霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
テキストのタイプ[?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示[?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌[?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注[?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色
外字1の色
外字2の色

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


誰も知らなかった日本史
〈 2016年6月3日緊急発刊 〉
王仁三郎昇天50年目に発見された新事実が明らかになる!
『切紙神示と共に甦る孝明天皇の遺勅(予言) 誰も知らなかった日本史 皇室に隠された重大な真実』
出口恒(著) 飯塚弘明(協力) ヒカルランド
アマゾン等で絶賛発売中!
本書の中に出てくる資料は「出口王仁三郎大学」でダウンロードできます
【新着情報】2017/3/17 王仁三郎関連書籍のPDFがこちらでダウンロードできます。たくさんあります。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

大正四年旧八月二十八日

インフォメーション
種類:大本神諭 年月日:1915(大正4)年10月6日(旧8月28日)
神霊界掲載号:第52号 5頁 神霊界八幡書店復刻版:第1巻 417頁 七巻本:第2巻 191頁 五巻本:未調査 三五神諭:なし 東洋文庫天の巻:なし 東洋文庫火の巻:133頁 連合会水の巻:なし 大本史料集成:未調査 庶民生活史料集成:51頁
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
001 大国常立尊(おおくにとこたちのみこと)変生男子(へんじょうなんし)身魂(みたま)が、002大出口(おおでぐち)(かみ)(あら)はれて、003世界(せかい)守護(しゅご)(いた)さねば()らん()(まい)りたから、004何事(なにごと)(さき)()らせるぞよ。005何彼(なにか)(こと)天地(てんち)守護(しゅご)()りて()たから、006(いま)()筆先(ふでさき)(かか)した(こと)(はや)いから、007()きの筆先(ふでさき)(この)(ひと)(おも)(ひと)には()まして()かんと、008大神(おおかみ)守護(しゅご)になると、009一日(いちにち)()しに(はげ)しうなりて()て、010(これ)だけの筆先(ふでさき)()やうが()らんと、011(にわか)(せわ)しう()ると、012間違(まちが)いが出来(でき)るから、013何彼(なにか)落度(おちど)()いやうに、014(のこ)内部(なか)(こと)015行儀(ぎょうぎ)行為(をこない)も、016初発(しょっぱつ)から(かみ)精神(きかん)(かな)行状(をこない)出来(でき)()(ひと)と、017(おこな)ひの(わる)守護神(しゅごじん)肉体(にくたい)とは立別(たてわ)けが()るから、018()んな行為(をこない)して()りても、019御用(ごよう)出来(でき)ると()(こと)はないぞよ。020天地(てんち)先祖(せんぞ)実地(じっち)御用(ごよう)(いた)すには、021水晶(すいしょう)身魂(みたま)でないと、022大神(おおかみ)()(けが)()うな守護神(しゅごじん)肉体(にくたい)には、023(まこと)御用(ごよう)出来(でき)んぞよ。
024 (てん)御先祖様(ごせんぞさま)()大神様(おおかみさま)なり、025天照皇大神宮(てんしょうこうだいじんぐう)殿(どの)026()世界(せかい)先祖(せんぞ)大国常立尊(おおくにたちのみこと)027龍宮(りゅうぐう)乙姫(おとひめ)殿(どの)028日出(ひので)火水(かみ)御使(おつか)()されて、029夫婦(ふうふ)(そろ)ふて、030天地(てんち)大神(おおかみ)片腕(かたうで)()りなされての、031御活動(おはたらき)であるぞよ。032(いわ)(かみ)殿(どの)033(あれ)神殿(かみどの)034(かぜ)神殿(かみどの)035(あめ)神殿(かみどの)036暗剣殿(あんけんどの)037地震(じしん)大神殿(おおかみどの)038金神殿(こんじんどの)行状(をこない)の、039(なに)(そろ)ふて出来(でき)御方(おんかた)040()()いて使(つか)ふぞよ。041金神(こんじん)(なか)でも放縦不規(どうらく)なのは使(つか)はんぞよ。042(きび)しく()るから(ここ)()るまでに(みな)(わか)りて()らんと、043逆立(さかだち)()りて(くる)しまんならん、044守護神(しゅごじん)沢山(たっぴつ)出来(でき)るから、045明治(めいじ)二十五(ねん)から、046昼夜(ちゅうや)(みな)神々(かみがみ)()()けて()りたぞよ。047今度(こんど)大神様(おおかみさま)御揃(おそろ)ひに御成(おな)りなさるのに、048()()守護神(しゅごじん)()()()れる(ほう)には、049チットモ()いと()ふやうな、050(むご)(こと)()(みだ)れて(しも)ふて()るぞよ。051()うなる(こと)()(もと)から()(わか)りて()りての、052何彼(なにか)大望(たいもう)である、053()んな(むご)(こと)()りて()りても、054実地(じっち)大神様(おおかみさま)御苦労(ごくろう)()りて()りても、055(わか)らんと()()うな時節(じせつ)()りて(しも)ふて、056暗闇(くらやみ)(なに)(わか)らん世界(せかい)守護神(しゅごじん)に、057明治(めいじ)二十五(ねん)から()らしてありたが、058(みち)二途(ふたみち)(こしら)えて、059(ゑら)(みち)(らく)(みち)二筋(ふたすじ)こしらへて()()れば、060(みな)(らく)(ほう)()いて、061(らく)()(かた)()きよるが、062この(みち)少時(しばらく)するとトント()(あた)りて、063()(さき)()くなると()(こと)も、064筆先(ふでさき)()らして()るが、065()らした(こと)(みな)実現(でて)くるぞよ。066(おそ)(はや)しは()るなれど、067(みな)()()るぞよ。068(いま)()筆先(ふでさき)(はや)いぞよ。
069 (むかし)から()(こと)世界(せかい)には出来(でき)()て、070人民(じんみん)からは出来(でき)()がりて(しま)はんと、071実地(じっち)(こと)感得(とれ)んから、072筆先(ふでさき)(かか)すのは、073(てん)()との言葉(ことば)(かわ)りに、074(さき)にある(こと)前日(まへつ)前月(まへつ)()くのが、075変生男子(へんじょうなんし)御役(おんやく)であるぞよ。076変生女子(へんじょうにょし)御役(おんやく)御苦労(ごくろう)であるから、077何方(どちら)御用(ごよう)(ほか)身魂(みたま)では出来(でき)ん、078大望(たいもう)(こと)であるぞよ。079変生女子(へんじょうにょし)には斯世(このよ)(これ)までの、080(みだ)れた(ほう)(こと)がさして()りて、081澄子(すみこ)には()()()れた、082天之宇受売命(あめのうずめのみこと)殿(どの)摺替(すりかへ)()りたから、083夫婦共(ふうふとも)是迄(これまで)()()(かた)がさして()りたから、084○○○○○○○何彼(なにか)(こと)九分九厘(くぶくりん)()りて()て、085大神様(おおかみさま)直接(ぢき)御守護(ごしゅご)()りてきたから、086大本(おほもと)内部(なか)()(かた)(かへ)て、087男子(なんし)男子(なんし)行動(をこない)088女子(にょし)女子(にょし)行状(をこない)()(もら)はんと、089此先(このさき)是迄(これまで)()うには()せんから、090()張弓(はりゆみ)091抜刀(ぬきみ)(なか)()るやうに(おも)ふて、092心得(こころえ)()らんと、093肝腎(かんじん)御用(ごよう)出来(でき)んぞよ。094(ぜん)御道(おんみち)一筋(ひとすじ)()りて()かねば、095()()ちて()かんぞよ。096斯世(このよ)はエライ(こと)()りて()るから、097何事(なにごと)筆先(ふでさき)()いて()らせるから、098一度(いちど)(もう)した(こと)素直(すなほ)()いて、099(その)(おこな)いを(いた)さな()らんから、100一度(いちど)何事(なにごと)()身魂(みたま)()いと、101(この)大本(なか)へこの(さき)段々(だんだん)と、102遠国(とおく)からも近国(ちかく)からも(ひと)()()て、103(この)(なか)行為(をこない)(みな)()()けるから、104今迄(いままで)行状(おこない)では、105()()(ひと)承知(しょうち)(いた)さんから、106(これ)だけ厳敷(きびしく)筆先(ふでさき)()(つけ)()るのじゃぞよ。107(かみ)威勢(いせい)()して(もら)ふのは、108(この)大本(おほもと)から、109(この)(なか)行動(をこない)()て、110御蔭(おかげ)感得(とり)て、111(ひと)御蔭(おかげ)()らすやうに(いた)さな()らんから、112○○○○○(かみ)()んな(おしへ)(いた)し、113()んな(おこな)いも(いた)すなれど、114人民(じんみん)()(おり)(こわ)()うに(おも)ふなれど、115(はら)(なか)から()けんやうに(もっ)()らんと是迄(これまで)のやうには()かんから、116この(さき)立分(たてわ)けが(はじ)まるから、117大本(おほもと)(なか)(そと)も、118天地(てんち)(ちが)いに一日(いちにち)()しに(かは)るから、119(かわ)りかけたら(はや)いから、120是迄(これまで)()うに(おも)ふて()りた守護神(しゅごじん)が、121逆立(さかだち)()りて(くる)しむものが沢山(たっぴつ)あるから、122()れを()るのが、123此方(このほう)地王(なお)もイヤで()るから、124(これ)ほどクドウ()()けたなれど、125()()()れる守護神(しゅごじん)が、126苦労(くろう)()らずの、127(ぎゃう)(いた)さんと(らく)()(かた)で、128()んな()政治()があるものかと(もう)して、129前後(あとさき)()えん、130前途(あと)()うなる()うなると()(こと)の、131末代(まつだい)(みえ)()火水神(いきがみ)(もう)(こと)(もち)ゐずに、132仕放題(しほうだい)我良(われよ)しの守護神(しゅごじん)人民(じんみん)は、133(われ)苦労(くろう)()てないから、134(ひと)(くる)しむのが面白(おもしろ)いと()()うな、135悪魔(あくま)()()りて()るなれど、136(この)(さき)逆立(さかだち)()りて(くる)しまねば()らん(こと)()()るが、137()れを()るのが(いや)であるから、138日々(にちにち)(いま)(つづ)いて()()けたが、139実地(じっち)をして()せる()(まい)りて()て、140モウ何程(なんぼ)御詫(おわび)(いた)しても(かな)はんやうに(せま)りて()て、141実地(じっち)(いた)して、142()()けて処置(しょち)()けな、143何時(いつ)まで()()かしても()守護神(しゅごじん)()いぞよ。144(さら)つの(あら)(かへ)()(こしら)へる(ほう)仕宜(しよ)いぞよ。145向後(さき)結構(けっこう)なれど、146(この)(かは)()がイヤな(こと)であるぞよ。147今度(こんど)天地(てんち)先祖(せんぞ)(もう)すやうに(いた)して、148日本(にほん)霊主国(ひのもと)(のこ)して(もろ)ふた身魂(みたま)は、149末代(まつだい)結構(けっこう)であるぞよ。150(おに)性来(しょうらい)悪魔(あくま)御魂(みたま)()りて()海外(むかう)(くに)眷属(けんぞく)(たぬき)性来(しょうらい)が、151()るシブトウて、152天地(てんち)御恩(ごおん)有難(ありがた)(こと)()らず、153(こわ)(こと)()し、154(この)性来(しょうらい)日本(にほん)(くに)では一寸(ちょっと)(まじ)りても、155(この)(さき)焼払(やきはら)ひに(いた)して、156日本(にほん)大和魂(やまとだましい)(ばか)りに(そろ)えんと、157一寸(ちょっと)でも(のこ)りて()りたら、158()()きて()(ほろ)ぼして(しも)ふて、159(てん)()との先祖(せんぞ)(そろ)ふて、160末代(まつだい)()(つづ)かせな()らん()(まい)りて()たから、161是迄(これまで)善悪混交(まぜこぜ)()では、162一寸(いっすん)(さき)()(こと)もならず、163(あと)(もど)(こと)()出来(でき)ず、164()きも(もど)りも()らんのが(いま)(こと)であるが、165是迄(これまで)()()(あし)()()りたから、166如何(どない)して()りても安楽(らく)()(かた)(こわ)(こと)のない()でありたから、167()ういふ難渋(なんじゅう)(こと)(まわ)りて()るのも、168(みな)時節(じせつ)であるぞよ。169(この)時節(じせつ)()るのも、170(もと)大神様(おおかみさま)付々(つきづき)守護神(しゅごじん)精神(こころ)が、171(あく)でありたからであるぞよ。
172 (ぜん)(ひと)つの御先祖様(ごせんぞさま)の、173(いち)番頭(ばんとう)()番頭(ばんとう)が、174表面(うへ)から()ては(ぜん)()えて、175心腹(はら)(なか)極悪(ごくあく)でありたからであるぞよ。176(なに)()(はら)(なか)まで()()く、177天地(てんち)先祖(せんぞ)肉体(にくたい)の、178(いま)(その)(まま)()れる活神(いきがみ)が、179(むかし)から根本(こんぽん)経綸(しぐみ)()てありての、180今度(こんど)二度目(にどめ)()立替(たてかえ)であるぞよ。181ドチラの仕組(しぐみ)中々(なかなか)一通(ひととお)りの身魂(みたま)では(わか)(こと)ではない、182大望(たいもう)経綸(しぐみ)であるぞよ。183(あく)(ほう)もエライ経綸(しぐみ)(いた)して()るぞよ。184(ぜん)(ほう)見当(けんとう)()れん経綸(しぐみ)()てあるぞよ。185(ぜん)経綸(しぐみ)(あく)経綸(しぐみ)も、186()(もと)から(いた)してあるのであるぞよ。187()れで斯世(このよ)には(むかし)から、188双方(どちら)(くに)にも口舌(くぜつ)()えなんだので()りたぞよ。189(ぜん)苦労(くろう)(なが)いぞよ。190(わか)るにも(ひま)()りたので()るぞよ。191(あく)苦労(くろう)なしに為放題(しほうだい)で、192(おも)ふやうにトントン拍子(びょうし)(のぼ)れたなれど、193(あく)生命(よわい)(みじか)いぞよ。194九分九厘(くぶくりん)(あく)()(たひ)らげてしまふぞよ。