霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】霊界物語読者アンケート集計結果発表!(7/20)こちらのページです。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

大正三年旧九月十七日

インフォメーション
種類:大本神諭 年月日:1914(大正3)年11月4日(旧9月17日)
神霊界掲載号:第48号 12頁(次号に続く) 神霊界八幡書店復刻版:第1巻 232頁 七巻本:第1巻 131頁 五巻本:未調査 三五神諭:なし 東洋文庫天の巻:なし 東洋文庫火の巻:106頁 連合会水の巻:なし 大本史料集成:未調査 庶民生活史料集成:41頁
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :os022
001 大国常立尊(おほくにとこたちのみこと)変生男子(へんじょうなんし)霊魂(みたま)が、002神威発揮能火水(おほでぐちのかみ)(あら)はれて、003世界(せかい)守護(しゅご)にかかるぞよ。004今迄(いままで)色々(いろいろ)(もう)して()()みたが、005筆先(ふでさき)(どほ)りの()(まい)りて()て、006(うご)きの()れん時節(じせつ)()りて()たから、007是迄(これまで)(こころ)(もち)(なを)して、008神心(かみごころ)になりて()れんと、009世界(せかい)にはイヤナ(こと)出来(でき)るのが、010(ちか)くなりて()たから、011(かみ)日々(にちにち)(これ)だけに(もう)して()らしてやるのに、012誤解(とりちがい)をいたして、013(わる)(ほう)()(おと)されたら、014何処(どこ)()ふて()(ところ)も、015地団太(ぢだんだ)()みて(くや)みたとて、016()んなら(ゆる)してやると()(こと)出来(でき)ん、017(きび)しき仕組(しぐみ)がして()るから、018迂潤(うかつ)(こころ)()ちて()りたら、019万古(まんご)末代(まつだい)(とり)(かへ)しの出来(でき)失敗(しくじり)(いた)さな()らん(こと)になるぞよ。
020 日本(にほん)(くに)何時(いつ)戦争(いくさ)(かち)(とほ)すと()(こと)()いぞよ。021今迄(いままで)人民(じんみん)は、022何事(なにごと)(われ)力量(ちから)()()るやうに、023双方(どちら)(くに)人民(じんみん)(おも)ふておるなれど、024天地(てんち)(かみ)から人民(じんみん)使(つこ)ふて()るのであるから、025今度(こんど)(この)(こと)明白(ありやか)(わか)りて()て、026双方(どちら)(くに)人民(じんみん)も、027改心(かいしん)(いた)さなならん(こと)になるぞよ。
028 これから天地(てんち)のビックリ(ばこ)()くから、029(これ)()()らしてあるのに、030()陽気(ようき)浮気(うわき)()守護神(しゅごじん)は、031モウ(この)()(さき)では(だま)りて()りて神界(しんかい)(ちょう)()りて、032(れい)()かん(やう)()(しま)ふぞよ。033頑張(がんば)るのも(きり)があるぞよ。
034 これまでは外国(がいこく)守護神(しゅごじん)にも、035日本(にほん)(くに)守護神(しゅごじん)にも、036十分(じゅうぶん)()()かして()るから、037双方(どちら)守護神(しゅごじん)天地(てんち)大神(おほかみ)には、038モウ落度(をちど)()るまいから、039チットも不足(ふそく)(もう)されまい。040出口(でぐち)(なを)正真(せうまつ)とぼけた守護神(しゅごじん)()せて(あろ)ふがな。041結構(けっこう)な、042世界(せかい)(いち)(もう)して()()日本(にほん)倭魂(やまとだましい)を、043全然(さっぱり)カラの御魂(みたま)(すり)(かへ)られて(しも)ふて、044外国(がいこく)(がく)()(かた)ほど結構(けっこう)()いと(おも)ふて、045末代(まつだい)(もち)いられん正味(しょうみ)のない、046(あく)霊魂(みたま)()(かた)に、047(みな)()()まれて、048(いま)状況(ざま)(なん)()るか。049が、050(これ)でも()()()かずに、051日本(にほん)()(かた)(わす)れて、052外国(がいこく)にとぼけて()ると、053(なに)出来(しゅったい)いたすも()れんぞよ。054(この)()(さき)()ふいたす心算(つもり)か、055後前(あとさき)()()()いて()()るのか、056外国(がいこく)(がく)万古(まんご)末代(まつだい)(つづ)くと(おも)ふて()るか。057(かみ)からは(あぶの)ふて()()けて()られんぞよ。058外国(がいこく)霊魂(みたま)今度(こんど)日本(にほん)一転(いちころ)略取(とり)(しも)ふて、059(うま)(たく)みをいたして()るが、060梟鳥(ふくろどり)宵巧(よいだくみ)061夜食(やしょく)(はず)れて(むつ)(しい)(かお)をいたすなよ。062(あく)(たく)みで(ここ)までは、063トントン拍子(びょうし)()たなれど、064日本(にほん)(くに)には一輪(いちりん)経綸(しぐみ)()てあるぞよ。065(あく)経綸(しぐみ)苦労(くろう)()しの仕放題(しほうだい)066利己主義(われよし)の、067後前(あとさき)かまはん、068(いま)さえ()くば何時(いつ)までも()いやうに(おも)ふて、069(かね)何程(いつ)でも(わい)()(やう)(おもふ)て、070(あく)末代(まつだい)(つづ)かす経綸(しぐみ)(いた)して()れど、071経綸(しぐみ)大変(たいへん)上手(じょうず)なれど(あく)()はモウ(きり)(かへ)といたして(むかし)根本(こんぽん)からの()(もち)(かた)()(しま)ふから大分(だいぶ)慮見(りょうけん)(ちが)ふぞよ。
072 日本(にほん)(くに)には(てん)()との(ぜん)()とつの経綸(しぐみ)が、073苦労(くろう)(かた)まりで(いた)してあるから、074二度目(にどめ)()立替(たてかへ)(おり)には、075天地(てんち)御先祖(ごせんぞ)(ひかり)()して、076世界(せかい)のビックリ(ばこ)()けてやると、077世界中(せかいじゅう)(あく)(かへ)りて()りた身魂(みたま)が、078()(さま)して、079今迄(いままで)(おも)いが全部(さっぱり)大間違(おほまちがい)でありたと(もう)して、080(あく)(ぜん)(たち)(かえ)仕組(しぐみ)()(もと)から(いた)して()るぞよ。