霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】霊界物語読者アンケート実施中! こちらからどうぞ。〆切りは7月17日です。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

明治三十二年旧正月十八日

インフォメーション
種類:大本神諭 年月日:1899(明治32)年2月27日(旧1月18日)
神霊界掲載号:第53号 6頁 神霊界八幡書店復刻版:第1巻 458頁 七巻本:第3巻 23頁 五巻本:未調査 三五神諭:なし 東洋文庫天の巻:84頁 東洋文庫火の巻:なし 連合会水の巻:なし 大本史料集成:未調査 庶民生活史料集成:なし
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :os079
001 この筆先(ふでさき)はお(なお)()()りて、002(うしとら)鬼門(きもん)金神(こんじん)()くのじゃぞよ。003色々(いろいろ)(いた)して()()きて()たれども、004金光(こんこう)取次(とりつぎ)には(まこと)()いぞよ。005モウ(ひと)出口(でぐち)(なお)()苦労(くろう)になりて、006(かみ)(ひら)かな(ひら)けんぞよ。007どうぞ熱心(ねっしん)(ひと)は、008()世話(せわ)(いた)して(くだ)されよ。009世話(せわ)()りたり、010世話(せわ)(いた)したり、011(もち)()たれつの、012()(なか)であるから、013ゝゝ()()ちて()りた(かみ)が、014()()世話(せわ)であるから、015(はじま)りの世話(せわ)(いた)して(くだ)さりた御方(おかた)016()(のこ)(こと)であるぞよ。017()(のこ)世話(せわ)()るから、018チト()苦労(ぐろう)()れども、019結構(けっこう)世話(せわ)()るぞよ。020()世話(せわ)をさせるものが中々(なかなか)()いので、021(かみ)気苦労(きぐろう)(いた)すぞよ。022出口(でぐち)(なお)(こころ)()むので()るぞよ。023(この)ものなら(まこと)がチットは()ろうと(おも)ふて、024()()きて()れば、025(まこと)のものはチットも()いので、026物事(ものごと)(おく)れるのじゃぞよ。027明治(めいじ)二十五(ねん)に、028出口(でぐち)(なお)(もう)して()いたが、029(かみ)もとは一株(ひとかぶ)であるから、030(しまい)には(ひと)つに()るぞよ。031(かみ)一株(ひとかぶ)であれども、032取次(とりつぎ)(ちい)さい(こと)(もう)して()るが、033ソンナ(ちい)さい(こと)(もう)して()ると、034何時(いつ)()りても(かみ)(おも)わく()たんぞよ。035(まこと)(もの)(こしら)えて()れども、036(まこと)世話(せわ)(いた)して(くだ)さるものが()いと、037大望(たいもう)(こと)であるから、038物事(ものごと)(おそ)()りて()らんから、039金光(こんこう)取次(とりつぎ)よ、040(まこと)世話(せわ)出来(でき)んなら、041(これ)からモウ(ひと)出口(でぐち)(なお)()苦労(くろう)()りて、042(これ)から(なを)()()きて、043(まこと)(もの)対面(たいめん)さして、044(まこと)ばかりを()して、045真正(せうまつ)(かみ)(ひら)かな、046中々(なかなか)()(こと)大望(たいもう)()るから、047(かみ)(ひら)かな(ひら)けんぞよ。048出口(でぐち)(なお)少時(すこし)(あいだ)(かみ)()(いこ)うも()れんから、049(みな)その覚悟(かくご)()りて(くだ)されよ。
050 (なお)()うして()いては、051(かみ)(おも)わく()たんぞよ。052出口(でぐち)(なお)今迄(いままで)(おと)して、053御用(ごよう)使(つこ)うたなれど、054モウ()うしては()けぬから、055チットの()(まこと)(ところ)()()きて、056(ぎょう)(いた)させねば、057(まこと)(こと)出来(でき)ぬから、058(その)覚悟(かくご)をして(くだ)されよ。059(なお)(あな)どりて、060(なお)()(くらゐ)といふ(こと)が、061綾部(ここ)()いては()かんからゝゝゝ
062 (まこと)信仰(しんこう)出来(でき)るものは一人(ひとり)()いが、063(これ)では(まこと)(ひら)けんぞよ。064(なお)(こころ)(つら)いぞよ。065(なお)(こころ)推量(すいりょう)してやりて(くだ)され、066(なお)可愛相(かわいそう)なぞよ。067一言(ひとこと)(もう)せば人民(じんみん)といふものは、068(こば)りぜうが()いから、069()ぐに(こころ)(そこ)()えるので、070(なお)(こころ)切無(せつな)さ、071()()金神(こんじん)(つら)いぞよ。072モチト神心(かみごころ)()りて(くだ)さらんと、073中々(なかなか)(うま)(こと)(ばか)(もう)して()りても()()らんぞよ。074(たれ)()らずモチト(こころ)(うつ)くしう()たねば、075(まこと)()()んぞよ。076(なお)教会(ここ)()いては(まこと)出来(でき)んぞよ。077(まこと)(つらぬ)くのは、078(まこと)()いと(まこと)(はな)()かんぞよ。079(ちか)(よく)(ばか)(もう)して()るもの(ばか)り、080(これ)では(なお)(つら)(ばか)り、081ゝゝゝ(その)(ほう)(こころ)()かれて、082(かみ)御用(ごよう)(うす)()りて、083ドウモ()らんから、084(まこと)(ひと)(ところ)()()くぞよ。085(まこと)(つらぬ)くのは陽気(ようき)浮気(うわき)ありては(つら)ぬけんぞよ。086一人(ひとり)御用(ごよう)()(いこ)うも()れんぞよ。087(まこと)(ひと)()いと()御用(ごよう)(つと)まらんぞよ。088(たれ)()らず()()らんと、089()御用(ごよう)()()りては、090チットも(かみ)使(つか)はんぞよ。091(かみ)御用(ごよう)()くのは、092()()りては()かず、093(はら)(おく)確固不抜(しっかり)いたした(ところ)()るものの、094上面(うはつら)(をと)なしきもので()いと()かず、095()()りて()()さぬものでないと、096()御用(ごよう)(つと)まらんぞよ。097(こころ)()きて()れば、098御用(ごよう)使(つか)ふものは中々(なかなか)()いぞよ。099()(かわ)りに、100(この)御用(ごよう)()いて(くだ)さりたならば、101(すえ)結構(けっこう)102()きから(うま)(こと)はないぞよ。103(いま)人民(じんみん)(あま)近慾(ちかよく)なから、104()いおかげを()(はず)して、105()(どく)なものじゃぞよ。106チト(しっか)(いた)さんと、107(はず)かしい(こと)()()るぞよ。108(あと)悟悔(こうかい)(なん)にも()らんぞよ。
109 改心(かいしん)いたせば(かみ)(きき)()みあれども、110中々(なかなか)改心(かいしん)出来(でき)んから、111是程(これほど)出口(でぐち)(なお)(かか)りて(なが)らく(もう)しても、112(まこと)()(ゆえ)チットも(わか)らぬから、113(わか)(ところ)()()かねば、114綾部(ここ)()(もと)()るのであるのに、115()れに()んな(こと)では、116どうも仕様(しよう)()いぞよ。117燈台(とうだい)下暗(もとくら)し、118余所(よそ)(ほう)詳細(くわしい)ことを()りて、119肝腎(かんじん)(もと)(なに)()らいでは()らんから、120(これ)だけに(もう)しても、121(なお)(あな)ずりて(まこと)(いた)さんが、122()(どく)(こと)出来(でき)ては()らんから、123クドウ()()けるのじゃぞよ。124四方(しかた)どのモチト(しっか)(いた)さんと()(どく)なぞよ。125(もと)()いか(たの)まれた(こと)()るで()いか、126(たの)甲斐(がい)()(こと)じゃぞよ。