霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

明治三十二年旧四月廿二日

インフォメーション
種類:大本神諭 年月日:1899(明治32)年5月31日(旧4月22日)
神霊界掲載号:第53号 7頁 神霊界八幡書店復刻版:第1巻 459頁 七巻本:第3巻 30頁 五巻本:未調査 三五神諭:なし 東洋文庫天の巻:87頁 東洋文庫火の巻:なし 連合会水の巻:なし 大本史料集成:未調査 庶民生活史料集成:なし
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :os080
001 足立(あだち)殿(どの)(まか)して()いては、002中々(なかなか)金神(こんじん)(おもて)には()らんから、003(この)(こと)大望(たいもう)()るから、004(まこと)(ひと)世話(せわ)だけ(いた)して(もら)ふのじゃぞよ。005()ても一人(ひとり)二人(ふたり)で、006シャチに()りても()かんぞよ。007この(こと)(かみ)仕組(しぐみ)いたして()(こと)であるから、008(その)(ほう)()きて世話(せわ)()りたら、009心配(しんぱい)(いた)さいでも()いぞよ。010(この)(こと)遠国(えんごく)から(ひら)けると(もう)して()ろうがな。011(はよ)(おもて)()守護(しゅご)をいたさんと、012物事(ものごと)(おそ)くなりて、013世界(せかい)人民(じんみん)(なご)(くる)しむぞよ。014(おもて)()りたら(かみ)(はげ)しくなりて、015人民(じんみん)()くなるぞよ。016(かげ)からの守護(しゅご)神力(しんりょく)(うす)いから、017(をもて)になりて(たす)けるぞよ。018仕事(しごと)(いた)さずの信心(しんじん)は、019(この)(かみ)(きら)ふぞよ。020信心(しんじん)業務(しごと)間暇(ほそば)出来(でき)るぞよ、021出口(でぐち)(なお)(これ)だけの御用(ごよう)をさしたが、022六年程(ろくねんほど)仕事(しごと)間暇(ほそば)にさしたぞよ。
023 上田茂頴明治三十二年二月十日、024出口開祖に初めて送りたる文
025 (一) (まこと)(かみ)(しもべ)上田茂頴は、026丹波国船井郡園部村黒田に在りて、027神の御柱なる最も敬愛する処の、028出口の開祖に心の文を書き送り奉る。
029 (二) 神の国の、030地の上に建てらる可き時は(きた)れり。031一日片時も躊躇し玉ふ時にあらず。032仰ぎ願はくは尊き開祖よ、033幾多の障害を排除して、034只管大神の御心に従ろい玉へ。
035 (三) 神の生命は永遠無窮なり、036去れど人の生命には限りあり。037大神は斯の限りある人の体によりて、038天の下に美はしき神の御国を建てさせむと為し玉ふ。
039 (四) 開祖刀自は大神の御宮居にして、040また神の力と頼み玉ふ御柱なり。041茂頴もまた神に仕へ奉る者なり。042故に、043御身と我とは互に大神より、044直接(じきじき)の御言葉を聞けり。045何を苦しみ玉ひて乎、046罪に汚れし人々の言葉に(ため)らい玉ふや。047時は来たれり、048為すは今なり。
049 (五)織機(はた)は経糸と緯糸とに由りて初めて織り上るなり。050車は両つの輪ありて進み行くなり。051如何に強く太く美はしく共、052一つ柱の何事をか能よ為す事を得んや。053大神の御神諭に由りて伺い奉るに、054刀自は百日の水行を以て人々の身魂を清め、055神国成就の神業に仕え賜ふ。056茂頴は鎮魂を以て人々の身魂を清むる事を仕え奉る。057仰ぎ願はくは開祖刀自よ、058大神より受け玉へる()が身の内の、059()と清く美はしき直日の霊魂に由りて、060省み玉はん事を。
061 (六) いと小さき事の為に、062(いと)大なる神の御業を、063誤ち玉ふ事忽れ、064人の為に万民を救ふ、065神の大道を忽諸になし玉ふ事なかれ。
066 (七) 彼の大道に障れる人々等も救ふ可き道あり、067彼等も共に嬉びて、068手を携ふるに至る可し。069兎角刀自が平素主唱せらるる、070敬神尊皇愛国の至誠には、071如何なる邪神と雖も妨ぐる事を得ざるべし。
072 (八) 茲に上田の茂頴、073天津神の御言以て、074布刀麻邇に占へて、075瑞能御魂と現はれて、076厳能御魂の宿らせ玉へる開祖刀自の御許に、077赤心を書き送り待べる。078厳の雄猛び邇猛び玉ひて、079神国成就之首途に急がせ玉はん事を祈り奉る。080
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)