霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

大正二年旧九月十一日

インフォメーション
種類:大本神諭 年月日:1913(大正2)年10月10日(旧9月11日)
神霊界掲載号:第51号 17頁 神霊界八幡書店復刻版:第1巻 381頁 七巻本:第2巻 128頁 五巻本:未調査 三五神諭:なし 東洋文庫天の巻:なし 東洋文庫火の巻:95頁 連合会水の巻:なし 大本史料集成:未調査 庶民生活史料集成:37頁
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:2017-07-27 19:26:43 OBC :os057
001 ……二度目(にどめ)()立替(たてかへ)()るのを、002()()ねたぞよ。003末代(まつだい)一度(いちど)大望(たいもう)()立替(たてかへ)は、004何彼(なにか)(こと)大変(たいへん)(ほね)()れるから、005()(もと)(てん)()との根本(こんぽん)の、006大神(おほかみ)仕組(しぐみ)(どほ)りに何事(なにごと)()りて()て、007()一度(いちど)(いた)さなならんなり。008世界(せかい)には(おほ)きな(こと)(ちい)さい(こと)も、009(なに)一度(いちど)()りて()て、010世界(せかい)人民(じんみん)はトチメンボーを()るぞよ。011大本(おほもと)役員(やくいん)(どう)()えて()らんと、012綾部(あやべ)大本(おほもと)は、013病気(やまひ)(なお)しの(かみ)でないぞよと、014毎度(まいど)筆先(ふでさき)()いて()らしてあらうがナ。015病気(やまい)などは、016自己(われ)(こころ)水晶(すいしょう)(いた)したら、017病魔(やまひ)躰躯(からだ)(うち)へハ、018(こわ)うて()這入(はい)らんぞよ。019(いま)()外国(がいこく)のみぐるしきカラの身魂(みたま)になりて()るから、020亡霊(しにみたま)やら、021根底国(むかう)極悪神(ごくあくがみ)眷属(けんぞく)やらが、022(みな)悪事(あく)(たく)みて、023神国(しんこく)()(けが)して()るから、024日本(にほん)(くに)には邪神(わるがみ)(れい)(ふえ)るばかりで、025()ンな(みぐる)しき(くに)になりて(しも)ふて、026(まこと)(かみ)から()()けては()られんぞよ。027(きたな)うて、028()洗濯(せんたく)(いた)さねば、029何時(いつ)(まで)人民(じんみん)()ふてきかしたとて、030()ッとも効能(ききめ)()いから、031効験(しるし)()(こと)に、032(なが)()かりて()りたら、033()ちらの(くに)()くなりて(しま)ふぞよ。034日本(にほん)(くに)人民(じんみん)(みぐる)しいが、035外国(がいこく)人民(じんみん)()()(かみ)()からは(みぐる)しいぞよ。036大本(おほもと)分支会合所(でやしろ)布教師(とりつぎ)(うち)には、037信者(しんじゃ)大本(おほもと)(まい)らしたら、038大本(おほもと)()られると(もう)して、039邪魔(じゃま)(いた)して()守護神(しゅごじん)出来(でき)()るが、040誠意(まこと)()いと(もう)しても、041()ンまりであるぞよ。042(てん)()との(もと)大神(おほかみ)は、043()()()りを(いた)して()りたが、044最早(もはや)これからは、045(きび)しく審査(あらため)(いた)すぞよ。046()のついた守護神(しゅごじん)は、047一時(いっとき)(はや)改心(かいしん)(いた)されよ。048真正(まこと)(こと)は、049大本(おほもと)(まい)りて、050変生男子(へんじょうなんし)筆先(ふでさき)と、051変生女子(へんじょうにょし)(まこと)行動(こと)()て、052(われ)(こころ)()らして()んと、053(なに)(わか)らず、054(かえっ)てお(かげ)()(はず)(こと)到来(とうらい)(いた)すぞよ。055()ンな(わか)らぬ布教師(とりつぎ)手引(てび)きしられて()信者(しんじゃ)は、056可哀想(かわいそう)なものであるぞよ。057()ンな布教師(とりつぎ)は、058全然(さっぱり)四足(よつあし)()いた守護人(しごじん)であるぞよ。059(はや)改心(かいしん)(いた)さんと、060()(ゆる)さん(こと)になりたぞよ。061日本(にほん)()(かた)062(いま)ではさッぱり邪神界(わるがみ)守護(しゅご)となりて(しも)ふて、063男子(おとこ)(まで)(あたま)(あぶら)()り、064(かお)白粉(おしろひ)()けて()るく時節(じせつ)になりて、065さッぱり化物(ばけもの)()になりて、066大和魂(やまとだましい)人民(じんみん)は、067(くすり)にしやうにも()いやうに()りて()るが、068これでも日本(にほん)神国(しんこく)人民(じんみん)(もう)されやうか。069腰抜(こしぬけ)ばかりで、070()何時(いつ)までも(つづ)いて()道理(どうり)()いぞよ。071()うもこれ(だけ)(みだ)れて()たものであるぞよ。072(かみ)()から()れば、073(いま)日本(にほん)神国(しんこく)には、074人間(にんげん)らしい人間(にんげん)何程(なんぼ)()いぞよ。075これでは日本(にほん)も、076()(つづ)かんのであるぞよ。077(また)婦女(おんな)も、078()たしなみは肝腎(かんじん)なれど、079(いま)婦女(おんな)は、080(べに)081白粉(おしろひ)082(あぶら)無茶苦茶(むちゃくちゃ)()りつけて、083服装(みなり)()らして、084表面(うへ)から()れバ立派(りっぱ)なやうであるが、085それ(だけ)精神(せいしん)反対(はんたい)(よご)れて()るぞよ。086今後(これから)()立替(たてかへ)()るから、087男子(おとこ)女子(おんな)も、088今迄(いままで)のやり(かた)全然(さっぱり)かへて()らんと、089神世(かみよ)になれば、090今迄(いままで)のやうな()(かた)は、091(かみ)から(ゆる)さん(こと)になるぞよ。092今迄(いままで)()表皮(うはつら)ばかりの()でありたから、093(こころ)(うち)(くさ)りて()りても(かま)はぬ、094(くら)がりの()でありたが、095()()ンな(みぐる)しき()は、096終末(しまゐ)になりたぞよ。097明治(めいじ)二十五(ねん)に、098出口直(でぐちなお)()(くち)とで、099三千世界(さんぜんせかい)一度(いちど)(ひら)(うめ)(はな)100(うしとら)金神(こんじん)()になりたぞよと()らしてあるが、101()一度(いちど)(ひら)時節(じせつ)(まい)りたから、102外国(むかう)(くに)七頭(ななお)八頭(やお)もある八岐大蛇(をろち)(たひら)げて、103日本(にほん)(てん)()との大神(おほかみ)仕組(しぐみ)で、104この()(をさ)めるぞよ。105一度(いちど)筆先(ふでさき)()したことは相違(ちがい)()いぞよ。106綾部(あやべ)大本(おほもと)は、107(この)(ひろ)世界(せかい)に、108(ほか)では(わか)らん(こと)(わか)る、109世界(せかい)大本(おほもと)()る、110(とうと)霊地(とこ)であるから、111ちッと(ちご)ふた(ぎゃう)出来(でき)()守護神(しゅごじん)使(つか)はれて()肉体(にくたい)でないと、112此方(このほう)御用(ごよう)はさせんぞよ。113三千世界(さんぜんせかい)(こと)を、114さッぱり()へて(しま)ふのであるから、115一番(いちばん)夫婦(ふうふ)(こと)から()へて(しま)ふぞよ。116此世(このよ)夫婦(ふうふ)といふものは、117因縁(いんねん)(ふか)いものであるぞよ。118御魂(みたま)因縁(いんねん)性来(しょうらい)調査(あらた)めて、119この霊魂(みたま)()霊魂(みたま)夫婦(ふうふ)といふ(こと)に、120(えん)(むす)びて、121(また)()()霊魂(みたま)(さず)けて、122()身魂(みたま)(おや)世話(せわ)させるのも因縁(いんねん)(ふか)(こと)であるぞよ。123夫婦(ふうふ)(みち)(なに)につけても、124()基本(もと)であるから、125一番(いちばん)大切(だいじ)であるぞよ。126()(みだ)れるのも、127夫婦(ふうふ)(みち)から大方(おほかた)出来(でき)()るぞよ。128此世(このよ)末代(まつだい)(つづ)かすには、129水晶魂(すいしょうだましひ)(いた)して、130一人(いちにん)悪神(わるがみ)守護神(しゅごじん)()きやうに(いた)して(しま)ふてから、131みぐるしき身魂(みたま)は、132一人(いちにん)日本国(にほんこく)()かんやうに(きび)しく(いた)すぞよ。133(くも)りた御魂(みたま)肉体(にくたい)は、134()出直(でなお)しで、135ゑらい根底国(とこ)へやられるぞよ。136きびしく()るぞよ。