霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

明治三十四年旧六月三日

インフォメーション
種類:大本神諭 年月日:1901(明治34)年7月18日(旧6月3日)
神霊界掲載号:第50号 2頁 神霊界八幡書店復刻版:第1巻 318頁 七巻本:第1巻 222頁 五巻本:未調査 三五神諭:第22章 東洋文庫天の巻:24頁 東洋文庫火の巻:なし 連合会水の巻:なし 大本史料集成:未調査 庶民生活史料集成:なし
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
001 (この)()()(さき)(こと)分明(わか)るのは、002綾部(あやべ)大本(おほもと)龍門館(りゅうもんやかた)でないと、003()んぼ智慧(ちえ)(かんが)へても何程(なにほど)(がく)()りたとて、004(がく)()るほど利巧(りこう)()て、005(わか)りは(いた)さんぞよ。006(なが)くかかりて仕組(しぐん)()大望(たいもう)007(わか)りかけたら(はや)いから、008改心(かいしん)一等(いっとう)であるぞよ。009変生男子(へんじょうなんし)因縁(いんねん)(わか)()(まい)りて()たから、010世界(せかい)()(こと)先繰(せんぐり)に、011(さき)のことを()らせる御役(おんやく)であるぞよ。012今度(こんど)()(おち)ておゐでる神々(かみがみ)を、013(みな)()()げねばならん御役(おんやく)であるから、014(じゅん)御上(おあが)りに()るぞよ。015それに(つい)ては()()御出(おいで)ます(よろづ)神様(かみさま)に、016明治(めいじ)廿五(ねん)から(もうし)(つけ)()るが、017是迄(これまで)のやうな()(もち)(かた)では()けんから、018()立替(たてかへ)るに(つい)ては、019高処(たかみ)から見物(けんぶつ)では()けませんぞえと(もう)しておいたが、020時節(じせつ)(まい)りたから、021(これ)からは処々(ところどころ)氏神(うじがみ)さんは、022日本(にほん)(うち)御用(ごよう)()さるなり、023日本(にほん)(うち)御用(ごよう)()さる神々(かみがみ)は、024()調(しら)べてあるから、025日本(にほん)御用(ごよう)出来(でき)守護神(しゅごじん)にも、026(いま)()りても一方(ひとかた)なりとも改心(かいしん)をして(もろ)ふて、027外国(がいこく)()きに()らんやうに(いた)させたいなれど、028霊魂(みたま)因縁(いんねん)であるから、029是非(ぜひ)()(こと)になりても、030(うら)みを(もう)すとこは()いぞよ。031奥山(おくやま)紅葉(もみじ)()(うち)にと(おも)へども、032○○○○それは(こころ)感得(とら)れよ。033(あつ)(しの)いで(あき)()(かぜ)()てど、034世界(せかい)(さび)しくなるぞよ。035一旦(いったん)世界(せかい)()ふに()はれん(こと)出来(しゅったい)いたすぞよ。