霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

大正元年旧十月五日

インフォメーション
種類:大本神諭 年月日:1912(大正1)年11月13日(旧10月5日)
神霊界掲載号:第51号 11頁 神霊界八幡書店復刻版:第1巻 375頁 七巻本:第2巻 104頁 五巻本:未調査 三五神諭:なし 東洋文庫天の巻:なし 東洋文庫火の巻:85頁 連合会水の巻:なし 大本史料集成:未調査 庶民生活史料集成:34頁
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:2017-07-25 20:05:50 OBC :os056
001 大国常立尊(おほくにたちのみこと)変性男子(へんじょうなんし)御魂(みたま)が、002出口(でぐち)(かみ)(あら)はれて、003世界(せかい)守護(しゅご)(いた)すぞよ。004()(もと)根本(こんぽん)生神(いきがみ)であるから、005(この)生神(いきがみ)天晴(あっぱれ)(おもて)(あら)はれると、006(なに)(わか)りて()るから、007(つら)守護神(しゅごじん)出来(でき)るなれど、008(この)(ほう)(おもて)になりて覇張(はば)るのではないぞよ。009()ういふ()()(こと)()()りて()る、010大元(おほもと)先祖(せんぞ)であるからと(もう)して、011覇張(はば)りたのではなかりたぞよ。012(てん)()との先祖(せんぞ)(つく)(かた)めた()であるから、013先祖(せんぞ)(もと)(かみ)でないと、014世界中(せかいじゅう)(こと)(わか)りはせんぞよ。015外国(がいこく)(かみ)では、016(もと)にこしらへてある(こと)がわからんから、017(まこと)()洗濯(せんたく)はできんから、018何遍(なんべん)でも()(あと)(もど)りて、019()ういふ困難(こんなん)()(まい)りてきたのぢゃぞよ。020今度(こんど)二度目(にどめ)世界(せかい)大立替(おほたてか)えは、021末代(まつだい)一度(いちど)ほか()い、022大望(たいもう)()立替(たてかへ)であるぞよ。023立替(たてかへ)立別(たてわけ)なら、024()うなりと(いた)して、025無茶(むちゃ)(いた)せばできるなれど、026(あと)修理固成(つくねなおし)大事望(たいもう)が、027中々(なかなか)(ほね)()れる(こと)であるぞよ。028()(いろ)や、029()(いろ)や、030三色(みいろ)や、031五色(いついろ)や、032十色(といろ)でないぞよ。033(なに)につけても大望(たいもう)ばかりであるぞよ。034()立替(たてかへ)何時(いつ)でも(はじ)めるなれど、035(あと)立直(たてなほ)しの御用(ごよう)(いた)適材(どうぐ)(そろ)はんと、036立替(たてかへ)した(だけ)なら(らち)()いなれど、037立直(たてなほ)しの御用(ごよう)(いた)守護神(しゅごじん)も、038使(つか)はれて()肉体(にくたい)も、039水晶(すいしょう)(こころ)(みが)けんと、040(かみ)御用(ごよう)()()はんから、041()ンなに(むつ)()(もう)すのであるぞよ。042(かみ)()一代(いちだい)(うち)には。043末流(えだ)(かみ)()ンな()をもたして()てあるが、044(かみ)()()れば、045(みな)われよしの()持方(もちかた)ばかりでありたぞよ。046(てん)()との先祖(せんぞ)(かみ)(こころ)は、047(いま)()ッとも(やす)むといふ(こと)()いぞよ。048此世(このよ)ができてくるから、049変性男子(へんじょうなんし)御魂(みたま)変性女子(へんじょうにょし)御魂(みたま)が、050産霊(こしらへ)てありたといふ(こと)が、051毎度(まいど)筆先(ふでさき)()かしてあらうがナ。052此世(このよ)がきた(おり)には、053世界中(せかいじゅう)困難(こんなん)となりて、054何方(どちら)(くに)にも、055金銭(きん)入用(いるの)(ほど)()れず、056金融(きん)はだんだん逼迫(ひっぱく)になるし、057()為様(しよう)()きやうに、058一旦(いったん)世界中(せかいじゅう)()()えたやうに()るから、059()うなりた(おり)には、060(もと)(その)(まま)の、061まことの(かみ)(あらは)れて、062二度目(にどめ)()立替(たてかへ)(いた)さねばならんから、063此方(このほう)()()とされたのも、064御都合(ごつごう)のことであるぞよ。065()()とされた御魂(みたま)共々(ともども)に、066苦労(くろう)艱難(かんなん)067口惜(くやし)(こと)(いた)し、068耐忍(こばり)つめてきた身魂(みたま)でないことには、069今度(こんど)御用(ごよう)出来(しゅったい)(いた)さぬのであるぞよ。070大本(おほもと)(はい)りてきて、071有難(ありがた)いばかりでは、072今度(こんど)御用(ごよう)(いた)すのは、073(かみ)因縁(いんねん)性来(しょうらい)のわかる身魂(みたま)でないと、074(ただ)有難(ありがた)いばかりでは、075結構(けっこう)御用(ごよう)はできぬぞよ。076()守護神(しゅごじん)もあれば、077()るい守護神(しゅごじん)もあるから、078其事(そのこと)がわからんと、079()るき守護神(しゅごじん)がでてくるから、080よく()わけぬと、081表皮(うわつら)()()せて、082悪神(わるがみ)がでて()るから、083審神者(さにわ)余程(よほど)(ほね)()れるぞよ。084われの(こころ)(くも)りて()ると、085(くも)りて()霊魂(みたま)がわからんぞよ。086余程(よほど)()わけんと、087()(ほう)へは()げられんぞよ。088わかりて()(ほど)089われも(わし)もと(もう)してでて()るぞよ。090(あつ)(しの)いで(あき)()(かぜ)()てど、091一旦(いったん)世界(せかい)(さび)しくなるぞよといふことが、092筆先(ふでさき)()らしてあるぞよ。093()まり富貴(よかり)た、094仕放題(しほうだい)(いた)して()御魂(みたま)肉体(にくたい)は、095(こころ)(なん)となう(さび)しうなるから、096()うなりた(おり)に、097これ(まで)(こころ)()ちかへて()らんと、098難渋(なんじゅう)なことが世界(せかい)からでてくるぞよ。099()うなりてくるまでに、100身魂(みたま)今迄(いままで)(こころ)()ちかへて()るやうに、101(つづ)いて日々(にちにち)()らしてありたが()いことも(わる)きことも一度(いちど)()()るといふことが、102毎度(まいど)変性男子(へんじょうなんし)御魂(みたま)出口直(でぐちなお)()(いま)()らしてあるのに、103誤解(とりちがい)(いた)したり、104(なに)もわからずに()いことばかりに()()けて()ると、105大間違(おほまちが)いができるから、106間違(まちがい)()いやうに、107綾部(あやべ)大本(おほもと)は、108世界(せかい)(もと)となる(とうと)(ところ)であるから、109初発(しょぱつ)には(みな)(ぎやう)がさしてあるなれど、110真正(まこと)(ぎょう)をさしたら(みな)()げて()ぬから、111たらして(ここ)までは()たなれど、112綾部(あやべ)大本(おほもと)は、113世界(せかい)(もと)となるのであるから、114何事(なにごと)大難事(たいもう)であるぞよ。115大望(たいもう)大望(たいもう)(もう)すのを、116()(ちがい)をして()(ひと)がまだ多数(たっぴつ)あるぞよ。117出口直(でぐちなお)(くち)()はした(こと)も、118()()かした(こと)も、119毛筋(けすじ)(ちが)ひの()いことであるぞよ。120()ッとも(ちが)ひられん(こと)であるから、121(あま)(ほよ)うは()はれん(こと)であるぞよ。122(はよ)(もう)すと神界(しんかい)都合(つごう)で、123()ッと()びる(こと)があると、124筆先(ふでさき)(うそ)でありたと(もう)して、125御蔭(おかげ)(おと)(もの)出来(きで)るし、126真正(まこと)(こと)(みだ)りに(ひと)には()はぬし、127()はんでお(かげ)()とすし、128出口(でぐち)雁尻巻(がんじりまき)(いた)して()いて、129(かど)へも()さずに、130(ここ)まで()()出来(しゅったい)をさしたぞよ。131中々(なかなか)(つら)取次(とりつぎ)であるぞよ。132綾部(あやべ)大本(おほもと)は、133遠国(えんごく)から()けてくるぞよと(もう)してあらうがナ。134(なに)(ちが)はん、135遠国(えんごく)から(はや)(わか)(ひと)()()るから、136近傍(ひぢね)(ひと)(はず)かしき(こと)出来(でき)ると(もう)して、137筆先(ふでさき)()いて()らしてあらうがな。138(この)綾部(あやべ)郡長(ぐんちょう)139警察(けいさつ)140役場(やくば)が、141世界(せかい)(はず)かしき(こと)出来(でき)ると(もう)して()らしてあるぞよ。142(あま)(わか)らんと(はず)かしくなりて、143()げて(いな)なならん(やう)になりて()るぞよ。144何彼(なにか)時節(じせつ)(おそ)くなりて()るから、145立替(たてかへ)と、146()きの立直(たてなほ)しの御用(ごよう)同時(いっしょ)になりて、147()(こと)()るき(こと)とが、148(いま)()()るぞよ。149遠国(えんごく)から()()鼻高者(はなだかさん)に、150()りと(はや)改心(かいしん)出来(でき)立直(たてなほ)しの御用(ごよう)予想(おもわく)とは(はや)くなりて、151外国(がいこく)(ほう)改心(かいしん)(はよ)うならうも、152()れぬといふことも()らしてあるぞよ。153立替(たてかへ)大層(たいそう)()びて()るから、154(はじ)めから物事(ものごと)(はや)いといふ(こと)()らしてあるぞよ。155近傍(ちかく)(ほど)天理(もの)(わか)りて()らぬぞよ。156遠国(えんごく)(ひと)一度(いちど)(まい)りて()ても、157()いお(かげ)()りて()(ひと)が、158向後(このさき)段々(だんだん)出来(でき)るぞよ。159燈台下(とうだいした)()(くら)がりであるが、160(かみ)(こま)るのではない、161(その)(ひと)可哀想(かわいそう)なからと(もう)して、162(みみ)にタコの出来(でき)(ほど)()らしてあるぞよ。163斯教(このみち)(ひと)()()りに()(みち)()いなれど、164(あま)(いま)人民(じんみん)(わか)らんので、165(かみ)()()れんから、166取次(とりつぎ)をこしらへて()()りに()りたなれど、167(あま)出口(でぐち)()()としてありて、168見当(けんとう)()れん御用(ごよう)がさしてあるから、169(うたが)ふのは(もっと)もであるぞよ。170今度(こんど)御用(ごよう)は、171人民(じんみん)何程(なにほど)()りて()たとても、172因縁(いんねん)のある身魂(みたま)でないと、173大本(おほもと)神秘(しょうまつ)御用(ごよう)出来(でき)んぞよ。174人民力(じんみんりき)でも、175智慧(ちえ)でも、176(がく)でも出来(でき)大望(たいもう)(こと)があるのじゃぞよ。177(また)人民(じんみん)出来(でき)御用(ごよう)は、178太初(もと)荒神(あらがみ)が、179実行(せうまつ)(いた)すから、180この()鼻高(はなだか)が、181往生(おうじょう)(いた)して、182此世(このよ)にはゑらい(かみ)があるといふ(こと)(さと)るぞよ。183(また)真正(まこと)鼻高(はなだか)一度(いちど)にわかりて()て、184ゑらい御手伝(おてつだい)をなさるぞよ。185この()()るから、186変性男子(へんじょうなんし)変性女子(へんじょうにょし)身魂(みたま)(こしら)へて()りての、187今度(こんど)二度目(にどめ)立替(たてかへ)であるから、188男子(なんし)筆先(ふでさき)世界(せかい)根本(こんぽん)(こと)から、189万古末代(まんごまつだい)(のこ)()政策(もちかた)()かしてあるなり、190女子(にょし)()()()れる(ほう)(こと)を、191この()()ういふ(こと)()りて()るといふ(こと)がさしてありて、192初発(しょぱつ)はまるで(てき)のやうでありたなれど。193(いや)(こと)(みな)縁類(ひっぽう)にさして()せてあるぞよ。194変性男子(へんじょうなんし)規則(きそく)(やぶ)りの懲戒(とがしめ)を、195(てん)から御赦(おゆる)しを(いただ)きた御蔭(おかげ)で、196(ふた)ツに(わか)れて()りた霊魂(みたま)(ひと)ツになりて、197天晴(あっぱれ)(おもて)(あらは)れて、198三千世界(さんぜんせかい)守護(しゅご)(かか)ると、199世界(せかい)大分(だいぶ)(さわ)がしうなるなれど、200(はや)立替(たてかへ)(いた)さんと、201向後(さき)立直(たてなほ)しが(おそ)くなると、202世界中(せかいじゅう)(こま)(こと)()()ると、203(なに)()らぬ人民(じんみん)可哀想(かわいそう)ナから、204立替(たてかへ)立直(たえなおし)とが、205一所(いっしょ)になる(こと)も、206筆先(ふでさき)(いま)まで何遍(なんべん)()らしてあるぞよ。207変性女子(へんじょうにょし)のつとめも(かは)りて、208(ひつじさる)金神(こんじん)(おさ)まりて、209(みな)和合(わごう)出来(でき)結構(けっこう)であるぞよ。210(なに)仕組(しぐみ)(どほ)りになりて()るぞよ。211(あく)守護神(しゅごじん)使(つか)はれて、212改心(かいしん)出来(でき)肉体(にくたい)が、213此先(このさき)可哀想(かわいそう)なれど、214(ここ)まで()らして()がつけてあるのに、215(いま)(わか)らん守護神(しゅごじん)に、216使(つか)はれて()るやうな肉体(にくたい)に、217()(きか)して()(ひま)がないぞよ。218今度(こんど)二度目(にどめ)()立替(たてかへ)(もう)すのは、219さッぱり()(あら)(かへ)であるから、220(なに)につけても大望(たいもう)であるぞよ。221今度(こんど)大望(たいもう)は、222(てん)ばかりでも出来(でき)ず、223()だけでも出来(でき)(こと)であるから、224三体(さんたい)大神(おほかみ)地上(した)()りて手伝(てつど)ふてやらんと、225()(だけ)では出来(でき)んぞよ。226国常立尊(くにとこたちのみこと)仕組(しぐみ)(どほ)りに(いた)さねば、227(ほか)守護神(しゅごじん)()(かへ)すと、228(すべ)ての(こと)(おそ)くなりて、229世界中(せかいじゅう)(こま)るから、230向後(このさき)(かみ)不可(ならん)といふことを(いた)したら、231その()懲罰(みせしめ)(いた)すぞよ。232これからは、233此中(このなか)一日(いちにち)()しに(かは)るぞよ。234実地(じっち)(もう)しても、235真実(まこと)には(いた)さんから、236何事(なにごと)(おそ)くなるのじゃぞよ。237一度(いちど)できけば「一度で、きけば」ということ。238(もの)(はよ)うなるなれど、239人民(じんみん)は、240自己(われ)()をせめるのであるぞよ。241(これ)から()(うたご)ふて、242()()して、243われの(おも)ふやうにする守護神(しゅごじん)に、244使(つか)はれて()肉体(にくたい)でありたら、245じりじり()ひを(いた)すぞよ。246素直(すなほ)(いた)守護神(しゅごじん)であるならば、247すぐから(らく)生計(くれ)るなり、248ならんといふ(こと)を、249()かずと(いた)したら、250(くる)しみが出来(でき)るぞよ。251(くる)しみ()くば、252筆先(ふで)(そむ)いて、253(なん)なりと(いた)して()よれ。254(こころ)(なか)でジリジリ()ひを(いた)すぞよ。255従来(これまで)とは、256物事(ものごと)がさッぱり(かは)るから、257(もう)すやうに(いた)さな、258その(にん)(くる)しみが出来(でき)るだけであるぞよ。
259 これ(まで)()は、260眷属(けんぞく)覇張(はば)りて、261大将(たいしょう)()しの()になりて()たから、262さッぱり()上下(うえした)(かえ)りて、263人民(じんみん)(いた)すことが(みな)(さか)さま(ばか)りで、264(かみ)尊慮(きかい)(かな)はぬ(こと)ばかり(ほか)265出来(でき)()らんぞよ。266是迄(これまで)()立替(たてかへ)はありたなれど、267真正(まこと)()立替(たてかへ)一度(いちど)出来(でき)ては()らんぞよ。268()何遍(なんべん)立替(たてかへ)(いた)しても、269肝腎(かんじん)大立(おほたて)(なお)しを(いた)さずに、270立替(たてかへ)してあるから()ッと()きよると、271(また)()(あと)(もど)りたなれど、272今度(こんど)二度目(にどめ)()立替(たてかへ)は、273末代(まつだい)一度(いちど)ほか()()立替(たてかへ)であるから。274下拵(したごしら)へに(ひま)()りたのである。275当座(とうざ)(かね)立替(たてかへ)では、276早刻(すぐ)(あと)(もど)るぞよ。277今度(こんど)立替(たてかへ)(いた)したら、278(いわ)(まつ)()になるから、279今度(こんど)(こと)(なん)につけても大望(たいもう)であるぞよ。280立替(たてかへ)(らち)()(いた)した(ところ)で、281(あと)立直(たてなほ)しが中々(なかなか)大望(たいもう)であるぞよ。282立直(たてなほ)しの守護(しゅご)(いた)守護神(しゅごじん)は、283(むかし)(もと)大和魂(やまとだましい)の、284()ッとも()ぜりの()御魂(みたま)でないと、285向後(このさき)はズンダラな守護神(しゅごじん)は、286()(かた)使(つか)はんから、287()()ちて()りた荒神(あらがみ)守護神(しゅごじん)を、288大望(たいもう)御用(ごよう)使(つか)ふぞよ。289中々(なかなか)御苦労(ごくろう)御用(ごよう)であるから、290()()ちて()れる守護神(しゅごじん)でない(こと)には、291()()()れる守護神(しゅごじん)では、292出来(でき)(こと)をして(もら)はな()らんから、293(むつ)(しい)(もう)すのであるぞよ。294()()()れる身魂(みたま)は、295(ぎゃう)といふ(こと)がして()いから、296真正(まこと)(かみ)御用(ごよう)出来(でき)ぬから、297それで上下(うえした)御用(ごよう)をかへてあるぞよ。298()()(びら)けに(ひら)けて、299(もと)先祖(せんぞ)大慈悲(おもひ)といふ(こと)が、300末流(えだ)(かみ)()いゆゑに、301信実(まこと)()ッとも()いから、302()()るくなるばかりで、303(いま)難渋(なんじゅう)であるぞよ。304(ひと)苦労(くろう)結果(とく)()()ちて()ても、305(こころ)(まこと)()守護神(しゅごじん)ばかりでは、306()()てさうな(こと)()いぞよ。307此方(このほう)()(おと)されて、308(この)()()(かみ)()いられて()りても、309世界(このよ)根本(こんぽん)から、310この()(かげ)から(かも)ふて()りて、311仕組(しぐみ)がしてあるので、312仕組(しぐみ)(どお)りに何彼(なにか)(こと)が、313世界(せかい)から()()るばかりになりて()りても、314守護神(しゅごじん)に、315(いま)(わか)らんやうな(こと)では、316真正(まこと)(かみ)とは(もう)されんぞよ。
317 前後(あとさき)(こと)()()いて、318(あつ)(さむ)さは(かまい)もいたさずに、319夜分(やぶん)(あし)(のば)して()るといふ(こと)(いた)さずに、320世界(せかい)(つぶ)してはならんから、321(むかし)からまだ(らく)といふ(こと)はなしに、322(ひき)(つづ)いて世界(せかい)守護(しゅご)して()るぞよ。323ズンダラな守護神(しゅごじん)は、324利己主義(われよし)で、325(ひと)()うでも、326自己(われ)さへ()けら()いで、327糊口(くちすぎ)(いた)して()守護神(しゅごじん)は、328後向(このさき)大変(たいへん)(つろ)うなりて()るなり、329(つら)かりた守護神(しゅごじん)は、330(かみ)のお(かげ)(あら)はれるぞよ。331これからは(てん)()との先祖(せんぞ)が、332(なに)にも指図(さしず)(いた)すから、333今迄(いままで)()持方(もちかた)とは、334天地(てんち)変動(かはり)になるぞよ。335()ういふ(みぐる)しき()になりたのは、336従来(これまで)()は、337(かみ)ばかりで、338(しも)()()になりて()りた(ゆえ)に、339(しも)政治(せいじ)出来(でき)()らんから、340()世界(せかい)大将(たいしょう)()かりたから、341()世界(せかい)(はたら)守護神(しゅごじん)が、342(こわ)いもの()しになりて、343利己主義(われよし)(つよ)(もの)()ちとなりて()るから、344(なに)(わか)らん畜生界(ちくしょうかい)であるぞよ。
345 日本(にほん)(くに)(ぶつ)(がく)では不可(いか)(くに)であるのに、346(ぶつ)(がく)日本(にほん)(くに)人民(じんみん)精神(せいしん)を、347さッぱり盲目(めくら)聾者(つんぼ)(いた)して仕舞(しも)ふて、348(いま)では全然(まるきり)四足(よつあし)守護(しゅご)となりて、349(かみ)はこの()にあるものかと(もう)して、350(がく)さへありたら、351此世(このよ)()ンな出世(しゅっせ)もできると(もう)して、352結構(けっこう)日本(にほん)(くに)を、353()のやうな(みぐる)しき(くに)にして仕舞(しも)ふて、354実地(じっち)(かみ)()からは、355()()けて()られんやうになりてきたぞよ。356(いま)日本(にほん)(ちい)さい(くに)ではあれど、357世界(せかい)結構(けっこう)(くに)であるから、358外国(がいこく)()ることはできん(かみ)(くに)であるのに、359肝腎(かんじん)大和魂(やまとだましい)は、360外国(がいこく)(だましい)になりて(しも)ふたのが、361九分(くぶ)あるぞよ。362竜宮(りゅうぐう)乙姫殿(おとひめどの)御宝(おたから)は、363末代(まつだい)()(もと)(もと)(みや)(おさ)まる()(めぐ)りて()たぞよ。364()うなるにつけては、365(うへ)(うへ)(ぎゃう)366(した)(した)相応(そうおう)(おこな)ひを(いた)して区別(くべつ)()て、367(なに)かの規則(きそく)()めるぞよ。368規則(きそく)(どお)りにいたさねば、369向後(これから)()(きび)しくなるぞよ。370これまでとは天地(てんち)(ちが)ひに(かは)るぞよ、371真正(まこと)身魂(みたま)(そろ)ふたなれば、372如何(どない)にいたしてもビクともいたさねど、373神界(かみ)では(ぢき)のつぎつぎ、374(いち)番頭(ばんどう)375()番頭(ばんとう)から改心(かいしん)させるぞよ。376大本(ここ)では、377(いち)番頭(ばんとう)()番頭(ばんとう)役員(やくいん)であるぞよ。378何程(なにほど)(もと)艱難(かんなん)をいたして、379天地(てんち)御先祖(ごせんぞ)()にださうと(おも)ふても、380(みな)(こころ)(そろ)はぬと、381中々(なかなか)大望(たいもう)御用(ごよう)であるから、382自己(われ)(はや)出世(しゅっせ)したいやうな(こと)では、383事物(ものごと)成就(じょうじゅ)(いた)さんぞよ。384大望(たいもう)であるから、385(だれ)にも(わか)らん仕組(しぐみ)(いた)してあるから、386仕上(しあが)らんと実地(まこと)(こと)(わか)らんぞよ。387役員(やくいん)従来(これまで)のやうな卑劣(いやし)(こころ)()てて(しも)ふて、388生新(さらつ)(こころ)持直(もちなお)して、389(なに)(かみ)(まか)して()りたなれば、390事物(ものごと)(はや)くなりて、391()くなるなれど、392自己(われ)利巧(りこう)(いた)そうと(おも)ふて(いた)したら、393初発(しょぱつ)()いやうでも、394仕組(しぐみ)(ちが)ふから、395(また)(もの)()びるから、396さうなると(また)(うそ)であると(もう)して、397(かみ)()(わる)うするばかりであるぞよ。398(こころ)(まこと)のある人民(じんみん)でないと、399今度(こんど)仕組(しぐみ)(わか)らんぞよ。400役員(やくいん)筆先(ふでさき)見詰(みつ)めて充分(じゅうぶん)了得(のみこみ)()りて、401()ンな(こと)()はれても、402弁解(べんかい)出来(でき)るやうになりて()らんと、403()加減(かげん)なお(はなし)(いた)して、404(ひと)()したら()いのではないぞよ。405(ぎゃう)()(もの)結構(けっこう)ではあるが、406(わか)らん(もの)(もと)(かみ)のお(はなし)は、407()(とお)りの(ぎゃう)して()りては、408真正(まこと)(こと)(わか)らんから、409(だれ)大本(おほもと)(まい)りて、410身魂(みたま)(みが)いた其上(そのうへ)で、411御用(ごよう)(いた)すが結構(けっこう)であるぞよ。412身魂(みたま)因縁(いんねん)ありて、413何所(どこ)までも(まこと)(つらぬ)(こころ)(かた)まりた、414()るのも()れる(くらゐ)熱心(ねつしん)でないと、415根本(こんぽん)のお(はなし)出来(でき)にくいぞよ。416綾部(あやべ)大本(おほもと)御用(ごよう)するのは初発(しょぱつ)から(まつ)(こころ)で、417(まよ)(ごころ)()身魂(みたま)でないと、418()ンな(こと)して()りても、419(はなし)さえすれば()いのではないぞよ。420()(とお)りの改心(かいしん)では、421天地(てんち)(おしえ)は、422(ひと)()(こと)(むつ)(しい)ぞよ。423中々(なかなか)(ひと)()いては()れんぞよ。424真実(しゃうまつ)(かみ)(おしへ)(いた)さうと(おも)ふたら、425これまでの(やう)(こと)をして()りては、426真正(まこと)(おしへ)出来(でき)んぞよ。427(むかし)から()(こと)出来(でき)ると(もう)してあらうがな。428()ンな(こと)()()りても、429(そば)()りて()()けんやうな役員(やくいん)ばかりであるから、430改心(かいしん)(いた)して、431身魂(みたま)(みが)けと(もう)すのであるぞよ。432()ンな結構(けっこう)(こと)をして()せても、433()えも()こえもせぬ(くら)がりの(むご)()(なか)であるから、434向後(このさき)神力(しんりき)(はげ)しく(あら)はして、435改心(かいしん)さして()せるぞよ。436筆先(ふでさき)(みな)実現(でてき)て、437(てん)御三体(ごさんたい)大神(おほかみ)御守護(ごしゅご)()()して、438天地(てんち)(そろ)ふたから、439()()ちて()れた活神(いきがみ)守護(しゅご)となると、440(あま)神力(しんりき)(たこ)うて、441(いま)人民(じんみん)守護(しゅご)して()れる守護神(しゅごじん)に、442(わか)らん(こと)ばかりで、443大変(たいへん)(おもひ)(ちご)ふて()て、444其辺(そこら)あたりが(ひか)(わた)りて、445盲者(めくら)()(ひら)き、446聾者(つんぼ)(みみ)(きこ)へるなれど、447(ひかり)(わた)り、448()(わた)るばかりで、449狼狽(うろたへ)て、450ヂリヂリ(まい)(いた)すぞよと(もう)して、451筆先(ふでさき)()らしてあるぞよ。452世界(せかい)(こと)仕組(しぐ)むには、453夜昼(よるひる)(あつ)(さむ)いの(いとい)のある(やう)身魂(みたま)では、454この()は、455末代(まつだい)()は、456もてんぞよ。457()(とお)りの身魂(みたま)何程(なにほど)()りてやりても、458()はもてんぞよ。
   
オニド関連サイト最新更新情報
9/15【霊界物語ネット】王仁文庫の第三篇「瑞能神歌」を掲載しました。