霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
テキストのタイプ[?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示[?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌[?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注[?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色
外字1の色
外字2の色

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


誰も知らなかった日本史
〈 2016年6月3日緊急発刊 〉
王仁三郎昇天50年目に発見された新事実が明らかになる!
『切紙神示と共に甦る孝明天皇の遺勅(予言) 誰も知らなかった日本史 皇室に隠された重大な真実』
出口恒(著) 飯塚弘明(協力) ヒカルランド
アマゾン等で絶賛発売中!
本書の中に出てくる資料は「出口王仁三郎大学」でダウンロードできます
【新着情報】2017/3/17 王仁三郎関連書籍のPDFがこちらでダウンロードできます。たくさんあります。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

大正三年旧九月十九日

インフォメーション
種類:大本神諭 年月日:1914(大正3)年11月6日(旧9月19日)
神霊界掲載号:第51号 19頁 神霊界八幡書店復刻版:第1巻 383頁 七巻本:第2巻 136頁 五巻本:未調査 三五神諭:なし 東洋文庫天の巻:なし 東洋文庫火の巻:108頁 連合会水の巻:なし 大本史料集成:未調査 庶民生活史料集成:42頁
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
001 ……日本(にほん)人民(じんみん)(みな)(そろ)ふて、002大和魂(やまとだましい)になりて()れたら、003()(もと)根本(こんぽん)生粋(きっすい)の、004日本魂(やまとだましい)(みたま)入替(いれかえ)(いた)して、005日本(にほん)(くに)真正(まこと)御用(ごよう)使(つか)ふぞよ。006今度(こんど)生粋(きっすい)()ッた一厘(いちりん)御胤(おんたね)で、007(むかし)(もと)()をねぢ(なお)すのであるから、008大和魂(やまとだましい)()ッとでもありたら、009(かず)()らぬ、010成就(じょうじゅ)(いた)すのであるぞよ。011日本(にほん)(くに)結構(けっこう)御神魂(おんみたま)を、012外国(がいこく)空御魂(からみたま)に、013()ンな(むご)(こと)にしられて、014(いま)体裁(ていさい)015()(もと)大神(おほかみ)はくやしきぞよ。016この(まつ)()()るのを()()ねて()りたが、017時節(じせつ)(まい)りて、018(もと)弥陸様(みろくさま)()へ、019()(もど)時節(じせつ)(まい)りて()たから世界(せかい)人民(じんみん)020(まこと)(こころ)()ちかへらす仕組(しぐみ)(いた)してあるぞよ。021(くに)攻略(とりやい)といふやうな、022(むごた)らしい()になりて、023世界中(せかいじゅう)難渋(なんじゅう)こんナ(つま)らん(こと)()()いでは(ない)か。024()ういふ(こと)世界中(せかいじゅう)がなりたのは、025矢張(やはり)外国(がいこく)(あが)りて()極悪(ごくあく)(みたま)強欲(ごうよく)なから、026(いま)世界(せかい)躰裁(ていさい)であるぞよ。027(ぜん)(こころ)でありたなら、028(わる)謀計(たくみ)(いた)さねど、029悪魔(あくま)といふものは、030悪業(がう)(ふか)いから、031初発(しょぱつ)はトントン拍子(びょうし)()くなれど、032九分九厘(くぶくりん)成功(いま)といふ(とこ)目的(おもわく)(はず)れるぞよ。033外国(がいこく)悪神(わるがみ)も、034(ここ)まで(いた)したなら、035()不足(ふそく)はあるまいぞよ。
036 向後(これから)は、037()(もと)根本(こんぽん)の、038(てん)御先祖様(ごせんぞさま)が、039(ぜん)(ひと)ツの御道(おんみち)(つぶ)さん()めに、040爰迄(ここまで)艱難(かんなん)をなされた御蔭(おかげ)で、041()世界(せかい)光輝(ひかり)()るやうになりて()たから、042また()先祖(せんぞ)からは、043(てん)明徳(ひかり)()さして(もら)ふやうになりたぞよ。044(むかし)から(かみ)仕組(しぐみ)で、045(ひと)ツの御魂(みたま)(ふた)ツに()けて、046半分(はんぶん)御魂(みたま)(おんな)(いた)して、047()(そこ)(うず)めて()いて、048(くる)はんやうに苦労(くろう)艱難(かんなん)049口惜(くや)し、050残念(ざんねん)(こば)りつめて()たのも、051二度目(にどめ)()立替(たてかへ)大望(たいもう)御用(ごよう)()(ゆえ)に、052(こころ)()えた()()しに、053爰迄(ここまで)御用(ごよう)(いた)して()れて、054ゑらい()をさせたなれど、055何彼(なにか)時節(じせつ)(まい)りたから、056向後(このさき)は、057(らく)御用(ごよう)出来(でき)るぞよ、058(みづ)御魂(みたま)変生女子(へんじょうにょし)であるから、059変化(へんげ)御用(ごよう)がさしてありて、060中々(なかなか)御苦労(ごくろう)でありたなれど、061女子(にょし)因縁(いんねん)()いて()かせる時節(じせつ)(まい)りて()たから、062変生男子(へんじょうなんし)身魂(みたま)変生女子(へんじょうにょし)身魂(みたま)とが、063天晴(あっぱれ)世界(せかい)(あら)はれたら世界中(せかいじゅう)人民(じんみん)が、064一度(いちど)改心(かいしん)(いた)すぞよといふ(こと)が、065筆先(ふでさき)()いて()らしてあらうがナ。066(なに)時節(じせつ)(まい)りて()て、067天地(てんち)のビックリ(ばこ)()くと、068改心(かいしん)せずには()られぬやうになりて、069各自(めんめ)翻然(ほつごん)(だま)りて()りて、070改心(かいしん)(いた)すやうになるぞよ。071変性男子(へんじょうなんし)筆先(ふでさき)世界(せかい)にある(こと)()らす御役(おんやく)(なり)072女子(にょし)身魂(みたま)は、073世界(せかい)()ういふ(こと)になりて()るといふ(こと)を、074実地(じっち)()せて(つみ)()りて、075人民(じんみん)救済(たす)ける御役(おんやく)であるから、076人民(じんみん)()からは、077悪魔(あく)()える(こと)もあるぞよ。078(ぜん)()える(こと)もあるぞよ。079女子(にょし)(こと)は、080如何様(どのい)()えても、081(かま)はずに()()りてくだされよ。082滅多(めった)不調法(ぶちょうほう)(いた)させぬぞよ。083女子(にょし)ニハ結構(けっこう)(かみ)憑依(つけ)てあるから、084細工(さいく)流々(りゅうりゅう)085仕上(しあ)げを()(もら)はんと、086人民(じんみん)でハ(わか)らんぞよと(もう)して、087筆先(ふでさき)()らしてあろうがナ。088女子(にょし)行為(やりかた)()()える守護神(しゅごじん)もあるぞよ。089(わる)()える守護神(しゅごじん)もあるぞよ。090(その)人々(ひとびと)(こころ)(どほ)りに()えるぞよ。091女子(にょし)身魂(みたま)()かしてあるぞよと(もう)して、092筆先(ふでさき)()らしてあろうがナ。093(はや)()がついて、094改心(かいしん)出来(でき)守護神(しゅごじん)に、095使(つか)はれて()肉体(にくたい)は、096()くなる(なり)097何時(いつ)までも頑張(がんば)身魂(みたま)は、098(なみ)()られた(おき)(ふね)099何所(どこ)取付(とりつ)(しま)はなし、100(また)(あと)(もど)りて加減(かげん)()るう、101白米(しらが)(もみ)(まじ)りたやうに(いた)して、102因縁(いんねん)身魂(みたま)何所(どこ)までも御用(ごよう)せねばならぬやうになるぞよ。103綾部(あやべ)大本(おほもと)から、104御魂(みたま)因縁(いんねん)性来(しょうらい)査別(たてわけ)いたして、105天下泰平(てんかたいへい)()(をさ)める(とこ)ハ、106この(ひろ)世界中(せかいじゅう)に、107(ほか)には()(とうと)(とこ)であるから、108(くど)()をつけたなれど、109(むかし)から()(こと)であるから、110智慧(ちえ)学術(がく)何程(なんぼ)(かんが)へても(わか)りはいたさん、111大望(たいもう)(ところ)であるから、112素直(すなほ)なのが()いぞよ。113頑張(がんば)(もの)(ほど)114加減(かげん)(わる)うなるぞよ。
115 此方(このほう)も、116()失策(しくじり)(かみ)であるから、117()()されん()であるぞよ。118今度(こんど)(こと)は、119自尊心()が、120()っとも()くては不可(いかん)ぞよ。121()()くては、122()ンな御用(ごよう)いたすには、123柔和(おとなし)いばかりでも()()はんぞよ。124自尊神()()(だけ)臍下丹田(はらのした)(しず)めて()いて、125従来(これまで)(こころ)を、126さッぱり()てて(しも)ふて、127(もと)大和魂(やまとだましい)になりて()りて(くだ)されよ。128太初(もと)神代(かみよ)()(もど)るのであるから、129これ(まで)(こころ)持方(もちかた)守護神(しゅごじん)使(つか)はれて()肉体(にくたい)130霊魂(みたま)ハ、131日本(にほん)(くに)御土(おつち)()まして(もら)へんやうに、132(きび)しくなるぞよ。133従来(これまで)(あく)()でありたから、134(わる)(こと)をする守護神(しゅごじん)ほど(うへ)へあがりて、135出世(しゅっせ)出来(でき)たなれど、136さッぱり()がかはりて、137(あく)(みたま)()ッとも()かんやうに立替(たてかへ)るぞよ。138上下(うへした)顛倒(かえへ)りて()りた()(もと)(もど)りて(むかし)弥陸(みろく)(さま)()になるのであるから、139(ぜん)(ひと)ツの真正(まこと)(みち)が、140(つく)()へてあるから、141()(みち)(ひと)ツになりて、142心安(こころやす)弥陸(みろく)(さま)()近寄(ちかよ)りたぞよ。143この()ニなれば、144今迄(いままで)覇張(はば)りて()りた(あく)(みたま)()()けて、145根底国(そこのくに)()りて仕舞(しも)ふて、146生粋(きっすい)水晶(すいしょう)()ニいたすのであるから、147中々(なかなか)(ほね)()れるなれど、148末代(まつだい)(ぜん)(ひと)ツの()(いた)して、149向后(このさき)では、150立替(たてかへ)(いた)さいでも()いやうに(いた)すのであるぞよ。