霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
テキストのタイプ[?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示[?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌[?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注[?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色
外字1の色
外字2の色

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


誰も知らなかった日本史
〈 2016年6月3日緊急発刊 〉
王仁三郎昇天50年目に発見された新事実が明らかになる!
『切紙神示と共に甦る孝明天皇の遺勅(予言) 誰も知らなかった日本史 皇室に隠された重大な真実』
出口恒(著) 飯塚弘明(協力) ヒカルランド
アマゾン等で絶賛発売中!
本書の中に出てくる資料は「出口王仁三郎大学」でダウンロードできます
【新着情報】2017/3/17 王仁三郎関連書籍のPDFがこちらでダウンロードできます。たくさんあります。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

大正三年旧九月十七日

インフォメーション
種類:大本神諭 年月日:1914(大正3)年11月4日(旧9月17日)
神霊界掲載号:第49号 7頁 神霊界八幡書店復刻版:第1巻 275頁 七巻本:第1巻 162頁 五巻本:未調査 三五神諭:なし 東洋文庫天の巻:なし 東洋文庫火の巻:102頁 連合会水の巻:なし 大本史料集成:未調査 庶民生活史料集成:40頁
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
001 大国常立尊(おほくにとこたちのみこと)変生男子(へんじょうなんし)身魂(みたま)(ひと)つになりて、002出口(でぐち)(なを)()(むかし)からの(こと)003(これ)までに(わか)らなんだ(こと)から、004(むかし)から(この)()(なか)りた(こと)(かか)しておくぞよ。005日本(にほん)(くに)根本(こんぽん)霊能元素(ひのもと)(くに)()るから、006世界(せかい)(いち)(もう)して()()神国(しんこく)であるぞよ。007(この)日本(にほん)結構(けっこう)神国(しんこく)は、008何時(いつ)()りても外国(がいこく)自由(じゆう)には()らん(くに)であるのに、009こんな見苦(みぐる)しき(くに)()りて(しも)ふたのは、010日本(にほん)守護神(しゅごじん)がサッパリ(あく)(かへ)りて()るからであるぞよ。011()ういふ(こと)になるのは、012()(もと)大神(おほかみ)(さま)附々(つきづき)守護神(しゅごじん)精神(せいしん)()るき(ゆえ)に、013()()(こと)()りたのであるぞよ。014(てん)(わう)御先祖(ごせんぞ)(さま)御成(おなり)なさる(とうと)霊魂(みたま)附々(つきづき)の、015(いち)番頭(ばんとう)()番頭(ばんとう)精神(せいしん)元来(もとから)(わる)(ゆえ)に、016世界(せかい)(いち)()(もと)(くに)を、017(この)(やう)()ぐるしき(くに)(いた)して(しも)ふて、018(いま)日本(にほん)有様(ありさま)019(かみ)なき(くに)同様(どうやう)であるぞよ。
020 (むかし)から(かみ)(みが)きしもとの(かがみ)も、021九分九厘(くぶくりん)(ところ)(くも)りたら(かみ)()には()はんから、022今度(こんど)御用(ごよう)はチットも油断(ゆだん)出来(でき)んぞよ。023天地(てんち)御先祖(ごせんぞ)(さま)(とうと)御霊魂(みたま)(ひかり)()さねば()らぬ大神(おほかみ)(さま)(いち)家来(けらい)が、024(かがみ)(くも)りて()りた(ゆえ)に、025()んな(むご)()になりたのであるぞよ。026(いま)(しばら)くは(いち)家来(けらい)()だけは、027(あら)はさずに()るなれど、028トコトン改心(かいしん)をいたさねば、029(その)守護神(しゅごじん)肉体(にくたい)()(あら)はして、030世界中(せかいじゅう)慚愧(はじ)(さら)さして、031(あく)加賀美(かがみ)にして(つみ)()らねば、032重々(じゅうじゅう)天地(てんち)咎人(とがにん)どころで()いぞよ。033天地(てんち)大盗賊(おほどろぼう)であるぞよ。034変生男子(へんじょうなんし)より(ほか)には(この)筆先(ふでさき)()身魂(みたま)は、035末代(まつだい)()いのであるぞよ。036(ほか)にも筆先(ふでさき)(かか)して()らして()れども、037肝心(かんじん)一厘(いちりん)(こと)()らして()いぞよ。038(かは)りの()(こと)なら為宜(しよ)いなれど、039(かは)りの()変生男子(へんじょうなんし)身魂(みたま)と、040変生女子(へんじょうにょし)身魂(みたま)であるから、041(この)御用(ごよう)(つと)まる身魂(みたま)(ほか)には一方(ひとかた)()いやうな(こと)がさして()るから、042大本(おほもと)(たち)()(ひと)何彼(なにか)(こと)誤解(とりちがい)をして()るが、043(まこと)(ぜん)(ひと)つの(みち)普通(ひととうり)身魂(みたま)では、044(この)(なか)(こと)見当(けんとう)()れんから、045大本(おほもと)(まこと)御用(ごよう)(いた)さうと(おも)ふたら、046(ひと)から()(ちが)ふた(ひと)じゃなあと()はれて、047ひっくるぶいて仕事(しごと)()もってでも、048筆先(ふでさき)精神(せいしん)(かんが)へて()て、049夜分(やぶん)()ても()られんやうな、050一心(いっしん)(ひと)()りたなら。051(この)(ほう)天晴(あっぱれ)(あら)はれて、052(これ)()いといふやうに()りたら、053(ぜん)(ほう)(まわ)して、054(かみ)から直接(ぢきぢき)神力(しんりき)(やり)てをいて守護(しゅご)(いた)すから、055何事(なにごと)(おも)ふやうに、056(はこ)さした(やう)()けるなれど、057(いま)人民(じんみん)(おも)いが(おほ)(もと)(かみ)とは反対(はんたい)であるから、058神力(しんりき)(わた)されんのであるぞよ。059神国(しんこく)肝心(かんじん)(とき)()()はん(がく)で、060智慧(ちえ)出来(でき)たハイカラ御魂(みたま)肉体(にくたい)人民(じんみん)は、061(かみ)使(つか)(にく)いから、062(うぶ)霊魂(みたま)(たち)かへらんと、063今度(こんど)(かみ)()御用(ごよう)には使(つか)はんぞよ。064一層(いっそ)(なに)()卓越(ずぬけ)(がく)のある守護神(しゅごじん)でありたら、065(わか)るのも(はや)いなれど、066(いま)途中(とちゅう)(はな)(だか)学者(がくしゃ)は、067世界(せかい)(ここ)まで(せま)りて()()るのに、068(いま)日本(にほん)(くに)(てん)からの責任(しぐみ)(わか)らん(やう)(こと)であるから、069何時(いつ)まで()ばしても(きり)()いから、070天地(てんち)のビックリ(ばこ)()けて、071神力(しんりき)()せてやるぞよ。072天地(てんち)のビックリ(ばこ)()くと、073天地(てんち)一度(いちど)鳴動出(なりだ)して、074(みみ)()(はな)()んで(しま)ふやうなエライ騒動(さわぎ)になりて、075如何(どん)(あく)(つよ)身魂(みたま)でも、076(がく)のある守護神(しゅごじん)でも、077ヂリヂリ(もだ)へいたして、078一度(いちど)改心(かいしん)(いた)すなれど、079そうなりてからの改心(かいしん)はモウ(おそ)いぞよ。080そう()りて()たら金銀(きんぎん)でも、081(がく)でも、082智慧(ちえ)でも()突張(つっぱり)にも()らんと()(こと)(わか)るぞよ。083そこに()(まで)()()かんのは、084外国(がいこく)(わけ)(わか)らん悪神(わるがみ)霊魂(みたま)(こころ)(そこ)から(だま)されて(しも)ふて、085日本魂(やまとだましい)(くも)()りて()るからであるぞよ。086今年(ことし)二十三年(にじゅうさんねん)(あいだ)087出口(でぐち)(なを)()()とで十分(じゅうぶん)()らして()()けたなれど、088(いま)(うへ)守護神(しゅごじん)(した)人民(じんみん)(しぶ)たふて(きき)()れぬから、089モウ()らせ(やう)()いから、090何彼(なにか)(こと)実地(じっち)()()せてやるから、091ビックリ(むし)()して(また)(こし)()けんやうに、092(この)大本(おほもと)()筆先(ふでさき)()たり()いて()(ひと)は、093世界(せかい)大峠(おほとうげ)()りた(おり)には、094チト(ちが)うた(ひと)()りて()らんと、095(はよ)うから(この)(つら)(とこ)山坂(やまさか)()えて、096有難(ありがた)いと(もう)して()りても、097大本(おほもと)(なか)大化者(おほばけもの)に、098実地(じっち)世界(せかい)(こと)()して()せて、099(かがみ)()してあるから、100世界(せかい)から何事(なにごと)(をこ)りて()ても、101(どう)()えて、102腹帯(はらおび)(しっか)りと(しめ)()ると、103今度(こんど)世界(せかい)御用(ごよう)()(つと)まるぞよ。104ビクビク(いた)(やう)(こと)ではモ(ひと)信仰(しんじん)()らんのであるぞよ。105(おんな)でも(しっか)腹帯(はらおび)(しめ)信仰(しんじん)(かた)まりたら、106世界(せかい)大峠(おほとうげ)()りた(おり)(どう)(すわ)りて、107ビクとも()ずに御用(ごよう)出来(でき)るぞよ。108筆先(ふでさき)()(やう)(たら)んと、109(その)(とき)(こわ)くなりて堪忍(こばれ)んから、110日々(にちにち)()()けて()らしてあるぞよ。111世界(せかい)()(こと)()()(うち)から、112(さき)()らせる大本(おほもと)であるから、113一旦(いったん)筆先(ふでさき)()した(こと)は、114チト(をそ)(はや)しは()りても(みな)()()るから、115何彼(なにか)(こと)()びた()けは一度(いちど)()るぞよ。116緩々(だらだら)(いた)して()りたら彼我(どちら)(くに)(つぶ)れて()(たた)(こと)(なる)から、117一期(いっさく)(いた)せば(はや)()るなれど、118世界(せかい)一度(いちど)困難(こんなん)()るぞよ。119(ぜん)(ひと)つの(まこと)御慮見(ごりょうけん)()(てん)御先祖(ごせんぞ)(さま)が、120是程(これほど)(なが)(あいだ)御艱難(ごかんなん)()されたのは、121(もと)からの附々(つきづき)守護神(しゅごじん)精神(せいしん)全然(さっぱり)極悪(ごくあく)()りた(ゆえ)に、122露国(ろこく)(あが)りて()(ごく)悪神(あくじん)心腹(はら)(ひと)つで、123(この)()混乱(みだ)して(しも)ふたのであるぞよ。124表面(うはべ)からは()()えても、125(はら)(なか)極悪(ごくあく)であるから、126()(こと)(この)()泥海(どろうみ)(おり)から、127(この)目的(もくてき)()(こと)(てん)御先祖(ごせんぞ)(さま)(みな)御存知(ごぞんじ)でありたから、128()先祖(せんぞ)国常立尊(くにとこたちのみこと)変生男子(へんじょうなんし)霊魂(みたま)と、129変生女子(へんじょうにょし)霊魂(みたま)とが、130初発(しょっぱつ)から(こしら)へて()りたのじゃぞよ。131()()悪物(わるもの)()(ゆえ)に、132日本(にほん)霊能(ひの)(もと)(くに)にも、133一輪(いちりん)(うめ)(はな)経綸(しぐみ)秘密(ひみつ)()()るから、134到底(とうてい)悪神(わるがみ)自由(じゆう)には何時(いつ)までも()しは(いた)さんぞよ。135日本(にほん)(もと)御血統(おちすじ)(あく)(いた)して、136(ばか)して()りた(こと)(わか)らなんだが、137(これ)までは(われ)()()いから、138(かげ)からの守護(しゅご)(なに)(もう)(こと)(いた)(こと)出来(でき)なんだなれど、139時節(じせつ)(まい)りて()(あら)はれて、140天地(てんち)吃驚箱(びっくりばこ)()けるから、141何彼(なにか)(こと)明白(ありやか)()()()すから、142(あく)守護神(しゅごじん)恐怖(こわく)なりて()()すやうに()るぞよ。143自己(われ)(はら)(なか)自己(われ)()えるやうになりて、144自己(われ)腹腸(はらわた)(きた)なくなりて、145(はらわた)(ひき)(ずり)()して(もだ)(じに)をする肉体(にくたい)沢山(たっぴつ)あるぞよ。146世界(せかい)立替(たてかへ)大峠(おほとうげ)()りたら、147()(こと)も、148(あし)(こと)も、149(こわ)(こと)一度(いちど)()()て、150()()けて()られんやうな(こと)が、151罪穢(めぐり)(ひど)(ところ)には(つみ)借銭済(しゃくせんなし)()るから、152海外(むこう)(くに)大分(だいぶ)厳酷(ひどい)ぞよ。153日本(にほん)(うち)でも非道(ひど)いめぐりを(つん)()(ところ)ほど、154ひどい(こと)()ると()(こと)は、155明治(めいじ)二十五(ねん)から日々(にちにち)(つづ)いて()らしてあるが、156何彼(なにか)時節(じせつ)(まい)りて、157(てん)根本(こんぽん)大神(おほかみ)(さま)御光(ひかり)国常立尊(くにとこたちのみこと)から(あら)はせて、158(むかし)から(なか)りた(こと)(いた)したり、159(この)()出来(でき)てから()い、160(てん)(わう)()(わう)との大神(おほかみ)(ひかり)を、161三千世界(さんぜんせかい)(あら)はす()になりたぞよ。