霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
テキストのタイプ[?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示[?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌[?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注[?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色
外字1の色
外字2の色

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

明治三十七年旧二月十一日

インフォメーション
種類:大本神諭 年月日:1904(明治37)年3月27日(旧2月11日)
神霊界掲載号:第50号 3頁 神霊界八幡書店復刻版:第1巻 319頁 七巻本:第1巻 227頁 五巻本:未調査 三五神諭:なし 東洋文庫天の巻:なし 東洋文庫火の巻:72頁 連合会水の巻:なし 大本史料集成:未調査 庶民生活史料集成:29頁
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
001 (てん)規則(きそく)(わが)()(やぶ)るし、002(もうし)(わけ)()(ゆえ)(ぶつ)()ちなされての()守護(しゅご)でありたぞよ。003(これ)(われ)仕様(しよう)(おもふ)出来(でき)(こと)でないぞよ。004何事(なにごと)時節(じせつ)出来(でき)てくるのであるから、005時節(じせつ)には(かみ)(かな)わなんだぞよ。006(つき)大神(おほかみ)(さま)のやうな()慮見(りょうけん)()い、007(はな)()もある(もと)大神(おほかみ)(さま)が、008ミロク菩薩(ぼさつ)となりて、009()()ちて御居(おゐ)()されての()艱難(かんなん)()苦労(くろう)010それに(つい)ては(うしとら)金神(こんじん)若比売岐美(わかひめぎみ)(みこと)の、011神世(かみよ)一代(いちだい)苦労(くろう)いたした(こと)は、012(ふで)にも(くち)にも()(つく)されんぞよ。013苦労(くろう)()しの(かみ)では、014(この)泥海(どろうみ)世界(せかい)(かた)めるといふ(こと)出来(でき)んぞよ。015(どろ)(どろ)016(みず)(みず)(すま)して、017何彼(なにか)にを夫々(それぞれ)(そろ)へて、018世界(せかい)目鼻(めはな)()けて、019(この)()世話(せわ)さす(ため)に、020人民(じんみん)肉体(にくたい)(こしら)へてあるのは、021天地(てんち)(もと)(かみ)骨折(ほねおり)であるぞよ。022(かみ)ばかりでは(この)()()けず、023人民(じんみん)ばかりでは(なを)()けず、024(もち)(もた)れつの()であるぞよ。025人民(じんみん)肉体(にくたい)(もう)すものは、026(かみ)容器(ゐれもの)(こし)らへてあるのじゃぞよ。027世界(せかい)(をさ)める霊魂(みたま)容器(ゐれもの)と、028(われ)一人(いちにん)守護(しゅご)いたす容器(ゐれもの)()けてあるぞよ。029それに世界(せかい)(をさ)める霊魂(みたま)肉体(にくたい)は、030()()として()るなり、031()一人(いちにん)(まも)霊魂(みたま)全部(さっぱり)(くも)りて(しも)ふて、032(いま)体裁(ていさい)であるぞよ。033(かみ)人民(じんみん)世話(せわ)をいたすなり、034人民(じんみん)(かみ)(うや)まうやうに、035(かみ)人民(じんみん)との(みち)()けて()るなれど、036(いま)人民(じんみん)(かみ)(この)()()きもの、037()らんもののやうに(おも)ふて、038人民(じんみん)(かみ)世話(せわ)()るやうに慢神(まんしん)いたして、039(この)()人民(じんみん)よりエライものは()いと(もう)して、040途中(とちゅう)鼻高(はなだか)(がく)智慧(ちえ)出来(でき)人民(じんみん)威張(いば)りて()るが、041人民(じんみん)(ちから)(この)()何時(いつ)までも()ちて()くなら、042一度(いちど)()()して(ちから)一杯(いっぱい)()りて()よれ、043細引(ほそびき)(ふんどし)彼方(あちら)()づれ此方(こちら)()づれ、044(ひと)つも物事(ものごと)成就(じょうじゅ)いたしはせんぞよ。045(いま)日本(にほん)人民(じんみん)には、046肝心(かんじん)日本魂(やまとだましい)()けて(しも)ふて()るぞよ。047日本魂(やまとだましい)(もう)すのは、048(うけ)()ふた(こと)(ちが)はんやう、049(ひと)つも(うそ)(もう)されず、050行儀(ぎょうぎ)(ただ)しう天地(てんち)規則(きそく)(まも)霊魂(みたま)(もう)すぞよ。051(いま)人民(じんみん)(もう)して()日本魂(やまとだましい)とはチット(ちが)ふぞよ。052日本(にほん)(くに)日本魂(やまとだましい)でなくば、053()(つづ)かぬ(くに)であるのに、054露国(ろこく)悪神(あくがみ)霊魂(みたま)日本(にほん)(わた)りて()て、055(ひと)苦労(くろう)(この)()(ぬす)みて、056()寸法(すっぽう)()(もち)(かた)いたして、057日本魂(やまとだましい)(たね)無茶(むちゃ)(いた)して、058自己(われ)さえ()けら()いと(もう)して、059栄耀(えよう)栄華(えいが)()放題(ほうだい)()(もち)(かた)に、060日本(にほん)(かみ)分霊(わけみたま)(うへ)伸上(のしあ)げて、061(うま)(こと)()()みて、062(この)ままで(つづ)かさうと(おも)ふて()る、063露国(ろこく)極悪神(ごくあくがみ)企謀(たくみ)を、064(かみ)()見抜(みぬ)いて()るから、065此方(こちら)には(みず)(もら)さん経綸(しぐみ)(いた)して()いての、066二度目(にどめ)()立替(たてかへ)であるぞよ。