霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
テキストのタイプ[?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示[?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌[?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注[?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色
外字1の色
外字2の色

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


誰も知らなかった日本史
〈 2016年6月3日緊急発刊 〉
王仁三郎昇天50年目に発見された新事実が明らかになる!
『切紙神示と共に甦る孝明天皇の遺勅(予言) 誰も知らなかった日本史 皇室に隠された重大な真実』
出口恒(著) 飯塚弘明(協力) ヒカルランド
アマゾン等で絶賛発売中!
本書の中に出てくる資料は「出口王仁三郎大学」でダウンロードできます
【新着情報】2017/3/17 王仁三郎関連書籍のPDFがこちらでダウンロードできます。たくさんあります。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

大正五年旧五月十四日

インフォメーション
種類:大本神諭 年月日:1916(大正5)年6月14日(旧5月14日)
神霊界掲載号:第52号 1頁 神霊界八幡書店復刻版:第1巻 413頁 七巻本:第2巻 173頁 五巻本:未調査 三五神諭:なし 東洋文庫天の巻:なし 東洋文庫火の巻:143頁 連合会水の巻:なし 大本史料集成:未調査 庶民生活史料集成:54頁
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
001 (むかし)根本(もと)(はじま)りのミロク(さま)が、002()()御先祖様(ごせんぞさま)であるぞよ。003斯世(このよ)一平(いったい)らに泥海(どろうみ)(おり)からの(こと)を、004直々(ぢきぢき)御血筋(おちすじ)の、005変性男子(へんじょうなんし)(かか)せるぞよ。006斯世(このよ)御先祖(ごせんぞさま)さまが、007()泥海(どろうみ)(なか)御出来(おでき)なされたなり、008霊能大神(ひのおおかみ)どのも(おな)泥海(どろうみ)(なか)御出来(おでき)()されたのであるぞよ。009(くち)()では(はや)いなれど、010中々(なかなか)(なが)(あいだ)(こと)であるぞよ。011それから(じき)御血統(おちすじ)御戴(おいただ)()されて、012()世界(せかい)創造(こしらへ)なさるまでの、013独身(ひとりみ)での(なが)御艱難(ごかんなん)(もう)すものは、014如何(どのゐ)にも(わか)(こと)では()い、015人民(じんみん)では到底(とうてい)見当(けんとう)()れは(いた)さんぞよ。016()先祖(せんぞ)(じき)御血統(おちすじ)()されたのは、017(かぎ)()末代(まつだい)()()たす(ため)に、018()先祖(せんぞ)霊魂(みたま)大国常立尊(おおくにとこたちのみこと)身魂(みたま)性来(せうらい)であるから、019如何(どう)いたしても(あま)(ひど)霊魂(みたま)()るから、020()霊魂(みたま)がありたら(かな)はんと(もう)して、021(みな)神々(かみがみ)同意(どうい)いたして、022(のう)(いた)さうと(おも)ふても、023()ても(やい)てもタタキ(つぶ)しても引裂(ひっさ)いても、024(だれ)()にも()はん(かみ)であるから、025(てん)のミロク(さま)夫々(それぞれ)霊魂(みたま)(こしら)へて御出(おい)でますので()るから、026普通(ひととおり)後世(あと)から出来(でき)霊魂(みたま)が、027何程(なんぼ)(ちから)()(かみ)でも後世(あと)で、028出来(でき)(かみ)矢張(やっぱ)枝神(えだ)であるから、029(えだ)(えだ)(よう)(あま)り、030覇張(はば)らんやうに(いた)して、031(われ)霊魂(みたま)性来(しょうらい)(こと)()()りたら、032斯世(このよ)(おだや)かに()(をさ)まりて()けるなれど、033霊魂(みたま)性来(しょうらい)(わる)いのが()れて()きよると、034(わる)謀反(むほん)(もと)からの性来(しょうらい)()かんのであるぞよ。035見苦(みぐる)しい性来(しょうらい)(よく)(ふか)身魂(みたま)も、036(おな)泥海(どろうみ)(なか)()りた(おり)に、037(はら)(なか)()見透(みすか)して()りての、038(いま)大変(たいもう)な、039何彼(なにか)世界(せかい)難渋(なんじゅう)であるぞよ。040初発(しょっぱつ)からの(こと)一度(いちど)(つづ)いては()けんぞよ。041(あま)(なが)(あいだ)(こと)であるから、042筆先(ふでさき)のチット(ひま)(おり)に、043変生男子(へんじょうなんし)()大国常立尊(おおくにとこたちのみこと)(みな)()くので()るから、044合間(あいま)(かい)ておかねば()らん、045(ふる)()初発(しょっぱつ)事柄(ことがら)を、046末代(まつだい)(のこ)二度目(にどめ)()立変(たてかえ)(おり)の、047初発(しょっぱつ)から()いて()ること、048毛筋(けすじ)(ちが)いは(いた)さんぞよ。049大出口直(おおでぐちなお)には明治(めいじ)二十五(ねん)からのやうに(おも)ふて()るなれど、050(なお)霊魂(みたま)此方(このほう)霊魂(みたま)這入(はい)りて()りて、051半分(はんぶん)霊魂(みたま)天照大神(みろくさま)のお妹御(いもうとご)にして()りて。052死変(しにかは)()(かわ)苦労艱難(くろうかんなん)(くや)残念(ざんねん)(いま)(いた)して()身魂(みたま)であるぞよ。053(なお)に二十五(ねん)から此方(このほう)守護(しゅご)(いた)したやうに、054(みな)のものが(おも)ふて()るなれど、055()ぶから守護(しゅご)して()りたのじゃぞよ。056(むかし)からの霊魂(みたま)因縁(いんねん)057性来(しょうらい)(わか)時節(じせつ)(まい)りて()て、058(むかし)から(わか)らなんだ(こと)が、059()(もと)(こと)から()(すえ)(こと)の、060明白(ありやか)(わか)時節(じせつ)(まい)りて()て、061(むかし)から()(こと)綾部(あやべ)大本(おほもと)から()らせるぞよ。062天照大神月読神(みろくさま)御出(おで)ましに御成(おなり)なさるに(つい)て、063大国常立尊(おおくにとこたちのみこと)(あら)はれるなり、064大国常立尊(おおくにとこたちのみこと)(あら)はれると、065音姫殿(おとひめどの)()ぎに結構(けっこう)大望(たいもう)御用(ごよう)出来(でき)て、066音姫殿(おとひめどの)御宝(おたから)()げて、067(さら)つの金銀(きんぎん)綾部(あやべ)大本(おほもと)に、068二度目(にどめ)()立替(たてかえ)(いた)して、069(なに)(さら)つに()るのであるから、070乙姫殿(おとひめどの)御財宝(おんたから)綾部(あやべ)大元(おおもと)持運(もちはこ)びて、071(さら)つの金銀(きんぎん)()準備(じゅんび)(いた)さな()らんから、072立替(たてかえ)(なか)(あと)立直(たてなほ)しの大事(だいじ)乙姫(おとひめ)どのの御宝(おたから)(ひか)りを()して、073変生男子(へんじょうなんし)霊魂(みたま)と、074大国常立尊(おおくにとこたちのみこと)霊魂(みたま)とが(ひと)つに()りて、075その御宝(おたから)(おそ)(おお)くも天照皇大神宮殿(てんしょうこうだいじんぐうどの)玉水(たますい)乙姫(おとひめ)どのとお両方(ふたかた)が、076○○の大神(おおかみ)(あら)はれて、077御受取(おうけとり)(もう)して()るのじゃぞよ。078経綸(しぐみ)(どほ)りに準備(じゅんび)()ちて()るなれど、079肝腎(かんじん)大国常立尊(おおくにとこたちのみこと)が、080()だスックリと御夫婦(ごふうふ)御揃(おそろ)ひに()りて御出(おいで)んから、081何彼(なにか)(こと)()びたぞよ。082()びた()けは世界(せかい)(こと)が、083何事(なにごと)()(こと)(いや)(こと)も、084(なに)一度(いちど)()りて()て、085世界(せかい)には(あが)()りで混雑(こんざつ)()ると(もう)して、086毎度(まいど)()(さき)()()けてあるぞよ。087ここまでに()()けておいたら、088(これ)落度(おちど)はヨモヤ()るまい、089(ねん)(ねん)充分(じゅうぶん)()して()るぞよ。090立替(たてかえ)十年(じゅうねん)あまりて()びたから、091立替(たてかえ)()りたら(きび)しきから、092(いま)()らして()るのに(いま)人民(じんみん)左程(さほど)(おも)ふて()らんが、093一度(いちど)(なに)()()したら、094()うにも其処(そこ)()りてから、095何程(なにほど)天地(てんち)御謝罪(おわび)(もう)しても、096天地(てんち)(かみ)()んな(こと)にかかりては()れんから、097(いま)(うち)()()いとアリアリ(もう)して()らしても、098ソンナ(こと)何時(いつ)(もう)(こと)じゃと(おも)ふて、099気楽(きらく)(おも)ふて()るから、100()()()()()(いた)したなれど、101(いま)人民(じんみん)(あま)悪胴(わるどう)(すわ)りて()るから、102実地(じっち)(かみ)閉口(へいこう)であるぞよ。103(いま)人民(じんみん)には(かみ)神力(しんりき)(わた)人民(じんみん)(まれ)であるが、104何程(なんぼ)でも(かみ)神力(しんりき)()るなれど、105(もろ)ふた神力(しんりき)(ひか)りを()()さんから、106(いま)人民(じんみん)(こころ)(かみ)とは反対(はんたい)であるから神徳(しんとく)今度(こんど)何程(なんぼ)でも(わた)すなれど、107神徳(しんとく)持切(もちきり)にはして(もら)えんから、108(もろ)ふた神徳(しんとく)には(ひか)りを()して(もら)はんと、109(むかし)(はじま)りの(こと)から、110世界中(せかいじゅう)(たず)ねても世界中(せかいじゅう)には(わか)らん(こと)の、111(だれ)()うせん(こと)(わか)る、112世界(せかい)大本(おほもと)であるから、113(いま)では()(まこと)(いた)さんなれど、114綾部(あやべ)大本(おほもと)変生男子(へんじょうなんし)()筆先(ふでさき)は、115(むかし)からの実地(じっち)仕組(しぐみ)筆先(ふでさき)であるから、116世界中(せかいじゅう)其通(そのとお)りに()りて()るぞよ。117()()(うち)()らしてあるやうに、118世界(せかい)()りて()るぞよ。119何事(なにごと)筆先(ふでさき)()いてあるが、120未申(ひつじさる)金神(こんじん)身魂(みたま)改心(かいしん)出来(でき)(にく)性来(しょうらい)であるから、121(もの)(おそ)()りたのであるから、122何彼(なにか)(こと)素直(すなほ)(いた)したら(もの)(はよ)うなりて、123世界(せかい)(はや)()()ると()(こと)が、124筆先(ふでさき)()()けて()ろうがな。125(ひつじさる)金神(こんじん)改心(かいしん)(おそ)かりただけ、126(もの)(おそ)()ると()(こと)が、127筆先(ふでさき)()らしてあるが、128(ひつじさる)金神(こんじん)(もう)すやうに(いた)せば、129余程(よほど)(もの)(はや)()るのに、130一段(いちだん)(おく)れると大変(たいへん)(なに)(おく)れるから、131(もう)すやうに(みな)(いた)されよ。132龍宮(りゅうぐう)乙姫殿(おとひめどの)が、133初発(しょっぱつ)結構(けっこう)大望(たいもう)御用(ごよう)出来(でき)て、134世界中(せかいじゅう)立直(たてなほ)しの御用(ごよう)なさるのも、135(みな)心一(こころひと)つの持方(もちかた)であるぞよ。136()御用(ごよう)出来(でき)るのも、137イヤな(こと)出来(でき)るのも、138(これ)までに(かた)()(こと)であるぞよ。
139 (むかし)(もと)天地(てんち)(ふる)大神(おおかみ)は、140(みな)仏事(ぶつじ)()りて守護(しゅご)(いた)して()りたぞよ。141仏事(ぶつじ)(がく)()(しま)いとなりて()たから、142(あく)では()世界(せかい)のお(つち)(うへ)では、143一足(ひとあし)(さき)()(こと)も、144(あと)(もど)ることも出来(でき)んやうの時節(じせつ)(まわ)りて()たぞよ。145天地(てんち)先祖(せんぞ)斯世(このよ)には()()うに(いた)してをいて、146()んな()()()いと(もう)して、147()()()れる(ほう)(かみ)御歓(およろ)こびで、148(ここ)までは()寸法(すっぽう)()(かた)で、149我良(われよ)しで、150悪賢(わるがしこ)守護神(しゅごじん)(うへ)(あが)りて、151(しも)(こと)()()()うな(やさ)しひ身魂(みたま)()()うに、152(あく)(から)みて(しも)ふて()るから、153二度目(にどめ)()建替(たてかえ)(いた)すには、154何彼(なにか)(こと)(ひま)()るし、155(ほね)()れる(こと)であるが、156其筈(そのはず)じゃ。157(わか)りた身魂(みたま)(ちっ)ともないから、158日本(にほん)(くに)(いま)難渋(なんじゅう)159これから(ぜん)根本(もと)活神(いきがみ)(みな)(そろ)ふて御活動(おはたらき)()るから、160(はじ)りたら何事(なにごと)もバタバタと(らち)()くぞよ。
161 斯世(このよ)()()れる(かみ)精神(せいしん)(わる)いから、162世界中(せかいじゅう)(なに)()らん人民(じんみん)が、163()らず()らずに悪魔(あくま)()りて、164(この)状態(なり)()建替(たてかえ)(いた)さずにおいたら、165()()しに斯世(このよ)人民(じんみん)が、166(おに)悪蛇(あくじゃ)悪魔(あくま)(ばかり)りに(みな)()りて(しも)ふて、167身魂(みたま)がヂリヂリ()りに(ひと)()くなるぞよ。168(のこ)りて()人民(じんみん)も、169()()やうにも仕様(しよう)()()うになりて、170人民(じんみん)共喰(ともぐい)(いた)すやうに()りて、171それはイヤラしい()になりて、172斯世(このよ)一旦(いったん)絶滅(たえ)(しま)ふぞよ。173(これ)までとは、174(ひと)(かな)はん()()りて、175一日(いちにち)(まし)霊魂(みたま)()()うに()りて(しま)(ところ)までの(こと)(わか)りて()るから、176日本(にほん)根本(もと)(てん)御先祖様(ごせんぞさま)撞能大神様(つきのおおかみさま)であるのに、177粗末(そまつ)(こと)()てをいて、178(えだ)(かみ)やら、179日本(にほん)(くに)(わた)りては()られん、180外国(がいこく)()げてある国悪(こくあく)(むこ)ふの先祖(せんぞ)が、181日本(にほん)御系統(おちすじ)(うま)(こと)()()みて、182(がく)日本魂(やまとだましい)(ひき)()きて(しも)ふて、183日本(にほん)神徳(しんとく)()いやうに、184(もと)からの国悪(こくあく)仕組(しぐみ)(どほ)りに、185トントン拍子(びょうし)(ここ)までは面白(おもしろ)いほど(のぼ)れて()たのが、186九分九厘(くぶくりん)(あく)(りん)(どま)りと()りて、187(あく)(れい)一寸(ちょっと)()かんやうに、188(ぜん)一筋(ひとすじ)のミロク(さま)根本(もと)()()(もど)るのであるから、189此先(このさ)きは(もと)の「いろは」四十八文字(しじゅうはちもじ)身魂(みたま)で、190世界中(せかいじゅう)通用(つうよう)いたさすぞよ。
191 今度(こんど)()立替(たてかえ)で、192末代(まつだい)()持方(もちかた)(きま)るのは、193(なが)らくの(あいだ)御苦労(ごくろう)をなされて、194(この)世界(せかい)御拵(おこしら)へなされたミロク(さま)を、195(ここ)までに()うでも()いといふ()うな、196待遇(あしらい)(いた)して()りた悪神(わるがみ)()(かた)を、197明治(めいじ)二十五(ねん)から全部(さっぱり)(あら)はしてあるから、198(あく)(ほう)からの言訳(いひわけ)出来(でき)よまいがな。199()るかったと()()いて()て、200天地(てんち)御詫(おわび)(いた)さんと、201(ゆる)して()るといふ(こと)出来(でき)んから、202()()いた守護神(しゅごじん)から御詫(おわび)をいたされよ。203いつ何時(なんどき)()(ひら)(かへ)(わか)らんぞよ。204()(ひら)がかへりたら、205()んどころじゃ()いぞよ。206世界中(せかいじゅう)何彼(なにか)(こと)一所(いっしょ)()りて()るから、207()んな(こと)(かか)りては()れんから、208(これ)までに度々(たびたび)()()けて()りたなれど、209()()いて御詫(おわび)(まい)りて()守護神(しゅごじん)が、210(いま)にないぞよ。211何事(なにごと)天地(てんち)御詫(おわび)一旦(いったん)(いた)さん(こと)には、212此先(このさき)(これ)までの()持方(もちかた)がサッパリ(かわ)るので()るから、213(さら)つの()()るから、214今迄(いままで)(こころ)では(だれ)相手(あいて)()りて(もら)えん風来者(ふうらいもの)となるぞよ。215(これ)までの(よう)鼻高(はなだか)()ると、216(みな)風来者(ふうらいもの)となるぞよ。217外国(がいこく)から(わた)りて()守護神(しゅごいん)は、218一日(いちにち)(はよ)我国(わがくに)(かえ)りて、219居所(ところ)(こと)をいたすが()いぞよ。220日本(にほん)(くに)日本(にほん)()(かた)()(しま)ふぞよ。221日本(にほん)(くに)(もと)()(もと)であるから、222()(もと)見習(みなら)ひを(いた)して、223(もと)(まこと)行方(やりかた)(みな)()えさすのであるから、224(いま)までとは天地(てんち)(かは)りに()るぞよ。225(かは)りかけたら(はや)いから、226(これ)までのやうに(おも)ふて()ると、227後廻(あとまわし)()りては(つま)らんから、228改心(かいしん)改心(かいしん)一点張(いってんば)りに(もう)して、229(おな)()うな(こと)毎度(まいど)()かしたが、230何彼(なにか)時節(じせつ)(まい)りたから、231改心(かいしん)為勝(しがち)232利益(りやく)取勝(とりがち)になるぞよ。233(なに)一度(いちど)()りて()て、234(せわ)しう()ると(もう)してあるぞよ。
235 (この)さきは日本(にほん)(うち)出来(でき)身魂(みたま)は、236善一(ぜんひと)つに立復(たちかえ)りたら、237夫々(それぞれ)御用(ごよう)命令(めいれい)()げて()るなれど、238毛筋(けすじ)横幅(よこはば)でも(あく)性来(しょうらい)(まぜ)りた身魂(みたま)は、239日本(にほん)(くに)には()かん規則(きそく)制定(きまり)たから、240是迄(これまで)(こころ)守護神(しゅごじん)日本(にほん)(くに)には()れんぞよ。241善一(ぜんひと)つの(まこと)(みち)の、242天地(てんち)御恩(ごおん)(わか)守護神(しゅごじん)から、243()くしてやるから、244(ぜん)御道(おんみち)乗替(のりかへ)れば此先(このさき)(うれ)(うれ)しの()(ばな)(さい)て、245末代(まつだい)(しほ)れぬ活花(いきばな)()く、246綾部(あやべ)大本(おほもと)()る、247(とうと)(ところ)であるから、248(はよ)改心(かいしん)(いた)した身魂(みたま)から()くしてやるぞよ。249身魂(みたま)身魂(みたま)出来(でき)(こと)をさせて(もろ)ふて、250(ぜん)(あく)との立分(たてわ)けが()るから、251(はよ)(ぜん)立復(たちかえ)身魂(みたま)から()(いた)して、252二度目(にどめ)()立替(たてかえ)の、253初発(しょっぱつ)(まこと)御用(ごよう)使(つか)ふぞよ。
254 二度目(にどめ)()立替(たてかえ)(いた)綾部(あやべ)大本(おほもと)御用(ごよう)は、255普通(ひととおり)(まこと)正直(しょうじき)身魂(みたま)では、256()()はんと(もう)して()るぞよ。257()ぶの(こころ)身魂(みたま)()いと、258(むかし)(もと)立替(たてかえ)天地(てんち)御用(ごよう)であるから、259末代(まつだい)肉体(にくたい)其儘(そのまま)()活神(いきがみ)()活動(はたら)かねば、260霊魂(みたま)ばかりの(かみ)では到底(とうてい)()()はんぞよ。261(てん)大神様(おおかみさま)御指図(おさしず)で、262()大国常立尊(おおくにとこたちのみこと)命令(めいれい)()げて使(つか)ふから、263(しず)まりて発根(ほつごん)(どう)()えて()らんと、264ポカついては(なに)出来(でき)んぞよ。265ジックリと(そろ)ふて、266各自(めんめ)(われ)(こころ)(あらた)めて()て、267(この)(こころ)では掃除(そうじ)出来(でき)()るか、268(この)(こころ)では活神(いきがみ)御用(ごよう)出来(でき)るものかといふ(こと)を、269十分(じゅうぶん)(われ)(かんが)へて()て、270(まこと)(とお)りたなら、271(かみ)から()()身魂(みたま)相応(そうおう)命令(めいれい)()げるから、272(その)(うへ)()いと、273大事(だいじ)御用(ごよう)()きから出来(でき)んぞよ。274(かみ)(ほう)大変(たいへん)(きび)しく()るから、275(ここ)()りて()(おり)に、276()ぐに御用(ごよう)出来(でき)るやうに、277(はら)(なか)塵埃(ごもく)をサッパリ()()して(しも)ふて、278身魂(みたま)(みが)()いを(いた)すやうに、279明治(めいじ)二十五(ねん)から日々(にちにち)に、280(ここ)までの筆先(ふでさき)()して()らして、281(こころ)()えて()りて(くれ)いと(もう)して、282(をこ)られる(ほど)()らしたが、283モウ立替(たてかえ)筆先(ふでさき)はモ()(こと)()いぞよ。