霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

(ひと)()けた(たぬき)

インフォメーション
鏡:月鏡 題名:人に化けた狸 よみ: 著者:出口王仁三郎
神の国掲載号:1930(昭和5)年08月号 八幡書店版:305頁 愛善世界社版: 著作集: 第五版:250頁 第三版:250頁 全集:612頁 初版:212頁
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :kg433
001 福知山(ふくちやま)にての出来事(できごと)であるが、002開祖様(かいそさま)十七八歳(じふしちはつさい)(ころ)一人(ひとり)()(たか)大坊主(おほばうず)()んで托鉢(たくはつ)をやつて()た。003五六年(ごろくねん)(その)土地(とち)()たので(たれ)もが人間(にんげん)だと(おも)つて()た。004(しか)るに或日(あるひ)(こと)(ぼう)(さむらい)(かれ)(はな)しをして()(うち)005(みみ)(しき)りに(うご)くので(その)(ゆゑ)()うと、006(かぜ)()くからだと()ふ、007(かぜ)()いて(みみ)(うご)くとは(あや)しい、008(たぬき)(たぐひ)(ばけ)()るのに相違(さうゐ)ないとていきなり抜手(ぬくて)()せず()りつけて(ころ)して仕舞(しま)つた、009そして(しかばね)川原(かはら)(さら)しておいた、010()()けると人間(にんげん)姿(すがた)であつた大坊主(おほばうず)はダンダンと(かは)つてたうたう(たぬき)姿(すがた)になつて仕舞(しま)つた、011開祖様(かいそさま)実地(じつち)()()かれたさうで、012時々(ときどき)(その)(こと)(はな)してをられた。
013 (これ)反対(はんたい)本当(ほんたう)人間(にんげん)(たぬき)間違(まちが)へた(ためし)もある。014園部(そのべ)珍妙(ちんめう)さんと()(あま)さんが()んで()た。015(ちひ)さな小供(こども)のやうな()をしておまけにビツコ「ビツコ」(びっこ)は天五版、八幡版では「足が不自由」に変更されている。でヒヨクリヒヨクリと(ある)いて()た、016言葉(ことば)つきなども小供(こども)のやうで明瞭(めいれう)()いて()た、017(その)()園部(そのべ)(あと)畑中(はたけなか)()(ところ)尼寺(あまでら)(うつ)()んで()たが、018(ある)()(こと)仏前(ぶつぜん)にお燈明(とうみやう)(ささ)げようと(おも)ふと生憎(あいにく)(あぶら)()れて()たので、019徳利(とくり)をさげて()ひに出掛(でか)けた。020(はなし)(かは)つて(その)(ころ)(あたら)しく(その)(むら)赴任(ふにん)してきた駐在(ちゆうざい)巡査(じゆんさ)夜警(やけい)()ると、021(むか)ふから、022小供(こども)とも大人(おとな)とも(わか)らぬやうな(あま)油徳利(あぶらどくり)をさげてやつて()る、023(あや)しいと(おも)つて誰何(すゐか)すると、024畑中(はたけなか)(あま)や、025(あぶら)()ひに()くのやと呂律(ろれつ)(まは)らぬ小供(こども)のやうな言葉(ことば)(こた)へたので、026(なに)027畑中(はたけなか)から(あぶら)()ひに()くと、028(ひと)馬鹿(ばか)にするない、029化狸(ばけだぬき)めがと、030サーベルの(さや)(なぐ)りつけると、031キヤツと(さけ)んで(たふ)れて仕舞(しま)つた、032巡査(じゆんさ)(たぬき)だと(しん)()つて()たので翌日(よくじつ)(その)(はなし)隣人(りんじん)にすると、033いやそれは(まつた)くの人間(にんげん)だとの(こと)034ビツクリして(その)()様子(やうす)()いて()ると、035(あま)さんは病床(びやうしやう)でウンウンと(うな)(つづ)けて()るとの(はなし)036吃驚(びつくり)敗亡(はいばう)……(その)()()もなく(その)巡査(じゆんさ)転任(てんにん)になつたとの(うはさ)()いた(こと)がある。
037 (たぬき)人間(にんげん)()けて()るか、038どうかと()(こと)()るためには、039(そば)でマツチを()つて()るとよい。040(たぬき)なら()がやけるから(おそ)れて()げる。041(また)(からだ)(さか)さまに()でて()ても()がモジヤモジヤと(はえ)()るから(わか)るものである。
042以上(いじやう)過日(くわじつ)(ぼう)新聞(しんぶん)紙上(しじやう)(たぬき)(をつと)(おも)うて同棲(どうせい)した(をんな)といふ記事(きじ)()()たのでかかる(こと)もあるものにやとお(うかが)ひした(とき)のお(はなし)であります。)
   
オニド関連サイト最新更新情報
9/21【霊界物語ネット】藤沼庄平「大本検挙」を掲載(詳細はページ冒頭のインフォメーション参照)。