博物館(はくぶつくわん)にて鑑定(かんてい)()うたが、014何物(なにもの)一向(いつかう)(わか)らず、015斯道(しだう)専門家(せんもんか)()えて(これ)()らず、016何処(どこ)(おい)如何(いか)なる民族(みんぞく)(もち)ゐしものなるか、017(その)用途(ようと)(わか)らず、018欧米(おうべい)各国(かくこく)(ちよう)するも、019(その)類例(るゐれい)さへも(そん)せずと()ふのである。020これをもつて、021日本中(にほんぢう)唯一(ゆゐいつ)無二(むに)逸品(いつぴん)として学術界(がくじゆつかい)珍重(ちんちよう)せられて()る、022()ふのであつた。023(かたち)()(もの)包丁(はうちよう)()(なが)一尺(いつしやく)()024茶褐色(ちやかつしよく)(なめら)かな石質(せきしつ)025上部(じやうぶ)平面(へいめん)にして側面(そくめん)(みぞ)あり、026(みぞ)のつくる(ところ)一個(いつこ)のイボの(ごと)きものあり下部(かぶ)筒形(つつがた)をして()る。
027 (これ)頭槌(くぶつつい)石槌(いしつつい)()つて、028太古(たいこ)帝王(ていわう)(また)神柱(かむばしら)()びて()たものである。029武器(ぶき)ともなり(また)病気(びやうき)などを(なほ)道具(だうぐ)として使用(しよう)したものである。030(その)使用法(しようほふ)は、031イボをもつて(てき)眉間(みけん)()つて(たほ)したものである、032だから(てき)()るのをうつといふ(こと)になつたのである。033(また)上部(じやうぶ)扁平(へんぺい)なる部分(ぶぶん)熱灰(あつばい)につけて(ねつ)し、034(その)(みぞ)のところをちりげより脊柱(せきちう)()うてあてて病気(びやうき)(なほ)すので、035たとへば灸点(きうてん)(ごと)(はたら)きをなすのである。036(わたし)霊界(れいかい)物語(ものがたり)口述(こうじゆつ)してゐる(さい)037霊眼(れいがん)(えい)ずる(むかし)(おも)なる宣伝使(せんでんし)(こし)(これ)をさして()るので、038それに()して(わたし)宣伝使(せんでんし)(たち)御手代(みてしろ)(わた)しておいたのである。039古事記(こじき)中巻(ちうくわん)神武(じんむ)天皇(てんのう)一節(いつせつ)
040 「かれその土蜘蛛(つちぐも)()たんとすることを()かせる(うた)
041忍坂(おさか)の 大室屋(おほむろや)に (ひと)さわに ()()()り (ひと)さわに ()()りとも 稜威稜威(みづみづ)し 久米(くめ)()が 頭槌(くぶつつい)石槌(いしつつい)()ち ()ちてし()まむ みづみづし久米(くめ)()()が 頭槌(くぶつつい) 石槌(いしつつい)もち いまうたばよらし。
042かく(うた)ひて(かたな)()きて、043もろともち()(ころ)しつ。」
044 この(うた)(なか)にある頭槌(くぶつつい)045石槌(いしつつい)がそれである。046大学(だいがく)あたりでは模造(もざう)してもつて参考(さんかう)にして()るし、047(かつ)ては天覧(てんらん)(きよう)した(こと)もあると白出(しらで)()はいうて()るが、048何分(なにぶん)とも稀代(きだい)珍器(ちんき)たるを(うしな)はない。
049聖師(せいし)より白出(しらで)()(おく)られし(うた)
050 (いにしへ)(ひじり)岐美(きみ)(はか)せましし
051  今日(けふ)頭槌(くぶつつい)石槌(いしつつい)(をが)
052 千早振(ちはやふる)神代(かみよ)のさまのしのばれぬ
053  (ゆう)(じん)との石槌(いしつつい)みし
   
オニド関連サイト最新更新情報
9/21【霊界物語ネット】藤沼庄平「大本検挙」を掲載(詳細はページ冒頭のインフォメーション参照)。