霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

大正五年旧二月三日

インフォメーション
種類:大本神諭 年月日:1916(大正5)年3月6日(旧2月3日)
神霊界掲載号:第50号 14頁 神霊界八幡書店復刻版:第1巻 330頁 七巻本:第2巻 3頁 五巻本:未調査 三五神諭:なし 東洋文庫天の巻:なし 東洋文庫火の巻:なし 連合会水の巻:なし 大本史料集成:未調査 庶民生活史料集成:なし
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
001 大国常立尊(おほくにとこたちのみこと)変生男子(へんじょうなんし)霊魂(みたま)(あら)はれて、002三千世界(さんぜんせかい)守護(しゅご)(かか)るぞよ。003(これ)までは斯世(このよ)にモウ()(かみ)()られて()りて、004微躯(びく)とも(いた)さずに(かげ)から守護(しゅご)いたしたぞよ。005天地(てんち)大神(おほかみ)(かげ)から仏事(ぶつじ)()りて、006三千世界(さんぜんせかい)守護(しゅご)をして()りたなれど、007仏事(ぶつじ)()(ねん)()きとなりたぞよ。008世界中(せかいじゅう)物質(ぶっしつ)からの(がく)で、009(ここ)までに(ひら)けた()(ねん)()きとなりたから、010(いま)神徳(しんとく)物質(ぶっしつ)(をは)りの(かわ)()の、011大峠(おほとうげ)となりて()たから、012(ここ)へなりた(おり)明治(めいじ)二十五(ねん)から()らして()(こと)と、013言葉(ことば)()らして()(こと)を、014世界中(せかいじゅう)守護神(しゅごじん)人民(じんみん)に、015日々(にちにち)昼夜(ちゅうや)()らして()りた(こと)を、016()(みみ)()れてをいて(はら)(なか)掃除(そうじ)(いた)して、017御霊(みたま)(みが)けるやうに(ここ)まで(ほね)()りたなれど、018()いて()(こと)(だれ)(もち)ゐて()る、019守護神(しゅごじん)人民(じんみん)()いので、020大峠(おほとうげ)()りて()たら、021逆立(さかだち)()りて(くる)しむものが出来(でき)るから、022(ここ)になるまでに、023()先祖(せんぞ)()()けたのであるぞよ。024何程(なにほど)物事(ものごと)(わか)りた人民(じんみん)でも、025此世(このよ)でエライ(ひと)じゃと()はれる(ひと)でも、026ドンナ(まこと)(つよ)人民(じんみん)でも、027今度(こんど)立替(たてかへ)御用(ごよう)使(つか)はな()らん人民(じんみん)には、028トコトンまで(かみ)()()くぞよ。029(いま)人民(じんみん)からは大狂乱(おおきちがい)といはれ、030山子(やまこ)()はれ、031ホウケて()ると()はれ、032悪魔(あくま)()はれ、033世界(せかい)大馬鹿者(おおばかもの)(もう)されて、034(くや)しい残念(ざんねん)(こば)(こば)りて、035微躯(びく)とも(いた)さぬ人民(じんみん)でないと、036今度(こんど)御用(ごよう)には使(つか)はんから、037神界(しんかい)御用(ごよう)()身魂(みたま)は、038(なん)でなりとも苦労(くろう)があるぞよ。039我身(わがみ)(いえ)()()(やう)(こと)では、040今度(こんど)御用(ごよう)には()()はんから、041(かみ)()()身魂(みたま)(おも)ふたら、042一旦(いったん)谷底(たにそこ)(おと)してから、043(まこと)御用(ごよう)使(つか)ふぞよ。044()(ちい)さいものは、045矢張(やは)艮金神(うしとらのこんじん)此世(このよ)悪神(あくがみ)()りたと(もう)して、046(こわ)がりて()げて()ぬものも出来(でき)るぞよ。047力一杯(ちからいっぱい)反対(はんたい)しようと(いた)して、048縮尻(しくじ)るものも出来(でき)るぞよ。049今度(こんど)御用(ごよう)普通(ひととうり)身魂(みたま)では()(つと)めんと(もう)して、050毎度(まいど)筆先(ふでさき)()らして()るぞよ。051(つと)(あが)りたら万古末代(まんごまつだい)()(のこ)(こと)であるぞよ。052(みな)その覚悟(かくご)()らんと、053途中(とちゅう)でヘコタレるぞよと(もう)して、054(いま)までの筆先(ふでさき)にクドウ()らして()るぞよ。055それで確固(しっかり)腹帯(はらおび)(しめ)て、056(どう)()えて()りて(くだ)されと(もう)してあるぞよ。057人間界(にんげんかい)では何程(なにほど)立派(りっぱ)(まこと)人民(じんみん)でも、058(むかし)からの霊魂(みたま)罪咎(めぐり)()るから、059今度(こんど)御用(ごよう)苦労(くろう)(かたま)りで、060(むかし)からの霊魂(みたま)帳消(ちょうけ)しを(いた)して、061水晶(すいしょう)(もと)霊魂(みたま)にいたして、062御役(おやく)(たて)るのであるから、063(だれ)慢心(まんしん)()いものはないから、064九分九里(くぶくりん)まで取違(とりちが)いを(いた)して、065結構(けっこう)御用(ごよう)取外(とりはず)すから、066()れで筆先(ふでさき)十分(じゅうぶん)(はら)(なか)(しめ)()みて、067()りて(くだ)されと(もう)すのであるぞよ。068今度(こんど)()立替(たてかへ)()()身魂(みたま)ほど、069苦労(くろう)(さず)けてあるぞよ。070苦労(くろう)()しには何事(なにごと)成就(じょうじゅ)いたさんぞよ。
071 この大望(たいもう)御用(ごよう)(いた)さす因縁(いんねん)身魂(みたま)が、072何事(なにごと)もスット(おも)ふやうに()たら、073途中(とちゅう)から邪魔(じゃま)這入(はい)りて、074物事(ものごと)成就(じょうじゅ)いたさんから、075(この)大本(おほもと)(つき)(かたち)御簾(みす)(うち)076()()(かは)経綸(しぐみ)(いた)してあるぞよ。077大本(おほもと)経綸(しぐみ)引掛(ひっかけ)(もど)しであるから、078(あま)りトントン拍子(びょうし)()きよると、079()(あと)(もど)すから、080(その)覚悟(かくご)()らんと(つろ)うて(こば)れんから、081(ここ)(つら)ぬく身魂(みたま)でないと、082三千年(さんぜんねん)(あま)りての経綸(しぐみ)御用(ごよう)には使(つか)はんぞよ。083(この)大本(おほもと)多勢(おほぜい)()らんと(もう)して()るぞよ。084いろは四十八文字(しじゅうはちもじ)()(ひら)くのであるから、085三人(さんにん)()りても、086(まこと)(もの)でさえ()りたら成就(じょうじゅ)いたすから、087(わけ)(わか)らん身魂(みたま)はサア(いま)()りたら、088(とり)(はら)いに(いた)さうも()れんから、089()れでは可愛相(かわいそう)(かみ)()()れんから、090何時(いつ)までもクドウ(いや)がられもって、091筆先(ふでさき)()()けるから、092(かみ)にも出口直(でぐちなお)にも落度(おちど)はモウ()ろまいぞよ。
093 この大本(おほもと)(なか)から(みな)(そろ)ふて改心(かいしん)(いた)して、094(ぜん)一筋(ひとすじ)(みち)()()へて、095()れでならこそ世界(せかい)大元(おほもと)じゃと、096人民(じんみん)から(もう)すやうに行状(おこない)097やり(かた)()へて、098(なが)らく()ちて御出(をいで)なされたミロク(さま)を、099一日(いちにち)(はや)()御上(おあ)がりに()りて(いただ)いて、100天地(てんち)(そろ)ふて世界(せかい)守護(しゅご)()ければ、101()はヂリヂリと滅亡(なく)なりて(しま)ふのも、102(ほか)守護神(しゅごじん)には(わか)りは(いた)そまいがな。103是迄(これまで)(どお)りでモ(ひと)(あく)(つよ)()()りて(いか)うとの、104世界中(せかいじゅう)守護神(しゅごじん)精神(せいしん)()ろうがな。105(あく)(れい)では一寸(ちょっと)()御地(をつち)(うへ)には、106モウ()かん時節(じせつ)(まい)りたから、107天地(てんち)先祖(せんぞ)何彼(なにか)実地(じっち)の、108準備(じゅんび)()てに(まわ)りて、109遠所(とほく)近所(ちかく)(ほか)霊魂(みたま)では出来(でき)経綸(しぐみ)()ててあるぞよ。110今度(こんど)経綸(しぐみ)何処(どこ)からも、111指一本(ゆびいっぽん)()(こと)出来(でき)んやうに、112(みず)()らさんやうに仕組(しぐみ)であるなれど、113大本(おほもと)(なか)(まい)りて、114邪魔(じゃま)(いた)守護神(しゅごじん)沢山(たっぴつ)()るから、115気赦(きゆる)しはチットも出来(でき)んぞよ。116抜刀(ぬきみ)(なか)()(やう)精神(せいしん)でないと、117油断(ゆだん)()りたら(あく)(れい)が、118此中(このなか)(たち)()人民(じんみん)(うつ)りて、119(つぶ)さうと(かか)るぞよ。120今度(こんど)経綸(しぐみ)はモウ微躯(びく)とも(いた)さぬやうに、121(むかし)から仕組(しぐみ)てあるから、122別条(べつじょう)()いなれど、123邪魔(じゃま)這入(はい)りた()けは立替(たてかへ)(おく)れるから、124世界(せかい)人民(じんみん)(なが)らく(くる)しむのが可愛想(かわいそう)なから、125(この)内部(なか)から十分(じゅうぶん)()()けて、126霊魂(みたま)日本魂(やまとだましい)(たち)(かえ)らして()りて(くだ)されよ。127何事(なにごと)(なか)から破裂(はれつ)いたすので()るから、128大本(おほもと)邪魔(じゃま)をいたすものも、129(ちから)一杯(いっぱい)(かみ)(ため)(おも)ふて(いた)すのであるから、130一番(いちばん)改心(かいしん)(いた)して、131道路(みち)歩行(あるき)もってでも大本(おほもと)筆先(ふでさき)(かんが)()めて()らんと、132不調法(ぶちょうほう)出来(でき)るから、133(ぜん)御用(ごよう)(いた)そうと(あく)(かへ)ろうと、134(こころ)()とつの()ちやうであるぞよ。135(こころ)ほど(この)()(こわ)いものは()いぞよ。
136 出口直(でぐちなお)艮金神(うしとらのこんじん)(れい)維持(もち)()肉体(にくたい)であるから、137此方(このほう)(れい)()ると(なお)肉体(にくたい)がグニャグニャに()りて、138(よわ)るのを()ても、139(かみ)()れものと(もう)(こと)(わか)るぞよ。140(これ)からは今迄(いままで)のやうな(こころ)()ると、141()大本(おほもと)(なか)御用(ごよう)はささんぞよ。142此中(このなか)大変(たいへん)厳格(きびしく)なるぞよ。143(はよ)うから()()けて()るが、144筆先(ふでさき)どほりに(なに)ごとも、145世界(せかい)大掃除(おほそうじ)(はじ)めるから国々(くにぐに)146所々(ところどころ)147家々(いへいへ)148人々(にんにん)罪穢(めぐり)()るだけのことをいたすから、149さうなる(まで)改心(かいしん)いたして、150身魂(みたま)(みが)いて()るやうに、151諸国(しょこく)(かみ)152守護神(しゅごじん)153人民(じんみん)()らしたことを、154(わる)()りて(みみ)()れるものが()いとは、155()うも(くも)りたものであるぞよ。156()実地(じっち)天地(てんち)先祖(せんぞ)の、157(もう)すことを(まこと)()いて、158(その)(おこな)いに()へて()身魂(みたま)()りたなら、159此世(このよ)(かは)()に、160初発(しょぱつ)()御用(ごよう)()せて、161末代(まつだい)()()(のこ)すやうに、162(かみ)から神徳(おかげ)(わた)すぞよ。163(かみ)(もう)すことを(うたが)はずに(まこと)にいたす守護神(しゅごじん)使(つか)はれて()肉体(にくたい)は、164其日(そのひ)から(ぜん)(かみ)守護(しゅご)()るから、165(おも)ふやうに()きだすぞよ。166()んな結構(けっこう)(おしへ)(ほか)()いなれど、167此内(このなか)直接(ぢき)御用(ごよう)いたす身魂(みたま)が、168(あく)()せて(ばか)して()るから、169(だれ)(まこと)(いま)にいたすものが()いなれど、170何彼(なにか)時節(じせつ)(まい)りて()たから、171実地(じっち)生神(いきがみ)世界(せかい)実地(じっち)をして()せるから、172実地(じっち)出来(でき)()るまで(ちか)くほど(わか)らんぞよ。173可愛想(かわいそう)なものじゃ。174(われ)(こころ)(わる)いと、175(ひと)()きこといたして()りても、176反対(さかさま)(わる)()えるぞよ。177(わる)(こころ)()ちて()ると、178(わる)守護神(しゅごじん)覇張(はば)りて、179(わる)いこと(ばか)りを()せるから、180(ひと)つも(おも)わくは()たんぞよ。181(いま)()(なか)悪魔(あくま)九分(くぶ)()るから、182天地(てんち)実地(じっち)生神(いきがみ)(ちから)でも、183中々(なかなか)(ほね)()れるぞよ。184人民(じんみん)(かみ)なら(じき)悪魔(あくま)ぐらいは、185退治(たいじ)出来(でき)さうなものじゃと(もう)すなれど、186世界中(せかいじゅう)真実(まこと)といふ(こと)が、187チットも()いやうに()りて、188泥海(どろうみ)同様(どふやう)で、189生神(いきがみ)片足(かたあし)(ふみ)()(ところ)も、190()差出(さしだ)(ところ)()いやうに(なり)(しも)ふて()るから、191(かみ)中々(なかなか)苦労(くろう)(いた)すぞよ。192この()(これ)までに利己主義(われよし)で、193他人(ひと)如何(どう)でも(われ)さえ()けら()()(かた)()た、194()世界(せかい)大掃除(おほそうじ)を、195(いま)(うへ)守護神(しゅごじん)人民(じんみん)()せたとこで、196(まこと)掃除(さうじ)出来(でき)(いた)さんから、197実地(じっち)活神(いきがみ)世界(せかい)大掃除(おほそうじ)(はじ)めると(もう)して、198日々(にちにち)()らして()るなれど、199近所(ちかく)ほど(なに)(わか)らん、200()(どく)なもので()るが、201遠国(えんごく)から(ひら)けて()て、202遠国(とうく)(あか)りで足元(あしもと)依然(じっと)して、203()れんやうに()るといふ(こと)が、204明治(めいじ)二十五(ねん)から筆先(ふでさき)()らしてあるぞよ。205遠国(とおく)から(あか)りが()して、206脚下(あしもと)がそろそろと(わか)りかけると(もう)して()るぞよ。207綾部(あやべ)大本(おほもと)(おしへ)は、208実地(じっち)ばかりの(まこと)(みち)であるから(ひら)くにも(ほね)()れるし、209分明(わか)るのも手間(てま)()るなれど、210モウ世界(せかい)から筆先(ふでさき)実地(じっち)()()るから、211()(さき)(うたが)ふやうな守護神(しゅごじん)が、212大本(おほもと)()()たら、213其場(そのば)正体(しょうたい)(あら)はして、214ざまを(さら)さすぞよ。215(ちか)(ところ)ほど後廻(あとまわ)しに()るのは(われ)(こころ)()(やう)(ちが)ふからであるぞよ。