霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】霊界物語読者アンケート集計結果発表!(7/20)こちらのページです。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

明治三十八年旧四月十六日

インフォメーション
種類:大本神諭 年月日:1905(明治38)年5月20日(旧4月16日)
神霊界掲載号:第50号 4頁 神霊界八幡書店復刻版:第1巻 320頁 七巻本:第1巻 232頁 五巻本:未調査 三五神諭:第23章(霊界物語第60巻「三五神諭」の章) 東洋文庫天の巻:36頁 東洋文庫火の巻:なし 連合会水の巻:なし 大本史料集成:未調査 庶民生活史料集成:なし
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:2017-07-18 06:52:50 OBC :os041
001 (うしとらの)金神(こんじん)国常立尊(くにとこたちのみこと)出口(でぐち)(かみ)(あらは)れて、002二度目(にどめ)(あま)岩戸(いわと)(びら)きを(いた)すに(つい)ては、003(むかし)()(もと)から(こし)らへてある、004因縁(いんねん)身魂(みたま)(この)大本(おほもと)(ひき)()して、005夫々(それぞれ)御用(ごよう)(もうし)()けるぞよ。006今度(こんど)御用(ごよう)因縁(いんねん)()くては(つと)まらんぞよ。007(さき)()りたら金銀(きんぎん)()(ごと)くに()りて()るから、008そうなりたら(われ)(わし)もと(もう)して(かね)()って御用(ごよう)さして(くだ)されと(もうし)()()るなれど、009因縁(いんねん)なき身魂(みたま)には何程(なにほど)結構(けっこう)(もう)しても一文(いちもん)使(つか)(こと)出来(でき)んぞよ。010(これ)から(さき)になると金銀(きんぎん)()んで、011(かみ)御用(ごよう)(いた)さして()しいと、012(たの)みに()るもの(ばか)りで()れど、013一々(いちいち)(かみ)(うかが)(いた)してからで()いと、014(うけ)()(こと)()らんぞよ。015この大本(おほもと)金銀(きんぎん)()(かけ)(こと)相成(あいな)らんから、016何程(なにほど)(つら)くても(いま)(うち)()()なりと、017(くさ)なりと(たべ)てでも、018(しの)ぎて御用(ごよう)(いた)して()りて(くだ)さりたら、019(かみ)性念(しょうねん)見届(みとどけ)(うへ)では何事(なにごと)(おも)ふやうに、020(かね)心配(しんぱい)(いた)さいでも()きやうに守護(しゅご)(いた)してあるぞよ。021(いま)金輪際(こんりんざい)(かな)はん(つら)いとこで()るから、022(ここ)(ひと)(こば)りて(まこと)(たて)()きて(くだ)さりたら、023(かみ)(これ)()いと()ふやうに()りたら、024(らく)御用(ごよう)出来(でき)るやうにチャンと仕組(しぐみ)てあるから、025罪穢(めぐり)のある(かね)(かみ)御用(ごよう)には()てられんぞよ。
026 いつも筆先(ふでさき)()()けて()るが、027(この)大本(おほもと)(うしとらの)金神(こんじん)筆先(ふでさき)()(ひら)(ところ)であるから、028(あま)霊学(れいがく)(ばか)りに()ると筆先(ふでさき)粗略(およそ)になりて、029(まこと)(かえ)って(わか)らんやうに()りて、030(かみ)神慮(きかん)(かな)はんから、031筆先(ふでさき)七分(しちぶ)にして霊学(れいがく)三分(さんぶ)(ひら)いて(くだ)されよ。032帰神(かんがかり)ばかりに()ると最初(はじめ)(ひと)(めず)らしがりて()りて()るなれど、033(あま)(ろく)(かみ)()()んから、034(しまい)には山子師(やまし)035飯綱使(いづなつかい)036悪魔使(あくまつかい)()はれて、037一代(いちだい)(おも)はくは(たた)んぞよ。038(おも)はくが(たた)(ばか)りか、039(かみ)経綸(しぐみ)(とり)(ちが)(いた)人民(じんみん)出来(でき)()て、040()(まこと)正味(せうまつ)(おしへ)をワヤに(いた)すから、041(なが)らく変生女子(へんじょうにょし)()()けて()らしたなれど、042(いま)霊学(れいがく)結構(けっこう)じゃ、043筆先(ふでさき)ども(なに)()ると(もう)して一寸(ちょっと)(きき)()れぬが、044どうしても()かな()くやうにして、045改心(かいしん)さして()せるぞよ。046(かみ)(もう)(こと)(そむ)いて(なん)なりと()りて()よれ、047足元(あしもと)から(とり)(たつ)やうなビックリが()()るぞよ。048世間(せけん)からは(わる)(もう)され、049(かみ)には気障(きざわり)()るから、050(なに)成就(じょうじゅ)いたさずに(おほ)きな()(どく)出来(でき)るのが、051()()いて()るから、052()れを()るのが憐然(かわいさう)なから、053毎度(まいど)出口(でぐち)()(かみ)()らせば、054肉体(にくたい)出口(でぐち)(なを)()くのじゃと(もう)して御座(ござ)るが、055(ここ)しばらく()()りたら(わか)りて()て、056(あたま)逆様(さかさま)にして歩行(あるか)んならん(こと)出来(しゅったい)するぞよ。057変生女子(へんじょうにょし)帰神(かんがかり)(ひら)きたいのが病気(やまい)であるから、058一番(いちばん)にこの病気(やまい)(なを)してやるぞよ。059(こころ)から発根(ほっごん)(なを)せば()いなれど、060如何(どう)しても()かねば(はげ)しき(こと)をして()せて、061()()けさしてやるぞよ。062狐狸(こり)野天狗(のてんぐ)なぞの霊魂(みたま)(もてあそ)びに()られて、063()れで神国(しんこく)御用(ごよう)出来(でき)ると(おも)ふのか。064()れでも神国(しんこく)人民(じんみん)じゃと(おも)ふて()るのか。065畜生(ちくしょう)容器(ゐれもの)にしられて()れを結構(けっこう)(おも)ふのか。066神界(しんかい)大罪人(だいざいにん)()りても満足(まんぞく)なのか。067(わけ)(わか)らんと(もう)しても(あま)りであるぞよ。068()うは()ふものの、069女子(にょし)霊魂(みたま)何時(いつ)(もう)(とほ)り、070世界(せかい)一切(いっさい)(こと)(うつ)るのであるから、071(この)大本(おほもと)(たち)()人民(じんみん)女子(にょし)()りかたを()て、072世界(せかい)()んな(こと)()りて()るのかと改心(かいしん)()るやうに、073(かみ)から女子(にょし)身魂(みたま)(こし)らへて()るのであるから、074誤解(とりちがい)をいたさぬやうに御蔭(おかげ)()りて(くだ)されよ。075他人(ひと)(わる)(わる)いと(おも)ふて()ると、076全部(さっぱり)自分(われ)(こと)(かがみ)(うつ)りて()るのであるから、077他人(ひと)(わる)()えるのは、078自己(われ)(わる)(ところ)霊魂(みたま)(くも)(かか)りて()るからであるから、079(かがみ)()自己(われ)身魂(みたま)から改心(かいしん)いたさす(やう)に、080(この)()(もと)から変生女子(へんじょうにょし)霊魂(みたま)がこしらへて()りての、081今度(こんど)二度目(にどめ)(あま)岩戸(いわと)(びら)きであるから、082一寸(ちょっと)やソットには(わか)(やう)(あさ)経綸(しぐみ)()いから、083改心(かいしん)いたして身魂(みたま)(みが)くが一等(いっとう)であるぞよ。084()(もと)(まこと)生神(いきがみ)は、085今迄(いままで)(もの)()はなんだぞよ。086()(かわ)()(かみ)(うつ)りて、087世界(せかい)(こと)()らせねば()らぬから、088出口(でぐち)(なを)因縁(いんねん)ある霊魂(みたま)であるから、089(うつ)りて何事(なにごと)()らせるぞよ。090()(をさま)りたら(かみ)(なに)(もう)さんぞよ。091狐狸(こり)天狗(てんぐ)ぐらいは何時(いつ)でも(だれ)底本では「誰」に「かまわず」とルビが振ってある。にでも(うつ)るが、092この金神(こんじん)禰宜(ねぎ)巫子(みこ)には(うつ)らんぞよ。093何程(なにほど)神憑(かんがかり)(ほね)()りたとて、094(まこと)(かみ)肝腎(かんじん)(とき)でないと(うつ)らんぞよ。095(なに)(わか)らん(かみ)(うつ)りて(まい)りて、096()った(かお)をいたして種々(いろいろ)口走(くちばし)りて、097肝腎(かんじん)仕組(しぐみ)(わか)らずに()立替(たてかへ)邪魔(じゃま)をいたすから、098一寸(ちょっと)油断(ゆだん)出来(でき)んから、099余程(よほど)審神者(さにわ)確固(しっかり)いたさんと(おほ)きな不首尾(ふしゅび)出来(しゅったい)するから、100(いや)がられても世界中(せかいじゅう)大事(だいじ)であるから、101不調法(ぶちょうほう)()いやうに()()けてやるのを、102野蛮(やばん)(がみ)(なに)(ぬか)(ぐらい)により()りて()れんから、103(まこと)(かみ)出口(でぐち)(なを)苦労(くろう)をいたすぞよ。104神憑(かんがかり)(なに)()世界中(せかいじゅう)(こと)が、105(わか)るやうに(おも)ふて()ると、106全然(さっぱり)了見(りょうけん)(ちが)ふぞよ。107(かみ)(もう)(うち)()いて()かんと、108世間(せけん)顔出(かおだ)しが出来(でき)んやうな、109(はず)かしき(こと)出来(しゅったい)いたすぞよ。110この(かみ)一言(ひとこと)(もう)したら何時(いつ)になりても、111一分一厘(いちぶいちりん)間違(まちが)いはないぞよ。112(かみ)()一本程(いっぽんほど)でも間違(まちが)ふやうな(こと)では、113三千年(さんぜんねん)かかりて仕組(しぐ)んだ(こと)(みず)(あわ)()るから、114そんな下手(へた)経綸(しぐみ)()(もと)から、115(もと)生神(いきがみ)(いた)して()いから、116素直(すなを)(かみ)(もう)(こと)(きい)(くだ)されよ。117世界(せかい)(かみ)118仏事(ぶつじ)119人民(じんみん)(たす)けたさの(なが)らくの(かみ)苦労(くろう)であるぞよ。120(たれ)()らず慢神(まんしん)誤解(とりちがい)(おほ)怪我(けが)(もと)()るぞよ。