霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
テキストのタイプ[?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示[?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌[?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注[?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色
外字1の色
外字2の色

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

大正四年旧八月三十日

インフォメーション
種類:大本神諭 年月日:1915(大正4)年10月8日(旧8月30日)
神霊界掲載号:第51号 27頁 神霊界八幡書店復刻版:第1巻 391頁 七巻本:第2巻 168頁 五巻本:未調査 三五神諭:なし 東洋文庫天の巻:なし 東洋文庫火の巻:131頁 連合会水の巻:なし 大本史料集成:未調査 庶民生活史料集成:50頁
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
001 大国常立尊(おおくにとこたちのみこと)末代(まつだい)(こと)を、002(なお)()()くので()るから、003一度(いちど)筆先(ふでさき)()した(こと)は、004毛筋(けすじ)(ちが)ひは(いた)さんぞよ。005(てん)規則(きそく)(やぶ)りた身魂(みたま)が、006二度目(にどめ)()立替(たてかえ)(いた)したら、007何彼(なにか)(こと)厳敷(きびしく)なりて、008一寸(ちょっと)でも背反(ちが)うた行為(こと)をいたした身魂(みたま)は、009其場(そのば)霊魂(みたま)素姓(せうらい)(あら)はして()せるから、010(あく)(れい)一寸(ちょっと)()かんやうに、011(れい)(たひら)げてしまふて、012末代(まつだい)(かがみ)(いた)すぞよ。013そんな(むご)いことに(いた)したら、014(あく)守護神(しゅごじん)是迄(これまで)とは(おも)ひが、015天地(てんち)相違(そうゐ)でありたと()(こと)が、016了得(わかり)()るぞよ。017改心(かいしん)(いた)して、018(うぶ)(こころ)()()へて、019(てん)()との先祖(せんぞ)(もう)すやうに(いた)すなら、020向後(このさき)何彼(なにか)(こと)を、021(はこ)さしたやうに、022(おも)ふやうに()らして()るなれど、023一寸(ちょっと)でも反抗心(てきたいこころ)()守護神(しゅごじん)使(つか)はれて()りたら、024(だま)りて()りて(ちょう)()りてしまふから、025日本(にほん)(くに)(ちょう)()られたら、026外国(がいこく)にも()いて(もら)えんぞよ。027大地(だいち)(うへ)住居(すまゐ)出来(でき)譴責(こと)(きび)しく()るぞよ。028従前(これまで)のやうな放縦(ずんだら)精神(こころ)()ちて()りたら、029其場(そのば)厳罸(いましめ)()るぞよ。030今度(こんど)二度目(にどめ)()立替(たてかえ)立直(たてな)しは、031人民(じんみん)何程(なんぼ)沢山(たくさん)()りて()ても、032末代(まつだい)かかりても(むかし)(かみ)神力(しんりき)でないと、033到底(とうてい)出来(でき)はいたさんぞよ。034人民(じんみん)智慧(ちえ)学力(がくりょく)では成就(じょうじゅ)いたさんぞよ。035()(もと)(もど)りて、036(むかし)(てん)規則(きそく)()(もと)()高天原(たかあまはら)御屋敷(おやしき)に、037西(にし)(ひがし)(てん)御宮(おみや)()てて、038三体(さんたい)大神様(おおかみさま)末代(まつだい)()(あが)りを()さるといふやうな、039結構(けっこう)(こと)()(とうと)霊地(とこ)であるから、040経営準備(したごしらえ)時日(ひま)()りたので()るぞよ。041天地(てんち)御宮(おみや)御用(ごよう)いたした(まこと)人民(じんみん)は、042末代(まつだい)帳面(ちょうめん)()けて、043(その)身魂(みたま)結構(けっこう)(いた)して、044御礼(おんれい)(もう)すぞよ。045()(もと)から変性男子(へんじょうなんし)御魂(みたま)と、046変性女子(へんじょうにょし)御魂(みたま)とが、047産霊(こしらへ)てありての、048今度(こんど)大経綸(おおしぐみ)であるぞよ、049一々万々確固不易(へんじゃうなんし)()神言霊(みたま)操縦与奪其権有我(へんじゃうにょし)()神言霊(みたま)も、050サッパリ和光同塵(ばかし)て、051(ここ)まで(つと)めさして()るのは、052人眼(ひとめ)から()ては見当(けんとう)()れんやうに(いた)して()りたから、053種々(いろいろ)(わる)(もう)して、054人民(じんみん)()りたなれど、055粗末(そまつ)(ばか)して(いた)さねば、056()大望(たいもう)御用(ごよう)成就(じょうじゅ)いたさんから、057(わざ)とに変化(ばか)して御用(ごよう)(たて)()るぞよ。058利巧(りこう)(がく)(かんが)へても、059綾部(あやべ)大本(おほもと)経綸(しぐみ)は、060出来(でき)()がりて(しま)はんと、061神機(はた)()(ひと)が、062神機(はた)()りもって、063如何(どん)模様(もよう)出来(でき)()るといふ(こと)が、064(わか)らんぞよと(もう)して、065何時(いつ)筆先(ふでさき)()いて()せて()ろうがな。066何事(なにごと)天地(てんち)先祖(せんぞ)がさして()るので()るから、067仕上(しあが)りて(しま)はんと(わか)りは(いた)さんぞよ。068変性女子(へんじょうにょし)御用(ごよう)中々(なかなか)御苦労(ごくろう)であるが、069人民(じんみん)には(わか)(にく)いなれど、070モウ(わか)時節(じせつ)(まい)りて()たから、071(あま)りに是迄(これまで)(わる)(もう)して、072敵対(てきと)ふて()りた守護神(しゅごじん)使(つか)はれて()りた肉体(にくたい)が、073面目(めんぼく)ないやら(はず)かしいやらで、074()るにも()られず、075()(なに)(わか)(とこ)は、076世界中(せかいじゅう)(たず)ねても(ほか)には()いから、077慢神(まんしん)誤解(とりちがい)をいたしたら、078(この)大本(おほもと)(こま)るので()いぞよ。079(その)守護神(しゅごじん)肉体(にくたい)路頭(ろとう)()つから、080()れを()るのが(かみ)苦痛()であるから、081(みみ)(たこ)出来(でき)(ほど)詳細(こまこう)()()けて、082(いま)にをき()らして()るなれど、083自己(われ)(えら)いと(おも)ふて、084慢心(まんしん)取違(とりちがい)(いた)して()るから、085モウ取戻(とりもど)しが出来(でき)んぞよ。086()()(はば)()人民(じんみん)ほど慢神(まんしん)取違(とりちが)いが()るぞよ。087(かみ)()()(うち)から()()けておくぞよ。