霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

大正四年旧十二月二日

インフォメーション
種類:大本神諭 年月日:1916(大正5)年1月6日(旧12月2日)
神霊界掲載号:第45号 25頁 神霊界八幡書店復刻版:第1巻 113頁 七巻本:第1巻 11頁 五巻本:未調査 三五神諭:第24章(霊界物語第60巻「三五神諭」の章) 東洋文庫天の巻:50頁 東洋文庫火の巻:なし 連合会水の巻:なし 大本史料集成:未調査 庶民生活史料集成:なし
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :os002
001 大国常立尊(おほくにとこたちのみこと)変性男神(へんじやうなんし)身魂(みたま)が、002皇威発揚(いつき)(かみ)(あら)はれて、003三千世界(さんぜんせかい)三段(さんだん)()けて()御魂(みたま)を、004()()れに立替(たてか)立別(たてわ)けて、005目鼻(めはな)()けて、006()(これ)(らく)じゃと(もう)すやうに()るのは、007大事業(たいもう)であるぞよ。008二度目(にどめ)()大革正(たてかへ)は、009戦乱(いくさ)天災(てんさい)とで()むやうに(おも)ふて、010(いま)人民(じんみん)はエライ(とり)(ちが)いを(いた)して()るなれど、011戦争(いくさ)天災(てんさい)とで(ひと)(こころ)(なお)るのなら、012(らち)()出来(でき)るなれど、013今度(こんど)()立替(たてかへ)は、014()んな容易(たやす)(こと)でないぞよ。015(むかし)から立替(たてかへ)()りたなれど、016(くさ)(もの)(ふた)をした(やう)(こと)ばかりが、017()()りたので、018根本(こんぽん)からの(うご)きの()れん立替(たてかへ)は、019(いた)して()いから、020これ(まで)のやりかたは、021御魂(みたま)()(わる)くなりて、022総曇(そうぐも)りに()りて()るから、023今度(こんど)一番(いちばん)に、024霊魂界(みたま)()二度目(にどめ)立替(たてかへ)であるから、025(なに)()けても大望(たいもう)であるぞよ。026(これ)(ほど)(くも)()りて()る、027三千世界(さんぜんせかい)身魂(みたま)を、028水晶(すいしょう)()(いた)して、029モウ()(さき)(くも)りの(かか)らむやうに、030万古末代(まんごまつだい)()()ちて()かねば()らんから、031中々(なかなか)(ほね)()れる(こと)であるぞよ。
032 天地(てんち)大神(おほかみ)(おも)ひと、033人民(じんみん)(おも)ひとは、034(おほ)きな(ちが)ひであるから、035(なに)()けても、036今度(こんど)仕組(しぐみ)は、037人民(じんみん)では()()れんぞよ。038人民(じんみん)一人(ひとり)改心(かいしん)させるのにも、039中々(なかなか)(ほね)()れようがな。040今度(こんど)二度目(にどめ)の、041()立替(たてか)へは、042(むかし)(はじ)まりから出来(でき)()る、043霊魂(みたま)立替(たてかへ)立直(たてなお)しで()るから、044(わる)霊魂(みたま)絶滅(のう)にして(しも)ふてするなら、045容易(たやす)出来(でき)るなれど、046(あく)霊魂(みたま)(ぜん)立替(たてかへ)て、047(この)()一切(いっさい)(こと)経綸策(やりかた)()へて、048神法(のり)かへて、049(さら)つの()純粋(きっすい)の、050(もと)日本魂(やまとだましひ)()(しま)ふのであるから、051(いま)人民(じんみん)(おも)ふて()(こと)とは、052天地(てんち)大違(おほちが)ひであるから、053毎度(まいど)筆先(ふでさき)()()けて()るぞよ。
054 あやべの大本(おほもと)(なか)には、055世界(せかい)人民(じんみん)(こころ)(とほ)りが、056(みな)にして()せてあるぞよ。057大本(おほもと)世界(せかい)(かがみ)()(ところ)()るから、058世界(せかい)()実地(じっち)正末(しょうまつ)が、059(みな)にさして()せて()るから、060色々(いろいろ)心配(しんぱい)(いた)して()るなれど、061()んなかがみも()()せて()るから、062世界(せかい)()()(ほど)063この大本(おほもと)()くなるぞよ。064(いま)ではモチト、065何事(なにごと)(おも)ふように()いのであるぞよ。
066 世界(せかい)(こと)が、067(みな)大本(おほもと)(うつ)るから、068()れで()(なか)から、069行状(をこない)()(いた)さんと、070世界(せかい)大本(おほもと)()る、071(とうと)(ところ)であるから、072何事(なにごと)筆先(ふでさき)(どほ)りに()して()かねばならんぞよ。073(これ)(まで)()のやりかたは、074日本(にほん)(くに)では(もち)ゐられん、075外国(がいこく)極悪(ごくあく)のやりかたに、076(かわ)りて(しも)ふて()るのを、077盲目(めくら)聾者(つんぼ)のやうな日本(にほん)人民(じんみん)は、078()らず()らずに、079させられて()りたので()るから、080()からんのは(もっと)もの(こと)であるぞよ。081日本(にほん)加美(かみ)()()まれて、082加美(かみ)精神(せいしん)(くる)うて()るのであるから、083人民(じんみん)(わる)()るのは当然(あたりまへ)であるぞよ。
084 モ()とつ()(さき)(あく)(つよ)(いた)して、085この現状(なり)()()てて()く、086どいらい仕組(しぐみ)をして()るなれど、087モウ(あく)(みたま)()かむ時節(じせつ)循環(まわり)てきて、088悪神(わるがみ)降服(おうぜう)いたす()になりて()たから、089(われ)(くち)から(われ)(たく)みて()りた(こと)を、090全然(さっぱり)白状(はくじょう)いたす()になりたぞよ。
091 天地(てんち)御先祖(ごせんぞ)さまを(おし)()めて()いて、092()()(こわ)いもの()しで、093(もと)大神様(おほかみさま)の、094光輝(ひかり)()ぬやうに(いた)した、095極悪(ごくあく)頭目(かしら)()ると()(こと)を、096(なに)白状(はくじょう)(いた)して、097(ぜん)(たち)(かへ)りてどんな活動(はたらき)でも(いた)すと(もう)して()るなれど、098…………
099 (ほか)御魂(みたま)一平(いったい)らに(あく)になり()りて()るから、100(これ)(ぜん)()とつの(みち)(あゆ)まして、101()立直(たてなほ)すのは、102(もと)世界(せかい)創造(こしらへ)るよりも、103(なに)(ほど)(おほ)きな(ほね)()れるか()れんぞよ。
104 この大望(たいもう)三千世界(さんぜんせかい)立替(たてか)へを、105(ちい)さい(こと)()りて、106大神(おほかみ)(ちから)()守護神(しゅごじん)はないぞよ。107これほどウジャル(ほど)守護神(しゅごじん)()りても、108(みな)(おも)ひが(ちが)ふから、109(なに)()(こと)(おそ)くなりて()るぞよ。110(おそ)くなるほど、111世界中(せかいぢゆう)難渋(なんじふ)となりて、112(あと)へも(さき)へも、113()(あし)(とり)()(しま)()くなるぞよ。
114 世界(せかい)御魂(みたま)九分(くぶ)まで(あく)()りて、115(いま)まで()(もち)(あら)して()守護神(しゅごじん)に、116改心(かいしん)出来(でき)かけが、117()(やう)にも出来(でき)んから、118(かみ)堪忍袋(こらへぶくろ)()らして、119一作(いっさく)(いた)せば八九分(はちくぶ)霊魂(みたま)()()るし、120改心(かいしん)(いた)さす()がモウ()いし、121(これ)(ほど)この()大望(たいもう)(こと)は、122(むかし)から()()い、123困難(こんなん)二度目(にどめ)()立替(たてかへ)であるのに、124(なに)(わか)らぬ厄雑神(やくざがみ)使(つか)はれて()ると、125(なに)(わか)らんぞよ。
126 まことの(ぎょう)(いた)さずに、127天地(てんち)先祖(せんぞ)無視(なく)して、128(あく)のやりかたで世界(せかい)(かしら)になりて、129(この)()きを(あく)をモ(ひと)(つよ)(いた)して、130まぜこぜで()りて()ことの、131初発(しょはつ)目的(もくてき)(どほ)りに、132此所(ここ)まではとんとん拍子(びょうし)面白(おもしろ)(ほど)(のぼ)りて()たなれど、133(この)()(もと)には、134(かみ)(ふか)経綸(しぐみ)が、135()(もと)から(いた)して()りて、136日本(にほん)仕組(しぐみ)(どほ)りに九分九厘(くぶくりん)まで()たぞよ。
137 悪神(わるがみ)仕組(しぐみ)も、138九分九厘(くぶくりん)までは()たなれど、139モウ輪止(りんどま)りとなりて、140(さき)()(こと)出来(でき)ず、141(あと)(もど)(こと)出来(でき)んのが現今(いま)のことであるぞよ。142仕放題(しほうだい)我好(われよ)しの行方(やりかた)で、143末代(まつだい)()(あく)(たて)()ことの目的(もくてき)が、144(いま)までは面白(おもしろ)(ほど)のぼれたなれど。
145 日本(にほん)(くに)には、146チット(ほか)御魂(みたま)には(わか)らん経綸(しぐみ)()てあるから、147(ひと)()(われ)()し、148上下(うへした)(そろ)ふて()かねば、149(くに)()()いを()るやうな見苦敷(みぐるしい)性来(しょうらい)では、150()永久(ながく)(つづ)かんぞよと(もう)して、151筆先(ふでさき)()して()()けてあるぞよ。152(この)()は、153(ぜん)(あく)とを(こしら)へて、154何方(どちら)で、155この()()つかと()ふことを、156末代(まつだい)(つづ)かせねば()らん()であるから、157何事(なにごと)天地(てんち)から()してあるのであるから、158(われ)()()るのなら、159何事(なにごと)(おも)ふたやうに()けんならんのに、160()ふしても()けんのが、161(かみ)から(みな)()せられて()証拠(しょうこ)であるぞよ。162(ぜん)(みち)は、163苦労(くろう)(なが)いなれど、164()(さき)末代(まつだい)()(つづ)かすので中々(なかなか)(ねん)(ねん)()るぞよ。
165 仏事(ぶつじ)(あく)のやりかたで()りたぞよ。166モウ(これ)からは、167(ぶつ)では(おさ)まらんぞよ。
168 (ぜん)(ぎょう)(なが)いなれど、169(ぜん)(ほう)には現界幽世(このよ)何一(なにひと)()らむ(こと)()(やう)に、170()(もと)から(ぎょう)()してあるから、171()(さき)(あく)仕放題(しほうだい)(ぎょう)()しに()()守護神(しゅごじん)(つら)くなるぞよ。172如何(どん)(こと)()ておくと、173何事(なにごと)(こば)れるなれど、174(ぎょう)()しの守護神(しゅごじん)使(つか)はれて()ると、175()(しま)ひの(はじ)まりの御用(ごよう)(つと)まらんぞよ。176(ぜん)(あく)との(かわ)()であるから、177(あく)守護神(しゅごじん)はジリジリ(もだ)へる(やう)になるから、178一日(いちにち)(はや)改心(かいしん)(いた)して、179(ぜん)(みち)(たち)(かへ)らねば、180モウこれからは貧乏(びんぼう)(ゆる)ぎも()さんぞよ。181(ぜん)守護神(しゅごじん)は、182(かず)(すく)ないなれど、183如何(どん)(ぎょう)()してあるから、184サア(いま)()(やう)()りて()(をり)には、185(なに)(ほど)(はげ)しきことの(なか)でも、186気楽(きらく)神界(しんかい)御用(ごよう)出来(でき)るから、187一厘(いちりん)御手伝(おてつだ)いで、188日本(にほん)()大本(おほもと)には、189肝心(かんじん)(とき)()()守護神(しゅごじん)(こしら)へて()りて、190世界(せかい)(とど)めを()すのであるから、191日本(にほん)(くに)(ちい)さうても、192(おほ)きな(くに)には()けは(いた)さんぞよ。193日本(にほん)は、194世界(せかい)から()れば、195(ちい)さい(くに)であれど、196(てん)()との、197神力(しんりき)(つよ)(もと)先祖(せんぞ)(かみ)が、198三千世界(さんぜんせかい)天晴(あっぱれ)(あら)はれて、199御加勢(ごかせい)あるから、200(かず)(すく)なうても、201正味(しょうみ)御魂(みたま)ばかりで、202()んな(こと)でも(いた)すぞよ。203(なに)(ほど)人数(にんずう)(おほ)くても、204(なん)(やく)にも()たぬ蛆虫(うじむし)(ばか)りで、205()(こと)(ひと)つも()()ずに、206邪魔(じゃま)(ばか)りを(いた)すから、207世界(せかい)物事(ものごと)(おそ)くなりて、208世界中(せかいぢゆう)困難(こんなん)であるが、209()()()守護神(しゅごじん)()(ゆえ)に、210何時(いつ)までも筆先(ふでさき)()らすのであるぞよ。
211 天地(てんち)御恩(ごおん)()らずに、212利己主義(われよし)(ここ)まで(のぼ)りつめて()(あく)守護神(しゅごじん)に、213改心(かいしん)()せかけが出来(でき)んので、214何事(なにごと)(おそ)くなりて、215総損害(そうぞこない)(うへ)から(した)までの難渋(なんじふ)となるから、216明治(めいじ)二十五(ねん)から(いま)じゃ(はや)じゃと(もう)して、217引掛戻(ひつかけもど)しに(いた)して()()(やう)()らしても、218(もと)からの(おも)ひが大間違(おほまちがひ)()るから、219世界(せかい)立替(たてかへ)九分九厘(くぶくりん)()りた(ところ)で、220ヂリヂリ()(こと)()()いて()るから、221()()けるぞよ。
222 天地(てんち)先祖(せんぞ)の、223(おも)ひの(わか)りて()守護神(しゅごじん)と、224人民(じんみん)は、225(いま)()いぞよ。226(これ)(ほど)(くら)がりの()(なか)へ、227()(もと)正末(しょうまつ)水火神(いきがみ)(そろ)ふて(あら)はれても、228(こは)(ばか)りで(こし)()けるものやら、229(あご)(はず)れて早速(さっそく)には(もの)()()はん(やう)守護神(しゅごじん)や、230人民(じんみん)沢山(たっぴつ)出来(でき)(ばか)りで、231(かみ)()からは()()ひさうに()いぞよ。
232 (わか)りた御魂(みたま)宿(やど)りて()肉体(にくたい)でありたら、233()んな神徳(しんとく)でも(さずけ)るから、234(この)神徳(しんとく)(うけ)御魂(みたま)使(つか)はれて()りたら、235一荷(いつか)(もて)(ほど)神徳(しんとく)(わた)すから、236(その)(もろ)ふた神徳(しんとく)(ひか)りを()して(くれ)人民(じんみん)()いと、237(もち)()りに()ては天地(てんち)(もうし)(わけ)()いぞよ。