霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

年月日不明

インフォメーション
種類:大本神諭 年月日:0(明治0)年0月0日(旧0月0日)
神霊界掲載号:第44号 1頁 神霊界八幡書店復刻版:第1巻 49頁 七巻本:第1巻 1頁 五巻本:未調査 三五神諭:なし 東洋文庫天の巻:なし 東洋文庫火の巻:3頁 連合会水の巻:なし 大本史料集成:未調査 庶民生活史料集成:5頁
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
001 至仁至愛(みろく)(かみ)御出(おで)ましに御成(おなり)なさる時節(じせつ)(まい)りて大国常立尊(おほくにとこたちのみこと)出口(でぐち)()()()らして()いた()(せま)りて()たから、002世界中(せかいぢゆう)人民(じんみん)改心(かいしん)(いた)さねば、003この()では()一寸(いっすん)(さき)へは()けず、004(あと)(もど)ることも出来(でき)んぞよ。
005 この()()ることを明治(めいじ)二十五(ねん)から(いま)につづいて(しら)してをるのにチットモ(きき)()れが()いが、006(くに)同士(どうし)(ひと)(ころ)()いといふやうな()んな(つま)らん(こと)はないぞよ。
007 一人(ひとり)人民(じんみん)でも(かみ)からは大切(たいせつ)であるのに屈強(くっきょう)ざかりの人民(じんみん)(みな)()くなりて老人(としより)小児(こども)ばかり(のこ)して前後(あとさき)(かま)はずのやりかたであるぞよ。008こんな(おほ)きな天地(てんち)(つみ)(をか)してまだ(ひと)(くに)まで()らうと(いた)してをるのは向先(むこさ)きの()えぬ悪魔(あくま)所作(しょさ)であるから、009()(くに)仲裁(ちゅうさい)()ても天地(てんち)大神(おほかみ)御許(おゆる)しのなき(こと)にはいつまでも(らち)()かぬぞよ。010()かけた(ふね)であるから、011どちらの(ふね)(あと)()(こと)もならず、012(すす)(こと)出来(でき)ず、013まことの仲裁(ちゅうさい)もはいらず、014つまらんことが出来(でき)るから、015外国(がいこく)守護神(しゅごじん)(なが)らくの(あいだ)()()けてありたぞよ。
016 あまり()(つよ)いとしくじるぞよと何時(いつ)筆先(ふでさき)()()けてあるぞよ。
017 何国(どこ)にも()けん(つよ)(くに)()ると(おも)ふて(われ)よしのやりかたで頑張(がんば)ると為損(しぞこな)ひが出来(でき)るからと(もう)してくどう()らしてありたが(いま)有様(ありさま)(その)(とほ)りではないか。018これからは神代(じんだい)()になるから(いま)までの(やう)(あま)頑張(がんば)ると()れの(おも)ふやうには()(さき)一寸(ちょっと)()かんぞよ。019()(つよ)守護神(しゅごじん)ほど(おも)はくは()ちはせんぞよ。
020 これまでの(こころ)全然(さっぱり)()(かへ)(しも)ふて(てん)()との(もと)創造(こしらえ)太元(おほもと)(かみ)へお(わび)(いた)さねば、021(われ)一力(いちりき)()りて()ると(おも)ふのが大間違(おほまちがひ)であるぞよ。022何事(なにごと)(みな)(かみ)からの(こと)であるから()(ちが)いをいたすなよと(さき)()()けてあろうがな。
023 (われ)一力(いちりき)()()ると(おも)ふて()ることを霊魂(みたま)性来(しょうらい)因縁(いんねん)だけの(こと)天地(てんち)(かみ)からさせられて()るのであると()(こと)判然(はっきり)とわかる時代()(まわ)りて()たので()るから、024これ(まで)(あく)守護神(しゅごじん)のやりかたも九分九厘(くぶくりん)まではトントン拍子(びょうし)(おも)ふやうに()たなれどモウ九分九厘(くぶくりん)(あく)のみたまのやりかたは輪止(りんどま)りとなるのが(いま)(こと)であるぞよ。025(いま)までは(あく)のみたまの()()時節(じせつ)でありたぞよ。026(これ)(くらが)りの()でありたぞよ。
027 この(さき)(がく)智恵(ちえ)(ぶつ)では(くに)()たんぞよ。028一日(いちにち)(はや)往生(おうじょう)いたさんと世界(せかい)物事(ものごと)(おくれ)ておるから筆先(ふでさき)でいつも(おな)(こと)()()けるぞよ。029(むこ)ふの(くに)有様(ありさま)筆先(ふでさき)どうりになりて()てをるから日本(にほん)(くに)守護神(しゅごじん)(はや)(わか)らんと立替(たてかへ)十二年(じふにねん)(おそ)くなりてをるから、030(なに)かの(こと)実地(じっち)(はじ)まると、031まだまだ世界(せかい)には(はげ)しき(こと)()るぞよと(もう)して()るが一度(いちど)(もう)したことは(ちが)ゐはせんぞよ。032()(もと)から(かみ)()(わか)りておるので()るから(むこ)ふの(くに)()れだけの(こと)があるのに日本(にほん)人民(じんみん)(われ)さへ()けら(くに)はどうなりても(かま)はぬとは全然(まるきり)()ものであるぞよ。033(かみ)直々(じきじき)()御魂(みたま)(もろ)ふてをるからは(すゑ)には(かみ)にも(まつ)られる結構(けっこう)なものであり(なが)(ひと)(こけ)ようが(たお)れようが(われ)さえ()けりゃ()いでは万物(ばんぶつ)(ちょう)とは(まを)されんぞよ。
034 世界(せかい)(いま)(めぐり)借銭済(しゃくせんなし)であるから罪悪(めぐり)のひどい(ところ)ほどきびしき(いましめ)があるぞよと(もう)して(しら)してあるがこの世界(せかい)(あと)にも(さき)にも()いみせしめが()()るぞよ。
035 用意(ようい)をなされよ()立替(たてかへ)(さら)つの(あら)(かへ)であるから、036みろくの(かみ)()(たち)(かへ)りて万古末代(まんごまつだい)善一筋(ぜんひとすじ)()になる(たふと)(こと)(はじま)りであるから(みな)人民(じんみん)(おも)ひが(ちが)ふてあるぞよ。037あやべの大本(おほもと)(いま)では粗末(そまつ)なとこで()るなれど()(ひろ)世界(せかい)(ほか)(また)とない大神(おほかみ)()(もと)(たふ)とひとこであるから全部(すっくり)()けて()せたならば(あま)(おほ)きな仕組(しぐみ)であるから(おも)ひが大違(おほちが)いで驚愕(びっくり)いたすぞよ。038天地(てんち)のビックリ(ばこ)()くぞよと(もう)してあるが()のビックリ(ばこ)()いて()(ひら)をかやしたら()んな(ひと)でも驚愕(びっくり)いたして改心(かいしん)せずには()れん(こと)になるが其処(そこ)まで()かん(うち)にチット(わか)らんと(つま)らん(こと)があるぞよ。
039 この大本(おほもと)日々(にちにち)かぶり(つい)()るものにチト(はや)(わか)らんと何処(どこ)からも(これ)からは(わか)守護神(しゅごじん)()()るから、040(はづ)かしうなるぞよ。041何事(なにごと)も、042ちっと(わか)りて(をら)んと面目(めんぼく)ない(こと)出来(でき)るぞよ。043慢神(まんしん)誤解(とりちがい)一番(いちばん)こわいぞよ。
044 たれに()らず慢神(まんしん)すると(われ)(こころ)大変(たいへん)ゑらい(やう)(おも)へて、045(ひと)から()()ると(はな)(たこ)うて()にくいぞよ。
046 (はら)(なか)(まこと)さえありたなれば()んな(こと)でも出来(でき)るなれど(うへ)から()てよくても(こころ)(なか)(まこと)()いと実地(じっち)(まこと)成就(じょうじゅ)いたさんぞよ。