霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

大正元年旧八月十九日

インフォメーション
種類:大本神諭 年月日:1912(大正1)年9月29日(旧8月19日)
神霊界掲載号:第49号 5頁 神霊界八幡書店復刻版:第1巻 273頁 七巻本:第1巻 152頁 五巻本:未調査 三五神諭:第23章(霊界物語第60巻「三五神諭」の章) 東洋文庫天の巻:40頁 東洋文庫火の巻:なし 連合会水の巻:なし 大本史料集成:未調査 庶民生活史料集成:なし
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :os025
001 大国常立尊(おほくにとこたちのみこと)天晴(あっぱれ)表面(おもて)になりて守護(しゅご)にかかると、002一旦(いったん)(かみ)経綸(しぐみ)(どほ)りにいたすから、003日本(にほん)人民(じんみん)改心(かいしん)いたして神心(かみごころ)()りて()らんと、004世界中(せかいじゅう)(こと)であるから、005人気(ひとぎ)(わる)(ところ)何処(どこ)でも飛火(とびひ)がいたすから、006今度(こんど)是迄(これまで)見苦(みぐる)しき(こころ)全然(さっぱり)(すて)(しま)ふて、007(うぶ)精神(こころ)()りたらば、008安全(らく)(みち)(つく)(かへ)()るから、009霊魂(みたま)(みが)いて()(みち)()(かへ)るやうに仕組(しぐん)であれども、010霊魂(みたま)(くも)りが()りては()(みち)(のり)()へたとて、011(つろ)うて御用(ごよう)出来(でき)んから、012発根(ほっごん)改心(かいしん)013(はら)(そこ)からの改心(かいしん)でないと、014(まこと)御用(ごよう)出来(でき)んぞよ。015龍宮(りゅうぐう)乙姫殿(おとひめどの)()(みな)改心(かいしん)をいたされよ。016(むかし)から(まこと)(よく)(みぐる)しき御心(おこころ)()りたなれど、017今度(こんど)()立替(たてかへ)には(よく)(すて)(しま)はねば、018神界(しんかい)御用(ごよう)(つと)まらんといふ(こと)が、019一番(いちばん)(はや)御合点(ごがてん)(まい)りたから、020龍門(りゅうもん)御宝(おたから)(のこ)らず(うしとらの)金神(こんじん)御渡(おわた)(あそ)ばして、021活発(かっぱつ)御働(おはたら)きを神界(しんかい)一生懸命(いっしょうけんめい)になって、022力量(ちから)十分(じゅうぶん)()るなり、023()(ほう)片腕(かたうで)()って、024今度(こんど)()立替(たてかへ)御用(ごよう)(あそ)ばすから、025(ほか)守護神(しゅごじん)龍宮様(りゅうぐうさま)()改心(かいしん)()て、026一日(いちにち)(はや)自己(われ)(こころ)(なか)(かんが)へて改心(かいしん)をなされよ。027大国常立尊(おほくにとこたちのみこと)(いま)(おもて)になりた(ところ)で、028神界(しんかい)(やく)(たて)霊魂(みたま)(ひと)つも()いが、029()くも(これ)だけ(くも)りたものであるぞよ。030モウ(かみ)(かま)はんから、031何彼(なにか)(こと)急速(いっさく)にいたして(あと)立直(たてなを)しに(かか)らんと、032世界中(せかいじゅう)大事(だいじ)であるから、033(わか)らぬ守護神(しゅごじん)何時(いつ)までもかかりて()りたら、034世界(せかい)人民(じんみん)(みな)難渋(なんじゅう)をいたして、035()きも(もど)りも()らんやうに()りて、036戦争(いくさ)()みたでも()し、037(とど)めも()せん(こと)になりて、038世界中(せかいじゅう)大難(だいなん)()るから、039是迄(これまで)(みみ)(たこ)出来(でき)(ほど)注意(きをつけ)てあるが、040何彼(なにか)時節(じせつ)(せま)りて()て、041(うご)きもにじりも出来(でき)(こと)世界中(せかいじゅう)()るから、042クドウ守護神(しゅごじん)人民(じんみん)()()けるぞよ。043(いま)からの改心(かいしん)()(あは)んぞよ。
044 日本(にほん)にも、045(もと)日本魂(やまとだましい)()()りたら、046(ここ)までの難渋(なんじゅう)はないなれど、047(まこと)日本魂(やまとだましい)身魂(みたま)により(あか)されず、048肝心(かんじん)(こと)(まか)して()せる(こと)出来(でき)ず、049テンで経綸(しぐみ)(わか)りて()らんから、050(かみ)使(つか)身魂(みたま)()いぞよ。051()(ほう)世界中(せかいじゅう)(こと)をいたさなならんから、052何彼(なにか)(こと)一度(いちど)()りて、053(せわ)しうなると(もう)すことが、054毎度(まいど)筆先(ふでさき)()らして()ろうがな。055(とどめ)()りたら神霊活機臨々発揮日月(おほでぐちのかみ)(あら)はれて、056三千世界(さんぜんせかい)(とどめ)()すぞよ。057(その)(おり)()()ふやうに、058(はよ)ふから有難(ありがた)がりて、059大本(おほもと)()(つら)修業(ぎゃう)()()りても、060肝心(かんじん)(ところ)()(わか)りて()らんと、061()御用(ごよう)出来(でき)んぞよ。062()うなりとして引着(ひっつい)()りたら、063()御用(ごよう)出来(でき)ると(おも)ふてをると、064大間違(おほまちがい)であるぞよ。065(うしとらの)金神(こんじん)初発(はじめ)から一言(ひとこと)(もう)した(こと)一分一厘(いちぶいちりん)(ちが)はんぞよ。066途中(とちゅう)から(かは)るのは矢張(やはり)霊魂(みたま)因縁(いんねん)()いのじゃぞよ。067因縁(いんねん)()身魂(みたま)()りても()れん、068如何(どん)(つら)()をいたしても左程(さほど)(くる)しい(こと)はないぞよ。069因縁(いんねん)性来(しょうらい)(もう)すものは、070エライもので()るぞよ。071それで今度(こんど)因縁(いんねん)()身魂(みたま)()りて()て、072(つら)辛抱(しんぼう)をいたして天地(てんち)(ひかり)()して(くれ)んならん、073変生男子(へんじょうなんし)変生女子(へんじょうにょし)との身魂(みたま)を、074(ここ)まで(ばか)して(かみ)御役(おんやく)(たて)たぞよ。075変生男子(へんじょうなんし)女子(にょし)との身魂(みたま)が、076(だれ)()()辛抱(しんぼう)をいたして、077(この)()には(かみ)()きものと、078(がく)神力(しんりき)をないやうに()()りたのを、079(この)()(かみ)()るか()いかと()(こと)を、080三千世界(さんぜんせかい)天晴(あっぱれ)天地(てんち)神力(しんりき)(あら)はせて()せて、081()(さき)日本(にほん)(くに)神力(しんりき)なり、082外国(がいこく)学力(がくりき)如何(どん)(こと)でもいたすなれど、083()(もと)根本(こんぽん)生神(いきがみ)神力(しんりき)には(かな)はんから、084(いま)(うち)海外(むかう)(くに)悪神(あくがみ)の、085エライ(たく)みを(くだ)いて(しま)ふから、086一日(いちにち)(はや)往生(おうじょう)いたすが(とく)であるぞよ。
087 今度(こんど)(たたか)いは人民(じんみん)同士(どうし)戦争(たたかい)では()いぞよ。088(くに)(くに)089(かみ)(かみ)との大戦争(おほたたかい)であるから、090海外(むかう)(くに)策戦計画(しぐみ)日本(にほん)人民(じんみん)では(だれ)()うせん仕組(しぐみ)()れど、091()(もと)生神(いきがみ)には(かな)はんぞよ。092(かみ)(ほう)(なに)出来(しゅったい)完成(でけ)()るから、093何時(いつ)なりと(はじ)めて(くだ)されよ。094充分(じゅうぶん)(たたこ)うた(ところ)(かね)()るのは(ほど)()れず、095(ひと)()るのも(ほど)(わか)らんぞよ。096けれども()かけた(ふね)じゃ、097何方(どちら)(ふね)後方(あと)へは退(よら)んから、098トコトンまで()くぞよ。099外国(がいこく)(あく)守護神(しゅごじん)よ、100日本(にほん)(くに)(ここ)までに自由(じゆう)にいたしたら、101(これ)不足(ふそく)はモウあろまいから、102十分(じゅうぶん)敵対(てきたう)御座(ござ)れよ。103日本(にほん)(くに)には人民(じんみん)(すくな)いなれど、104(かみ)加勢(かせい)いたすから、105(ひと)(かず)()らんぞよ。106神力(しんりき)学力(がくりき)との力双(ちからくら)べの大戦(おほたたかい)()るから、107()けたら(した)がうてやるし、108(かっ)たら(した)がはして、109末代(まつだい)海外(むかう)(くに)から()()しませぬと(もう)すとこまで、110降伏(おうぜう)をさせてやるぞよ。111何程(なにほど)学力(がくりき)がエラウても、112日本(にほん)(もと)(かみ)神力(しんりき)には()てんぞよ。113(おほ)きな見誤(みそこな)いを()()りたと()(こと)が、114(あと)()()いて、115死物狂(しにものぐる)いを(いた)さうよりも、116脚下(あしもと)(あかる)(うち)降伏(おうぜう)(いた)(ほう)()いぞよ。117永引(ながび)(ほど)国土(くに)はヂリヂリと()()りて(しま)ふぞよ。118(むか)ふの(くに)企謀(たくみ)は、119(あく)如何(どん)計略(たくみ)()()るなれど、120(あく)では(この)()(たち)ては(いか)んぞよ。121日本(にほん)経綸(しぐみ)(ぜん)(ひと)つの(まこと)実地(じっち)御道(おんみち)(つく)()えて()るから、122()(つい)守護神(しゅごじん)は、123(ぜん)(みち)(たち)(かへ)りて()るやう()されよ。124(あく)身魂(みたま)(たひら)げて(しま)うから、125(はよ)覚悟(かくご)をいたさんと、126モウ一日(いちにち)()()にも(かは)るから、127是迄(これまで)のやうに(おも)ふて()ると、128みな慮見(りょうけん)(ちが)ふぞよ。129毎度(まいど)出口(でぐち)(なを)兵糧(ひょうろう)(とり)()かねば()らんといふ(こと)が、130執念(くどう)(もう)して()ろうがな。131(こめ)()ると(もう)して油断(ゆだん)をいたすで()いぞよ。132人民(じんみん)利巧(りこう)なもので()るなれど、133(さき)のチットも(わか)らんもので()るから、134筆先(ふでさき)(なに)()らすから、135(この)筆先(ふでさき)大切(たいせつ)にいたさんと、136粗末(そまつ)にいたしたら、137(その)()(かは)るやうに(きび)しくなるぞよ。138この筆先(ふでさき)世界(せかい)(こと)を、139()()(うち)から()らしてあるから、140(うたご)ふて()ると(あと)(とり)(かへ)しの出来(でき)(こと)になるぞよ。141あとの後悔(こうかい)()(あは)んぞよ。
   
オニド関連サイト最新更新情報
9/21【霊界物語ネット】藤沼庄平「大本検挙」を掲載(詳細はページ冒頭のインフォメーション参照)。