霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

明治三十二年旧七月一日

インフォメーション
種類:大本神諭 年月日:1899(明治32)年8月6日(旧7月1日)
神霊界掲載号:第48号 10頁 神霊界八幡書店復刻版:第1巻 230頁 七巻本:第1巻 124頁 五巻本:未調査 三五神諭:第21章 東洋文庫天の巻:20頁 東洋文庫火の巻:なし 連合会水の巻:なし 大本史料集成:未調査 庶民生活史料集成:なし
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
001 龍門(りゅうもん)(たから)(うしとら)金神(こんじん)御預(おあずか)(もう)すぞよ。002龍門(りゅうもん)には(たから)何程(なにほど)でも(たくわ)えてあるぞよ。003()立替(たてかへ)()みて立直(たてなほ)しの(だん)になりたら、004()()(たから)であるぞよ。005(むかし)から(この)(みだ)れた()()るから、006(かく)して()りたのじゃぞよ。007神代(かみよ)(ちか)よりたから、008無限(むげん)(きん)(ほり)()して、009世界(せかい)(たす)けるぞよ。010御安心(ごあんしん)なされ。011(うしとらの)金神(こんじん)大国常立尊(おほくにとこたちのみこと)が、012神功皇后(じんぐうこうごう)殿(どの)()(まい)時節(じせつ)(ちか)よりたぞよ。013(この)(こと)天晴(あっぱ)(おもて)(あら)はれると、014世界(せかい)一度(いちど)(うご)くぞよ。015モウ(みず)(もら)さぬ経綸(しぐみ)(いた)して()るぞよ。016()いた(くち)(ふさ)がらぬ、017牛糞(うしくそ)天下(てんか)()るぞよ。018(めず)らしい(こと)出来(でき)るぞよ。019アンナものがコンナものに()りたと、020世界(せかい)人民(じんみん)改心(かいしん)(いた)させる仕組(しぐみ)であるから、021チト大事業(たいもう)()れども、022上十(じょうじゅ)いたさして、023天地(てんち)大神(おほかみ)御目(おんめ)()けるから、024(うしとら)金神(こんじん)はカラ天竺(てんじく)までも(はな)(とど)くぞよ。025この仕組(しぐみ)(なが)らく()()ちて()りての、026(うしとら)金神(こんじん)経綸(しぐみ)であるから神々(かみがみ)にも御存知(ごぞんじ)()(こと)()るから、027人民(じんみん)実地(じっち)()()(まで)にヨウ承知(しょうち)(いた)さんぞよ。028(これ)でも(わけ)(みせ)てやるぞよ。029今度(こんど)二度目(にどめ)()立替(たてかへ)立直(たてなほ)しは、030因縁(いんねん)()身魂(みたま)でないと御用(ごよう)には使(つか)はんぞよ。031(かみ)御役(おやく)(たて)るのは水晶(すいしょう)(だま)選抜(よりぬき)ばかり、032(かみ)(つな)をかけて御用(ごよう)(いた)さすのであるから、033今迄(いままで)()()()れた守護神(しゅごじん)は、034(おも)いが大分(だいぶ)(ちが)ふぞよ。035(これ)時節(じせつ)であるぞよ。036時節(じせつ)には(なに)(かな)はんぞよ。037上下(うえした)(かえ)るぞよ。
038 (うしとら)金神(こんじん)大国常立命(おほくにとこたちのみこと)三千年(さんぜんねん)経綸(しぐみ)は、039根本(こんぽん)()立替(たてかへ)立直(たてなほ)しであるから、040日本(にほん)(あが)りて()(よつ)(あし)の、041(あく)霊魂(みたま)往生(おうじょう)さして、042万古(まんご)末代(まつだい)(ぜん)(ひと)つの()(いた)すのであるから、043()(もと)(ただ)一輪(いちりん)()いた(まこと)(うめ)(はな)仕組(しぐみ)で、044()花咲哉姫(はなさくやひめ)霊魂(みたま)御加護(おてつだい)で、045彦火々出見(ひこほほでみ)(みこと)とが、046守護(しゅご)(あそ)ばす時節(じせつ)(まい)りたから、047モウ大丈夫(だいじょうぶ)であるぞよ。048(うめ)(ひら)いて(まつ)(をさ)める、049(たけ)外国(がいこく)守護(しゅご)であるぞよ。050()経綸(しぐみ)間違(まちが)はしたら、051モウ()(さき)はどうしても、052()()ちては()かんから、053(かみ)執念深(しつこ)()()けて()くぞよ。054明治(めいじ)二十八(ねん)から、055三体(さんたい)大神(おほかみ)()()りて御守護(ごしゅご)(あそ)ばすと、056世界(せかい)一度(いちど)()()けるから、057三人(さんにん)霊魂(みたま)(かみ)使(つこ)ふて、058三人(さんにん)()(もと)(いた)して、059(めず)らしき(こと)(いた)さすぞよ。060いろは四十八文字(しじゅうはちもじ)で、061()(さら)つに(いた)すぞよ。062(この)(なか)()肝心(かんじん)(ひと)に、063(かみ)経綸(しぐみ)(わか)りて()て、064改心(かいしん)出来(でき)たら世界(せかい)撤配(まくば)りてある霊魂(みたま)を、065(この)大本(おほもと)(ひき)()して、066(かみ)御用(ごよう)(いた)さすから、067左程(さほど)(ほね)()らいでも経綸(しぐみ)上十(じょうじゅ)いたすから、068何事(なにごと)も、069(かみ)(もう)(やう)()()りて(くだ)されよ。070今度(こんど)(こと)智慧(ちゑ)(がく)では到底(とうてい)不可(いか)んから、071(かみ)(もう)(こと)素直(すなほ)()いて(くだ)さる身魂(みたま)でないと、072神界(しんかい)御用(ごよう)には使(つか)はんぞよ。073()大本(おほもと)(ほか)教会(きょうかい)のやうに、074(ひと)多勢(おほぜい)()せて、075それで結構(けっこう)(もう)すやうな(ところ)でないから、076(ひと)(ひっ)()りには(いっ)(くだ)さるなよ。077因縁(いんねん)ある身魂(みたま)(かみ)(ひき)()して、078()()れに御用(ごよう)(もう)()けるのであるぞよ。079大本(おほもと)経綸(しぐみ)病気(やまい)(なを)しで()いぞよ。080(かみ)から(いただ)いた結構(けっこう)身魂(みたま)を、081外国(がいこく)(あく)霊魂(みたま)(けが)されて(しも)ふて、082肉体(にくたい)まで病魔(やまい)容器(いれもの)になりて、083(もと)大神(おほかみ)大変(たいへん)不孝(ふこう)()けて()人民(じんみん)が、084病神(やまいがみ)(つか)れて()るのであるから、085(もと)日本魂(やまとだましい)()(なを)して、086チットでも霊魂(みたま)(ひか)()したら、087病神(やまいがみ)(こわ)がりて()げて(しま)ふぞよ。088()大本(おほもと)は、089医者(いしゃ)按摩(あんま)真似(まね)()さんぞよ。090取次(とりつ)ぎの(なか)には、091()結構(けっこう)三千世界(さんぜんせかい)経綸(しぐみ)を、092(とり)(ちが)(いた)して、093病直(やまいなを)しに無茶苦茶(むちゃくちゃ)(ほね)()りて、094肝腎(かんじん)(かみ)(おしへ)(わす)れて()取次(とりつぎ)多数(たっぴつ)()るが、095今迄(いままで)(かみ)()()(ふり)(いた)して()たが、096モウ(てん)から何彼(なにか)時節(じせつ)(まい)りて()たから、097今迄(いままで)(やう)(こと)はさしては(おか)んから、098各自(めんめ)心得(こころえ)(くだ)されよ。099是程(これほど)(こと)()けて(もう)す、100(かみ)言葉(ことば)反古(ほご)(いた)したら、101()むを()()(どく)でも、102(てん)規則(きそく)(てら)して(いまし)めを(いた)すぞよ。103(いま)(かみ)取次(とりつ)ぎは(まこと)()(こと)がチットも()いから、104(われ)目的(しがく)(ばか)(いた)して、105(かみ)松魚節(かつぶし)にいたして、106(かえっ)(かみ)()(けが)して()る、107(てん)罪人(とがにん)になりて()るぞよ。108大本(おほもと)取次(とりつぎ)する人民(じんみん)(その)覚悟(かくご)()らんと、109世界(せかい)から()()だすから、110(はず)かしくなりて、111大本(おほもと)へは早速(さっそく)()せて(もら)えん(こと)出来(しゅったい)いたすから、112(なが)らく(かみ)出口(でぐち)()()けさしたぞよ。113モウ改心(かいしん)()()いぞよ。114(かみ)はチットも(こま)らねど、115取次(とりつぎ)可愛想(かわいそう)なから。
116 (うしとらの)金神(こんじん)(おもて)になると、117一番(いちばん)芸妓(げいこ)娼妓(しょうぎ)(たひ)らげるぞよ。118バクチも()たさんぞよ。119(いえ)戸締(とじま)りも()いでもよき(やう)(いた)して、120人民(じんみん)(をだや)かに(いた)さして、121喧嘩(けんか)戦争(いくさ)()結構(けっこう)(かみ)()(いた)して、122天地(てんち)神々様(かみがみさま)御目(おんめ)(かけ)て、123末代(まつだい)(つづ)かす(まつ)()といたすぞよ。