霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

大正四年旧六月十三日

インフォメーション
種類:大本神諭 年月日:1915(大正4)年7月24日(旧6月13日)
神霊界掲載号:第51号 7頁 神霊界八幡書店復刻版:第1巻 371頁 七巻本:第2巻 89頁 五巻本:未調査 三五神諭:なし 東洋文庫天の巻:なし 東洋文庫火の巻:なし 連合会水の巻:なし 大本史料集成:未調査 庶民生活史料集成:なし
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
001 根本(こんぽん)(てん)()との先祖(せんぞ)大神(おほかみ)が、002仏界(ぶつじ)権現(をち)て、003世界(せかい)守護(しゅご)して()りたなれど、004何彼(なにか)時節(じせつ)(めぐ)りて()て、005(てん)御先祖様(ごせんぞさま)()先祖(せんぞ)が、006(むかし)弥勒様(みろくさま)神道(みち)立帰(たちかへ)りて、007(むかし)から(しら)べてありた御魂(みたま)立替(たてかへ)立直(たてなほ)して、008安心(あんしん)()(いた)すぞよ。009仏教(ぶつじ)学問(がく)とで、010(ここ)まで日本(にほん)()(もと)大神(おほかみ)(くに)(けが)して、011(てん)から(くだ)りて大神(おほかみ)(やす)(ところ)()いやうに(けが)したのは、012世界(せかい)御土(おつち)(うへ)(おろ)さんやうに(いた)し、013(いち)(もう)して()()日本(にほん)(くに)を、014(やま)谷々(たにだに)015()隅々(すみずみ)までも、016さッぱり(けが)して、017大神(おほかみ)不用(いら)んものと、018(いた)してありたであろうがナ。019(だれ)()にも()はん()先祖(せんぞ)の、020国常立尊(くにとこたちのみこと)(うしとら)()()めて、021此世(このよ)には()()(かみ)としておいて、022悪魔(あくま)仕組(しぐみ)で、023末代(まつだい)この()維持(もた)うと(いた)し、024()(ひと)(あく)(つよ)(いた)して、025日本(にほん)(くに)(あく)先祖(せんぞ)仕組(しぐみ)(どほ)りに(いた)して、026末代(まつだい)(あく)でやり()心算(つもり)であらうがナ。027(むかし)根本(こんぽん)からの(こと)から、028(なに)()らん(こと)のない(てん)()との活証文(いきしょもん)の、029天地(てんち)先祖(せんぞ)であるから、030帳面(ちょうめん)(つけ)てある(ごと)くに、031何一(なにひと)()らん(こと)()此方(このほう)を、032視損(みそこな)ひを(いた)して()りたが、033今度(こんど)()(わか)りかけたであらう。034(なん)であらうと、035此方(このほう)()一度(ひとつ)(にら)みたら、036滅他(めった)(ちが)はんぞよ。037(ちい)さい(こと)でも、038世界(せかい)(こと)(おほ)きな(こと)も、039()()いでも、040(ひと)(はら)(なか)()()(かみ)であるから、041(この)内部(なか)一日(いちにち)ましに気遣(きづか)ひになるから、042これまでの()()()れた守護神(しゅごじん)では、043(この)前途(さき)()承知(しょうち)(いた)して()らんと、044筆先(ふでさき)(どお)りになりて()るから、045()をつけるのであるぞよ。046末代(まつだい)一度(いちど)ほか()いといふやうな、047大望(たいもう)御魂(みたま)立替(たてかへ)立別(たてわけ)であるから、048誤解(とりそこない)慢心(まんしん)とか一番(いちばん)にこの内部(なか)(こわ)いぞよ。049これ(ほど)(のぼ)()りた()(なか)へ、050(むかし)から此世(このよ)出来(でき)てから()いと()ふやうな、051大望(たいもう)(こと)が、052これほど日々(にちにち)明白(ありやか)御守護(ごしゅご)がありても、053()えも(きこ)えも(いた)さんと()ふやうナ、054(むご)(こと)になりて()るのが、055暗闇(くらやみ)であるぞよ。056水晶霊(すいしょうだま)(みが)けんと海外(むこう)(くに)(もう)すことを、057おっとまかせで()ると、058かなはんことが出来(でき)てくるぞよ。059確乎(しっかり)いたして、060(もと)日本魂(やまとだましい)性来(しょうらい)に、061(おとこ)(おんな)()りて()らんと、062日本(にほん)(くに)()()はんから、063婦人(おんな)でも男子(おとこ)(かな)はん(くらゐ)日本魂(やまとだましい)(かた)めておくがよいぞよ。064()ンな(そろ)ふて、065従来(これまで)(あく)のやり(かた)全然(さっぱり)()てて(しも)ふて、066大和魂(やまとだましい)性来(しょうらい)()りて()らんと、067外国(がいこく)(みたま)では、068日本(にほん)(くに)三全世界(さんぜんせかい)救済(たすけ)るといふ(こと)(むつ)()いぞよ。069天地(てんち)根本(こんぽん)大神(おほかみ)は、070()()(こと)今日(きょう)まで御苦労(ごくろう)なされたと()(こと)(わきま)へて()らんと、071(まこと)(こと)(わか)らんぞよ。072世界(せかい)人民(じんみん)073鳥類(ちょうるい)074畜類(ちくるい)075虫族(むしけら)まで、076(いき)ある(もの)をよp11くしてやりたいとの、077(ふか)思召(おぼしめし)()()守護神(しゅごじん)人民(じんみん)が、078(いま)にないといふやうな(むご)(こと)(いた)して()るが、079此度(このたび)(てん)からの御手伝(おてつだ)いが、080大本(おほもと)内部(なか)に、081これ(ほど)結構(けっこう)にあるのに、082盲者(もうじゃ)083聾者(ろうじゃ)(おな)じこと(ゆえ)084()へば()(さわ)るし、085()はな(なに)(わか)りはせんし、086(もと)日本魂(やまとだましい)立返(たちかへ)りたら、087(てん)(こと)()()いて、088人間界(にんげんかい)(いや)になるぞよ。089(てん)からは水晶魂(すいしょうだま)ばかりが()りるやうになりて、090御三体(ごさんたい)大神様(おほかみさま)御手伝(おてつだい)明白(ありやか)にあるが、091人間界(にんげんかい)(きたな)くて、092(かみ)とは(なに)反対(はんたい)ばかりで、093(ぜん)(おも)ふて()(こと)が、094(かみ)には気障(きざわ)りのことばかりであるぞよ。095(かみ)(ため)にと(おも)ふてして()れる(こと)が、096(みな)反対(はんたい)(こと)ばかりより出来(でき)ては()らんぞよ。097天地(てんち)大神様(おほかみさま)を、098一日(いちにち)(はや)(あら)はさんことには、099大本(おほもと)信者(しんじゃ)()りた甲斐(かい)()いぞよ。100一日(いちにち)(はや)く、101これ(だけ)のことがあるのに、102()ッとは(わか)りさうなものではないか。103出口直(でぐちなお)(まえ)に、104これ(だけ)(こと)があるのに、105真実(まこと)(いた)人民(じんみん)()いが、106()くもこれまで、107(くも)りたものである。108実証(せうまつ)をこれだけ()せても詐欺師(やまし)とより()えぬぞよ。109()ふてやりても、110()真実(まこと)(いた)人民(じんみん)()いなれど、111そンな(こと)(こころ)(やま)んやうに(いた)して、112日々(にちにち)()筆先(ふでさき)人民(じんみん)()せんと、113何時(いつ)になりても、114御蔭(おかげ)()れんぞよ。115世界中(せかいじゅう)総曇(そうぐも)であるから、116()(こと)をして()りても、117左程(さほど)(おも)ひはせんし、118(わる)(こと)()()りても、119それ(くらゐ)(こと)当然(あたりまへ)ぢゃといふやうナ、120混乱(ずんだら)真暗(まっくら)がりの(なか)()人民(じんみん)であるから、121大出口直(おほでぐちなお)実地(じっち)()せておいて、122その実地(じっち)筆先(ふでさき)()いて()せるから、123それを()改心(かいしん)(いた)さねば、124日本(にほん)(くに)御地(おつち)(うへ)には、125()いて(もら)へんやうになる守護神(しゅごじん)多数(たっぴつ)出来(でき)るぞよ。126(みみ)にタコが出来(でき)(ほど)()ひきかしてあるぞよ。127(いま)守護神(しゅごじん)につかはれて()人民(じんみん)は、128外国(がいこく)性来(しょうらい)になりて(しも)ふて()るから()ひきかした(くらゐ)に、129()(もの)()いぞよ。130()(たひら)上流(うへ)下流(げず)とが、131いッち改心(かいしん)出来(でき)(にく)いぞよ。132三段(さんだん)区分(わけ)てある身魂(みたま)立替(たてかへ)立直(たてなほ)して、133()(くち)(はな)()けねばならんのであるから、134(なに)につけても大難事(たいもう)であるぞよ。135身魂(みたま)立替(たてかへ)立直(たてなほ)しが中々(なかなか)大事業(たいもう)であるから、136人民(じんみん)(おも)ふて()るやうナ、137(ちい)さいことで()いぞよ。138二度目(にどめ)()立替(たてかへ)(いた)して万古末代(まんごまつだい)(こと)をきめて、139今後(このさき)(あく)といふやうナ(みち)を、140さッぱり(たひら)げて(しも)ふて、141(むかし)弥六様(みろくさま)のお(つく)りに()りた(ぜん)(ひと)ツの真正(まこと)(みち)(ひら)くから、142これまで(あく)思惑(おもわく)()てた身魂(みたま)性来(しょうらい)を、143(たひら)げて(しま)ふから、144(あく)(れい)()かんやうに(いた)してやるぞよ。145(ぜん)立返(たちかへ)るなら、146(また)()くしてやるなり。147この()きの()を、148団子(だんご)(いた)さうと、149(ぼう)(いた)さうと、150三角(さんかく)(いた)さうと、151四角(しかく)(いた)さうと、152此世(このよ)自由(じゆう)(いた)すぞよと、153毎度(まいど)(もう)して筆先(ふでさき)()して()らしてあるやうに、154(なに)()()るぞよ。155玉水(たますい)竜宮(りゅうぐう)乙姫(おとひめ)どのが、156()()(かみ)()()ふて、157筆先(ふでさき)(どお)りに(いた)すぞよ。158玉水(たますい)竜宮館(りゅうぐうやかた)が、159高天原(たかあまはら)(さだ)まりて、160(むかし)(てん)規則(きそく)()高天原(たかあまはら)()めてあるから、161(この)規則(きそく)(そむ)いたら、162今後(こんご)末代(まつだい)まで(ゆる)しはなき(こと)にきびしくなるぞよ。
163 (なお)規則(きそく)(やぶ)りの御魂(みたま)は、164二度目(にどめ)()立替(たてかへ)御用(ごよう)(つと)()げて、165(ゆる)して(もろ)ふて、166今後(このさき)(ぜん)(あく)との亀鑑(かがみ)先繰(せんぐり)にだすから、167(あく)亀鑑(かがみ)にはならんやうに、168(だれ)によらず(いた)されよ。169今後(このさき)懲罰(きうめ)は、170末代(まつだい)御赦(おゆ)るしが()いから、171(この)大本(おほもと)内部(なか)は、172(おとこ)(おんな)()(つつし)みて不調法(ぶちょうほう)()いやうにして(くだ)されよ。173今後(このさき)大本(おほもと)内部(なか)は、174大変(たいへん)()()しに、175きびしくなるぞよ。176初発(しょっぱつ)から大分(だいぶ)(わる)亀鑑(かがみ)()()るぞよ。177大本(おほもと)()(こと)()るい(こと)も、178末代(まつだい)()()(のこ)して、179不調法(ぶちょうほう)出来(でき)ぬやうにきびしくなるぞよ。180(なに)時節(じせつ)がまゐりたから、181従来(これまで)()()()りたズンダラナ守護神(しゅごじん)では、182この大本(おほもと)(つと)めは(つら)いぞよ。183(いま)では()きなやうにさせてあるなれど、184善悪(ぜんあく)()()けて、185規則(きそく)()めると、186(てん)()とが(そろ)ふて()て、187上下(かみしも)(そろ)へて(むかし)神代(かみよ)()(もど)るから、188この内部(なか)(いま)のやうなズンダラな(こと)はさせんぞよ。189一度(いちど)(なん)でも(もう)したことは(もち)ふる人民(じんみん)でないと、190天地(てんち)大神(おほかみ)はズンダラな人民(じんみん)使(つか)はんぞよ。191この綾部(あやべ)大本(おほもと)からは善悪(よしわるし)(かがみ)何時(いつ)になりても()るぞよ。192現在(いま)醜誤人(しゅごじん)を、193さッぱり立別(たてわけ)(しま)はんと、194何彼(なにか)(こと)(わか)らんから、195()()自己(われ)精神(こころ)間違(まちご)ふて()らぬかと、196自己(われ)(はら)(なか)日々(にちにち)(あらた)めて(くだ)されよ。197人民(じんみん)といふものは、198ちょッと()きよると、199()らぬ()自己(われ)(こころ)(のぼ)()めて()りても(わか)らんぞよ。200他人(ひと)からは()(わか)るから、201取違(とりちがい)慢心(まんしん)とが一番(いちばん)怪我(けが)(もと)となるから、202()をつけた(うへ)にも()()けるぞよ。203(かみ)()()ける(おり)()がつかんと、204(この)大本(おほもと)(あと)何程(なにほど)()びを(いた)しても、205()()れは()いから、206これまでの()は、207前後(あとさき)(かま)はずに、208その()のがれの処世術(やりかた)で、209(うそ)でつくねた()でありたから、210誠実(せうまつ)()ッとも()いから、211天地(てんち)大神(おほかみ)御心(みこころ)(かな)はん、212やり(かた)でありたぞよ。213毛筋(けすじ)横幅(よこはば)でも()ぜりの()いやうに、214立替(たてかへ)(いた)すのであるから、215()()()れる(ほう)守護神(しゅごじん)には、216大分(だいぶ)(つら)くなるから、217(いま)ぢゃ(はや)ぢゃと(もう)して、218()()みたなれど、219(いま)(わか)らん守護神(しゅごじん)に、220使(つか)はれて()れた人民(じんみん)可哀想(かわいそう)なから、221(いま)()()けるのであるぞよ。222天地(てんち)大神(おほかみ)は、223(だい)()(うへ)()いて、224(もと)(もど)るから、225結構(けっこう)になるなれど、226天地(てんち)大神(おほかみ)()いやうにして()いて、227利己主義(われよし)で、228(した)御魂(みたま)(うへ)へあがりて、229(かみ)はこの()には不用(いらぬ)ものと(もう)して、230末流(えだ)(かみ)やら、231(わた)りて()身魂(みたま)(うへ)(のぼ)りたなれど、232以後(これから)()(くだ)るより為様(しやう)()いぞよ。233今後(このさき)(のぼ)身魂(みたま)(くだる)身魂(みたま)とで世界中(せかいじゅう)混雑(こんざつ)となり、234(てのひら)(かえ)るし、235ビックリ(ばこ)()くし、236何彼(なにか)(こと)一度(いちど)になりて()て、237盲目(めくら)()()き、238聾者(つんぼ)(みみ)(きこ)えるやうになりて、239其辺(そこらあたり)が、240(まばゆ)うて、241(みみ)()りて、242彼方(あちら)からも此方(こちら)からも、243(へん)(ところ)からも護光(ひかり)()すぞよ。244()(まえ)(ひか)り、245(みみ)(そば)()るばかりで、246(なに)(なに)やら(わか)らぬやうになるぞよと、247毎度(まいど)筆先(ふでさき)()()けてあるが、248(もう)してあるやうになりて()るぞよ。249燈台脚下(あしもと)()(くら)がり、250(この)(むら)(ひと)()()いて()りても、251(こころ)がないと(わか)らんぞよ。252(むかし)から()(こと)であるから、253御魂(みたま)因縁(いんねん)()いと(わか)りはせんから、254改心(かいしん)出来(でき)(にく)いのであるぞよ。255外国(がいこく)身魂(みたま)では、256(みみ)這入(はい)りかけが(いた)さんぞよ。257可哀想(かわいそう)なものであるぞよ。258(かみ)といふものは、259(あつ)(さむ)さの(いと)いもなく、260昼夜(ひるよる)(かま)はずに守護(しゅご)(いた)して()りても、261人民(じんみん)には(わか)ろまいがナ。262大出口直(おほでぐちなお)には(わか)るであろうがナ。263人民(じんみん)といふものは万物(ばんぶつ)(ちょう)でないか。264日本(にほん)()(もと)大和魂(やまとだましい)性来(しょうらい)でありたら、265(なに)()()して、266(いま)人民(じんみん)(なか)には、267()るのが(いや)になるぞよ。268天地(てんち)(ひか)(わた)()すぞよ。269()ンな結構(けっこう)()になるのに、270外国(がいこく)身魂(みたま)になり()りて()るから、271(なに)実地(じっち)(こと)(もう)しても、272()加減(かげん)(こと)(もう)して()(くらゐ)()えようが、273実地(じっち)()るぞよ。