霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
テキストのタイプ[?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示[?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌[?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注[?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色
外字1の色
外字2の色

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

大正六年旧九月三十日

インフォメーション
種類:大本神諭 年月日:1917(大正6)年11月14日(旧9月30日)
神霊界掲載号:第55号 5頁 神霊界八幡書店復刻版:第2巻 13頁 七巻本:第3巻 99頁 五巻本:未調査 三五神諭:なし 東洋文庫天の巻:なし 東洋文庫火の巻:189頁 連合会水の巻:なし 大本史料集成:未調査 庶民生活史料集成:71頁
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
001 (てん)御先祖(ごせんぞ)(さま)天御中主大神(みろくさま)であるぞよ。002全智全能神様(つきのおおかみさま)であるぞよ。003()世界(せかい)では天体之精()004大霊魂球之主()005一出現世()(あら)はれて、006(かく)れて守護(しゅご)(いた)しなされたのを、007世界(せかい)人民(じんみん)(なに)()らずに、008禅宗(ぜんしゅう)のダルマと()()ぜに(いた)して、009(もちやそ)びにまで()りて、010()(おと)されて御出(おいで)(あそ)ばした結構(けっこう)神様(かみさま)を、011今度(こんど)()(あら)はして()神徳(しんとく)(ひろ)めるのが、012変性男子(へんじょうなんし)御役(おんやく)であるぞよ。
013 形体具足成就()014霊能完美()015成付言霊()大神様(おほかみさま)は、016弥勒菩薩(みろくぼさつ)仏事(ぶつじ)()りて御出(おいで)(あそ)ばしたなり、017()大神様(おほかみさま)光明如来(こうみょうにょらい)()りて、018仏事(ぶつじ)()ちてお(いで)(あそ)ばしたのを、019今度(こんど)()立替(たてかへ)全部(すっくり)(あら)はれて、020()神力(しんりき)御見(おみ)()さる時節(じせつ)(めぐ)りて()たぞよ。021天照皇大神宮殿(てんしょうこうたいじんぐうどの)表面(うはつら)神道(しんどう)()て、022(おく)(いん)矢張(やは)仏事(ぶつじ)(まつ)りて()りたぞよ。023大国常立尊(おほくにとこたちのみこと)(あま)(ちから)(つよ)すぎたので、024()んな猛烈(はげし)(かみ)(この)()大将(たいしょう)()(もろ)ふたら、025(ほか)(かみ)一柱(ひとり)()(つと)めむと、026神々(かみがみ)(こころ)一致(いっち)して、027(てん)のミロクの大神様(おほかみさま)御願(おねが)()りたゆへ、028()れなれば一柱(ひとり)多神(おほぜい)とは()えられんと(おほ)せありて、029(うしとら)(おし)(こめ)よとの御命令(ごめいれい)(さが)り、030八百万(やおよろず)(かみ)(うしとら)(をい)退()られて、031艮能金神(うしとらのこんじん)()()けられ、032独神(ひとりみ)()りて、033()(もと)大神(おほかみ)仏事(ぶつじ)守護(しゅご)(いた)して、034(ここ)までは()たなれど、035何彼(なにか)時節(じせつ)(まわ)りて()て、036仏事(ぶつじ)()(をはり)末法(まっぽう)()(もう)して、037()万年(まんねん)(つづ)くので()りたのを、038()(ちぢ)めて、039(うしとら)金神(こんじん)()(いた)して、040結構(けっこう)神代(かみよ)()(なお)すので()るぞよ。041(うしとら)金神(こんじん)(なが)らく()(おし)(こめ)られて、042苦労(くろう)艱難(かんなん)(くや)残念(ざんねん)(こば)(つめ)()(むくい)で、043太初(もと)からの経綸(しぐみ)(どう)りの()(まは)りて()たから、044霊主体従(ひのもと)経綸(しぐみ)(どう)りになりて、045(ぜん)(あく)との(たて)()けを(いた)()()りたから、046(あく)身魂(みたま)(かく)しても(かく)されず、047(われ)我身(わがみ)(あら)はれて()るのが、048天地(てんち)冥加(みょうが)(つき)たので()るぞよ。049天地(てんち)先祖(せんぞ)苦労(くろう)創造(こしらへ)(この)世界(せかい)を、050悪魔(あくま)()(あし)との自由(じゆう)自在(じざい)(いた)したが、051(ここ)まで(この)()(もち)(あら)したら本望(ほんもう)()ろう。052天地(てんち)先祖(せんぞ)(あく)身魂(みたま)(あら)はせずに、053(ゆる)して()りても、054筆先(ふでさき)には()いて(おか)んと、055()んな(こと)()りて()るのに、056()らずに()りたかと()はれては、057天地(てんち)先祖(せんぞ)も、058(もと)()血筋(ちすじ)も、059威徳(いとく)(きず)()くから、060是非(ぜひ)なく(かき)(のこ)すぞよ。061今迄(いまま)(この)()(あく)(からみ)()八頭(やつがしら)062八尾(やつお)経綸(しぐみ)(ここ)までの(こと)より出来(でき)んぞよ。063九分九厘(くぶくりん)体主霊従(あく)守護(しゅご)輪止(りんどま)りと()りて○○○、064この(さき)霊主体従(ひのもと)経綸(しぐみ)設備(こしらえ)(いた)してあるぞよ。065今迄(いままで)(ぜん)(ほう)御血統(おちすじ)は、066暗黒(くらやみ)()()りて(しも)ふて()りた()が、067()()守護(しゅご)()りて()たから、068今度(こんど)二度目(にどめ)()立替(たてかへ)(いた)すには、069太元(おほもと)(こし)らえた(おぼ)えの()霊魂(みたま)()いと出来(でき)んぞよ。070(もと)のミロク(さま)()(もど)したら、071(あく)血筋(ちすじ)現世(このよ)には()(やう)に、072(ぜん)(ひと)ツで()()()かねば、073(あく)性来(しょうらい)微塵(みじん)(ほど)でも(まぜ)りたら、074(この)()(たち)ては()かんぞよ。075()()(こと)()(もと)から()(わか)りて()るから、076(もと)から仕組(しぐみ)()てありた()(まわ)りて()たのであるから、077国常立尊(くにとこたちのみこと)奈袁(なを)()()きおくぞよ。078(くち)(もう)した(だけ)では(とり)(おと)しが(あり)てはならんから、079(かか)しておくぞよ。080()立替(たてかへ)(いた)したら末代(まつだい)(こと)(きま)りて、081(いわ)(まつ)()()りて、082天地(てんち)先祖(せんぞ)神界(しんかい)から()(かま)うから、083中々(なかなか)(はげ)しき()()るぞよ。084(この)()(わか)りた身魂(みたま)()いので、085変性男子(へんじょうなんし)変性女子(へんじょうにょし)も、086中々(なかなか)(ほね)()れる(こと)であるぞよ。087(いま)人民(じんみん)表面(うへ)から()(だけ)により何事(なにごと)()えんから、088(あま)()(おと)して、089結構(けっこう)御用(ごよう)()して()るから、090筆先(ふでさき)(かか)してある(こと)が、091世界(せかい)から()()ねば、092(たれ)本真(ほんま)(いた)さんから、093改心(かいしん)出来(でけ)いで、094(ひま)()るのであるぞよ。095天地(てんち)(もと)一輪(いちりん)御血統(おちすじ)御手伝(おてつだい)をなさる守護神(しゅごじん)を、096三段(さんだん)()けてあるから、097三段(さんだん)身魂(みたま)()()れの目鼻(めはな)()けねば()(をさ)まらぬから、098(なん)(つけ)ても大望(たいもう)(ばか)りで()るぞよ。099(こと)(わか)らん(つよ)(ばか)りでは、100()(をさ)まらぬぞよ。101(この)()()ちて()くのは、102()身魂(みたま)でもと()(こと)には()かぬ、103末代(まつだい)(こと)(わか)りて()霊魂(みたま)が、104(この)()()ちて()かねば、105()途中(とちゅう)(みだ)れて(しも)ふて、106(ゆき)(もど)りも()らん(こと)になると()(こと)が、107筆先(ふでさき)(しら)して()ろうがな。108日本(にほん)(くに)経綸(しぐみ)()(なか)りたら、109(この)(さき)()()()れる(ほう)守護神(しゅごじん)には、110末代(まつだい)()()ちて()(かみ)()いぞよ。111()るなら(もう)して()(くだ)されよ。112末代(まつだい)規則(きそく)制定(きめる)場所(ばしょ)は、113綾部(あやべ)大本(おほもと)末代(まつだい)きまりたので()るぞよ。114(てん)のミロクの大神様(おほかみさま)と、115()国常立尊(くにとこたちのみこと)天地(てんち)(わう)で、116末代(まつだい)規則(きそく)制定(きめる)ぞよ。117今迄(いままで)変化(ばけ)たり(ばか)したり(いた)して、118(ここ)までの御用(ごよう)(さし)たが、119()()()れる守護神(しゅごじん)人民(じんみん)(わか)らん(こと)()るから、120(ひま)()るなれど、121明治(めいじ)廿五(ねん)から(かか)しておいた(こと)は、122(みな)()()()るぞよ。123(むかし)から()(こと)であると(もう)して()ろうがな。124()(こと)(みな)()()るから、125筆先(ふでさき)(さき)()らして()るのじゃぞよ。126(もと)のミロク(さま)()(あいだ)は、127(まこと)()()()りたなれど、128(くれ)()くに(したが)ひ、129(もと)()血筋(ちすじ)(やり)(かた)では、130(つら)うて()(こば)らん(かみ)出来(でき)て、131(しまい)には多勢(おほぜい)(かみ)自由(じゆう)(いた)して()たのであるぞよ………。132(この)()一切(いっさい)(こと)(いた)すには、133()身魂(みたま)(こしら)えて(おか)ねば()らんから、134(かみ)霊魂(みたま)(しも)霊魂(みたま)(なか)霊魂(みたま)と、135三段(さんだん)(たて)()けて()りたのが、136(くれ)()()()れて、137(しも)霊魂(みたま)にエライ間違(まちがい)出来(でき)て、138(かみ)霊魂(みたま)(おし)(こめ)()うに()り、139(かみ)(しも)に、140(しも)(かみ)に、141(だい)()逆様(さかさま)(おほ)きな()(ちがい)出来(でき)()(こと)が、142()()えて()りたから、143(まる)(じゅう)(かか)して、144(しろ)(とこ)二分(にぶ)145八分(はちぶ)真黒(まっくろ)(いた)して、146明治(めいじ)廿五(ねん)初発(しょっぱつ)()らしてある(とほ)りに、147世界(せかい)()りて()るぞよ。148何事(なにごと)物事(ものごと)(みな)逆様(さかさま)(かへ)りて()(この)()を、149(もと)()(なお)さねば()らぬから、150(なに)(つけ)ても大望(たいもう)ばかりで()るぞよ。151日本(にほん)身魂(みたま)外国(がいこく)身魂(みたま)()(きり)(しも)ふて()るから、152(みな)()(あし)精神(せいしん)であるぞよ。153外国(がいこく)()(あし)(かしら)日本(にほん)(わた)りて()て、154外国(がいこく)よりも(まさ)りて(わる)(やり)(かた)(いた)して、155(いま)体裁(ていさい)156日本(にほん)(くに)の○○○自由(じゆう)(いた)して、157畜生(ちくしょう)()()て、158(あし)には(かわ)(はか)して、159田舎(いなか)()(まい)りて…………(むかし)には…………夫婦(ふうふ)○○○○○○○○、160○○○○○○○○○○○○(このところにじみて)161御簾(みす)()○○○○○○○○○○○(わかりません)(もうし)(くらゐ)()りたのに、162(いま)体裁(ていさい)163外国人(がいこくじん)(ばか)されて、164()うも(ここ)までに(けが)されたものじゃ。165(あく)(かしら)自由(じゆう)自在(じざい)()られて、166天地(てんち)大神様(おほかみさま)()(もうし)(わけ)出来(でき)るか、167(もうし)(わけ)出来(でき)守護神(しゅごじん)一方(ひとかた)でも()るの()168天地(てんち)(をそれ)(めくら)(つんぼ)ばかりで(あろ)うがな。169(なに)(いま)(わか)ろまいがな。170(わか)らんのは外国(がいこく)性来(しょうらい)()(きり)()るから…………。171日本(にほん)(くに)倭魂(やまとだましい)()りたなら、172天地(てんち)先祖(せんぞ)(かか)して()筆先(ふでさき)(わか)りて、173天地(てんち)御恩(ごおん)(わか)らん()らんぞよ。174日本(にほん)人民(じんみん)外国(がいこく)よりも(した)身魂(みたま)()りて、175(あま)(むご)(こと)であるから、176(あら)はす(こと)出来(でき)ず、177天地(てんち)大神(おほかみ)(ここ)までに()くも(いた)した。178 (あく)(かしら)(だき)(こま)れて、179○○○○○○○○(にじみてわからぬ)180そこら(あた)りをウロウロと○○(ども)()(ある)(とこ)まで、181()(あし)自由(じゆう)()られるのが、182(もと)()(あし)性来(しょうらい)(あら)はせられて()るのが()(わか)らんか。183(あま)りの(こと)末代(まつだい)(のこ)す、184()(もと)からの履歴(りれき)()(のこ)してあるぞよ。185天地(てんち)先祖(せんぞ)(この)(さき)の、186末代(まつだい)()(もっ)(いか)ねば()らん、187時節(じせつ)(まわ)りて()たぞよ。188(おに)でも(じゃ)でも悪魔(あくま)でも、189時節(じせつ)には(かな)はんから、190(したが)(とこ)へは(したご)ふて()けば(うれ)しい(こと)になりて、191(なん)とした結構(けっこう)(こと)()りたと(もう)して、192(うへ)から(した)まで(よろこ)びて、193(ぜん)(ひと)つの(みち)で、194(うれ)(うれ)しの生花(いきばな)(ひら)くぞよ。195(いま)大峠(おほとうげ)となる(とこ)()るから、196(みな)(つら)いなれど、197日本(にほん)人民(じんみん)(わか)りて()て、198(もと)日本魂(やまとだましい)(なり)()たら、199(もと)のミロク(さま)()(なり)て、200人民(じんみん)寿命(じゅみょう)(なが)くなり、201(かみ)烈敷(はげしく)なるなれど、202人民(じんみん)(をだや)かに(くら)()うに()るぞよ。203人民(じんみん)(よろ)こべば(うへ)大神(おほかみ)御歓(およろ)こびと()るぞよ。204是迄(これまで)(うへ)ばかりが得意時代(よきよ)で、205(しも)人民(じんみん)はヒシと()けなんだが、206(あま)(この)()(おほ)きな運否運(うんぷ)()りて、207()(もの)()(ばか)り、208貧窮者(わるいもの)不運(わるい)(ばか)りで、209何時(いつ)()りても(あたま)(あが)らず、210可愛相(かわいそう)(かみ)()()れんぞよ。211(うへ)人民(じんみん)贅沢(ぜいたく)なから、212(した)までが見習(みなろ)ふて(また)贅沢(ぜいたく)(いた)すが、213何時(いつ)までも()んな(やり)(かた)では(つづ)かんぞよ。214天地(てんち)先祖(せんぞ)(かま)()()れば、215今迄(いままで)(やう)贅沢(ぜいたく)(やり)(かた)を、216根本(もと)から()えさせねば、217(この)(まま)()放題(ほうだい)にさして(おい)たら、218(かみ)(しも)総潰(そうつぶ)れと()りて、219(この)()(たた)(こと)()るぞよ。220(これ)までの()(もち)(かた)は、221後前(あとさき)(かま)はん利己主義(われよし)(やり)(かた)()るから、222(つよ)いもの(がち)で、223(よわ)(もの)路頭(ろとう)()ちたぞよ。224(うへ)(ばか)()くても(しも)(たた)ねば、225この()(をさ)まらんから、226上下(かみしも)(そろ)ふて(いさ)神代(かみよ)立替(たてかへ)(いた)して、227(てん)御先祖(ごせんぞ)(さま)御渡(おわた)(もう)すぞよ。228何程(なにほど)(かみ)大事(だいじ)(おも)ふても、229(しも)(たち)(いか)ねば、230(かみ)(なん)()(さぶ)しく()るぞよ。231(かみ)()(かみ)何程(なにほど)(ちから)(あり)たとて、232附々(つきづき)(いち)眷属(けんぞく)233()眷属(けんぞく)豪神(えらもの)()(こと)には、234(かみ)(たち)ては(いか)んぞよ。235眷属(けんぞく)(かみ)()(なか)りたら(うへ)(かみ)(たた)んぞよ。236初発(しょっぱつ)のミロク(さま)でも、237()(くらゐ)()神力(しんりき)()りても、238()先祖(せんぞ)何程(なにほど)神力(しんりき)(あり)ても、239時節(じせつ)には(なに)(かな)はんぞよ。240(いち)眷属(けんぞく)()眷属(けんぞく)謀反(むほん)(あり)たら、241何程(なにほど)大将(たいしょう)(ひと)気張(きばり)ても()(たた)んぞよ。242是迄(これまで)()附々(つきづき)にエライ謀反(むほん)(あり)(ゆえ)に、243(いま)(かみ)体裁(ていさい)244九分九厘(くぶくりん)何彼(なにか)(こと)(あら)はれて()て、245(ぜん)(あく)との立替(たてかへ)で、246(あが)身魂(みたま)(さが)身魂(みたま)とで、247世界(せかい)大混雑(おほこんざつ)()るぞよ。248(あく)(かしら)仕組(しぐみ)では()(ぢから)何程(なにほど)でも()るなれど、249(ぜん)(かみ)()時節(じせつ)()るので(ある)から、250(あく)()(をはり)()(ぢから)では、251()(をさ)まらんから、252時節(じせつ)には(かな)はんから、253素直(すなほ)改心(かいしん)(いた)すが()いぞよ。254素直(すなを)身魂(みたま)から(ひき)(たて)て、255身魂(みたま)相応(そうおう)(こと)()して()るから、256(その)()から(こころ)(らく)になりて、257(うれ)(うれ)しで(くれ)()うに()るなれど、258何程(なにほど)()()けて()りても、259(われ)(えら)いと慢心(まんしん)()()ると、260(みな)愛想(あいそう)(つか)して(しも)ふて、261(なみ)(とら)れた(おき)(ふね)262何処(どこ)(とり)()(しま)()(なる)ぞよ。