霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

明治三十二年 月 日

インフォメーション
種類:大本神諭 年月日:1899(明治32)年0月0日(旧0月0日)
神霊界掲載号:第48号 2頁 神霊界八幡書店復刻版:第1巻 222頁 七巻本:第1巻 92頁 五巻本:未調査 三五神諭:第21章 東洋文庫天の巻:18頁 東洋文庫火の巻:なし 連合会水の巻:なし 大本史料集成:未調査 庶民生活史料集成:なし
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
001 (うしとら)金神(こんじん)出口(でぐち)(なを)()()りて、002何彼(なにか)(こと)()らすぞよ。003(いま)(まで)()(もと)(かみ)を、004(きた)(きた)(おし)(こめ)ておいて、005(きた)(わる)いと世界(せかい)人民(じんみん)(もう)して()りたが、006(きた)()(くに)007(もと)(くに)であるから、008(きた)一番(いちばん)()くなるぞよ。009(ちから)()()(もと)真正(まこと)水火神(いきがみ)は、010(いま)(まで)(きた)(はし)(おと)されて、011(かみ)(ひかり)(かく)して()りたから、012(この)()全部(さっぱり)暗黒(くらやみ)でありたから、013世界(せかい)人民(じんみん)(おも)(こと)は、014(ひと)つも成就(じょうじゅ)いたさなんだので()るぞよ。015(これ)()()(かみ)も、016人民(じんみん)も、017守護神(しゅごじん)(なか)りたぞよ。018人民(じんみん)(きた)(ひか)ると(もう)して、019不思議(ふしぎ)がりて、020種々(いろいろ)(がく)智恵(ちゑ)(かんが)へて()りたが、021(まこと)神々(かみがみ)一処(ひとつ)()りて、022神力(しんりき)(ひか)りを(あら)はして()ると(もう)(こと)()らなんだぞよ。023モウ(これ)からは、024()(おと)されて()りた生神(いきがみ)(ひか)りが()て、025()()守護(しゅご)となるから、026其処(そこ)(あたり)(ひか)(かがや)いて、027(まぶ)うて()()けて()れんやうに、028(あきら)かな(かみ)()になるぞよ。029(いま)(まで)(よる)守護(しゅご)世界(せかい)は、030()ケの(からす)()りて()て、031()(あけ)るから、032それまでに改心(かいしん)をいたして、033霊魂(みたま)(みが)いて、034日本魂(やまとだましい)(たち)(かへ)りて()らんと、035ヂリヂリ(もだ)える(こと)出来(しゅったい)いたすから、036(とし)八年(はちねん)(あいだ)037(かみ)()(つけ)たなれど、038(あま)世界(せかい)人民(じんみん)(こころ)(くも)りがきつき(ゆえ)に、039(なに)()ふて(きか)しても、040筆先(ふでさき)()いて()せても、041(まこと)にいたさぬから、042出口(でぐち)(なを)日々(にちにち)咽喉(のど)から()()くやうな(おも)いを(いた)して、043世界(せかい)(ため)苦労(くろう)をいたして()るのを、044()()(うしとら)金神(こんじん)(つら)いぞよ。045(むね)焼鉄(やきかね)あてる(ごと)く、046一人(ひとり)(くるし)みて()るぞよ。047人民(じんみん)万物(ばんぶつ)(ちょう)とも(もう)して、048(えら)さうに(いた)して()るでは()いか。049鳥獣(とりけだもの)でも三日前(みっかさき)事位(ことくらい)()りて()るのに、050人民(じんみん)一寸(いっすん)(さき)()えぬ(ところ)まで(くも)りて()るから、051脚下(あしもと)()(もえ)()()りても、052()()()かぬぞよ。053()うも(これ)だけ人民(じんみん)霊魂(みたま)も、054(くも)りたものであるぞよ。055障子(しょうじ)一枚(いちまい)ままならぬ(ところ)まで、056精神(せいしん)(よご)して()いて、057(なに)(わか)らぬ(くせ)(かみ)(した)見降(みくだ)して()る、058人民(じんみん)(なか)鼻高(はなだか)が、059(うへ)(のぼ)りて、060(この)()政治(せいじ)をいたしても、061(ひと)つも(おも)ふやうに()きはいたさんぞよ。062(この)()は、063(もと)生神(いきがみ)守護(しゅご)(なか)りたら、064(なに)(ほど)智慧(ちゑ)(がく)(かんが)へても、065何時(いつ)までも世界(せかい)(をさ)まらんぞよ。066一日(いちにち)(はや)往生(わうじゃう)いたして、067(かみ)(もう)(やう)(いた)さねば、068世界(せかい)人民(じんみん)可愛想(かわいそう)で、069(かみ)(だま)って()(をれ)んから、070今度(こんど)(きた)から(うしとら)金神(こんじん)(あら)はれて、071世界(せかい)水晶(すいしょう)()にいたして、072(ぜん)(あく)とを(たて)(わけ)て、073(ぜん)(あく)懲戒(みせしめ)明白(あきらか)にいたして、074世界(せかい)人民(じんみん)改心(かいしん)させて、075万古(まんご)末代(まつだい)(うご)きの()れん、076善一筋(ぜんひとすじ)()(もち)(かた)(いた)すから、077是迄(これまで)()とは(うっ)(かは)りての()()といたして、078(かみ)(ほとけ)人民(じんみん)も、079(いさ)んで(くら)(まつ)()080神世(かみよ)といたして、081(てん)大神(おほかみ)(さま)御目(おんめ)(かけ)るのであるぞよ。082()れまでに(ひと)大峠(おほとうげ)()るから、083人民(じんみん)(はや)改心(かいしん)いたして、084神心(かみごころ)(たち)(かえ)りて(くだ)されよ。085(かみ)世界(せかい)(たす)けたさの、086(なが)(あいだ)苦労(くろう)であるぞよ。087(むかし)神代(かみよ)立替(たてかへ)時節(じせつ)がきたぞよ。088(きた)(この)()(はじま)りであるぞよ。089(かみ)(まこと)(ひか)りは(きた)()るぞよ。090(きた)結構(けつこう)(これ)からは()るぞよ。091(いま)(まで)日没(ひのくれ)(わる)いと(もう)したが、092()(かわ)ると日没(ひのくれ)一番(いちばん)()()るぞよ。093日没(ひのくれ)(はじ)めた(こと)は、094(これ)から(さき)()は、095何事(なにごと)()(こと)なれば上十(じょうじゅ)いたすぞよ。096()れも(かみ)をそっち()けにいたしたら、097物事(ものごと)(ひと)つも上十(じょうじゅ)いたさぬ()(かは)るから、098(なに)よりも改心(かいしん)いたして、099霊魂(たま)(みが)くが一等(いっとう)であるぞよ。100時節(じせつ)()たぞよ。101モウ()()いぞよ。