霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】霊界物語読者アンケート集計結果発表!(7/20)こちらのページです。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

大正六年旧二月九日

インフォメーション
種類:大本神諭 年月日:1917(大正6)年3月2日(旧2月9日)
神霊界掲載号:第46号 4頁 神霊界八幡書店復刻版:第1巻 132頁 七巻本:第1巻 39頁 五巻本:未調査 三五神諭:第25章(霊界物語第60巻「三五神諭」の章) 東洋文庫天の巻:60頁 東洋文庫火の巻:なし 連合会水の巻:なし 大本史料集成:未調査 庶民生活史料集成:なし
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :os005
001  出口なを 八十二歳
002 仁愛生成神(みろくさま)が、003(てん)初発(はじまり)御先祖(ごせんぞ)さまであるぞよ。004大国常立尊(おほくにとこたちのみこと)は、005()先祖(せんぞ)であるぞよ。006(てん)(ちち)であるぞよ、007(れい)であるぞよ、008()であるぞよ。009()(みず)であるぞよ、010(はは)であるぞよ、011(たい)であるぞよ。012
013 (もと)純粋(きっすい)の、014一厘(いちりん)水晶(すいしょう)の、015大神様(おほかみさま)の、016今度(こんど)二度目(にどめ)()立替(たてかへ)の、017御手伝(おてつだい)()さる、018大望(たいもう)御用(ごよう)神様(かみさま)であるぞよ。019(もと)のきっすいの御霊(みたま)は、020(かず)(すく)ないぞよ。021(かず)何程(なにほど)沢山(たくさん)ありても、022(わけ)(わか)らん、023()()はん守護神(しゅごじん)は、024(かへっ)邪魔(じゃま)になる(ばか)りであるから、025()れで(この)大本(おほもと)は、026(たか)(すずめ)一所(いっしょ)には()せんと(もう)すのであるぞよ。027この()に、028(まこと)ほど(つよ)いものは()いぞよ。029(はら)(なか)(まこと)のある性来(しょうらい)御魂(みたま)でありたなら、030(をんな)でも(ひと)()()(こと)出来(でき)るぞよ。031それで、032(まこと)(こころ)()りて()れと、033毎度(まいど)筆先(ふでさき)()いて、034(つづ)いて()らせるなれど、035(まこと)といふ(こと)は、036(いま)()(すく)ないぞよ。037(まこと)(みち)(のり)()へて、038(これ)までの極悪(ごくあく)(みち)を、039(ぜん)(ひと)つの(まこと)(みち)で、040二度目(にどめ)()立替(たてかへ)をいたしたら、041(ぜん)(ひと)つに(かた)めて(しも)ふて、042末代(まつだい)(つづ)かせる仕組(しぐみ)であるから、043(おほ)きな(おも)ひの(ちが)ふ、044守護神(しゅごじん)多数(たっぴつ)あるから、045()れで、046(これ)(ほど)(むつ)(しい)ので、047手間(てま)()るのであるぞよ。
048 日本(にほん)(くに)には、049()根本(こんぽん)大昔(おほむかし)から、050天地(てんち)先祖(せんぞ)(かみ)が、051仕組(しぐみ)(いた)してあるので、052二度目(にどめ)()立替(たてかへ)は、053末代(まつだい)一度(いちど)より()られんのであるから、054(なに)()けても大望(たいもう)(こと)であるぞよ。055肝心(かんじん)(こと)は、056あとへ(まわ)して、057(なに)()らぬ(いや)(かた)血筋(ちすじ)や、058下劣(げす)守護神(しゅごじん)が、059大事(だいじ)仕組(しぐみ)()らずに、060我好(われよ)しの経綸(やりかた)で、061ここまでトントン拍子(びょうし)()()たなれど、062九分九厘(くぶくりん)といふ(ところ)で、063往生(わうじやう)(いた)さなならん()になりたぞよ。
064 九分九厘(くぶくりん)御魂(みたま)が、065天地(てんち)御恩(ごおん)といふ(こと)(わか)りて()たなれば、066現世(このよ)は、067()んな(むご)(こと)()りは()んなれど、068盲目(めくら)(つんぼ)(おな)(こと)で、069全然(さっぱり)暗黒界(くらやみ)であるぞよ。070(いま)守護神(しゅごじん)人民(じんみん)とは、071立替(たてかへ)手伝(てつだい)(いた)すどころか、072(おほ)きな邪魔(じゃま)(いた)すぞよ。073(あく)(ほう)から()れば、074(まこと)(ほう)(あく)()えて、075(あく)(ほう)()()えるので、076何事(なにごと)(みな)逆様(さかさま)ばかりより出来(でき)んのであるぞよ。
077 (あく)守護神(しゅごじん)が、078大本(おほもと)(なか)這入(はい)りて()て、079何彼(なにか)邪魔(じゃま)(いた)すから、080()ゆるしは(ちっ)とも出来(でき)んから、081物事(ものごと)(おそ)くなりて、082世界中(せかいじゅう)(くる)しみが、083(なご)うなると(もう)(こと)が、084毎度(まいど)筆先(ふでさき)()して()らしてあるぞよ。085大本(おほもと)には、086世界(せかい)(こと)(うつ)るから、087大本(おほもと)(なか)様子(ようす)()()りたら、088世界(せかい)(こと)見当(けんとう)が、089明白(ありやか)(わか)りて()るぞよ。090筆先(ふでさき)一度(いちど)()した(こと)は、091チト(はや)(おそ)しは()るなれど、092毛筋(けすじ)(ちが)はん(こと)(ばか)りであるから、093みな()()るぞよ。094日本(にほん)()(もと)の、095(くに)の○と(もう)しても、096(むご)(こと)()りておるのを、097()りて()守護神(しゅごじん)も、098人民(じんみん)も、099(まこと)に、100なさけ()いほど(すく)ないから、101(いま)世界(せかい)困難(こんなん)であるぞよ。102日本(にほん)臣民(しんみん)日本(にほん)大和魂(やまとだましい)(もう)して()るなれど、103日本魂(やまとだましい)性来(しょうらい)はチットも()(やう)(むご)(こと)になりて()るぞよ。
104 (むかし)から()ちかねた、105(まつ)()()りて、106(みな)(そろ)ふて、107(うれ)(うれ)しの、108末代(まつだい)しほれぬ、109()(ばな)()くので()るから、110モウ(ちこ)()りて()るなれど、111日本(にほん)(くに)人民(じんみん)に、112チットも(わか)らんので、113肝心(かんじん)立替(たてかへ)(おそ)くなるので、114世界中(せかいじゅう)難渋(なんじゅう)(なが)いぞよ。115(まこと)活神(いきがみ)は、116郭公(ほととぎす)姿(すがた)(かく)して、117()()きもって、118(かげ)守護(しゅご)でありたから、119(はや)(おもて)になりて、120何彼(なにか)のことを、121天晴(あっぱれ)(あら)はれて、122(ぜん)(あく)とのやりかたを(あらた)めるぞよ。
123 (ぜん)のやりかたは時鳥(ほととぎす)124(のど)から()()きもってでも(くち)をつむへて、125(こば)りつめて()かねば、126何事(なにごと)物事(ものごと)出来(しゅったい)(いた)さん、127(つら)いやりかたで()るぞよ。128九分九厘(くぶくりん)(ほう)が、129(あく)系統(ひっぽう)であるから、130(ちから)(いっ)ぱい、131ねらひ(つめ)()るから、132大事(だいじ)仕組(しぐみ)(はよ)ふは(もう)されんぞよ。
133 (あく)(かしら)には()(わか)りて()りても、134(かしら)にしても、135(ここ)までにトントン拍子(びょうし)()仕組(しぐみ)であるから、136(この)(まま)(あく)仕組(しぐみ)でやりたいのが、137(むね)(はな)れんぞよ。138ここまでにより出来(でき)ん、139(あく)()(ねん)()きであるから、140(なに)(ほど)焦慮(あせり)ても、141(あく)ではモウ、142一寸(ちょっと)(さき)へも()けず、143(あと)へも(もど)れず、144(あく)()(をは)りが(まい)りたのであるぞよ。145これ(まで)(くら)がりの()には、146(あく)仕組(しぐみ)()れの(おも)はく(どほ)りに、147トントン拍子(びょうし)()たなれど、148(あく)(よわひ)(みじか)いから、149度々(たびたび)筆先(ふでさき)()らしてあるぞよ。150何事(なにごと)筆先(ふでさき)(どほ)りに(みな)()()るから、151素直(すなほ)(いた)さんと、152(これ)から(さき)大間違(おほまちがい)出来(でき)()て、153(おほ)きな(いき)出来(でき)(やう)になるぞよと(もう)して、154()()けたぞよ。155(あま)何時(いつ)までも(わか)らんので、156(おな)(こと)(かか)して、157くどう()らしたのも、158(とり)(もど)しが出来(でき)(こと)()るから、159ここまでに細々(こまごま)と、160()んで(ふく)める(やう)に、161()(わか)(やう)にして()れども、162どうしても(わか)らんのは、163守護神(しゅごじん)(おもひ)が、164(ちご)ふて()るのであるぞよ。
165 (われ)(うへ)じゃエライと(おも)ふて、166(はら)(なか)大間違(おほまちがい)(いた)して()るから、167日本(にほん)根本(こんぽん)(もと)の、168末代(まつだい)(その)ままで()る、169生神(いきがみ)の、170天地(てんち)先祖(せんぞ)仕組(しぐみ)は、171一寸(ちょっと)には(わか)らん仕組(しぐみ)がしてあるから、172智恵(ちゑ)(がく)()れだけに(かんが)へても(わか)りは()んぞよ。173(おく)(ふか)仕組(しぐみ)()てあるぞよ。174モウ(これ)からは、175外国(がいこく)のカラの御魂(みたま)では、176物事(ものごと)成就(じょうじゅ)(いた)さんぞよ、177(あさ)仕組(しぐみ)各自(めんめ)()しのやりかたでは、178モウだめであるぞよ。179大望(たいもう)二度目(にどめ)()立替(たてかへ)出来(でき)るなら、180日本(にほん)()(もと)から仕組(しぐみ)てある(やう)に、181大本(おほもと)(まい)りて()てして()よれ。182そんな(あさ)(あく)御魂(みたま)では、183末代(まつだい)かかりても出来(でき)ん、184(ふか)経綸(しぐみ)であるぞよ。185(いま)(まで)は、186()(もと)生神(いきがみ)は、187何事(なにごと)()()(ふり)をして、188時節(じせつ)()ちて()りたなれど、189()一日(いちにち)ましに(せま)りて()たから、190(かげ)守護(しゅご)ではモウ(いか)んから、191(もと)(かみ)()()守護(しゅご)()るから、192(これ)までの(やう)不規律(ずんだら)(こと)は、193()()せも(いた)さんぞよ。194この大本(おほもと)(なか)(きび)しくなるぞよ。195()大本(おほもと)は、196世界(せかい)(かがみ)()るとこで()るから、197()(なか)改正(かへる)から、198世界(せかい)何彼(なにか)(こと)(かは)りて()るぞよ。199(なが)(あいだ)のしぐみの(わか)()()りて()て、200大間違(おほまちがい)守護神(しゅごじん)使(つか)はれて()肉体(にくたい)は、201(くや)しい(こと)()りても、202何処(どこ)(うら)める(ところ)()いぞよ。203()()()()るまでに、204改心(かいしん)(いた)して、205霊魂(みたま)(みが)いて()(やう)に、206(わる)()はれても、207(ここ)()りてからは、208(とり)(かへ)しは出来(でき)んから、209(はら)(なか)塵挨(ごもく)()して(しも)ふて、210御魂(みたま)(みが)けと、211(いま)()(まで)()らして()るなれど、212(おな)(やう)(こと)ばかりを、213何時(いつ)(まで)も、214物好(ものず)きで()いて()(くらゐ)により、215()れよまいが、216(うそ)(こと)なら、217(これ)だけに苦労(くろう)いたして、218(わる)()はれても、219(とり)(もど)しの出来(でき)(こと)であるから、220(かみ)何時(いつ)までも()()けたが、221モウ()()(やう)()いぞよ。222日本(にほん)(くに)肝心(かんじん)守護神(しゅごじん)が、223(あく)(かへ)りて()(ゆえ)に、224()たの人民(じんみん)が、225外国(がいこく)よりも(まさ)りた()(かた)であるなれど、226チットも()かんのが当然(あたりまへ)であるぞよ。227一番(いちばん)(うへ)(ひと)が、228外国(がいこく)御魂(みたま)()()りて()(ゆえ)に、229(いま)のハイカラになるのは当然(あたりまへ)であるぞよ。230日本(にほん)大和魂(やまとだましい)を、231外国(がいこく)外国(がいこく)()()かれて(しも)うて、232(くに)(がい)をいたす、233カラ御魂(みたま)(すり)(かへ)られて、234日本(にほん)(くに)(かしら)(しり)()まで、235一本(いっぽん)()(やう)()られて、236(いま)体裁(ていさい)237醜悪(ざま)(さら)されて、238()だモ(ひと)日本(にほん)(くに)(わる)(いた)して、239天地(てんち)先祖(せんぞ)御血統(おちすじ)()()みて、240()(なり)()()ぜで、241(ひと)(うへ)(あが)りて、242日本(にほん)人民(じんみん)悪賢(わるが)しこう子供(こども)教育(そだて)て、243婦女(をんな)までもヤンチャに(いた)して()いて、244(むこ)うの(くに)極悪神(ごくあくがみ)が、245日本(にほん)(わう)よりモ(ひと)(うへ)(わう)()仕組(しぐみ)()(いた)すなれど、246(あく)()九分九厘(くぶくりん)輪止(りんどま)りとなるから、247何事(なにごと)(たく)みても、248(ひと)つも(おも)わくは()たんぞよ。249ここ(まで)()きすっぽう、250()放題(ほうだい)(いた)して、251()(みだ)しておいても、252()不足(ふそく)なか、253モウ(これ)から(さき)(なに)(ほど)極悪神(ごくあくがみ)(ほね)()りたとて、254(われ)()()みてからは、255何事(なにごと)成就(じょうじゅ)(いた)さんのが、256(てん)規則(きそく)であるぞよ。257日本(にほん)天地(てんち)(わう)生神(いきがみ)()たに見降(みくだ)して、258(ひと)(うへ)(あが)りて、259(わう)(わう)()ろうとの(あさ)目的(もくてき)260死物狂(しにものぐる)いを(いた)そうよりも、261一日(いちにち)(はよ)往生(わうじやう)(いた)すが結構(けっこう)であるぞよ。262素直(すなほ)改心(かいしん)(いた)せば、263()仕様(しよう)もあるなれど、264何時(いつ)までも敵対(てきた)うて、265天地(てんち)(わう)よりも(うへ)へあがりて、266(わう)(わう)()らうとの、267初発(はじめ)からの目的(もくてき)を、268(てん)至仁至愛真神(みろくさま)と、269()先祖(せんぞ)大国常立尊(おほくにとこたちのみこと)が、270根本(こんぽん)(こと)からの(わる)(たく)みは、271帳面(ちょうめん)(つけ)()めてある同様(どふやう)に、272(この)()(はじま)りの天地(てんち)(こしら)へた、273()(もと)末代(まつだい)その(まま)()生神(いきがみ)であるから、274()()のエンマとも()はれたのであるぞよ。275(こわ)(ばか)りがエンマでは()いぞよ。276(この)()根本(こんぽん)からの(こと)は、277何一(なにひと)()らんといふ(こと)()(かみ)であるぞよ。278外国(がいこく)(かしら)御魂(みたま)が、279日本(にほん)(くに)略取(とる)べしで、280永々(ながなが)(たく)みをいたして()るなれど、281肝心(かんじん)正中(まんなか)がぬけて()るから(かなめ)胴体(どうたい)()いぞよ。282(あたま)()とでは(なに)出来(しゅったい)いたさんぞよ。283(あたま)(やっ)ツも()りたり、284()(やっ)ツも()りては、285日本(にほん)(くに)では()()わんぞよ。286(あたま)(ひと)()(ひと)つで()いと(まこと)天地(てんち)御用(ごよう)出来(でき)んぞよ。287七王(ななわう)八王(やわう)(わう)があると国土(くに)(をさ)まるといふ(こと)()いから、288七王(ななわう)八王(やわう)もあるカラの(くに)(わう)を○○○げて、289世界(せかい)(ひと)つに(まる)めて神国(しんこく)()(いた)すには、290(この)()(もと)(こしら)へた、291日本(にほん)(てん)()との根本(こんぽん)(まこと)(わう)(をさ)める時節(じせつ)(まい)りて()たから、292明治(めいじ)二十五(ねん)から(いま)(つづ)いて()らしてあるぞよ。293世界(せかい)今度(こんど)大戦争(おほいくさ)世界中(せかいじゅう)人民(じんみん)改心(かいしん)(ため)であるぞよ。294万古(まんご)末代(まつだい)戦争(いくさ)はつまらん(もの)であるといふ(こと)を、295世界中(せかいじゅう)人民(じんみん)(さと)らせる(ため)(いくさ)であるぞよ。296まだまだこれ(これ)では改心(かいしん)出来(でき)ずに、297日本(にほん)(くに)()(かんが)へを外国(がいこく)悪神(あくがみ)(いた)して()るぞよ。298日本(にほん)神国(しんこく)(かみ)(まこと)守護(しゅご)(いた)してある(くに)であるから、299(なに)(ほど)外国(がいこく)人民(じんみん)沢山(たくさん)()りたとて、300智恵(ちゑ)(がく)()りたとて、301神国(しんこく)には()ても(かな)はん仕組(しぐみ)が、302()(もと)から(いた)してあるから、303九分九厘(くぶくりん)()(ひら)(かへ)して、304万古(まんご)末代(まつだい)(つぶ)れぬ日本(にほん)(かみ)(わう)で、305三千世界(さんぜんせかい)(まる)めて、306人民(じんみん)安心(あんしん)させ、307(まつ)()308仁愛神(みろく)()309神世(かみよ)といたして天地(てんち)御目(おんめ)(かけ)時節(じせつ)(ちこ)うなりたぞよ。310日本(にほん)(くに)一輪(いちりん)()いた(うめ)(はな)311三千世界(さんぜんせかい)(ひと)つに(まる)めて、312(ひと)つの(わう)(をさ)めるぞよ。313悪神(わるがみ)のしぐみは、314(いま)(まで)はトントン拍子(びょうし)()たなれど、315九分九厘(くぶくりん)でモウ一足(ひとあし)(さき)いへ()けず、316(あと)へも(もど)れず、317()きも(もど)りも()らんといふのが(いま)(こと)であるぞよ。318(ここ)()りた(ところ)で、319(むこ)ふの(くに)(かしら)十分(じゅうぶん)改心(かいしん)(いた)して、320(ぜん)(たち)(かへ)りて(ぜん)(はたら)きをいたさんと、321世界中(せかいじゅう)(なに)()らん人民(じんみん)が、322(この)()きでエライ(くる)しみを(いた)すぞよ。323日本(にほん)外国(がいこく)(おな)(やう)()るぞよ。324(この)大本(おほもと)(なか)にも、325外国(がいこく)(あく)御魂(みたま)守護神(しゅごじん)が、326()けて()()るが、327モウ()けを(あら)はして、328(みな)役員(やくいん)()せてやるぞよ。
329 国常立尊(くにとこたちのみこと)出口(でぐち)()()りて、330世界(せかい)(こと)()らすぞよ。331二度目(にどめ)()立替(たてかへ)(いた)すには、332(むかし)から()(この)()出来(でき)てから()(こと)が、333綾部(あやべ)大本(おほもと)には出来(でき)るから、334(はや)(たち)()りて、335出口(でぐち)(なお)()かしてある筆先(ふでさき)()()て、336(はら)這入(はいり)人民(じんみん)でありたら、337今度(こんど)はとんだ結構(けっこう)出来(でき)るぞよ。338今度(こんど)(こと)筆先(ふでさき)()んと見当(けんとう)()れんから、339人民(じんみん)利巧(りこう)(がく)(わか)らん(こと)()るから、340(かみ)(もう)(やう)(いた)すが()いぞよ。341()()()いでます守護神(しゅごじん)では、342見当(けんとう)何時(いつ)になりても()られん仕組(しぐみ)がして()るぞよ。343(はや)改心(かいしん)なされよ。344(あと)になりたらこの仕組(しぐみ)は、345(みな)ビックリを(いた)すぞよ。